2015年10月31日

漢検

今日は漢検を実施しました。
6年生から中3生まで、外部生1名を含めて
全体で16名の受検でした。
うちの塾の場合、英検や数検に比べて
漢検に対する関心が一番高いようです。
まあたしかに、同じ3級でしたら
漢検が受かりやすいという印象があるでしょうか?
実際には数検の方が受かりやすいと思うのですが
中学生には数検の敷居は高いようです。

中3生はすでに3級や準2級まで受かっている
生徒も多いため、今回は中2生の受検が
目立ちました。

中2生ですから、4級が中心ですが
半数は3級と準2級でした。
結果はどうなるか分かりませんが、
この挑戦精神は立派なものです。

今日の結果は速報で11月20日に発表されます。
正式な結果は30日に発送されます。
20日の発表なら、内申にも間に合うでしょう。

次回の漢検は年明けの2月を予定しています。
今回は少なかった中1生の皆さんも
どんどんチャレンジしてみてくださいね。
あと英検も1月実施の予定です。

明日は私の番です。
posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

2015年10月30日

中1中間

金曜日
中1だけは中間の結果が戻ってきたようです。
クラスによってもらっていないクラスも
あるようですが、平均点が分かったので
塾生の平均点との比較ができました。

塾生の5教科平均は今回も400点を
超えました。
教科別に見てみると
英語が学年平均より20点プラス
社会も同じくらい。
数学、理科も同じく10点以上学年平均を
上回っていましたが、予想通りというか
国語の平均があまりよろしくありません。

まあ5教科すべてが良いに越したことはありませんが
他の教科が良いのでよしとしましょう。
5科全体では、学年平均より塾生の平均が
80点くらい上回っていました。
現時点では特に問題ありません。

この調子で3年間いければいいですが
なかなかそう簡単にはいきません。
それでも、中1の頃の貯金は入試の時の
内申に確実に役立ちますので
なるべく1年生のうちから頑張ってほしいと思います。

ちなみに今回一番頑張った生徒は
前回より60番くらい順位が上がっていました。

全体では、前回が良すぎたせいもあってか
順位が下がった生徒がチラホラいましたが
まだまだ高いレベルでの話です。
それほど心配するほどでもありません。

いつのまにか期末テストまで1ヶ月を切っています。
塾では中間のことはもう終わったこととして
すでに期末に向けて頑張っています。



posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

2015年10月28日

書いて覚える。私の覚えかた。

前に私は中学の頃はほとんど家で勉強しなかった
と、書きましたが
高校では嫌でも勉強しなければなりませんでした。

理数科ということもあり、数学は好きだったので
数学が中心でしたが暗記は苦手でした。
記憶力はいい方だと思いますが
暗記するという作業が嫌だったのです。
要は、単なる面倒くさがり屋です。

それでも英単語などはテストもあったので
必死に覚えました。
最初は多くの生徒たちと同じように
見て覚えていましたが
やはり分かったつもりになっていただけで
いざテストになると書けません。

塾にも予備校にも行っていなかった私は
勉強もすべて自己流です。

そこで自己流であみだした覚え方は
やはり書いて覚えるということです。

単語帳はそもそも作るのが面倒くさい(笑)
よって、ノートにリストを書いて
それを片っ端から書いて覚えました。

ただし、今の塾生にもいますが
間違えた単語を繰り返し20回書いても
たぶん覚えません。
なぜなら間違えた単語を書いて
その単語を見ながら書いているだけなので
それは単なる複写作業です。

そこで私は画像のようにまず
番号と意味をずらーっと書くことにしました。
この単語は昨日の中1の小テストの単語です。

KIMG1364.JPG

そこで単語を実際に書くわけですが
まあ、一回では覚えられないので二回目に
行くときに、順序を変えるのです。
記憶力が邪魔をして、順番で覚えてしまう
可能性があるからです。

よって、番号をランダムに並べ替えて
その番号の意味を見て、単語を書いたわけです。

KIMG1365.JPG

KIMG1366.JPG

もちろん二回目、三回目のときには
単語はかくして意味だけを見るようにします。

当時はPCなど家にありませんから
こうやって手作業で覚えるようにしていました。
今ならエクセルで簡単に作れそうです。

若干面倒な作業に思えますが
やってみればそれほど時間はかかりません。
また、覚えた単語、覚えていない単語も
はっきりと分かります。

覚えた単語の番号は次から省略して
分からない単語の番号だけど書いていく
などの応用もできます。

暗記ものはこうやって書いて覚えることに
していました。
これとまったく同じようにする必要はありませんが
皆さんも自分なりに工夫して
覚えてほしいと思います。
楽して覚えたいという気持ちは分かりますが
書いて読んで覚える方が絶対に頭に残ると思います。






posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 個人的なこと

2015年10月27日

先のこと

先日、来年のカレンダーを買ってきました。

KIMG1356.JPG

もうそんな時期に来たわけです。
中間テストが終わりましたが、私の頭の中では
中間テストの結果と同じくらい、今後のことも
考えなければなりません。

漢検とか数検とかもありますが
もっと大きな取り組みとして
まずは、来週から中3生を対象に三者面談を
行います。
今年度3回目の面談です。

昨日用紙を渡したばかりですが
早速昨日のうちに、日時を決めてくださった
ご家庭もありました。
うちの塾は、塾の業務に協力的なご家庭が多く
大変助かっています。
と同時に、塾生からきちんと案内が保護者の方に
渡っているようで安心しました。

まあ今はLINEもあるので、塾生や保護者の方
との連絡も以前よりスムーズにできます。
便利に使えば便利なものです。
塾の固定電話しか連絡手段がなかった時と
比べたら隔世の感があります。

また簡単な今後の授業予定も
改めて確認してみました。
発表するほどのものでもありませんが

こちら(pdfファイルです)

こうしてみると、意外と授業が多いですね。
もちろんこれは塾生全員が対象のもので
希望すれば、これ以外の日にも塾に来て
勉強できますし、現に昨日も今日も塾で
勉強している中3生はいます。

11月26日・27日の期末テストまでは
学校の授業にあわせます。
そのあとは、入試に向けて塾の授業は
方針転換をします。

そのあたりの話も面談でできればと
思います。


現段階の考えとしては
冬期講習については概要はほぼ決まっています。

あとは、来年の2月くらいから
中学準備講座を始めようと思います。
今年の6年生のうち何人が中学でも塾を
続けるかはわかりません。
(うちの塾では継続を勧めることは一切
 ありません。 すべて本人とご家族に
 お任せしています)

その人数によって、募集数を決めたいと思います。

一つ言えることは、今の塾生を見ても
やはり早いうちから塾で勉強している生徒の方が
平均的な学力は高いということです。
これははっきりしています。

また来年度も小学生クラスは
設置する予定です。
来年募集する小学生クラスは
新生小学生クラスとしては
早くも7期生ということになります。


塾としては来年は節目の15年目になります。
あっという間でしたが、地域の皆様のご協力の
おかげでここまでくることができました。
これからもよろしくお願いいたします。
posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

2015年10月26日

これでーいいのかー♪

とある学年のとある教科の定期テスト。
テストの直前(前日とか前々日)に希望者に
補習という名のもとに、テストの要点を
いろいろと先生が説明するそうです。

これだけ聞くと、大変熱心だなあと思うかも
しれませんが、どうも様相が違うようです。

生徒の話によると、似たような補習は
他の教科もあるようですが
他の教科の場合は、生徒からの質問がメインで
それに先生が答えるという形。
これなら納得です。

が、とある教科の場合は
一方的に先生が話して、
生徒はそれを聞くという形式。
要は、ここから出ますよ! と暗に言っている
ようなものです。

だったらそれを聞けばいいのかというと
実際に補習に参加した生徒の話を聞くと
補習で言われたことが結構出ました
という生徒もいれば
授業で言われたことだから知ってた
という生徒も。

もちろん後者の方が、普段の授業をしっかり
聞いているということです。

ただ、前者のような生徒も学校にはたくさん
いることも事実。
だから補習には何人も生徒が集まるそうです。
今回など、朝早くから行われたそうで。

この話を聞いて、違和感を覚えるかどうかは
個人の感覚の違いですが
私には、違和感ありマックスです。

そもそも直前の補習だけを聞いて点数が
取れるのなら、普段の授業の意味は何?
ということになります。

本当に生徒のことを思うなら、直前に出るところを
教えて点数を取らせるようなことをしないで
ちゃんと授業を聞いていないと、ひどい点数に
なるよ、というのを示すのが教師の役割では
ないでしょうか?

定期テストでは、普段の学校での授業への
取り組みが反映されるべきだと思います。
でなければ、適当に業者の模試を使えば
いいはずです。
それなのに、直前の補習に行けば
普段の授業は聞いていなくてもいい
と学校の生徒が考えるようになれば
授業自体に意味がなくなります。

ただ、聞くところによると
この教科のクラス平均は軒並み40点台後半で
学年平均も50に届かないかも、5教科中
最低になりそうとのことです。

補習の意味は・・・
それよりも学校の生徒たちが、すでに
普段の授業をないがしろにしている証拠では
ないでしょうか。

この教科がよくできた生徒に、どうすれば取れるか
聞いてみたら、
普段の授業をちゃんと聞いて
ワークとプリントを覚えただけです。
と、ごくごく当然の答えが返ってきました。

それなのに、学年平均が50前後ということは
それすらできない生徒がたくさんいるということです。
塾生の中にも若干いるようです。


何度でも言います。

定期テストで国語の点数を取ろうと思ったら
学校の授業を一番に考えてください。
(おっと、教科を言ってしまった・・・)

posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

2015年10月25日

ノートはぜいたくに

ことあるごとに塾生たちに話していることです。

特に女子に多いのですが、きれいで見ばえの良い
ノートを作成して、それだけで満足していること
があります。
ノートは作品ではありません。
人に見せるものでもありません。
ノートの価値というのは、後ほど自分が見て復習に
使えるかどうか、それだけです。

だから学校のノート提出などで、きれいな色つきの
ノートを書いている生徒を見て
うーむ と思うこともあります。

もちろんそれで本人が理解していれば
立派にノートの役割をはたしています。
が、提出していい評価をもらうためだけに
書いているのであれば、本末転倒です。
何のためのノート? 
ということになります。

まあ、いい評価をもらうノートは見やすい
のでしょうから、そこまで心配する必要は
ないと思いますが
教科によっては、こまごまと書いていては
あまり効果がない場合もあります。

特に数学などは、途中式やグラフなどを
小さく書いていては間違いのときに
気づきません。

とくに、覚えるためというよりも
問題を解くためのノートのときは、先に書いたように
ぜいたくに使ってほしいと思います。


私の汚い字を惜しげもなく披露しますが
これは、2〜3日前に大学受験を控えた
高3のSくんから質問が来た問題です。

KIMG1352.JPG

KIMG1353.JPG

1問ですが、2ページ使っています。

数学に関してはこれくらいでいいと思います。


ついでに、塾生の中間前の勉強のときに
とある生徒に説明した時のがありました

KIMG1354.JPG


若干雑ですが、解くために書いているのですから
こまごまと書く必要はありません。


塾には、テスト対策用にと
ノートを常時200冊以上用意しています。

希望する塾生たちにはプレゼントしています。
どんどん書きまくって、いっぱい使ってください!

posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

2015年10月24日

中間テスト返却状況

木曜と金曜で、2〜3教科ずつ戻ってきている
ようです。
国語はまだ一人ももらっていません。

ということで、土曜日時点での
塾生の平均点です。

中1国語 ****(全員未返却)
中1数学 71.3(2人未返却)
中1英語 90.8(2人未返却)
中1社会 88.6(1人未返却)
中1理科 ****(全員未返却)

中2国語 ****(全員未返却)
中2数学 62.2(3人未返却)
中2英語 ****(全員未返却)
中2社会 77.1(5人未返却)
中2理科 75.8(3人未返却)

中3国語 ****(全員未返却)
中3数学 69.2(2人未返却)
中3英語 65.5(4人未返却)
中3社会 68.4(9人未返却)
中3理科 73.6(5人未返却)


といった状況です。
塾のブログですから、いい点数だけを
アピールした方が見ばえが良いでしょうが
前々から書いているように、私自身が
そういうのを好まないので
塾全体としての平均点を掲載しています。

おそらく他の塾の方がいい場合もあるかも
しれませんが、特に意識しません。
意識していないから載せています。

私としては、塾生が前回より上がってくれれば
それでいいのです。

中1の数学はやはり、学年平均50点行くか
行かないかの瀬戸際になりそうです。
そう考えると、塾生平均71.3でも
学年平均を20点ほど上回っているので
塾生たちは頑張っていると言えるでしょう。
英語に関しては、予想通り順調です。

この2教科に負けず劣らず、社会の平均も
高いのが喜ばしいところです。

中2・中3は途中入塾の生徒が多いため、
中1の時と比べて塾生の平均は下がる傾向に
ありますがそれはある意味しかたありません。

大切なのは、途中入塾した生徒でも
入塾前に比べて順位があがるかどうかです。

現在、塾生の中でいちばん新しく仲間に
なった生徒は中2生ですが、
今のところ順調で、特に社会は入塾前に
比べて60点近く上がっています。
5教科ではなく、1教科だけでこの上昇は
お見事です。

本人は小学生のころから塾に来ていればよかった
と話していますが、あと1年頑張って
中1の分も取り戻してほしいところです。

中3は、内申に関係あるテストはあと一回です。
もういろいろと言わなくてもいいですよね。

先週戻ってきた北辰テストは
受検した8割以上の塾生が前回より
5科の偏差値がアップしていました。
残る2名にしても、前回が自己ベストだったので
それほど心配する事態ではありません。

そのせいか、北辰返却後は若干
気が緩み気味の生徒もいました。

たしかに北辰が上がっているのはいいことですが
次に下がっては意味がありません。
成績は上がったり下がったりするものです。
きちんと結果を分析してください。



posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

2015年10月23日

まったく参考にならない話

昨日、私の中高生時代の勉強方法は
まったく参考にならないと
書きました。

また、なぜか知りたがっている塾生がいる
とも書きました。

早速今日の中1からも同じ質問を受けました。
私が普段塾でこういう話をしないのは
前述のように、まったく参考にならないからです。

ここで嘘を書いても仕方ないし
下手に謙虚に書いても意味がないので
正直に書きますと

中学の頃は、家でテスト勉強をした記憶は
一切ありません。

記憶がないだけで、実際にはしていたのかも
知れませんが、塾にも行っていないし
部活が休みになるテスト前は、むしろ
遊ぶ時間が増えてラッキー! という認識
しかありませんでした。
私が知る限りではまわりの友だちも似たような
感じだったと思います。

そもそも塾自体がほとんど存在していない
地域でした。1学年400人もいたのに、です。

勉強は嫌いではありませんでしたが
だいたい学校の授業中に理解するように
していました。
あとは、テストが始まる直前の10分休みの
ときに教科書をパラパラっと見たのが
テスト勉強です。
どうです。 まねできないでしょう(笑)
今みたいに提出物とかもなかったような
気がします。

で、だいたい400人中10番くらいでした。

おそらく九州のどいなかだったからこその順位で
埼玉のような大都会では、こんな勉強法で
この順位は絶対にとれないはずです。

まあ、私に限らず近隣の塾の先生も
同じくらいの成績だったのではないでしょうか。
そうでなければ、塾で教えようという気には
ならないと思います。

かと言って中学の頃全く勉強しなかった
わけではありません。
12月の20日くらいに、某高校の推薦を
受けることを決めました。

この学校の理数科は、入試の試験科目が
理科と数学だけです。
できて間もない新設校で一般入試でもないので
過去問も何もない状態で、2月7日の試験日まで
2ヶ月弱くらいは人並みに受験勉強をしました。

使った問題集は数学も理科も1冊だけです。

ちなみに受験する高校に行ったのは
試験当日が初めてです(笑)
説明会にも行かず、見学にも行かず
願書は中学の先生が出すことになっていたので
推薦の日に初めて高校を目にしました。

モダンな建物で、一目見ただけで
行きたいと思いました。

KIMG0028.JPG

11011834_635627136570215_3141550392321368978_n.jpg

県立ですが、今は付属の中学もあるそうです。

数学だけは得意だったので、2.4倍くらいの
倍率がありましたがめでたく合格しました。

推薦で早く合格が決まったので、当然のごとく
その後は1ヶ月以上勉強しない日々が・・・

春休みに高校の説明会があって
そこでくぎを刺されました。 それも五寸釘を。

入学式までに、春休み中は1日9時間家で
勉強してください、と。
数Tの教科書の第1章は、すべて春休み中に
家で予習してください、と。

え?

私の中学からこの学校の理数科にいったのは
私だけ。 まあ1時間以上かけて通う物好きは
なかなかいません。
それでも定員82名に対して、県内のいたる所
から数学好きが集まってきました。

そこでカルチャーショックをうけたのです。
中学の頃は、勉強しなくてもそこそこの
順位をとれていましたが、ここには
それぞれの学校で一ケタ順位だったような
人ばっかりが集まっています。

特に何も考えていなかった私は
入学後間もないテストで学年200番台を
とってしまい、都会のレベルの高さを
実感したのです。
とはいえ、佐賀市も大都市埼玉に比べたら
まだまだ地方の地方の地方都市。
まさに井の中の蛙大海を知らずです。

ここでやっと火が付きました。
今までまともに勉強してこなかったので
勉強法など分かりませんが、とにかく
起きている間はほとんど勉強の時間に
あてるようにしました。
最初はひたすら量ですが、徐々に質も
伴うように意識しました。

指導要領について文科省がいろいろ言う前の
ことなので、うちのクラスでは数学が
週に10時間もありました。
平日は7時間授業で、それに加えて
火曜と木曜は0時間目がありました。

朝6:53の電車に乗り遅れると遅刻です。
火曜と木曜は、それよりも早い始発列車で
通っていました。

毎日6時前に起きて
電車に乗って電車の40分で単語チェック。
駅から15分かけて学校に行き、その後は
ひたすら自習。
授業が7時間ですが、休み時間や昼食の時間も
勉強していた気がします。
放課後、電車の時間まで図書館で勉強。
電車の中でも問題集チェック。
(電車は朝も帰りも余裕で座れます)
帰宅して、風呂と夕食以外は勉強。
12時くらいまで勉強して寝る。
これの繰り返しでした。

よく、甲子園に行く学校などが
盆と正月以外はすべて練習というところが
ありますが、まさにそれと同じです。

なぜか夏休みは毎日学校で補習があり
正月も模試がありました。

学校以外に家でも6時間くらい
これを3年間ずっと続けたのです。

どうです、まねできないでしょう(笑)

おかげで、小中学校の時は
遊んだ記憶しかないのですが
逆に高校の時は勉強した記憶しかありません。
3年間で遊びに行ったのは10回もないと思います。

中学のころ遊びまくったのもまわりの影響。
高校のころ勉強しまくったのもまわりの影響です。

普段塾で扱わない高校の内容を
質問に来た高校生に教えられるのは
この時の記憶がいまだに残っているからだと
思います。

ちなみにこれくらい勉強したら
どうなるかというと、
高校入学時に学年で200番台を
とったとしても、高3では学年1位を
たびたびとれるようになりました。
また、県内でも5科総合で10番以内の
常連になりました。
数学では全国1位も何回か。

高校でもあいかわらず塾や予備校には
通っていません。
ただ、学校から渡されるプリントや課題が
尋常ではないくらいの量だったので
それをこなすだけでも相当の力が
ついたのだと思います。


自慢話のように思われるかもしれませんが
何度となく聞かれることなので
こっそりとここに書いておきます。

高校で勉強していなかったら
おそらく今ここで塾をやっていないでしょうから
私としては、この高校に行って良かった
と思っています。

間もなく高校入試を迎える中3の皆さんも
通ってよかったと思えるような高校生活を
送ってほしいと思います。

志望校選びで悩んでいる生徒もいますが
成績で決めるよりも、まずは自分が行きたい
と思う高校をいちばんに選んでほしいです。

posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

2015年10月22日

授業以外にも

うちの塾は、普通の塾ではありえないことが
いろいろとありますが
ずっと同じ人間(私のこと)が教えています。
というのもその一つに挙げられるでしょうか。

一般的な塾では、その大部分を占める
学生講師は就職や個人の都合で長くても3年程度
短ければ1週間でやめてしまいますし、
専任講師の場合、規模が大きければ大きいほど
異動があります。
特に優秀な講師の場合は、拠点校といって
在籍者の多い校舎、競争の激しい校舎、
有名校に合格が多く見込める校舎に異動します。

1人でのんびりやっているうちの塾では
こういうこととは無縁の世界です。

つまり、1年たっても5年たっても
10年たっても、私が以前と同じように
いつまでも教えています。
他の塾に行っている友達に聞けば分かると
思いますが、小学生から高校受験までずっと
同じ人から教わる、というのは極めて
珍しいことです。



1人で教えるということは、全教科を担当する
わけですから、その重圧、責任感は相当の
ものですが、そのぶん塾生からの信頼も
普通の塾とは比べ物にならないくらい
厚いものだと勝手に思うことにしています。

1学年30人も40人もいたら、経営的には
楽になりますが、私が全生徒のことを把握したい
ので、1学年の人数が10数人になったところで
募集終了にしています。
もちろん物理的に受け入れられないというのも
あります。

そういうこともあってか、毎年のように
塾に顔を出す高校生、大学生がいます。
なかには社会人になってからも遊びに来る
元塾生もいます。

ここ数日は時期もあってか、
高校生が勉強しに来ていました。
高1、高2、高3 全学年いました。
ひとりで何回も来る生徒もいましたが
延べ人数でいうと2週間で20人くらい
でしょうか。

ふらっと遊びに来るのはいつでも構いませんが
勉強しに来るときは、必ず前もって予約を
することがうちの塾の決まりです。
せっかく来てもらっても、私が忙しかったり
また中学生のテスト前で、席がうまっている
こともあるからです。

今回勉強しに来た高校生もすべて100%
このルールは守っていました。
なお、原則としてテスト直前は塾生を優先している
ので、元塾生であっても現塾生がいる時間帯には
遠慮してもらっています。
塾生たちが知らない時間帯にも、高校生たちは来て
勉強しています。


また中学生(塾生)であっても
塾の日以外に勉強しに来るときは
同じように、前もって連絡をもらいます。
ちゃんと「勉強する!」という強い意志を
持ってきてほしいからです。

中学生はテストが終わったばかりですが
早速、昨日も今日も、授業とは別に
勉強しに来ている生徒がいました。
大変感心します。

これはお世辞でも何でもなく
本心からそう思います。

「中学の頃どれくらい勉強していましたか?」
と塾生からよく聞かれるのですが
正直なところ、家でテスト勉強をした記憶が
ないのです。 0分です。
もちろん塾にも行っていません。

だから、普段から勉強する塾生を見て
大変感心するのです。

まあ時代も違うし、地域も違うし
はっきり言って周りもたいして勉強して
いなかったので、勉強していなかったのは
私だけではありません。
と、言い訳をしておきます。

全く参考にならない私の中高生時代の
勉強については、いずれ書くかもしれません。
塾生の中にも興味がある人が何人か
いるようなので・・・

前もって言っておきますが
おそらく参考にならないし
真似もできないとは思います・・・

posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

2015年10月21日

中間終了 期末開始

今日は2学期の中間テストでした。
戸塚中限定のうちの塾の場合、
中間テストと言えば自動的に戸塚中の中間テストの
ことを意味します。

早速学校帰りに塾によって問題を見せてくれる
塾生がいました。
結果が気になるようで、いろいろと質問してきます。

問題を見たり、数人から聞いたりした印象では
中1は数学が猛烈に難しかったようです。
たしかに方程式の問題がドバーッとあって
これは、計算力が問われます。
1問1問ゆっくり解いているようでは
とても終わらないでしょう。
平均は50点前後ではないでしょうか。
社会とか英語はそれほど難しくなさそうです。

中2は夜の授業の時に数学だけ解説しました。
今回は連立方程式と一次関数で、範囲が広かった
ためにそれほど難しい問題は出ていなかった
ようです。
勉強が苦手な生徒が多いこの学年でも
90点台はいると思います。
むしろ社会の方が難しそうでした。
理科はざっと見た感じ、ありがちな問題の
オンパレードです。

本当は他の教科の解説もしたかったのですが
1ヶ月後には期末テストです。
早く頭を切り替えさせるためにも、中間の説明は
手短にして先に進めました。

テストの終わった日くらいは、ゆっくりしたいかも
知れませんが、うちの塾の場合は
テストが終わった日=次のテスト勉強のスタート日
と昔から決まっています(笑)

ということで、早速理科も数学も期末に向けて
新しい内容に入りました。

特に今年の戸塚中2年は、理科と社会が極めて
遅れています。
もう毎年のようにこのフレーズを使っている気が
しますが、実際遅いのです。
3学期に帳尻合わせのように猛スピードで終わらせる
か、もしくは次の学年にずれこむことになります。

理科が遅いのは毎年のことですが、
今年は社会も遅め。

歴史はいまだに江戸の前期で、このあたりは
本来1学期に学習すべきこと。
地理に至っては、中2で日本の地理すべて
つまり、九州・中国・四国・近畿・中部・関東・
東北・北海道を学習することになっていますが
なんと、いまだに九州にも入っていません。
あと半年で地理が終わるのか心配です。
ちなみに歴史はここ数年、中3の1学期までに
終わるようにカリキュラムが変更になっています。

ということで、いずれ学校の授業が猛スピードに
なることは目に見えているので、たとえテストが
終わった日であろうとも、塾ではなるべく
先に進みたいと思います。

中3の問題も見せてもらいましたが、
こちらはものすごく難しい、といった科目は
なかったように思います。
理科の問題文に若干不備がありましたが
まあ許容範囲でしょうか。


明日から徐々に返却されるでしょうから
塾生の皆さんも、ただ単に受け取るだけではなく
次にいかしてほしいと思います。

というか、中3は明日もテストですね。
この日程、どうにかならなかったのでしょうか・・・

posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

2015年10月20日

終わったー

今日でやっとテスト対策が終了しました。
できるだけ多くの時間、塾生たちの勉強を見たいので
ここ数日は短くて5時間、長くて10時間ほど
塾生たちの勉強につき合いました。

この成果が少しでも現れればいいですね。

放置気味だったこのブログも
明日からは何事もなかったかのように
復活したいと思います。
posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

2015年10月10日

テスト対策〜

このところ連絡事項は
タイムラインで伝えることが多くなったので
こちらのブログの更新が滞りがちです。
あきらかに、こちらよりもタイムラインの方が
見ている塾生や保護者の方の数は多いと思うので。

とはいえ、こちらの方も更新しないと
塾がなくなってしまったと思われたら困ります。
更新頻度は下がりますが、引き続き
よろしくお願いいたします。

さて、昨日と今日にかけてテスト前の
塾の予定表を作って渡しました。

今回は中間テストということで、部活の休みは
五日間だけ。
しかも週のど真ん中(水曜)実施なので
なかなか時間を捻出するのが難しいところですが
できるだけ多くの時間を塾生たちのテスト勉強の
時間に使いたいと思います。

KIMG1334.JPG

世間は3連休ですが、あまり関係ありません。
特に部活が終わった中3には、今日も明日も明後日も
塾で勉強してもらいます。

うわー とか げー とか ぎゃー とか
悲鳴が聞かれると思いましたが
あにはからんや、割と好意的に受け止めていて
いるようです。
さすがうちの塾生です!
posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

2015年10月09日

楽しみ

先週から、ルパン三世が始まりました。
私は劇場版のものしか見たことがないので
(金曜ロードショーのやつです)
毎週放送のルパンはある意味新鮮です。

KIMG1333.JPG

ただ放送が木曜の深夜2時付近
(はっきり覚えていない)ということで
毎週録画することにしました。

子どもの頃はよくアニメを見ていましたが
さすがに大人になってからはほとんど見ません。

まともに見たのは、メジャーくらいです。

そのメジャーが、こっそりと
第2シリーズ
というか、続編? が
始まっていました。

ゴローの子供という設定です。

キャプテン翼とかドラゴンボールのように
編集者の方から要請があったのでしょうか。
とりあえずコミックをゲットしました。

KIMG1332.JPG

これもいつかアニメ化されるか
分かりませんが、しばらくは
見続けようと思います。

posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 分類に困ったもの

2015年10月08日

ヒミツヘイキ

今回も作りました。
テスト範囲が早めに出た中1・中2には
すでに作って渡しました。
今回も理科と社会です。

これのおかげかどうか
当塾の理科社会の結果は大変良好です。

ヒミツヘイキと言いつつも、学校での勉強にも
使っているようなのでバレバレですが(笑)

別に学校で友達に見せびらかすために作っている
のではなく、塾生の皆さんの勉強のために
作っているのです。

結構手間暇費用がかかっていますので
大切に扱ってください。
自分で作ろうと思っても絶対に無理です。
テストが終わってからも北辰の前や
入試の前のチェックにも使えます。

結果が見られなくなったら、作るのをやめますが
毎回思った以上の結果に表れているようなので
今回も作りました。
もちろん渡すだけで、塾生が利用しなければ
宝の持ち腐れです。
結果に出ているということは、塾生たちも
きちんと使っているということでしょう。

しかし問題もあります。
自宅のパソコンが壊れたら、作成不可能になります。
かといって塾のパソコンでは、いろいろと形式が
ちがうので、そろそろ別の手段も考えなければ
なりません。

ちなみに、英語や数学は昔ながらの方法で
私がせっせと重要な項目をまとめて
プリントを作って渡しています。
これも戸塚中限定だからできることです。

複数の中学の塾生がいれば、
とても対応できないと思います。

そう考えると、うちの塾生たちは
ラッキーだったといえるでしょう(笑)

posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

2015年10月07日

中3も

水曜日、先週の中1・中2に続いて
今日でテスト2週間前となる中3でもテスト範囲が
渡されたようです。

今日は中3の授業はありませんが
とある塾生が、当たり前のように学校帰りに寄って
持ってきてくれました。

今年の中3の学校の授業は数学、理科、社会が
遅れ気味です。 あと英語も遅れ気味です。
早い話が全教科遅いです。
厳密に言うと、テスト範囲は遅いクラスに
あわせて作成されるので
遅いクラスがあるということですね。

速いクラスはテスト範囲などとっくに終了して
どんどん先に進んでいます。
一方遅いクラスは、テスト直前に帳尻合わせのように
ものすごい速さで進みます。

速いクラスはテストに関係ない内容を学習することに
なり、遅いクラスは理解不十分のまま先に進みます。
1学年300人もいると、なかなか全クラスの
歩調を合わせるのは難しいようです。

さて、テスト範囲が出ようと出まいと
中3はもう何度もテストを受けているわけですから
やることは分かっているはずです。
範囲表を見てから開始するようではすでに遅いです。

うちの塾生も、範囲表をもらう前から
ある程度の範囲は予測し、提出物であるワーク
などはどんどん先に進めているようでした。

目安としてはテスト前1週間の時点で
ワーク類(提出物)は終わらせるというのが
うちの塾の基準です。

もう何年も塾に通っている生徒は、このあたり
徹底していますが、在籍期間が短い塾生ほど
まだまだといった感じです。

幸いにも今年の中3も在籍期間が長く、半数以上が
小5からで今年が5年目という塾生たちです。

私がいろいろと言わなくても
大概のことは分かってくれるので
その点では助かっています。

今回もテスト範囲はもらったばっかりですが
もうワークは終わりかけている生徒もチラホラ。
習っていないところもありますが、授業のない日に
質問に来ている生徒もいます。

先週も今週も毎日のように、中3たちは
入れ代わり立ち代わり塾で勉強しています。
機転の利く生徒は、塾の時間割をみて
私の授業が入っていない時間を見計らって
来る生徒もいます。
質問し放題で、完全に個別指導と同じです。

毎年塾に自習に来る生徒はいますが
今年の中3はその割合が明らかに高めです。
大変良い傾向です。

posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

2015年10月05日

学校が早く終わるときこそ

このところ新人戦で、授業がまともに進んでいない
クラスが多いようです。
もうだいぶ前からこのブログでは、部活の大会は
土日にした方が学校も休まなくていいし
保護者の方の応援にも都合がいいのにと
書いてきたのですが、埼玉県の中学の大会は
なぜか平日中心です。

しかも種目によって微妙に日程がずれているので
1週間くらい授業が進まないのもザラです。

木曜日、金曜日は大会があるので学校は休み〜
試合がない人は学校で自習。
月曜日は、他の部活が大会で引率のために
顧問の先生がいないので自習〜

これでいいのでしょうか。
と思いますが、変わらないのですから
特に問題視されていないのでしょう。

さて、学校が早く終わる日。
中1・中2は部活の時間が延びるだけですが
中3は部活も引退し、完全に自由な時間です。

ここぞとばかりに遊びに行く人。
ダメとは言いませんが、その傍らで勉強している
人もいますよ。

今日も学校は4時間で終わりだったらしく
塾の隣のグランドでは赤ジャージ(中3)が
大勢遊んでいました。

そんななかある塾生から、勉強教えてくださいと
連絡があり塾を早く開けることにしました。
今日は小学生がないので、いくらでも教えられます。

夜は夜で中3の授業はあります。
家にいるとなかなかできないので塾に来たとのこと。
分からない問題をちゃんと用意してきていました。
説明しながら、必要なことを教えました。

とりあえず数学と国語を教えました。
今も勉強中です。

うちの塾の利点は数えきれないほどありますが
塾長が全教科教えているというのが
数ある利点の中でもベスト10には入ると思います。
数学だろうと国語だろうと質問できます。

塾は多くあれど、こういう環境は
なかなかないと思います。
まあうちの塾生にとっては、それが当たり前と
なってしまいましたが、決して当たり前では
ありませんよ。
塾生が、学校などでうちの塾の話をするときに
必ず驚かれる点だそうです。

普段は塾で国語の勉強はあまりしていません。
他の教科と違って、覚えなければならない点が
少ないから塾での対応が難しいのです。
同じ時間勉強するなら、理科や社会や数学の方が
効率的です。

ただ、今横で勉強している生徒をみて
今回の中間に向けては少し国語もみてあげた
方がよさそうです。
今は俳句を習っているそうですが、プリントを
もらっただけで、あまり詳しく教えてもらって
なさそうです。 じゃあ塾で教えましょう。

塾生「こいけ、ってだれですか?
私「? え?」
塾生「こいけや、かはず とびこむ〜」

え〜っと、それは
古池と書いて「ふるいけ」と読みます!
それに、かはづと書いて「かわず」と読みます!

塾生「なんで、いきなり切れ字があるんですか?」

これは国語も教えたほうがよさそうです・・・

ということでまだテスト範囲は出ていませんが
他の教科はだいたいテスト範囲まで
終了しています。
今回は国語も少し入れたいと思います。

あと、来週の日月は連休ですが
おそらく中3をどっちか、またはどちらも
塾で勉強会を行う予定です。

塾生「音楽聞くと、脳に現れるのP波でしたっけ?」

えーっと、私は音楽については詳しくないですが
P波が発生したらえらいことになります(笑)

ということで、今日はこのあと7時から3時間中3の
授業です。

公立入試まであと150日です。


posted by Mさん at 17:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと