2018年12月14日

北辰社会が

12月14日は赤穂浪士討ち入りの日
といっても塾生は誰一人知りません。
以前はこの時期になるとお約束のように
テレビで忠臣蔵を放送していましたが
最近はあまり見なくなりましたね。

と、それはさておき
第7回の北辰の結果が届きました。
うちの塾では北辰も検定も塾の方から
無理やり受けるようなことは勧めません
今回は前回よりも受験者数は若干減りました。
私立単願の生徒や、すでに合格を確信している
生徒は受けていないようです。

よって前回とメンバーは変わりますが
それでもあいかわらず今年の中3生(17期生)は
頑張っていることに変わりはありません。
特に社会の塾内平均偏差値は65に到達しました。
塾生全員が偏差値60を超えています。
ちなみに塾生の正解率はこんな感じです

KIMG3758.JPG

塾生の平均偏差値が65ですから
当たり前といえば当たり前ですが、軒並み
高い正解率となっています。

おなじように、理科の塾生の平均偏差値も
60を超えていました。

というか5科総合の塾生の平均偏差値も
60を超えていました。

ここにきて、夏期講習あたりから
取り組んできたことが徐々に結果として
現れているようですね。

posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

2018年12月13日

いろいろ2

◆新語流行語
ちょっと日が経ちましたが、今年の新語流行語大賞
が発表されました。

以前書いていた私の予想は
「ボーっと生きてんじゃねーよ」(私の本命)
「そだねー」
「もぐもぐタイム」
「半端ない」

で、ご存知の通り結果は
そだねー が大賞になりました。
トップ10は、五十音順で
・eスポーツ
・(大迫)半端ないって
・おっさんずラブ
・ご飯論法
・災害級の暑さ
・スーパーボランティア
・そだねー
・奈良判定
・ボーっと生きてんじゃねーよ!
・#MeToo

だそうです。
本命が大賞でなくてちょっと残念。

◆今年の漢字
つづいて先日、今年の漢字も発表されました。
今年で24回目らしいですが
最も多かったのは「災」とのこと
私が全力で推した「暑」は健闘むなしく
6位となりました。
なかなか1位を当てるのは難しいです。
応募の多い順に
災・平・終・風・変・暑・大・最・新・金
とのことです。

来年は、新語流行語、漢字ともに
新元号絡みがTOPになるのではと
にらんでいます。

◆知らなかったよ〜
今まで何となく眺めていた車のナンバー
ナンバーを見ては素因数分解をするという
奇特な趣味を持ち合わせている私ですが
恥ずかしながら今日の今日まで知らなかった
ことがあります。
車の運転をする人にとっては常識でしょうが
あいにく私は運転をしません。

たとえば
48−69 などと書いてあるナンバー
これが2桁とか1桁なら
・・12 となるのはわかりますが
3桁の場合
 1 64 といった表記。

何のことかといいますが
4桁にはある −(ハイフン)が
3桁にはないんですね!

見間違いかと思って手当たり次第に
3桁のナンバーを探してみると
(この時点で不審者感満載ですが)
やはりハイフンがないのです。

いや、まあこれだけのことなんですが
何十年も生きてきて初めて知った記念の日と
なりました。

ちなみに、上に出した4桁と3桁のナンバーは
名探偵コナンに出てくる車のナンバーです。
誰のナンバーだかわかりますか?

posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 分類に困ったもの

2018年12月12日

いろいろ

◆予防接種
先週、地元の病院で予防接種を受けてきました。
本当は11月に行くつもりでしたがネットで
見てみるとワクチン不足ということで12月に
延期になったのです。
この仕事をしているとインフルエンザは常に
警戒していなければなりません。
13時に受付をして実際に接種できたのは15時。
毎度のことですが2時間待ちは想定内です。
これで少しは安心ですが、接種=かからない
というわけでもないので、少なくとも受験が終わる
までは人込みは避けたいところです。

◆健診
続いて今日は同じ病院で健康診断を受けてきました。
レントゲンとか心電図は特に問題ありませんが
やはり今年も予想通り血圧が高いと。それ以外にも
血液検査でいくつか数値を指摘されました。
来年こそ運動したいと思う今日この頃です。

◆懐かしい名前
先日、ふとした瞬間に自分の母校のことが気になり
ちょっとHPを見てみました。
ちなみに私の母校(小中高)は
鹿島市立鹿島小学校
鹿島市立西部中学校
佐賀県立致遠館高校
で、
小学校は当時1学年6クラスで
全校生徒1400人の超マンモス校
今は2クラスしかないそうで校舎も一部壊され
ずいぶんとかわってしまったものです。

中学校は当時1学年10クラス
いまは5〜6クラスになっているようです。
少子化の影響だからこれは仕方ありません。
が、それよりも驚いたのは中学の校長先生です。
学校だよりが公開してあったので見てみると
私が中1だったころの社会の先生(K先生)が
現在校長先生になっていました。
たしかテニス部の顧問で当時から熱血で人気の
先生だった記憶があります。
さらに、中2のころの理科の先生(N先生)と
中3のころの担任の先生(E先生)も同じ中学に。
まさか当時からずっと同じ中学にいるわけはない
でしょうから、異動に異動を重ねて戻って
来られたのでしょう。
ちょっと懐かしくなりました。
posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 分類に困ったもの

2018年12月08日

中2 新メンバー3人で150番上昇!

今日は土曜日で中3と中2の授業の日でした。

中3は期末が終わって、あとは残りの単元を
済ませて入試に向けて総まとめの時期になりました。
ただ国語は別にして、その他の4教科はいずれも
まだ中3の内容が終了していません。
この最後の最後の内容までもちろん高校入試の
範囲に含まれています。
よって
しばらくは未履修部分を終わらせることに専念し、
入試対策はその後になります。

夜は中2
中1・中3に続いて個表をもらったようなので
それぞれの学年順位を記入してもらいました。

中学2年生の学年平均と塾生平均の比較です。

    学年平均  塾生平均  平均との差
国語  57.2  61.5  + 4.3
数学  51.2  57.8  + 6.6
英語  53.6  59.0  + 5.4
社会  64.4  80.4  +16.0
理科  45.2  53.4  + 8.2
5科 269.2 312.2  +43.0


中1の記録 
中3の記録
と比較すると、どうしても見劣りしてしまいますが
前述したとおりうちの塾は成績優秀を謳っている
わけではないので別にいいのです。

それどころか中2は、前回より結構頑張っています。
現在在籍者は12名(全員戸塚中)で
そのうち10名が前回より順位を上げました。

得点だけ見たら、あまりパッとしませんが
上に書いたように学年平均が269点では
全体の得点が下がるのもしかたありません。
得点よりも10名の順位が上がったことを
率直に評価したいと思います。
ちなみに残念ながら下がってしまった2名は
いずれも10番程度です。

また12名中7名が100番以内に入りました。
300人近くいる学年で、18期生(現中2)の
100番以内が半数を超えたのはこれが初めて
かもしれません。
中1.中3では当然のことでも
この学年にとっては初の記念すべき回となりました。

たしかに
塾生の平均順位が60番台の中3
塾生の平均順位が70番台の中1 と比べたら
この学年の平均は100番台なのでまだまだですが
それでもこの学年なりに頑張った結果となりました。
しかも、今回は新メンバー3名が加わっての
ものです。
新メンバー3名は、お世辞にもお勉強ができるとは
言い難く、入塾時にはうちの中2塾生の中に入っても
下から数えたほうがはやかったのですがわずか
1ヶ月ほど塾で勉強しただけで、3名合わせて
前回と比べて155番も順位があがりました!
もちろん3名とも上がっており、
いちばん上がった生徒は約70番の上昇です。
某通信添削教材の漫画でも描けないほど
3名そろっての成績アップです。

たしか3名とも以前他の塾に通ったことが
あるはずですが、うちの塾のやり方が本人たちには
合っていたようですね。
というか戸塚中のほとんどの生徒にうちの塾の
やり方はあっているはずです(笑) もちろん
本人のやる気があるということが大前提です。

10年以上見ていて
中学の途中から入塾するほとんどの生徒は
1回目もしくは2回目の定期テストで
まず順位が上がります。
これで塾に入った成果を実感するわけですが
大切なのはその後です。
あがった成績で調子に乗って油断すると、元には
戻らないまでもそれに近い成績までダウンする
こともあります。
あがったことを喜んで、塾で勉強すれば結果が伴う
と素直に勉強に取り組んだ生徒はそのあとも
順調に伸びていきます。
生徒のやる気があることが大前提と書いたのは
そういうことです。

途中入塾した生徒の成績の上昇は目に見えて
分かりやすいのですが、小学校のころから
塾に来ている生徒についてはこの上昇が
分かりにくいかもしれません。
もし塾に来ていなかったら一人で勉強する習慣が身に
ついていたか、今と同じだけの成績を残せていたか
ということを考えたら実感できると思います。

それに小学校からきている生徒たちは
途中入塾の生徒にはない中1からの
内申の貯金があります。
いくら中2や中3から成績が伸びても
その前の内申は頑張っても取り戻せません。
埼玉県のすべての公立高校は中1からの内申を
合否の判定材料に使います。
中1から内申が高い生徒は、
そのことだけで高校入試が有利になるのです。
それに長く通っている生徒の方が、以前の内容の
知識量も豊富であることは言うまでもありません。

あとは、新メンバーに刺激されながら
塾歴の長い生徒たちも頑張ってくれたら
いいと思います。
まあ私が言わなくてもうちのほとんどの塾生たちは
しっかり頑張ってくれているようです。
posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

2018年12月06日

二人目の学年1位

今日は木曜日で5年生と中学3年生の授業の日。

5年生は国語の読解問題の宿題答え合わせのあと
算数の宿題チェック。 そのあと算数の小テスト。
授業は三角形の面積に取り組みました。
公式は単純ですが、習いたての5年生の場合
どこが底辺でどこが高さなのかを瞬時に判断
できない場合があります。
その特訓のために、一つの図形にあらゆる数字を
書き込んで、その中から必要な数字を選別できる
ように練習しました。
最初から数字が二つしかなければ、だれがどう見ても
底辺と高さがわかるので、そうでない問題の
練習に時間をかけたわけです。
要は頭を使って考える問題です。
5年生の年内の授業は来週と再来週のあと二回です。
それまでに面積は終わらせられるでしょう。

夜は中3の授業です。
今日期末の個表をもらったようです。
この学年にとっては14回目の定期テスト
内申に関わるテストとしては実質最後のテストです。

先日、頑張っている中1をべた褒めしましたが
実は中3の方がすごかったりします。
中3塾生(10名、全員戸塚中)の学年平均との
比較です。


    学年平均  塾生平均  平均との差
国語  60.9  75.7  +14.8
数学  58.5  75.7  +17.2
英語  60.8  78.4  +17.6
社会  72.6  91.4  +18.8
理科  54.8  70.6  +15.8
5科 299.8 391.8  +92.0


5科で学年平均を50点上回れば、
かなりよくできているというのが私の認識です。
90点超というのはにわかには信じられない
数字です。

中1に続いて中3生も5科総合で全員学年平均を
上回っています。

また中3の学年上位10%以内(26〜7番以内)に
10人の塾生のうちの4人が入っています。
これも地域に40以上もある塾の中では
そうそうないことだと思います。

上には5教科分しか書いていませんが
Nさんが8教科の総合で見事学年1位でした!
この学年(赤ジャージ)では以前Iさんが
学年1位になっているので
実に二人目の学年1位です。

17年もやっていると、学年1位になった生徒は
何人もいますが、同じ学年で複数の生徒が戸塚中で
1位になったのはこの学年が初めてです。
それも毎年10名前後の塾生でのことですから
これは快挙と言えるでしょう。
(誰も言わないから自分で言います、笑)

教科別では1位も1桁順位も毎回何人もいます。
が、やはり高校受験を考えると総合での成績の方が
重要になります。 よって私は教科別の順位よりも
総合での順位を意識します。
(全教科教えていると自然とそうなります)

ただ、うちの塾は成績優秀を謳っている塾では
ありません。
クラスは1つしかないし、教えるのも私一人です。
たまたま近くに住んでいるとか
たまたま兄弟姉妹が通っていたとか
たまたま友達や保護者の方の紹介があったとか
そんな理由で来る生徒がほとんどです。

それでも、塾で教えることをきちんとこなして
本人に学力向上の意識があれば
上に書いたような成績を残すことは可能なのです。

今年はたまたま中3の成績が他学年よりも
高めに終始していますが、うちの塾は何度も
チラシが入っている大手塾と違って
数で勝負する塾ではありません。

縁あって来ることになった生徒の成績を
あげることにしか興味はないので
入塾時の学力に関してはさまざまです。

現に年によっては二桁順位よりも
三桁順位の方が多い年もあります。
別にそれでもいいのです。
大切なのは、生徒たちに勉強して成績をあげる
意識があるのかどうかということです。

200番なら150番に
150番なら100番以内に
100番なら70番以内に
70番なら50番以内に
50番なら30番以内に
30番なら10番以内に
10番以内なら1番に
それぞれの生徒がそれぞれの目標を達成できる
ように手伝います。

集団指導の塾でそんなことができるのか
というと、意外とできているんですね。
ただし
集団指導といっても10名程度であることと
全員同じ中学であるということ
さらには塾長が全教科一人で教えていること
という特殊な要素が必要ではあります。
そして何よりも必要な要素は、繰り返しに
なりますが生徒本人に勉強に対する意識が
あるということです。

これがなければ、おそらくどこの塾に行っても
成績は上がらないでしょう。
なぜならほかに頑張っている人はいくらでも
いるからです。
posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

2018年12月05日

冬期講習のご案内

以下の要領で冬期講習を実施します

日程:12月22日〜1月9日
対象:戸塚中学校の1年生〜3年生
ただし3年生の外部募集はいたしません。

外部生の新規受付人数は
中1、中2とも今回は3名程度です
原則として先着順にて受け付けます。

中1、中2の塾生は冬期講習費は無料です。
外部生の方で12月15日までに申し込まれた
方は内部生と同じように講習費は無料です。
ただし教材費は必要です。
それ以外の費用は一切不要です。

冬期講習のご案内

印刷用(pdf)

受講をご希望の方は
月曜〜土曜の午後4時以降にお電話
または、直接お越しのうえ
お願いいたします。

ご希望の方には塾生経由で簡単な
資料をお渡しいたします。
posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

2018年12月04日

期末の記録とか

今日は火曜日で6年生と中学1年生の
授業がありました。

6年生の英語は今日から一般動詞の文章です。
前にも書いたように当塾では6年生でも
文法をしっかりと教えます。
すでに現時点で中1の1学期中間、期末で
90点以上取れそうな塾生は何人もいます。
それは毎年の比較で分かります。

夜は中学1年生の授業。
期末が終わって1週間ですが、明日から夢わーくが
始まるために今回は早くも個表が渡されました。
ということは渡そうと思えば、毎回1週間で
渡せるということです。

ということで学校の平均と塾生の平均との比較です

    学年平均  塾生平均  平均との差
国語  71.5  84.1  +12.6
数学  53.4  66.9  +13.5
英語  62.3  82.4  +20.1
社会  62.9  83.5  +20.6
理科  54.4  68.2  +13.8
5科 303.1 385.1  +82.0


前回に続いて5科平均で学年平均を80点
上回りました。これはなかなかだと思います。
さらに前回に続いて塾生全員が5科で学年平均を
上回りました。

300人近い学年で、11人が100番以内に
入りました。
これは中1の通塾率から考えて戸塚中1年生の
100番以内で塾に通っている生徒のうち5〜6人に
1人がうちの塾生になる計算です。
学区内には40以上も塾があるので
この数字もなかなかのものだと思います。
塾生たちは今のところ頑張っているようです。
あくまでも今のところです。
教科別にみると、女子が多いせいもあってか
どうにも理系教科に不安が感じられます。
冬期講習では特に理科と数学を鍛える予定です。

なお、中2生、中3生の個表は未返却のもようです。


続いて教科別の塾生の結果ですが
今回は何人で区切っても複数教科で同点多数になり
なかなか区切るポイントがありません。
ベスト7で切ったらどの教科もちょうど7人に
なりましたので、8番目の人には申し訳ないですが
勝手にベスト7を発表します。

毎度の注釈ですが、当塾の塾生は全員戸塚中で
どの学年も10人程度です。よって他の塾のように
5つも6つも在籍中学がいたら人数はもっと
増えると思いますが、そんなことは気にしません。
1つの中学に限定している塾の塾生たちが頑張った
記録です。 上に掲載した中1以外の
学校の平均点は現時点で不明です。


【国語】
Nさん(戸塚中1年) 98点
Tさん(戸塚中3年) 96点
Mさん(戸塚中1年) 95点
Nさん(戸塚中3年) 93点
Sさん(戸塚中1年) 92点
Iくん(戸塚中1年) 90点
Wさん(戸塚中1年) 90点


【数学】
Kさん(戸塚中3年) 89点
Nさん(戸塚中3年) 87点
Tさん(戸塚中3年) 86点
Nさん(戸塚中1年) 86点
Iさん(戸塚中3年) 85点
Wくん(戸塚中2年) 85点
Nさん(戸塚中1年) 82点


【英語】
Nさん(戸塚中3年) 99点
Tさん(戸塚中3年) 98点
Iくん(戸塚中1年) 98点
Iさん(戸塚中3年) 97点
Nさん(戸塚中1年) 97点
Kさん(戸塚中3年) 96点
Yくん(戸塚中1年) 93点


【社会】
Iさん(戸塚中3年)100点
Nさん(戸塚中3年)100点
Wくん(戸塚中2年) 98点
Tさん(戸塚中3年) 97点
Uくん(戸塚中1年) 97点
Nさん(戸塚中1年) 97点
Uくん(戸塚中2年) 95点


【理科】
Nさん(戸塚中3年) 88点
Iくん(戸塚中1年) 86点
Tさん(戸塚中1年) 80点
Tさん(戸塚中1年) 77点
Wさん(戸塚中1年) 77点
Kさん(戸塚中3年) 76点
Sくん(戸塚中1年) 75点



3学年とも学年平均が低い理科は80点以上が
3名しかいませんでしたね。
こんなことは塾始まって以来初めてかもしれません。
逆に社会では塾生の約半数が90点以上でした。
これもまた塾始まって以来初めてのこと
かもしれません。

まあ期末に関してはもう終わったことです。
中3は入試に向けて頭を切り替える時期です。
中1、中2の皆さんは次の学年末に向けて
毎日の学習に真剣に取り組んでください。
もちろん私のそのつもりで指導していきます。

塾ではすでに先を見据えた勉強が
スタートしています。
posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

2018年12月02日

いろいろ

◆暦の上ではディセンバー
早いものでもう師走、もといディセンバーです。
あまちゃんなどもう5年も昔のことなんですね。
期末も終わり、塾生の皆さんには冬期講習の予定表
も配りました。
近々、こちらでもご紹介すると思います。

なお、中3はすでに募集停止しているため
外部の受付は中1・中2のみです。
その中1・中2もあと2〜3名くらいで
募集終了にしようと考えています。
塾として私の目が届く範囲にしておきたいので
この人数です。
よって新聞チラシ、その他ポスティングなども
一切いたしません。
このブログ・HPのみの告知となります。

受講を希望される方は、直接お問い合わせ
いただくか、お知り合いの塾生または
保護者の方経由でお願いいたします。

今週は中1の夢わーくがありますね。
いい社会勉強になると思うので
真剣に取り組んでください。


◆もう2か月たつけど
現在放送中の朝ドラ「まんぷく」
放送前はヒロインがどうのこうのと
言われていましたが、いざ始まってみると
これがなかなか面白い。
少なくとも前二作「わろてんか」「半分、青い。」
と比べたかなり面白いです。

ドラマは楽しく見ていますが、問題はその前です。
オープニングです。 ドリカムです。
もう二か月毎日聞いているのに
歌詞が聞き取れないのです!(笑)

口語で早くて何回聞いても
聞き取れません。
英語のリスニングより難しいです。

まあネットで調べたら歌詞は載っていると
思いますが、あえて見ません(笑)

聞き取れないのは私だけだと思ったら

mampuku.png

やっぱり同じように思っている人が
多いんですね(笑)

◆平成の名前ランキング
毎年、明治安田生命が発表している
名前ランキング。
今回は平成最後ということで特別に
平成時代に人気のあった名前ランキングも
併せて発表されました。

それぞれ人気の高かった順に
男の子   女の子
翔太    美咲
翔     葵
健太    陽菜
蓮     さくら
大輝    愛
大翔    結衣
翼     七海
大樹    愛美
颯太    未来
拓也    美月

たしかに塾生の中でも
見たことのある名前がたくさんあります。
ちなみに修徳ゼミナール第1期生は
昭和生まれです。

女の子の名前といえば一昔前は
みんな「子」がついたものですが
平成になってからはかなり珍しく
なってしまいましたね。
毎週木曜日にNHKで放送されている
日本人のおなまえっ! という番組でも
以前このことを特集していました。

それによると、すでに昭和の末期には
子の名前は減ってきているんですね。
ちなみに私の高校の同じクラスの女子は
理数科で7名しかいませんでしたが
7名全員「子」がつく名前でした・・・

ちょっと塾生の名前を調べてみると
なるほど、現在「子」は一人もいません。
昨年は中3に一人だけいましたが
ずばり2016年に「子」のつく名前として
唯一ランクインしていた名前でした。
まさに、名前は時代を映す鏡ですね。
posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 分類に困ったもの

2018年12月01日

社会がいい感じ

期末テストの結果がほぼそろいました
まだ全教科そろっていないのはあと3名だけです。

今年の塾生の傾向ですが、どの学年も社会のできが
極めて良いようです。

もちろん平均もそれなりに高いとは思いますが
それを補って余りあるくらいの得点を塾生の
皆さんが記録しています。

中3は全員返却されました。
この学年は10名(全員戸塚中)ですが
なんと7割、つまり7名が90点以上です。
100点も二人いました。NさんとIさんです。
Nさんは前回の中間に続けて2回連続満点です!
中1なら満点もありえますが、中3のこの時期に
連続満点とはお見事です。
ちなみにこのNさんは以前英語で
連続満点を達成したことがありました。
7割が90点以上なので当然塾生の平均も
90点をクリアしています。

中2生は私から谷間の世代などと言われて
喝を入れられていますが
今回のテストでは社会だけずば抜けていて
ほかの4教科の平均より20点以上高く
塾生平均は80点を超えました。
88点で塾内ではちょうど真ん中です。
学校のあるクラスでも塾生が複数在籍していて
いずれも90点台だったので
友達から、〇〇の塾 社会ガチ勢すぎる!
と言われているそうです(笑)

中1は1名未返却ですが
現時点でこちらも塾生平均は80点を超えています。
平均点だけなら国語の方が社会より高いのですが
おそらく国語は学校の平均も高いでしょうから
学校の平均との比較で言えば社会の方が
上になると思います。

うちの塾は各学年10名程度で
今回は社会の90点以上が現在のところ15名
つまり塾生の約半数が90点以上ということに
なります。(全員戸塚中です)

前にも書いたように社会は得点しやすい教科です。
記述問題もありますが、すでに記述問題自体が
ベタ問題と化しているので
それほど難しくはありません。

中1など進学時には社会が苦手だという生徒が
たくさんいましたが、半年たってみてみると
意外と社会できているようですね。

塾生の社会の点数がいい理由ははっきりしています。
中1から通常授業で塾生全員が社会を学習している
ことと、テストのたびに私がPCで作成している
秘密兵器を塾生たちがちゃんと利用している
からです。
正直この二つの要素がなければ、うちの塾生たちの
社会はもっとひどい得点だったと思います。

もともと塾を始めたころ(15年前くらい)には
中2までの塾の授業に社会はありませんでした。
社会なんか暗記が中心なんだから、自分たちで
できるだろうと思っていたからです。

ところが自分たちでやらないのです(笑)
早い話が何をやっていいのかわからなかった
のでしょう。量が多すぎますからね。
ということで、授業にも社会を入れて教材も作って
いくうちに塾生たちの社会の成績も徐々に上向き
現在では5科で一番の得点源になっています。

本音を言えば、私は生まれながらの理系なので
理科とか数学でバリバリ稼いでほしいのですが
まあ5科のトータルで取れればいいでしょう。

塾生の成績が定期テストだけでないことは
北辰の結果を見てもはっきりしています。
今年の中3も例年通り社会は得点源です。
塾生の平均偏差値も60を超えています。

posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

2018年11月28日

社会3人で+115点

今日は水曜日で中学2年生の授業の日でした。

夕方は小学生の授業がなく、ちょうどその時間に
高校1年生の生徒が一人数学を教えてくださいと
いうので2時間ほど数Tを教えました。
昨日の高3生に続いて、高校生の来塾です。

確かこの生徒、1学期の中間テストで
数Tの結果が極めてよろしくなく、高校の三者面談で
数Tを頑張りましょうと担任の先生に忠告され、
それで頑張ろうと思って私のところに
来たのですが、その結果ありえないほど上昇し
クラスで1番だか2番になったそうです。
ひょっとして私には個別指導の才能が
あるのかもしれません(笑)

学校で何十時間も聞いて分からなかったものが
たった数回の私の説明でこれだけ上がってしまうと
勉強を甘く見てしまわないか逆に心配になります。
が、上がってしまったものは本人の努力も
あってのことでしょうから頑張りを認めて
あげましょう。

高校で学習する内容は量が多すぎるため
高校の先生は小学校や中学校の先生のように
丁寧に教えてくれません。

その時にこうやって中学の時に通っていた
塾を頼って来てくれるのはうれしいものです。
とりあえず数学ならTでもUでもVでも
AでもBでも(区別はよくわかりませんが)
まだまだ教えられます。
化学とか物理とか古典もまだまだ記憶にあります。
高校の頃勉強しまくっていたことが、20年以上
経過した今になって役に立っているようです。

それとは別に単に勉強しに来る生徒もいます。
自習スペースが空いていればいつでもOKです。
もちろん勉強ではなく、ちょっと時間があった
からとフラッと寄る生徒もいます。
これまたいつでも大歓迎。
他の塾のことは分かりませんが、うちの塾は
高校生、大学生、社会人になっても顔を出すと
いう割合が比較的高いと思います。
ここに書いているのはほんの一例です。

夜は中学2年生の授業でした。
昨日終わったばかりの期末テストですが
早速戻ってきた教科があるようです。
それぞれ得点を記入してもらいました。

初日の問題を見た段階で思っていた通り
理科が極めてよろしくないです。
塾生の平均も50点をギリギリ超えたくらいで
ちょっと悪すぎないかと思って聞いてみると
クラス平均も軒並み40点台とのこと。

確かに苦手な生徒が多い単元(電流〜磁界)では
ありますが、もう少し取り組みやすい問題でも
よかったと思います。

こんなテストでも80点90点取れる生徒も
いるとは思いますが、その一部の生徒を
ほめたたえるためのテストではありません。

まあテスト勉強は何も学校の定期テストのためだけに
やるものではないので、今回頑張ったのに結果が
伴わなかった人でも覚えた知識はいつか他の機会に
使える時が来るでしょう。あまり悲観せずに
前向きに考えてほしいところです。

逆に社会は高得点のオンパレード。
うちの塾は学校と比べた場合中1と中3がよろしくて
谷間の世代となってしまった中2は学校との比較で
中1、中2にいつも後塵を拝しています。
が、理科とは裏腹に社会ではみんな高得点です。
前回65.8だった塾生平均が、
今回は80点を超えてきました。
中2の塾生全員が前回より得点アップしました。
おそらく学校の平均も高いことは想像に
難くありませんが、それでも60点後半から
70点くらでしょうから、この学年にしてはと
言ったら失礼ですがお見事! あっぱれです!


特に今回は新メンバーが3人いて
その3人とも大幅アップです。
社会だけで3人あわせて+115点です。
これまた本人たちも塾に入った成果を
実感していることだと思います。
積み重ねが大事な英語や数学と違って、単元が
独立している社会は、本人のやる気さえあれば
比較的容易に得点が上がります。
ただやる気だけではどうしようもなく
こうやって塾で時間を取って覚えるべきことを
しっかり覚えた結果であることは
言うまでもありません。
あと、塾に入ったから上がったのではなく
塾に入って本人たちが頑張ったから上がったと
いうこともつけ加えておきます。

posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

2018年11月27日

火曜日

今日は火曜日で6年生と中学1年生の授業日でした。

6年生は5時からですが、その前に14期生(高3)
が来ました。漢検を受けたいとのことです。
さらに事前に話し合っていたようであと二人合流です。
この三人とも中学の時はバレー部で、仲良しでしたが
高校に入ってからはなかなか3人そろう機会が
なかったらしく、塾で会うことにしたようです(笑)
まあ中学のテストも終わったことだし
もちろんOKです。

おそらく中学のテスト期間が終えた日を
見計らって来たのでしょう。
そのあたりの心遣いはさすがですね。
三人のうちの二人はすでに進学先が決まっている
ようで、もう一人は目下絶賛受験勉強中です。
頑張ってほしいですね。

今日は小学生・中学生と授業があったので
私はあまり話はできませんでしたが、三人の話は
弾んだようで4時間くらい滞在していました(笑)
また来るそうです。
テスト期間でなければいつでもウェルカムです。

今日は高3でしたが、こうやってちょくちょく
以前の塾生が顔を出してくれます。

夜は中1の授業でしたが、今日は期末が
終わったばかりということで
テストの解説をしました。

学校の先生が作ったテストなので
ところどころ突っ込みたいところがありますが
ざーっと見た感じ、数学と理科は結構難しそうです。
特に理科は計算問題がたくさん出ていたので
ただでさえ数学が苦手な生徒の多いうちの塾生には
きつかったかもしれません。

国語は超簡単でしたね。
おそらく平均は70点超えるでしょう。
英語よりも平均高いと思います。

社会はほとんど暗記で対応できる内容でした。
勉強時間がそのまま結果に表れると思います。
今日見た印象では平均点の高い順に
国語>英語>社会>数学>理科
ではないでしょうか。
つまり、国語で得点できないと今回は厳しい結果に
なると思います。
逆に数学や理科で80点超えていれば、
かなり期待できるのではないでしょうか。

明日以降戻ってくるはずなので
楽しみに待ちたいと思います。
posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

2018年11月25日

北辰のこと

今日北辰から案内が来ていました。

第7回の会場ですが
男子は武南、女子は淑徳与野だそうです。

いずれも戸塚中の会場としては
ほとんど使われたことがなく
もちろん今年は初めてです。
今年どころかほとんど記憶にありません。

北辰はテストそのものの費用もそうですが
会場までの交通費もバカにできません。
かといって塾でやるわけにもいかないから
また中学で実施する方式に戻してほしいの
ですが・・・

その北辰の費用ですが
来年度から若干変更になるようです。
消費税アップの影響です。

第1回〜第5回は 4644円
第6回〜第8回は 4730円
とのこと。

今は4600円ですが、端数が入ってくると
小銭の処理が面倒です。
お釣りを用意しなければならないし
かといってちょうど持ってきてもらうと
小銭だらけになってしまいます。

こういうのもキャッシュレスに
できないもんですかね。

塾のほうは今日も塾生のテスト勉強です。
昨日と同じくハンドの選抜メンバー以外は
全員出席しました。
テスト前日だろうと練習は休めないそうです。
学校の部活とは違うから、以前に発表された
部活の指針は無関係なのでしょうか。
練習日程を決めるのは某中学の先生のようですが。

ということで今日も黙々と勉強に勤しんでいました。
やはり周りに同じように頑張っている生徒が
いると勉強もはかどるようです。
しかもみんな知っている生徒です。
このあたりは集団指導塾のメリットですね。

明日はテスト初日。
給食食べて帰宅なので午後の時間は空いているはず。
予定通り塾での勉強は午後3時スタートです。
posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

2018年11月24日

先のこと

今日も昼過ぎから塾生たちのテスト勉強です。
ハンドボール選抜チームで全国大会への
練習で休んだ生徒を除けば全員出席でした。

今日も塾生たちは淡々と問題を解いていました。
中1など9ヶ月前までは小学生だったとは
思えないくらい真剣に取り組んでいました。
さすがに今になってまだ学校の提出物が
終わっていないという生徒はいません。

塾に入る前は、直前に終わらせていたという提出物も
塾に入ってからは1週間前には終わらせるようにと
指示をしていますので、そのあたり全塾生にかなり
浸透してきたようです。

中1と中3は特に態度がよろしく
休み時間もほとんどの生徒が勉強していました。
(中2が悪いというわけではありません、念のため)

この調子で月曜まで勉強してくれればいいと
思っています。

さて、塾生たちはテストのことで頭がいっぱい
でしょうが、私は常に先のことを考えないと
いけません。

冬期講習の日程と使用教材、それに3学期に使う
入試用の教材に来年度の予定です。

特に冬期講習は塾生からも問い合わせが
あるので、まだ決めていないとは言えません。
すでに日程は決まり案内もできています。
あとは印刷してテスト終了後に渡します。

後ほど詳しく書くと思いますが今年は
終業式翌日の12月22日から1月9日まで。
中3は11日間
中1と中2はそれぞれ6日間です。

中3は今までずっと10日間でしたが
今年は中3の学校の授業進度が遅いため
それを補うために1日追加して11日にしました。
費用は昨年までの10日のときと変わりません。

中1と中2は例年通り6日間で、3学期の内容に
入ります。 塾生は冬期講習費は無料です。

外部募集については
中3はもう夏休み前に新規の受付を終了しています。
すでに今いる塾生たちに力を注ぎたいので
これから塾を考えている方は他の塾で
頑張ってください。
ただ、中3のこの時期に受け入れてくれる塾は
ものすごく少ないと思います。
やはり長く通ってくれている生徒に
力を注ぎたいのはどこの塾も同じでしょう。


中1・中2については若干名ですが
受け入れ可能です。
若干名とあいまいな表現を使っていますが
中1・中2ともあと2〜3名でしょうか。

当塾では厳密な定員というのは存在しません。
座席は25人分くらいありますが、
人口密度が高すぎるのもよろしくないので
ゆったりと座れるように毎年15人前後で
考えています。
私が全生徒に目が届く人数というのもあります。

12月15日までに申し込まれた方は
塾生と同じ扱いとして冬期講習費は無料と
なります。 教材費(8,000円)のみ必要です。
入塾金はもともと存在しませんし、その他
通信費、光熱費、登録費、維持費、管理費といった
よく分からない費用も不要です。

ということで、冬期講習に興味がある方は
お早めにご連絡をお願いいたします。

中3にはこれから入試用の教材をたくさん
渡していきます。
昨年は
冬期講習用に5教科
入試形式のを5教科
これとは別に社会と理科を2冊ずつ
あと英語と数学も1冊
だったと思います。
いや、数学は2冊だった気も・・・

これから確認して、今年の中3生にも
入試に向けてたくさん勉強してもらいたいと
考えています。


来年度については
新5年生の問い合わせがあるので
こちらはほぼ火曜日で決定になりそうです。

新6年生は例年通り4月でいったん新規の受付を
終了する予定です。

新中1生は、現在受付を中止していますが
2月頃をめどに新規受け付けを再開したいと
考えています。

募集状況については こちら にて
随時更新中です。
(随時=1ヶ月に1回くらい・・・)
posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

2018年11月23日

10時間×3日

今日から世間は3連休
私は休みはありません(笑)

カレンダー通りに塾を休みにしても
今の中学生が家で黙々と勉強するとは思えません。
仮にやったとしても、テレビを見ながら
携帯をいじりながら、兄弟姉妹の妨害に耐えながら
では1時間で済むものが3時間かかってしまいます。
ということでテスト前は祝日だろうと
土日だろうと塾で勉強をします。
むしろ早い時間からできるので好都合です。

うちの塾だけでなく、他の塾も程度の差はあれ
似たような感じで休日を使ってテスト勉強を
行っていることでしょう。

ただ一般的な塾とすると、このテスト対策は
できればあまりやりたくないものです。
なぜならテスト対策用に費用がかかる塾は別にして、
ほとんどの塾ではテスト対策は塾からの
サービスであることが多いからです。
だからといって、それを監督する講師にも
サービス(無給)で行えとは言えません。
いくら塾がブラックでもそれはないでしょう。
幾ばくかの人件費がかかるはずです。
だから時間があるからと言って無制限に
テスト対策を行っていては塾がもちません。

その点、うちの塾は講師がいないので
人件費もかかりません。
すべて私が見ればいいだけのことです。
超小規模零細塾のメリットです。

同じように、塾長一人ですべてを見ている
塾ならば時間を気にせずにテスト対策を
行えることだと思います。

さて、テスト対策と言ってもこの時期に
ここが出る、あそこが出る
などと要点を絞って指導することは
ほとんどありません。
一通りの説明は1週間くらい前に終わっています。
それに出そうなところだけを勉強するのでは
将来の北辰や入試の時に太刀打ちできません。
基本的に、範囲内であればどこが出ても
いいように全範囲をくまなく学習するようにと
指導しています。
ヤマをはったりはしないということです。

この時期(テスト直前)はどの学年も
自分で教科も単元も決めて学習します。
1時間くらいは私の方からちょっと難しい内容や
直前に学校で追加された内容などを説明することも
ありますが、基本的に塾生主導です。
だから時間は決まっていますが、今日の中1
なども正規の時間よりも早く来て
自分で勝手にワークやプリントを開いて
問題に取り組んでいました。

教科は指定しないので、それぞれの塾生で
解いている問題はバラバラです。
考えても分からない問題についてはその都度
私の方から説明をしていきます。
これがここ数年のうちの塾のやり方です。
中1ももうこのやり方に慣れてきたようです。
それでそこそこの結果を残しているので
間違いはないと思います。
そのあたりは ⇒ こちら に書きました。

ただしこういうのができるのは
普段からある程度学習しているからです。
当塾では通常授業で理科も社会も毎週全員
学習しています。
そのあたりの知識の蓄えがあるから
テスト直前になってバタバタとせずに
確認作業に取り組むことができるのです。

今日から三日間は全塾生を対象にテスト勉強です。
ただし前にも書いたように張り切って1日に
9時間とか10時間にしても、頑張るのは
最初だけで集中力が持ちません。
よって各学年3時間ずつくらいにして
入れ替えています。
中にはもっと勉強したいという生徒も毎年いるので
その場合は隣の部屋での学習を許可しています。

塾生たちの勉強につき合うのは
昼過ぎから22時まで約10時間。
これが三日間続きます。
通常よりやや大変ですが、塾生たちが頑張って
いるので私も気合を入れていきます。

初日の今日は中1〜中3まで
あわせて30数名、欠席ゼロでした。
さすがうちの塾生たちですね!
posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

2018年11月22日

木曜日

今日は木曜日で5年生と中3の授業の日でした。

5年生は単位量あたりの大きさが終わり
角度に入りました。
まずは宿題の答え合わせ。
国語の読解のテキストのあと算数の問題。
その後はいつものように小テスト。
5年生は当塾でいちばん人数が少ない(6名)の
ですが、学校は3つに分かれています。
(もちろん全員戸塚中進学予定)

ということで聞いてみると、南小がいちばん
進度は早く次に東小。
綾瀬小は一番遅いようです。
ちなみに現在この学年に北小はいません。

これが6年生になると
綾瀬小がいちばん速いのです。
年によって進度にばらつきがあります。
小学校の場合はこれでもいいのですが
中学では定期テストがあるために
やはり複数の中学が在籍していると塾としても
効率が悪いので現在戸塚中限定にしています。
このあたりの事情は一般の方には分かりづらいかと
思いますが、塾をやっている側からすると
テスト対策は中学を限定している方が絶対に
取り組みやすいのです。

夜は中3の授業。
テスト前の学校の授業は今日でおしまいです。

が、塾での勉強はまだ今日も含めて
あと5日もあります。
木・金・土・日・月 まで毎日来てもらいます。
通常授業だけにしておいて、それ以外の日にも
意欲のある人は来てください。
としてもいいのですが、そうすると必ず
来る生徒と来ない生徒が出てきます。
よって、塾としてはなるべく時間のある限り
全塾生に塾で勉強をしてもらうために
テスト前は特別時間割を作成しています。
それも1日にまとめて8時間も9時間もではなく
1日3時間ずつくらいを数日に分けます。
どちらが効率がいいかは言わずもがなです。

塾生の友だちにも、土曜は朝から10時間も
塾で勉強という生徒がいるらしいのですが
よく聞くと後半はほとんどの生徒がだれて
しまって集中できていないようです。
まあそのあたりは塾の都合ですので
なにもやらないよりはましでしょう。

すでに多くの時間をかけて塾で勉強している
わけですが、それに加えてさらに塾で勉強したいと
いう生徒も毎年います。
もちろん可能な限りOKにしています。

ということで
中3生は学校のワーク(提出物)は
すでに終了し、塾から渡したテスト前専用のワーク
も終わった生徒もいるようです。

私の方でもPCでオリジナルの教材
(理科、社会、英語、国語)を作って
渡しました。
数学は図形が多くてPCで作るのは大変なので
直接ノートに書いたりワークの問題を
使用しています。

内申にかかわる最後の定期テストですが、
もう慣れたもので淡々とこなしていきます。

期末テストが終われば、いよいよ受験に向けた
勉強がスタートします。
posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

2018年11月21日

最近の悩み事

突然ですが

203

これをどう読みましたか?

にひゃくさん
にーまるさん
にーぜろさん
にーれいさん

もちろん状況によって読み方は変わってくると
思いますが、その際の決まりがあるのかどうか
最近悩みに悩んで毎日9時間しか眠れません。

0を「まる」と読むのは例えば
アパートやマンションの部屋番号だと
「まる」と読むことが多いと思います
(※個人の感想です)
つまり、にーまるさん


これが数学の答えなら、普通に
にゃくさん でしょう。
数学に限らず数や量を表す言葉
203円
203m
203kg
203分
203人
すべて読み方は同じだと思います。

これが電話番号になったらどうでしょう?
たとえばうちの塾の電話番号は
048−299−0312 ですが
口頭で伝えるときは
ぜろよんはち
にーきゅーきゅー
ぜろさんいちにー
のように、「ぜろ」と発音します。

しかし、人によっては電話番号の0は
「れい」と読む人も多いと思います。

「まる」と読む人は少数派でしょうが
企業などの語呂合わせならありえます。

サンノー ヨンヨンマルマルワンワンワン

という懐かしいフレーズもあります。

同じように郵便番号はどうでしょう?
うちの塾がある川口市戸塚東は
333−0802 ですが
「ゼロ」「れい」どちらもありそう。
(ちなみに私は、ゼロ)


車のナンバーはどうでしょう?
11−20 だと
いちいちにーれい
いちいちにーぜろ
いちいちにーまる
どれもありそうな感じがします。
せんひゃくにじゅう と読む場合もある?


受験番号はどうでしょう?
これは桁数にもよるでしょう
2けただったら普通に にじゅうさん とか
私の高校受験のときの受験番号は
1054 でしたが
たしか、面接では せんごじゅうよん と
読んだ記憶があります。

私立高校や大学などもっと桁数が増えると
1けたずつ区切って読む人が多いでしょう。
11083 とか。
この場合「れい?」「ぜろ?」

視力検査では
0.2 を ぜろてんに と読む人はほとんど
いないと思います。
逆に
2.0 だと にーてんれい にーてんぜろ
どちらもいるような気がします
(にーてんぜろ は少ないと思いますが)

数字のカウントダウン

5,4,3,2,1,0  は
ほとんどの人が 「ゼロ」ではないでしょうか。

スポーツの試合の得点などでは
1−0  は
いったいれい?
いったいぜろ?

なんか書いていくうちに
分からなくなってきました(笑)
posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 個人的なこと

2018年11月20日

あと100日

今日(11月20日)で埼玉県の公立高校入試まで
あと100日となりました。
まだまだ実感がわかないと思いますが
期末が終わったころから徐々に日数が減っていく
ことに焦りを覚えてくるかもしれません。

この数字をどう思うでしょうか。
もう100日しかない、 と考えるか
まだ100日もある。 と考えるか。
もちろん推奨は後者の方です。

今まで何も勉強してこなかった人は別にして
ほとんどの中3は夏期講習などで多かれ少なかれ
以前の内容の復習には取り組んでいるはずです。

その記憶を再度呼び戻すのですから
100日あれば十分です。

100日といっても一つの区切りにすぎません。
受験生の皆さんは、常に今やるべきことを
意識してほしいと思います。
塾生たちにとって、今やるべきことは
受験勉強よりも期末の勉強です。

入試のことは期末が終わってから
じっくり考えましょう。

ちなみに私が受験校を決めたのは
1月だったと思います。
それまでは地元に1つしかない普通科の高校と
いう選択肢しかなかったのですが
電車+自転車で1時間以上もかかる新しい学校の
理数科が脳裏によぎったのはたしか12月。
受けると決めたのは1月だったと思います。
高校の状況としては川口市立の理数科と非常に
よく似ています。
ちがうのは、当時は推薦入試というのがあって
2月7日に理科と数学と面接をやって
2月10日にさっさと合格が決まったことくらい。

今の埼玉県には推薦入試はないので
勉強する期間はまだまだたくさんあります。

塾生の中にはもうほぼ受験校が決まった生徒と
まだ決めかねている生徒と半々くらいです。
どこを受けるにしても、これからは
受験用の勉強にしっかり取り組んでもらいます。
塾でも、学校に合わせた授業から
入試に合わせた授業にチェンジしていきます。
posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

2018年11月18日

インク減りまくり

今日は日曜日でしたが、昨日同様塾生たちの
テスト対策を行いました。
まだ1週間以上あるからか、テスト範囲まで
学校の授業が終了していない科目もありますが
そのあたりは考慮して説明を行いました。

中3はまずは数学の円周角。
昨日基本を教えて今日は発展的な問題を。
最初は塾生も悩んでいましたが、慣れた後は
ある程度なんとか解けるようになったようです。
社会はすでにテスト範囲の学習は終了しているため
範囲の最初の新しい人権に戻りました。
あとは国語の文法を教えました。
メインは紛らわしい語の識別です。
助動詞とか連体詞とか形容詞とかさまざま。
と、今日は数学、社会、国語の学習でした。
五教科なんでも来い! です。

中2は英語を2時間のあと理科の
最後の範囲にある電磁誘導の説明を。

2学年で5教科すべて説明しました。
やはり五教科なんでも来い! です。

また、テスト前には恒例となりましたが
昨日は中3に、今日は中2に
いつもの秘密兵器を渡しました。
秘密兵器というわりには、すでに学校の友だちにも
その存在を知られつつありますが
塾生たちにとっては心強い味方です。

中1は現在作成中につき、次回の授業のときに
渡せると思います。

自分で言うのもなんですが
これがあるのとないのでは20〜30点くらいは
違うと思います。

ただ毎回作成するたびに、
結構なインクを消費します。
プリンタのインクがいくらあっても足りません。

ということで、前にちょっとだけ検討していた
エコタンクというのを本格的に導入しようかと
考えています。

ネットで調べてみると、もちろん機種にも
よりますが私が調べたところでは
月に70〜80枚以上印刷するようなら
従来のカートリッジ式よりもエコタンクの
方が割安になるとのこと。

で、うちの塾ではどうかというと
昨日今日の二日だけで塾生の秘密兵器用に
100枚以上印刷しています(笑)
さらに先週は毎月の塾通信を50枚以上。
小6の英語は毎回私が問題も宿題も小テストも
印刷するのでこれも月に20枚以上。
どう考えても月に70枚は超えています。

よく考えたら、秘密兵器も塾通信も
両面印刷しているので実際はその倍ですね。

ということで、来年あたりはプリンターを変更
しようかと考えています。
posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

2018年11月17日

毎日がテスト対策

時間がたつのがやけに早く感じる今日この頃で、
この前日曜だと思っていたらもう週末です。

その間に中3生の三者面談も終了し
第6回の北辰の結果も戻ってきました。
北辰については回を追うごとに塾生たちの
結果も上昇気配で、今回は第1志望順位で
1位になった塾生が二人いました。

教科別ではまたしても社会が一番の成績に。
2学期になって受験者は毎回微妙に変わりますが
誰が受験しても塾全体としては社会が1番です。
もうこれは塾生にとって社会が得点源に
なっていると断言していいでしょう。

さて期末の日も徐々に近づいてきました。
前に中1は英語の範囲が減るかもと書きましたが
どうやらものすごい速さで進んでいるようで
なんとか変更なしになりそうです。

ただ学年によっては、テスト範囲が全部
終るのか微妙な教科もあります。

塾生に聞いたところによると
中1の数学、中2の数学あたりは
終わり切らない可能性もあります。
中3の数学、社会も若干遅めです。

テスト前に学校で授業を受けるのはあと4日です。
が、塾に来るのは今日も含めて
中3はあと8回、中2も7回。
つまり学校より多く塾に来るわけで
そのたびにテスト対策を行っています。
範囲がどのようになっても臨機応変に対応できます。
また、普通の塾だったら他の教科の講師との兼ね合い
などもありますが、うちは私が一人ですべて見てる
ので教科も適宜変更しています。

今日も明日も塾でテスト対策です。
月曜は学校が5時間なので中3は夕方から
塾で勉強です。
途中夕食休憩をはさみ5時間です。

中3にとっては内申にかかわる最後の定期テスト
なので、塾としてもなるべく多くの時間を
中3塾生のために使いたいと思います。
来週の3連休ももちろんすべてテスト勉強です。
すでにそのころには私から説明することは
なくなっているかと思いますが、それはそれで
かまいません。 家で1時間かかる勉強が
塾では30分で終わることもあります。
塾での勉強の方がなにかと効率的です。

塾生たちには1週間前には提出物は
終わらせるようにと話しています。
一番まずいパターンは、いつまでも提出物が
終わらずに直前に答えだけ必死に写すという
作業に終始する生徒。
まあ塾生の中にはいないと思います。

テストで好成績を残すためには
さっさと提出物を終わらせて、
1問でも多くの問題を解くことです。
その問題は塾にいくらでもあります。
posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

2018年11月11日

動画教材

7月くらいから準備をしていて
いつかいつかと先延ばしにしていた動画教材の
登録をやっと終えました。
夏期講習で忙しかった8月は無理でした。
いったん9月に登録をしかけたのですが
なんと登録方法が変更になったのか
再度やり直し。

まあ、登録と言っても塾生の名前と
パスワードを設定するだけなのですが。

ということで動画サイトは こちら

リカラボという動画教材で、検索してみると
結構多くの塾で採用されているようです。

1講座5分程度なので気軽に見ることができます。
中1〜中3のほぼ全単元の内容が網羅されています。

私も少し見てみましたが
ちゃんと見ればそれなりに知識は身につくと
思います。
ただ、この手の動画教材は本人の意志が相当
強くないと、三日坊主になってしまいます。
高校生でさえ長続きしないという話はいくらでも
聞いているので、中学生の場合は
もっと難しいかもしれません。

まあ、これはあくまでも塾からの
おまけのサービスと思ってください。
理科は中1から全学年通常授業を行っているので、
この動画を見なくても大丈夫といえば大丈夫です。

ただ、単なる知識ではなく
映像として見た方が頭に残る場合もあるので
ひまなときにでも見てください。
メインは塾の授業です。

登録費用などはすべて塾で負担します。
塾生でいる間はいつでも閲覧できます。
自分のスマホはもちろん、スマホを持っていない
人は家族のスマホやPCやタブレットでも
見ることができます。

IDとパスワードが必要です。
2年生と3年生には昨日渡しました。
1年生にも次回の授業の時に渡します。
パスワードを忘れた人や、変更したい人は
いつでも言ってください。

posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと