2015年11月29日

おめでとう!

そういえば、昨日の中3の授業中の話。
私がひとり宇宙の話に熱中しているころ
塾生から、何やらアイコンタクトが。

誰か人の気配を感じたようです。
そこで見てみると、確かに人が。

メガネを変えたとはいえ、5m先の人物を
特定できるほどの視力はありません。

ただ何となく雰囲気から察して
名前を呼んでみると、ズバリ本人でした。
11期生(赤ジャージ)のMさんでした。
現在高3で、塾には中1から高校受験まで
在籍していた生徒です。
高校になってからもちょくちょく顔を出して
いたので容易に思い出すことができました。

ただ、授業中ということで気を使ってくれたのか
挨拶して手紙だけおいて帰りました。

その手紙を見てみると
某国立大学に合格しました! とのことでした。

おお! おめでとう!

お、言いたくても、本人がいません。

ただ、国立なのにもう合格?

などと謎な点もありましたが
どうやら最近は、国立大学にも推薦制度が
あるらしく推薦で受かったそうです。

と考えると、なおさらすごいですね!

あとで報告のお礼と、お祝いのメールを
送ったところいろいろと教えてくれました。

このMさん
思えば中1で塾に入る前は
学年3ケタ順位でした。
が、塾に入ってからは絵に描いたように
とんとん拍子で成績が上がり続け
1年後には学年20番にまで上昇しました。
1学年約300人なので、この上昇は
奇跡に近いです。

国立に受かるくらいですから、
おそらく高校に入ってからも
頑張ったのでしょう。

中学のころ、塾に入って成績が上がったことや
高校でも勉強を教えたことに対するお礼が
手紙には書かれていました。

塾は中学でおしまいですから
3年もたってお礼を言う義務はありませんが
このあたりがMさんの律儀なところです。

ということで、中学時代に3ケタ順位だと
しても本人の頑張り次第では
国立大学に合格できるということを
証明してくれたMさんでした。

また遊びに来るそうなので
高校や大学の話をしてくれることを
楽しみに待ってます。

そういえば、その一つ上の学年のTくんも
大学はちがいますが国立に受かったと3月に
報告があったばかりです。
高校に上がってからも、頑張っている
生徒が多いのもうちの塾の特徴でしょうか。


posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

2015年11月28日

土曜

期末テストも終わり塾の方は昨日から
通常授業に戻りました。

今日はまず朝から病院に行ってきました。
別に病気なのではなく、
インフルエンザの予防接種のためです。
この仕事をしている限り、
いつ感染するかも知れません。
しかし、以前より4割ほど料金が高く
なっていた気が・・・

ちなみに前にも書きましたが
予防接種の必勝法を。
塾生の中にも、注射が怖いという
中学生がいます(笑  ってはいけない?)

昭和の小中学生は、集団接種といって
学校の体育館などでまとめて予防接種を
うっていました。
インフルエンザ以外にも、日本脳炎とか
ツベルクリン反応の記憶もあります。

最初にうった人は、あとの人にもれなく
「痛かった?」と聞かれる運命にありました。

いつの間にかその制度もなくなったようですね。

ということで注射慣れしていない今の中学生は
注射が怖いようです。

そもそもなぜ痛いかというと、皮膚にある痛点を
刺激するからでしょうが、
だからといって看護師さんに
「痛点に当たらないようにうってください」
とは言えません。

そこで全力で痛みを和らげる方法を考えました。
それは打つ瞬間を見ないということです。
皮膚にある痛点の刺激だけでなく
視覚で確認するから痛みは倍増するのです。
視覚からの情報を遮断すれば、これだけで
痛みは50%OFF(当社比)です。

ということで、注射の際は
打つ瞬間を見ないことをお勧めします。
(注:個人の感想です)

と、くだらない話はさておき
今日は土曜日なので中3と中2の授業日でした。

中3は期末が終わったので、もう学校に合わせる
必要はありません。
これからは入試に向けてこちらの判断で授業を
進めていきます。
ただ、数学と理科は進度が遅いためしばらくは
教科書の内容に取り組みます。

今日は社会で地方自治を
理科では天体の内容を学習しました。

天体の説明をしている時に、とある塾生から
「今日はいつも以上に生き生きしていますね!」
と言われました。
注射が効いた、わけではなく
おそらく天体の内容だからでしょう。

知っている人は少ないですが
私の高校時の進路希望は
某大学の理科T類から理学部天文学科でした。
大学で宇宙の研究をするという人生設計が
あったのですが、若干予定が狂って
今に至ります。

ということで、無意識のうちに
宇宙の説明に熱がこもっていたようです。

今日はまだ宇宙の概要なので
中学生が聞いていても興味をひかれる部分です。
太陽系とか銀河系とか若干話がそれて
ブラックホールの内容とか。

ただ、この興味関心もあと3週間もすれば
めんどくさー になります。
方角の問題とか時間の問題が入ってくると
毎年、混乱状態に陥ります。

まあ、何かに興味をもつのはいいことです。
塾生の中にも宇宙の話は好き
という生徒が何人かいて頼もしいです。

私が小学生の時あたりに天文ブームがありました。
昭和生まれならおそらく誰もが知っている
ハレー彗星が接近したからです。
あれは、流星群の比ではありません。

彗星は数多くあれど、
ハレー彗星をしのぐものはないでしょう。
次に接近するのは2061年
今から46年後という話をしました。

ちょっと調べてみたら、なんと日本書紀にも
ハレー彗星のことが記載されていたそうです。

ただ残念ながら塾生のなかで
ハレー彗星の名前を知っている人は
1人もいませんでしたorz
これを機に覚えてください。
テストには出なくても、いろいろなことに
興味を持ってほしいと思います。






posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

2015年11月27日

期末終了〜

昨日・今日の2日間で期末テストが終了しました。
このブログで、期末テストと言えば
自動的に戸塚中の期末テストを意味します。

問題は塾生たちに見せてもらいました。
以下、ざっと見た感想です。
一部塾生からの情報もふくみます。


【中1】
国語 
事前のプリントで覚えておくように言われた
文法や漢文の知識は一切出題されず。
せっかく教えたのに・・・


数学
それほど難しいとは思いませんが
うちの塾生は若干数学は苦手な傾向にあります。
計算ミスが怖すぎます。


英語
問題を見た瞬間に、難しくはないけど
細かいミスが多いだろうなあと思いました。
三単現のsや複数形とか短縮形とか細かいミスが
あるかな、と。
英語は早くも返却されたクラスがあります。
仕事が速い!

4名に書いてもらいましたがなんと80点以上は
一人もいません・・・
聞けばクラス平均は50点くらいで、よそのクラスは
40点台もあるとのこと。
たしかに簡単ではありませんが、あのテストで
平均40点台となれば、学校そのもののレベルが
疑われる事態になってしまいます。

理科
ほとんど見ていないので記憶にありません。

社会
上に同じ



【中2】
国語
この学年の国語については昨年に続き
あまり触れたくないので割愛
ひとつ言えば、北辰や入試にはほとんど
つながらない内容です

数学
範囲が狭いので計算がわんさか出ていました
何度も練習しているので、数学の苦手な生徒の
多いこの学年の塾生平均でも、学年平均は
超えてくれると思います。
昨年の2年とちがい証明は簡単でした。
ということで平均は高いかも。

英語
範囲が狭く、語句の問題が多い印象でした。
ミスがなければ高得点を期待できそうです。
ミスがなければ・・・


理科
同じく範囲が狭く、電流の計算問題が
大量に出ていました。
内容は特に難しくはありませんが
抵抗を4つ使った問題がちょっと悩みそう。
あと、電流計の記号が何年前の問題集?
というものでした。
(前の前の前あたりの教科書に載っていた記号)


社会
範囲は前回と若干かぶっていて、せっかく書いて
覚えた近松門左衛門とか十返舎一九とかも
ほとんどが選択問題でした。
まあそれほど難しくはありません。
私が作って渡した秘密兵器を駆使すれば
90点は取れるでしょう。


【中3】
国語
テスト前に塾生からの反応が最悪だったのが国語。
なにしろ範囲が広い広い、無茶苦茶広い。
故郷
万葉集
古今和歌集
新古今和歌集
おくの細道
ことわざ・慣用句

例年ですと、定期テストでは
上の2項目ないし3項目くらいが範囲ですが
今回はこのすべてで、覚えることが多すぎます。
これに漢字が20問。
これは事前の対応で結構差がつきそうです。


数学
相似が中心なので、1・2年同様計算が多いです。
何度も練習したのでできてほしいところです。
塾生の反応では数学がいちばん簡単そうです。


英語
ざっとしか見ていませんが、印象としては
それほど難しくはありませんが
簡単でもないといった感じ。


理科
天体が削られて、物理分野のみの出題。
これまた計算中心で、理数系を目指す生徒には
楽勝すぎたでしょうか。
仕事率の問題が難しかったようです。


社会
ざっとしか見ていませんが、
まあまあ難しいかな、というのが私の印象。
しかし塾生に聞いてみると、それほど難しい
とは思わなかったとのこと。
(個人の感想です)
うちの塾生は例年社会は得点源にしているので
私が思っている以上にしっかり勉強してきた
ようです。 感心感心。


さて、学年・教科は伏せますが
とある学年のとある教科では
やたらと不満が出ていました。

問題文を見るとなるほど、たしかに。
まず問題プリントが、非常に不親切なつくりです。
パソコンで作ったのをそのまま印刷したのか
A4用紙で5枚。
5枚あるのはいいとしても、1枚目の裏に
その続きの問題があります。
裏の問題を解くときに、図やグラフは表にあるから
これをなんどもひっくり返したりして
テスト中は忙しかったことでしょう。
しかも問題文にミスがありすぎて訂正の嵐。
訂正はなかったものの、私が見た中では
解答不能な問題もありました。

学校の先生が忙しいのは百も承知なので
私はあまり定期テストの問題内容に口を挟むことは
ありませんが、さすがにこれは生徒がかわいそう。
人数分を印刷する前に、教科担当の先生たちで
一度解けば、事前にミスは分かるはずです。
用紙の裏表のイライラも気づくはず。

もちろん本番の入試では、訂正や問題ミスは
ありえません。
不備があれば、その問題自体が無効になる
などの処置がとられます。




ということで、結果は来週になれば
分かりますが
皆さん上がっているといいですね。



posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

2015年11月26日

合格実績を簡単に増やす方法

通常授業や冬期講習を
無料またはきわめて低い費用設定で中3に開放する

内部生は通常費用ですが、
外部生は優遇する

ただし無料にするかわりに
私立高校を最低でも3校、
できれば4〜5校受けることをお願いする。
公立もなるべく難関校を受験してもらう。

広告やHPに掲載する合格体験記に間に合わせる
ために、受験前なのに合格体験記を書いてもらう。
もちろん無料講習の条件として。

その結果、あっという間に
塾としての合格者数を稼ぐことができます!

これを思いついた私は天才かも(笑)

というのは冗談で、私が思いついたわけではなく
某事情通氏から聞いた、とある大手塾の話です。

まあ噂には聞いていましたが、
よくもまあ思いつくものです。

ことの良し悪しは別として
私は永遠に実践しないと思います。
いくら合格実績のためとはいえ内部生よりも、
新規の塾生獲得に躍起になっては
長く通ってくれている塾生や保護者の方に
申し訳ないからです。

というわけで、せっかく耳にした妙案は
速攻でボツになりました。

それによく考えたらうちの塾は
別に合格実績をうりにしているわけでもないし
他の塾と戦っているわけでもありません。

今までどおり、通ってくれた塾生を第一に
考えて授業を行いたいと思います。


posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

2015年11月24日

久々の入試改革【現中2生以下必見】

県の教育委員会から、平成29年度入試についての
変更事項が発表されました。

大きな変更点は以下の2点です。

1.理科・社会の試験時間を50分に延ばす。
2.英語・数学については学校によって発展的な
  内容の問題を出題できる。

1について
現在の入試の試験時間は
英数国の3教科が50分であるのに対して
理科と社会は40分です。
ただ社会などは特に地理で、ものすごく資料の
読み取りに時間がかかる問題があったりして
40分では終わりきれない事象が発生している
ようなので、時間を延長するとのこと。

2について
私も以前からこのブログで指摘してきたように
埼玉の入試問題、特に数学は鬼のように
難しい問題が数問あります。
基本的な問題ばっかりにしたら
難関校では満点だらけになって差がつかなく
なるからでしょう、と分析していた記憶が
ありましたが、方々から指摘されての
対応策のようです。
ただ東京や神奈川のように、学校独自の
オリジナル問題ではなく、あらかじめ県が
用意した難易度の高い選択問題を高校が
採用する形式になりそうです。

選択問題を採用する高校がどこになるかは
来年の3月ごろに発表するそうです。
新聞によると、10数校とのことなので
それほど多くはなさそうです。
旧1学区南部ならば
浦和・浦和一女・大宮・市立浦和あたりでしょうか。

以前の埼玉の高校入試は、まったく落ち着きが
なくて数年に一度入試制度が変わっていました。
前期や後期があったり、推薦や一般があったり
総合問題があったり、実技入試があったり。

もう覚えている人は少ないと思いますが
埼玉の公立でも一時期、学校独自の問題が
課せられたことがありました。
あまりにも不評で、すぐに終了したことは
想像に難くありません。

平成29年度入試からなので
現在の中3には関係ありませんが
現在の中2以下の皆さんは、一応頭の片隅に
入れておいた方がいいでしょう。

まあ、埼玉のことなのでまた何年かしたら
変わると思います。
そのたびに新しい方式に対応して
常に適切な進路指導ができるように
フレキシブルでいたいと思います。

ちなみに県の発表は こちら





posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

2015年11月23日

100

連日テスト対策が続いていますが
中3に、今日が何の日か知ってる?
と聞いたところ 
「〇〇の誕生日!」と、友達の名前が出てきました。

私の期待した答えとはほど遠かったのですが
今日は、埼玉県の公立高校入学試験日まで
あとちょうど100日という日です。

これからは目に見えて残りの日数が減っていき
いよいよ入試が近づいてきたことを実感する時期と
なりました。

さて、その中3の様子はどうかというと
どうにもまだまだ意識が薄いようです。

約束なのでここ2週間は休み時間の携帯使用は
禁止しています。

が、テストや入試に向けて積極的に勉強に
向き合っているかというと・・・

小学校のころから甘やかされて育ったのか
怒られ慣れていないのか
どうにもまだまだ甘ちゃんです。
早い話が、中3にしては精神的に幼いです。

ただ、これは今年に限ったことではなく
ここ数年どうにも中学生が幼児化している
ように思われます。

もちろんすべての生徒とは言いませんが
本当に中学生? 
本当に高校受験生?
と思えるような生徒が見られるのも事実です。

これはうちの塾だけではなく、
全国的な流れのようです。
原因は、先ほど書いたように甘やかされて
育ったこと、家庭や学校で怒られ慣れていないこと
ではないでしょうか?

めったに注意されてこなかったから
少しでも怒るものなら
逆切れしたり
ふてくされたり
涙ぐんだり・・・

なかなか困ったものです。

それが時代とは言えばそれまでで
この超新人類である21世紀生まれの中学生の
指導をしていくことが私の役目です。

おかげで幼稚園生を相手にするスキルも
身に付きそうです(笑)

まあ、冗談はさておき
入試までの日数が現実味を帯びてきたのも事実です。
毎年そうしているように、これからは今まで以上に
入試への目的意識を高めていくように
誘導していきたいと思います。


posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

2015年11月22日

この3連休が勝負!

期末までの日数も徐々に減ってきました。
戸塚中生にとっては、昨日今日明日の3連休が
最後の山場となるでしょうか。
塾の方でも連日テスト対策が続いています。

今回は意識的に数学と理科の説明の時間を
増やしています。

中3の数学も、学校のワークを使って
かなり細かく説明しています。
塾のワークも使いますが、この学年はワークからの
出題が多いので、仕方なくという側面もありますが
意外と良問がそろっているので受験勉強にも
なるでしょう。

本来なら学校のワークくらい、自分で解いて
分からないところは解説を見て・・・
となるのですが、わざわざ私が説明するのには
理由があります。

簡単に言えば、ワークの解説がちょっと残念な
つくりと言うかなんというか、はっきりいえば
普通の中学生には分かりにくいのです。

ワークを解かせて、付属の答えで答え合わせを
するだけだったら学生アルバイト講師にも
できます。
私は基本的に学校のワークだろうと塾のワーク
だろうとほとんど答えは見ません。
理由は先ほど書いたように、特に数学の場合
解説が不十分だからです。

よって、解説に載っていない方法で
中学生にも分かりやすい方法をその場で考えて
説明しているのです。
概ね通じているようです。

ワークに載っている解説通りに答えろ!
という無茶なことを言われない限り
塾で教えた方法が明らかに分かりやすいと
思いますので、それで理解してほしいところです。
数学は教え方によってずいぶんと理解度が変わります。

私も日々研鑚を積み、さらに分かりやすい方法で
教えられないかと考えています。

おとといの木曜日から、明日の月曜日まで
5日間で45時間の対策になります。
その後も前日まで続きます。
塾生の皆さんにも、1分1秒も無駄にせずに
もうやることはないという状態で
テストに挑んでほしいと思います。
posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

2015年11月21日

299

先日、川口市立中学校への進学希望調査の結果が
発表されました。
戸塚中への進学希望者は、学区内で241名
学区外で58名 計299名とのことです。

昨年の同時期の調査では333名が希望していて
最終的に入学したのは300名ちょっとなので
1割くらいは減る傾向にあるのでしょうか。

となると来年の戸塚中1年生は7クラスになる
可能性もあります。

まあいずれにせよ来年も多くの生徒が戸塚中生
として学業に励むことになりますね。
あくまでも、学生の本分は学業です。
決して部活ではありません。
このあたりは
きっちりとわきまえてほしいと思います。

進学と言えば、川口市内に平成30年をめどに
新しい市立高校が誕生します。
順調にいけば今の中1が
第1期生ということになります。

うちの塾生の中にも、この新校に行きたいと
希望する生徒が何人かいます。

思えば、私も高校はできて間もない学校でした。
同じ学費なら、新しい方がいいですよね(笑)
と、当時の高校の先生が話していらしたことを
思い出します。

ただ50万都市の新設校です。
人気もそれなりにあるでしょう。
ひょっとしたら川口北高校を超える難易度かも
しれません。
理数科もできるそうで、こちらはさらに
難しくなるでしょうね。

果たしてこの新設校の第1期生に
うちの塾生が名を連ねることができるでしょうか。
3年後を楽しみに待ちたいと思います。


posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

2015年11月19日

学校が休みの日は

今日は木曜ですが、戸塚中は休みです。
先週の土曜日の学校公開の振り替え休日と
いうわけです。
テストまでに残された日数は今日もふくめて7日間。
なんと、そのうち4日が休みで
学校に行くのは実質3日間です。
つまりテスト範囲の内容は、もう学校でもほとんど
終了している(はず)ということです。

さて、
1週間前ということで今日からは部活も休みです。
平日なのに部活も学校も休みということで
遊び回った人が多いでしょうね。
うちの塾生以外は。

今日が休みになることは予め分かっていたので
この日を逃す塾長ではありません(笑)
塾生たちは、遊びに行っている友だちを
うらやむ声と、休みの日にも授業をやってくれる
ことをうれしがる声と、それぞれいましたが
きちんと塾に来るあたりは、いつも言うように
さすがうちの塾生! です。

今日塾で勉強したことは決して無駄では
ありません。
友だちが遊んでいようと勉強していようと
関係ありません。
私は必要だと思うから今日塾を開けただけです。
それは今後の3連休も同じです。
他の塾がどれくらいテスト対策をしているかは
知りません。
うちの塾としてできる範囲で、最大限の
対策をしてあげるだけです。

2015020202.png

今後の予定です。
中1は今日から8日間連続です。
自習ではありません。
全員がテスト対策として毎日来るのです。

前にも書きましたが、
こういったテスト対策はすべて無料です。
テスト対策だけで1ヶ月の授業数を軽く超えますが
そういうのはあまり気にしません(笑)
ずっと通ってくれている塾生だけの特典です。

多くの塾がテスト対策を外部に開放しているのは
知っています。
が、あえてうちの塾がそれをやらないのは
やはりうちの塾生が一番大切だからです。

テスト対策を外部に開放する理由は
一つしかありません。
それは、新規の入塾生を勧誘するためです。
これは塾の経営としては、きわめて当然のことで
どのコンサルに聞いても、
セミナーに行っても触れることです(たぶん)
また、FCならば本部やSVからの指示も
あることでしょう。

経営のことを考えたら、無料でテスト対策を
外部生にも受講させた方がいいことは
私も分かっています。
現に前にいた塾ではやっていました。

が、やはり人数が増えるとどうしても
塾生に対応する時間がそのぶん削られます。

このあたりは考え方のちがいで、
いやいや新規の塾生を増やすには内部生よりも
外部生に目を向けるべきだとする考えも
あるでしょう。

私の考えでは、組織の塾やFCでは絶対に
やっていけませんが、個人でやっている
塾だからこそできることです。

ということで、今後も今いる塾生をいちばんに
考えた授業を行っていく所存です。

もちろん、新規の入塾を拒否しているわけでは
ありません。
入塾を検討している方でしたら
内部生と同様に何時間もテスト対策を行います。
そのあたりはお問い合わせいただけたらと思います。
他の中学には全く対応できませんが
戸塚中の生徒でしたら、一番効率よく学習できる
塾にしているつもりです。


また、今日は北辰の結果も届きました。
比較的偏差値は安定してきているようです。
やはり上がったり下がったり不安定でいるよりは
安定している方が志望校も決めやすいでしょう。
今回が自己ベストだった生徒も何人かいましたが
その中の1人は、塾ができて14年目で
女子としては一番高い偏差値でした。

詳しくは書きませんが
以前、浦和一女に行った塾生の北辰偏差値よりも
高いと思います。


ちなみに男子の場合は浦和高校に合格した塾生が
たしか74くらいを出していたと思います。
塾ではいまだに破られていない数値です。

偏差値はあくまでも目安です。
塾としては偏差値が高いと、もっと上位高を
勧めて塾の宣伝に・・・
という考えになるかもしれませんが
何年も生徒を見ていると、学力以外のことも
頭の中に入ってきます。
そのあたりも含めて、単純にこの偏差値だから
この学校にしたらと言うことはせずに
なるべく本人の意向を尊重します。
もちろん悩んでいるときは、こちらから
アドバイスを送ります。

今日は昼過ぎから10時間も説明をしていたので
若干疲れました。
明日は中1の5時間授業です。
そのあとの3連休はいずれも10時間。

夏期講習よりハードですが
少しでも塾生の結果に表れてくれたらと
願う今日この頃です。
posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

2015年11月18日

このごろ都にはやるもの

今日は水曜日で6年生の授業がありました。
be動詞の文章も一通り説明を終えました。
中1で言うと1学期の中間の内容はすでに終了して
います。1学期の期末の内容、一部2学期の内容にも
取り組んでいます。

来年は教科書が変わるので、どうなるか
わかりませんが今までのつくりを踏襲していれば、
来年の中1もまずまずの成績を残せるように
指導しているつもりです。

さて、そんな小6の間で休み時間にひそかに
はやっている遊びがあります。
まあ、私が前におしえたものですが
〇〇を言ったら負け! ゲームです。

【ルール】
先攻後攻に分けて、1から自然数を順番に言います。
1人がいっぺんに言える数と、言ったら負けになる
数をきめます。
という、いたってシンプルなもの。

この日は、
1人が言える数は3つまでで、30を言ったら負け
というルールで遊んでいました。

先攻をAくん、後攻をBくん とすると
Aくん「1,2,3」
Bくん「4,5」
Aくん「6,7,8」
Bくん「9」
Aくん「10」
Bくん「11,12,13」
Aくん「14,15」
Bくん「16,17,18」
Aくん「19,20」
Bくん「21,22,23」
Aくん「24,25,26」
Bくん「27,28,29」
Aくん「・・・・  30」

ということでBくんの勝ち!

という知的な遊び(笑)に没頭していました。

何回かやっていくうちに、必勝法があるのではと
いう流れになり、どうやら25を言った方が
勝てる と気づいたようです(合ってますよ)

ただ、それ以上は考えが至らなかったようで
頑張って25を言えるようにする、というふうに
ゲームが変わってしまいました(笑)

さてさて、ご存知の方も多いと思いますが
このゲームには確かに必勝法があります。

今回のルールの場合は、
必勝法を知っていれば先攻が必ず勝ちます。
今書いたら面白くないので、
のちほど紹介したいと思います。
ちなみにこれも算数の一つですよ。


posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

2015年11月17日

うーむ

そういえば11月1日に埼玉大学まで受けにいった
数検の、解答速報が出ていました。
早速自分の書いた答えと比べてみます。

まずは1次の7問。
こちらは解いた直後に書いたように
2問は現役時代にまったく習っていない内容で
1問はその場で自力で考えた問題ですが
奇跡的に正解だったようです。
残る5問はすべて正解だと思うので
1次は7点満点の6点で
無事クリアしているでしょう。

ただ前回も正解していると思った問題が
不正解だったので、油断はできません。

続いて2次の正解をチェックしました。
2問が必須問題で、あとは5問中2問を選択して
計4問を2時間かけて解きます。

1番は領域の問題
どうも底の条件を若干ミスったらしく
正解していたと思ったけど、部分点で
0.5点〜0.8点くらい(かなり甘い判断)

5番は論理の問題。
最終的な答えは合っていましたが、結論に至る
までの記述が認められるかどうか。
数検とはいえ、書いた内容に数字はほとんどなくて
ひたすら説明説明説明の連続で、1000文字くらい
書いたのではないかと思います。

6番は三角関数の問題でしたが
半角の公式の処理がいまいちで不正解orz
あとはどこまで部分点が認められるかで
個人的には0点〜0.5点くらいかと・・・
(0.5は希望的観測)

7番はまたしても対数関数に微分を絡めた問題
これも正解値が出るという問題ではなく
式とグラフを使って説明する問題
まずまず想定解と同じように書けたので
0.8点〜1点はもらえるかと

ということで予想では5番を正解としたら
最低で2.3点
最高で3.3点となりました
準1級の2次のボーダーは2.5点と
言われていますので、不合格の可能性も・・・

まあ形態が変わった後の数検としては
準1級初挑戦なので
これもよしとしましょう。
もし不合格なら、再挑戦します。
合格ならたぶんここでいったんストップ。

ということで発表は3日後の20日です。
期待せずに待ちたいと思います。
posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 個人的なこと

2015年11月16日

来年の北辰&英検

来年度(平成28年度)の北辰の日程が
発表されました。
第1回  4月24日
第2回  6月19日
第3回  7月17日
第4回  9月 4日
第5回 10月 2日
第6回 11月 6日
第7回 12月 4日
第8回  1月29日

すべて3年生対象で日曜日です。
2年生は平成29年の3月5日(日)です。

ちなみに今年の3年生と2年生は
3年生 1月31日
2年生 3月 6日 です。

さて、この前の第6回がちょうどその日に
あたりましたが
北辰テストの日と、英検の二次試験の日が
今年は重なってしまいました。

来年はどうなるだろうと思っていたら
なんと、来年も11月6日の北辰が英検二次と
重なります。

英検は漢検のように年に何回も行っていません。
つまり、内申に使いたいのなら1学期中に
合格しなければならないということです。
しかも時節がら、1学期の英検は1次試験が
修学旅行と重なることもあります・・・

なかなかうまくいかないものですが
英検に関しては、可能ならば早めに
合格しておきたいものです。

なお、つい最近発表されましたが
来年の英検から4級・5級でも
スピーキングテストが実施されるとのこと。
これが意味することは、具体的には
書いてありませんでしたが、おそらく
3級と同じ面接が行われるということでしょう。

ということで、4級や5級を狙っている人は
3学期までに合格しておきましょう!

なお、スピーキングの追加により
来年度から検定費用も変更になりそうです。

平成28年度からの検定料です (  )内は現在
3級 2800円 (2800円)
4級 2100円 (1600円)
5級 2000円 (1500円)

ということで、やはり3学期までに合格した方が
よさそうですね。
ちなみに上記費用は塾で申し込んだ場合で
書店やネットで申し込んだ場合は
3級で400円、4・5級で500円高くなります。

なお、年内の検定はすべて終了しました。
あとは1月の英検、漢検は希望者が10名以上いたら
実施したいと思います。

posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

2015年11月15日

数数数数数!

今日は日曜日でしたが、昨日配った予定表通り
テスト対策を行いました。

戸塚中はまだテストまで10日以上あり
まだ近隣の塾でもテスト対策を本格的に
行っているところは少ないと思います。
それでもうちの塾では戸塚中限定という利点を
いかして、時間があればなるべく対策を行いたい
と思います。

今日は昼過ぎから中3。
時間割りでは控え気味に
2:00〜7:00と書いていますが
塾の5時間は学校の5時間とはわけが違います。
次から次に大切な内容を扱っていきますし
10人程度の少人数ですから、ボケッとしている
暇もありません。

しかも今日は
1時間目 数学
2時間目 数学
3時間目 数学
4時間目 数学
5時間目 数学

と数学好きには夢のような時間です(笑)

学校のワークを使って、難しい問題の解説を
一通り終えました。
テスト範囲は学校では終了していませんが
はやくワークを終わらせたい塾生も多いので
先に進みました。

何回か書いていますが、うちの塾では
テスト前1週間の時点で、すべての教科の提出物を
終わらせることを推奨しています。
そのためにはテスト範囲が発表されてから取り組んで
いるようではすでに手遅れです。
実際塾生の中にも、範囲表をもらうまえから
先を見越して提出物に取り組んでいる生徒も
数多くいます。

実は、今日の中3の5時間授業のうち
最初の2時間は参加は自由としていたのですが
ちゃんと全員最初から最後まで参加しました。
さすがうちの塾生!

中3にとっては内申に関係のある定期テストとしては
今回の期末テストが最後になります。
私もいつも以上に力を入れて取り組んでいくつもり
なので塾生の皆さんもそれについてきてくださいね。

夜は中2の授業でした。
こちらはまだ部活があるので、夜の時間にしました。
オームの法則と数学の角度の問題。
いずれも計算問題の解説に時間をかけました。

また、遅すぎてまったく進む気配のない社会。
ついにテスト範囲の問題が作れなくなったのか
前回の範囲がもう一度今回の範囲に入りました。
それはそれで構わないのですが、この学年の社会
はたして2年生の内容が終わるのはいつでしょうか?

九州・中国・四国・近畿・中部・関東・東北・北海道
のすべてが中2の地理の内容ですが、2学期期末の
時点で、このうちテストの内容に含まれた単元は
何とゼロです。
まさか学年末で全部出るわけでもないでしょう・・・

ちなみに1年の社会も仲良く遅れ気味です。
こちらは歴史に進む気配が見られません。

このままでは他の教科の時間割をかえて
週に10時間くらい社会の授業を行わないと
学校の授業は終わりませんよ・・・

まあうちの塾は中1から理科も社会も通常授業と
して塾生全員が毎週学習しているから特に問題は
ありませんが、中1で理社を学習する塾は少ないし
そもそも塾に通っていない生徒にとっては
大きなハンデになることでしょう。
学校の中でのテストではなんとかなっても
中3になったときの北辰や、校長会その他のテスト
さらには入試のときに困るのは今の中1・中2です。

もう少しあとあとのことも考えて
学校の授業が進めばなあと思う
今日この頃です。
posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

2015年11月14日

テスト対策授業

テスト範囲が出たので、塾ではすでに
テスト対策授業に突入しています。
今後はテスト範囲の内容だけに集中して
授業・解説・問題演習となります。
またいつものように、テスト前2週間からは
授業開始から終了まで、携帯・スマホ、それに
類するものの一切の使用禁止です。

私はあまり他の塾のことは知りませんが
他の塾から移ってきた生徒や、他の塾の友だちから
塾生が聞いた情報によると、うちの塾は
一般的な塾より授業時間が長いようです。

1コマの時間というよりも、
塾に来てから帰るまでの時間という意味です。
来る時間は他の塾より早く、
帰る時間は他の塾よりも遅いとのこと。
まあうちの塾は地元の人が中心だから、
行き帰りに時間はかからないでしょう。

私自身も、テスト前だけ何時間もまとめてやる
よりは、普段からある程度の時間まとめて
勉強する習慣を身につけてほしいので、
通常授業も長めとなっているようです。
まあ私は長いとは思っていませんが(笑)
これに、テスト前は連日のテスト対策が続きます。

早速今日からの予定表を配りました。
ここに全部書くのは大変なので
pdfファイルで掲載します ⇒ こちら

タイムラインに掲載した方は23日の中1が
空欄でしたが、作成時点でこの日が祝日である
ことを失念していたためです。
祝日ならばできますね。
ということで、23日も中1は対策を行います。

学年によって曜日は違いますが
中1は19日から26日まで8日間連続で
来ることになりますね。
ウワヮーとかオェーとか反応があると思いましたが
あにはからんや、おおむね歓迎している様子でした。

中1も1学期の成績が良すぎたこともあって
このあと気を緩めたら困ります。
よって今回もできるだけ多めに時間をいれることに
しました。

何時間あるかは数えていませんが、
このテスト対策授業で授業が増えるといっても
うちの塾では一切費用はかかりません。
そのかわり真剣に取り組んでもらいます。

私にとってはうちの塾生が一番大切です。
よって、今回もテスト対策期間だけちょこっと
参加して得点を取りたいという方のための
外部生向けのテスト対策授業は行いません。
よそはよそ、うちはうちです。

繰り返しますが、私にとって大切なのは
今まで塾に通ってきてくれている塾生です。

もちろん、今後入塾を希望している方でしたら
喜んで受け入れます。
そのための体験もございます。
是非お問い合わせいただけたら幸いです。

明日あたりから徐々に忙しくなりそうです。


posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

2015年11月13日

ご迷惑をおかけしました

昨日ドクターストップがかかり
塾を休んでしまいました。

今日朝一で病院に向かい検査を。
自己診断では、熱は37度前後
この熱だから、おそらくインフルではない
だろうとは思いました。
しかしいろいろ調べると37度くらいの熱しか
出ないインフルもあるそうで若干心配になります。

まあ心配したところではじまりません。
インフルエンザと溶連菌の検査をしてもらった
ところ、いずれも陰性でした。
病院の先生によると、ただの風邪でしょうと。

ということで薬だけもらって、無事放免。
普通に仕事もしてよいとの許可ももらったので
早速保護者の皆様にメールで報告しました。

1日休みましたが、私としては最低限の
被害で済んだと思っています。

昨日の時点では、インフルエンザの疑惑も
あったわけで、先生からストップされたのは
当然のこととして、もし病院に行かなくて
熱を押して授業をやっていればさらに悪化した
可能性もあります。

そう考えると、すぐに病院にいって症状も
収まったわけですから、我ながら迅速な
対応は正解だったと思います。

風邪を気合で治すとか精神論を言っている
場合ではありません。

やはり適切な予防と処置は必要だと
改めて感じた昨日今日の出来事でした。

皆さんも風邪やインフルエンザには
十分注意してください。
私も来週あたりには予防接種に行きたいと
思います。
posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 個人的なこと

2015年11月12日

m(__)m

医者に行ったところ
インフルエンザの疑いもあるので
今日一日仕事は休みなさいとのことでした。

今日は中3の授業が3時間ありましたが
すべて後日に振り替えます。
そろそろ期末テスト対策が始まるので
そちらの時間割に充てたいところです。
posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 個人的なこと

2015年11月11日

問題を渡す時は

今日塾生の一人が、問題が分かりませんといって
質問してきました。
見てみると、中間テストの成績優秀者だけが
もらった数学の課題だそうです。

なるほど、すべて難関私立の入試問題です。
難しい問題が並んでいて、この塾生も頑張って
数問は解いたのですが、どうしても解けないと
いうので塾の無い日にも関わらず質問に来ました。

難関私立といっても、高校入試の問題ならば
あらかた解ける自信はあります。
問題はそれをどうやって教えるか、なのですが。

で、途中まで解いていて気づいたこと。

これいつの入試問題???

ご存じの方も多いと思いますが
中学の教科書は数年おき(だいたい4年おき)に
改訂されます。
それとは別に学習指導要領といって
教える内容そのものも数年おきに変わります。

KIMG1385.JPG

この問題が解けないのはしかたないと思います。
なぜならこの問題を解くには不等式の知識が
必要だからです。
中3でも単純な不等式は扱います。
例えば
12.5≦n≦20.5 が成り立つ自然数nは何個?
といったものです。

が、今日解いた問題には
マイナスをかけたときに不等号の向きが逆になる
など今の中学では扱わない内容が含まれていた
からです。しかも連立不等式。

不等式は以前は中2で習っていました。
がもう10年位以上前に、中学の教科書から消えて
高校に移ったはずです。
ですから公立高校の入試で不等式を解く問題が
出題されることはまずないでしょう。
(不等式の立式は中1で習います、念のため)

ということで、公立では出題されないけど
私立では出題されるのか、それとも
問題自体が古すぎたのかは定かではありませんが
中学で習わない内容を渡された生徒たちは
かなり戸惑ったことでしょう。特に今日塾に来た
生徒のように、真面目な生徒にとっては。

ちなみに、この問題
あの開成高校の入試問題でした。

しかも検索したら2011年と、比較的最近の問題。
つまり公立中学ではまず習わない内容でも
難関私立のためには対策が必要ということですね。

posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 分類に困ったもの

2015年11月07日

5000日!

今日は修徳ゼミナールがオープンしてから
記念すべき5000日目となりました!

2002年3月1日(金)
まだ机といすくらいしかない寂しい教室で
スタートしたのが、ついこの間のような気もしますし
前世の記憶のような気もします。

いつの間にやら13年と8ヶ月がたち
積み重ねた日数はついに5000日となりました。

塾を始めたころは、5000日どころか
3年続けられるだろうかという思いでしたが
塾生や保護者の方に恵まれたおかげで
ここまで来ることができました。
前の塾を合わせたらもう20年以上もこの仕事に
携わっていることになります。
人生の半分以上です。

次は10000日ですね。
13年8ヶ月後は50歳を超えている計算です。
うーむ・・・

今と同じように
バカなことを言いながら子どもたちを相手に
勉強を教えていることができれば
それに勝る喜びはありません。

5000日記念にと、
何かノベルティグッズ(名入れ記念品)もチラッと
考えましたが、今どきの子どもたちは
そういうのをもらってもうれしくないでしょうから
時代に合わせた、ささやかなプレゼントを
渡すことにしました。

この日のためにLINEQで怒涛の回答ラッシュを
繰り返し、2週間で80000ポイント
ゲットしました。

すでに38人くらいにプレゼントしました。
中1 7名
中2 5名
中3 12名
高1 5名
高2 1名
高3 3名
他  5名
となっております。

先着順なのであと20名くらいです。

またLINEをやっていない生徒も
いるでしょうから、何か他のプレゼントも
考えたいと思います。

ということで、なんやかんやで5000日です。

まだまだ至らぬ点もあると思いますが
これからもよろしくお願いします。

Effectplus_20151108_020002.jpg

screenshotshare_20151108_015821.png



posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

2015年11月02日

今年こそ!

買ってきました

KIMG1374.JPG

私は毎年塾生全員に年賀状を出しています。
それは修徳ゼミナール1年目から
変わりません。

いつも冬期講習が始まって忙しくなって
結局12月28日くらいにしあげるのですが
今年こそはと、早くも用意しました。

目標:11月中に終わらせる!
posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 分類に困ったもの

2015年11月01日

数検

前回の記事で、明日は私の番です。
と書きましたが、何のことかというと
これのことです。

KIMG1379.JPG

今日は数検を受けてきました。
前回2級をクリアしたので、予定通り準1級です。
一応高3レベルということになっていますが
普通の高3には難しいと思います。
バリバリの理系でないと解けないでしょう。
私も現役の頃なら解けたと思いますが、さすがに
高校を卒業して20年たつともう記憶のかなたに。

ということで、今回の会場は前回とちがい
何と埼玉大学。
学生の頃以来なので約20年ぶりに
行くことになりました。

しかし埼玉大学・・・
ご存じの方も多いかと思いますが
埼玉大学は北浦和駅からバスで移動します。
時刻表では15分で着くことになっていますが
埼玉大学の学生は15分でつかないことを
知っています(笑)

ということで、試験開始は13:30ですが
余裕をもって30分前につくようにバスに
乗りました。

が、







日曜日ということもあってか
一向に進まず、分速10mのノロノロ運転。
駅から大学までの一本道に果てしなく車が
列を作っているのが見えます。
20年たってもまったく渋滞が解消されて
いませんでした。

30分前につくはずが、なんとバスの中で
開始時刻を迎えてしまいました。
埼大行きのバスはほぼ全員が数検の受検生です。
やっと到着して、席に着いたときには
すでに10分オーバーしていました。

本当は13:20くらいにつくバスで
行く予定だったのを、早くして正解でした。
(厳密にはこれでも遅刻したけど)

おそらく、この日の埼大で受検した人の中には
遅刻した人が何十人もいるはずです。
ひょっとしたら100人以上いるかも。

この際だから言いますが
埼玉大学を受検会場にするのは今後一切
やめてほしいと思います。
私は渋滞するのを予め予想できましたが
ほとんどの人はそこまで考えないでしょう。

30分以上も遅れるバスに乗らないと
たどり着けないような会場は試験会場として
ふさわしくありません。
前回の大宮のJAなんちゃらの方が
まだましでした。

それに比べたら、漢検は川口駅から徒歩1分と
最高の場所でした。

まあ、塾で受ければいいだけの話ですが
前にも書いたように、塾の人間が塾で受けると
いうのは、いいのか悪いのか分かりませんが
私自身がそれはよろしくないと考えているので
わざわざ受けに行きました。
そもそも準1級は、塾では受けられる回と
受けられない回とがあるようです。
漢検は準1級は塾では受検できません。

前置きが長くなったので数検について。
あまり興味がある人はいないと思いますが(笑)

数検は英検とちがい、同じ日に1次と2次の
両方を受検します。
1次はおもに計算が中心で
2次は文章題が中心です。
(この分類も3級くらいまでの話)

準1級の1次は、1時間で7問を解きます。
すでに10分経過しているので私は50分で。

2級の時はざっと見てスラスラ解けて10分で
終わりましたが、さすがに準1級は
見た瞬間に答えが分かるのが、、、ない。

しかも、今の高3の課程と私の時(平成一桁)の時
では習った内容が違うのか
7問中2問は、習った記憶がないものが。
これはピンチです。
なぜなら1次は、7点満点で5点が合格ライン。
2問わからないということは、残りが全問正解
でないといけません。

ということで、類題さえ見たことのない
分からないはずの1問を
その場で考えて解いてみました。
これが、ラッキーにも正解のようです。

もう1問は、本当に問題の意味すら分からない
もので空欄で出しました。
よって6問中1問ミスまではOKとなりました。

2次は、2時間で4問を解きます。
つまり1問あたり30分かけて解くというものです。
こんなこと書いたら、ますます数検受ける人が
少なくなりそうですね(笑)

でも答えを覚えるだけの中学の理科や社会とちがい
高校以降の数学というのは、その場で解き方を
考えて解答していくことが必要になります。

4問と書きましたが、実際には
必須問題が2問
あとは選択問題が5問あって、この中から
2問を選びます。 計4問です。

選択問題の中から、どれが解きやすいかを
見極める力も必要です。

これまた1次と同じで、問題を見た瞬間に
解法がひらめいたのは1問もありません。
最初の30分くらいは、問題用紙に
解答の下書きやら計算やらを書きなぐるだけで
30分経過時点で、解答用紙には
まだ1文字も記入していません。

その後、普段の100倍くらいのパワーで
脳みそをフル回転させ
それらしいことを書きました。
一応4問とも埋めましたが、
部分点も含めて
4点中、2.5点が合格の目安らしいです。

受かったら次は1級かというと
たぶん受けないと思います。
前に私が受けたときの1級と
今の1級では問題のレベルが違いすぎます。
当時の1級は今の2級くらいです。

今日の会場に
1級は24名
準1級は40名 いました。

私よりも年配と思われる方も
多数見受けられました。

何歳になっても学問を志すのはよいことです。
私も見習いたいものです。

ちなみに塾では
14日に数検を実施します。
中2生、中3生が挑戦します。
頑張ってほしいですね。
posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 個人的なこと