2016年01月30日

苦節半年!

右側にあるリンク先がやっと変更できました!
スマホからご覧の方には表示されているか
どうかわかりませんが、PCの場合ページ右側に
リンク先があって、塾のHPの他にいくつか
設定していましたが、
これが相当古いまま放置しておりました。

特に新しくしたわけではありませんが
とりあえず古いものの削除成功。
一応2月の予定を追加しましたが
おそらく、と言うか確実にしばらくは
「2月の予定」のままになっていると思います。
posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 分類に困ったもの

2016年01月29日

私立高校合格おめでとう!

28日の中3の授業時に、私立の結果と
現段階での公立の希望校を書いてもらいました。

今年の最終在籍者は14名で
うち私立単願が1名。
残る13名は公立希望です。


うちの塾は公立希望が多く、また広告で
〇〇高校〇〇名合格! 
などと宣伝するつもりもないので、
何校も受けるように勧めることはありません。
今年の中3生は、延べ13校受験して
全員合格しました!
日程の関係で1名だけ2月受験の生徒がいますが
現段階では14年連続で全員合格となりました。

合格高校は ⇒ こちら



同じ塾の人間が言うのもなんですが
中学受験や高校受験の結果が、塾の宣伝広告の
材料に使われるのはいかがなものかと思います。
もちろんある程度は仕方ない面もありますが
最近は過剰すぎるかと。

本人の意志ならともかく、一人で6校も7校も
受験するようにと塾から勧めることがあります。
もちろん全部合格しても行ける学校は一つだけです。
学校側もどうせ入学しないことは想像できるので
定員よりもはるかに多くの合格者数を出さざるを
得ません。
そうやって稼いだ合格者数に何の意味があるのかと
疑問に思うこともあります。

塾の事情に詳しい人ならご存知かと思いますが
大手塾の合格実績の大半は、一部の成績優秀者が
何校も合格した結果です。
誰でも有名校に合格できるわけではありません。

ダイエットの広告
健康食品の広告
通信添削の広告
どれも、成功例が大々的に宣伝されていますが
あくまでも、何千人、何万人の中の一部ということは
うすうす気づいている人も多いと思います。
塾のチラシも似たようなものです。

とはいえ、これは企業としての塾側の話。

受験生にとって合格は喜ばしいことです。
これから公立を受ける人も、まずは
一安心といったところではないでしょうか。


posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

2016年01月28日

あまり知られていない話

私立高校の入試も前半戦が終了しました。
当塾の生徒からもうれしい報告が集まりました。

一部報道にもありましたが
埼玉県の多くの私立高校の場合
事前相談という他の都道府県には無い制度の
おかげである程度の合否の予測はできます。

とはいえ、絶対ではありません。
確約(のようなもの)をもらっても
不合格になる場合もあるので、
最後まで気は抜けません。

さて、公立高校の場合は定員が300名なら
合格者もほぼ300名です。
ほぼ、というのは実際には数名ほど多く合格者が
出るからです。 
学校にもよりますが、その数は本当に数名です。

一方、私立高校の定員数はあってないようなもので、
実際には定員の何倍もの数の生徒が合格します。
公立高校と違って、私立の場合は合格しても
行かない生徒が多いからで、合格してそのまま
入学する人数(いわゆる歩留まり)を
予測する必要があります。

あの開成高校でさえ、定員100名に対して
実際の合格者数は倍の200名です。
開成高校だから受かった人は全員入学するかと
いうとそうでもなさそうです。
開成を蹴って、国立や都立に行く生徒も
意外と多いようですね。

ちなみに、2015年度入試の
定員と実際の合格者数を調べてみました
数字はすべて高校の一般入試
     定員(A) 合格者数(B) B/A  
開成   100名   200名   200%
慶應女子  80名   176名   220%
早大学院 260名   522名   200%
早実   120名   447名   373%
早大本庄 175名   589名   337%
慶應   330名   479名   145%
慶應志木 190名   377名   198%
立教新座  60名   585名   975%
明大中野 135名   313名   232%
明大明治  60名   214名   357%


これらは皆、かなりの難関校です。
それらの高校でも定員の2倍から3倍くらいの
合格者が出ているのです。
それでも辞退者が予想を上回ると、追加合格が
出る場合もあります。

これからさらに少子化が進んでいくと
私立高校の運営もなかなかたいへんだなあと
思う今日この頃です。
posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

2016年01月24日

そういえば

来年度から英検の4級・5級にも
スピーキングテストが追加されるという報道が
3ヶ月くらい前にありましたが
その後続報がありました。

英検のHPにも掲載されていますが
どうやら4級・5級のスピーキングは
3級以上の面接とは違うようです。

はっきりいえば、形だけのスピーキングテストで
1年以内に自宅で発声したものを送るという
よく分からないもので、この結果が英検の合否に
影響することもないとのこと。
要は、1次試験だけで判定するという今までの様式
と変わりありません。

ただ塾でも英検の人気はいまいちで
現状漢検にはほぼ毎回10名以上の申し込みが
あるのに対して、英検はいまいちです。

前に書いたように英語の成績自体はよいのですが
英検にはあまり興味がないようです。
まあ、英検の3級や準2級に合格するより
漢検の3級、準2級の方が合格しやすいと
気づいたようなのでそれはそれでOKでしょう。

塾での漢検は、今週の土曜日です。
小学生(5・6級)は午後3時から
中学生(準2・3・4級)は午後7時半からです。
残り少ないですが、頑張って勉強してください。


posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 分類に困ったもの

2016年01月23日

追跡調査その3

続きまして、英語以外の教科も見てみます。

対象は前回までと同じで
小学生クラスから継続して中学生クラスで
授業を受け、途中で退塾していない生徒
38名です。

この38名の、中学に入って
最初の通知表(1年・1学期)の数値の割合です
単位は%

   国語  数学  英語  社会  理科
1  0.0   0.0   0.0   0.0   0.0
2  7.9   0.0   0.0   0.0   0.0
3 55.3  34.2   2.6  42.1  31.6
4 31.6  34.2  31.6  42.1  39.5
5  5.3  31.6  65.8  15.8  28.9


ということで、予想通りというか
国語がよろしくありません。
それ以外の4教科は半数以上の塾生が4または5
なのでまずまずでしょう。
特に英語は説明の必要がないくらいの成績。
理科、数学と好成績が続くので、やはりうちの塾は
私の影響をうけたのか理系に強い塾となっている
ようです。

グラフにしたらこんな感じになりました

11112.png

国語に関しては一朝一夕にどうにかなるものでも
ないので、こればかりは小学校からもう少し
丁寧に問題文を読むなどの習慣がある生徒の
方がやはり成績はいいようです。

まあ、国語が苦手ならその分他の教科で
補えばいいだけです。
逆に言えば、国語が得意な生徒は
もう鬼に金棒ということになります。

私が1年の通知表にもこだわるのは
今の埼玉県の公立入試が1年の内申を
しっかりと見ているからです。

詳細は、過去の記事をご覧ください。
今でも閲覧数の多い記事です ⇒ こちら

ということで、これからも当塾では
1年生のうちから内申を意識した授業を
行っていきます。
それはすでに小学校のころから始めています。
posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

2016年01月22日

追跡調査その2

前回に続いて、当塾小学生クラスに在籍した生徒の
中学1年生になってからの成績を。

今回は、小6の冬休み明けに実施している
単語100問テストの結果と
中1・1学期の英語の通知表の
相関関係を調べてみました。

対象人数などは前回をご参照ください。

100点 ⇒ 5
100点 ⇒ 5
100点 ⇒ 5
 99点 ⇒ 5
 99点 ⇒ 5
 99点 ⇒ 5
 98点 ⇒ 5
 98点 ⇒ 4
 97点 ⇒ 5
 97点 ⇒ 5
 96点 ⇒ 5
 93点 ⇒ 5
 91点 ⇒ 5
 90点 ⇒ 4
 89点 ⇒ 5
 88点 ⇒ 4
 83点 ⇒ 5
 82点 ⇒ 5
 81点 ⇒ 5
 81点 ⇒ 4
 78点 ⇒ 5
 76点 ⇒ 5
 74点 ⇒ 4
 70点 ⇒ 5
 65点 ⇒ 5
 63点 ⇒ 4
 59点 ⇒ 5
 58点 ⇒ 4
 53点 ⇒ 3
 46点 ⇒ 5
 44点 ⇒ 5
 41点 ⇒ 5
 31点 ⇒ 4
 31点 ⇒ 4
 28点 ⇒ 4
 27点 ⇒ 5
 *** ⇒ 4 (テストは欠席)
 


ということで、こちらは小テストほどはっきりと
した傾向はありませんでした。
なにしろ5の生徒が多すぎるので
90点以上の生徒はもちろん
40点台の生徒でも3人とも5が取れています。
まあ、小6にとってはそれだけ難しいテストと
いうことです。
ただし同じ5でも、余裕のある5と
ギリギリとれた5という違いはあるでしょう。

80点以上取れた生徒は20名
うち16名が最初の通知表で英語は5でした。
つまり8割です。

今年の6年生の人数は例年より少なめの7名。
うち80点取れたのは2名(100点と98点)
例年通りなら、このまま塾で勉強すれば
おそらく5はまちがいないでしょう。
続くのは
69点 60点 58点 27点 14点 です。
過去にも20点台で5を取った生徒もいますが
中学ではもっと頑張らないといけませんね。


小学6年生を対象に英語の授業を行っている塾は
地域にもたくさんあると思います。
よって、現在の小学6年生から中学1年生の
英語の学力は以前と比べて相当高いはずです。
その高い学力の生徒たちの中でも
うちの塾生たちは負けずに頑張っていることが
はっきりとわかるデータでした。

次回は英語以外にも触れたいと思います。
posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

2016年01月21日

追跡調査その1

当塾では小学生クラスを設置しており
今年の5年生はその6期生になります。

あまり宣伝はしていませんが
授業料は無料です。
宣伝をしていないのは、塾生の弟妹や
保護者の方のご紹介を優先的に考えているからです。

5年生は、算数を
6年生は、英語と算数の授業をメインにしています。

さて、この小学生クラスを修了した塾生が
すでに4学年となりました。

そこで小学生クラスに在籍していた塾生たちが
その後中学の勉強にスムーズに対応できたか
どうかを検証してみたいと思います。

なお、残念ながら途中で退塾した生徒の
個人情報はすべて削除しているので
成績も残っていません。

これから3回にわたってご案内する追跡調査は
小学生クラスに在籍し、現在まで継続した
塾生のみです。(第1期は高校受験まで)

対象となるのは
第1期(現高1・青ジャージ)  9名
第2期(現中3・赤ジャージ) 11名
第3期(現中2・緑ジャージ)  9名
第4期(現中1・青ジャージ)  9名
計38名です。 
実際は40名ですが2名ほど成績表に不備あり

まずは、小学生にも行っている英語の小テスト
小6の3月までに毎年約30回行います。

この小テストの結果と中1の1学期の
通知表の相関関係を調べてみました。

※あくまでも中1にスムーズに対応できるかを
 検証したいので中1の1学期が対象です。
 その後はある程度本人の自覚が必要です。

30回の小テストの平均点を100点満点に
換算した数値と、その塾生の中1・1学期の
英語の通知表の結果を掲載します。
 
99.6点 ⇒ 5
99.4点 ⇒ 5
98.9点 ⇒ 5
98.9点 ⇒ 5
98.8点 ⇒ 5
98.7点 ⇒ 5
98.6点 ⇒ 5
98.5点 ⇒ 5
98.2点 ⇒ 5
98.0点 ⇒ 5
97.7点 ⇒ 5
97.6点 ⇒ 4
97.4点 ⇒ 4
97.1点 ⇒ 5
96.6点 ⇒ 5
95.4点 ⇒ 5
95.2点 ⇒ 5
95.0点 ⇒ 4
94.2点 ⇒ 5
93.3点 ⇒ 4
93.2点 ⇒ 5
93.1点 ⇒ 4
91.7点 ⇒ 5
91.6点 ⇒ 5
91.6点 ⇒ 4
90.7点 ⇒ 5
90.2点 ⇒ 5
90.0点 ⇒ 4
88.7点 ⇒ 4
85.0点 ⇒ 5
84.2点 ⇒ 4
83.6点 ⇒ 3
83.0点 ⇒ 5
79.8点 ⇒ 4
67.4点 ⇒ 4
65.2点 ⇒ 5
64.5点 ⇒ 4
47.0点 ⇒ 5

ちょっと疲れました(笑)
この手の数字は良い生徒だけを書くのが
塾のブログのお約束ですが、
あえて全員分を掲載します。
そうでないと意味がないので。

こうしてみると、さすが上位の生徒は
ほとんど中学に行っても通知表で5をとっています。
一方、いちばん平均点の低い生徒も5というのが
若干不思議ですが、よく見てみると
38人中25人が5です。 これはすごい!
これは1学期だけの数値ですが、ほとんどの生徒が
学年評価でも5をとっています。

1つ付け加えるなら、小学生クラスに在籍していて
そのまま中学も継続する生徒は8割くらいです。
よって、継続していない生徒の成績は分かりません。
良いうわさ、よろしくないうわさ
耳にはしますが、上の数字には含まれていません。

この結果を見て何が言えるかというと
塾の小テストを頑張っている生徒は
中学でもそのまま結果に反映されているということ。
また、それ以前に当塾の小学生クラスに在籍した
生徒は中学でも結構良い成績を収めていること。

はたして現小6は、先輩たちと同じような
成績を残せるでしょうか?

posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

2016年01月20日

テキスト

来年度は教科書が改訂になるということで
多くの教材会社さんから、新テキストの案内が
来ています。
私も何度か展示会に行きました。
最近のテキストは以前と比べて格段に使いやすく
なっています。特に塾専用のテキストは市販のものと
比べてもさすがと言わせるできです。

さて、うちの塾でも様々なテキストを使っています。
中1・中2は通常用のテキストとして
5教科分を渡しています。
基本的に教科書のワークが中心です。
あとは、テスト前用ワークとして別に取っています。
中3はこれに加えて、夏、冬の講習用のテキストに
入試前用のテキストもあります。

1年分となると結構な量です。
ちょっと並べてみました(笑)

KIMG1474.JPG

中3の1年間だけでこの量です。
これで全部だと思いますが、どれか忘れているかも。
ちなみに私が使う分なので4年間同じものを
使っており結構使用感があります。
塾生には新品を渡します。
写っているだけで22冊。
講習用のテキストは合本といって5教科のテキストが
1冊にまとまっているので、
実質4冊の中に20冊分あります。
これを分けて考えると、なんと38冊!!!!!

中学生の勉強は質も大事ですが、まずは質より量。
なるべく多くの問題に触れてほしいので、
個人塾としてはきわめて多いと思いますが
これだけの量のテキストを全員に渡しています。
教材費は頂戴していますが、明らかに予算オーバー
しています。 塾生が頑張ってくれればいいのです。


積み重ねるとこれだけの高さになります。

KIMG1476.JPG


分かりにくい方のために、比較物を並べてみました。

KIMG1478.JPG

この中には埼玉県の公立高校受験生だけの
ために作られたものが8冊あります。
塾生もそれを見てさらにやる気になっていました。

塾専用教材なので、他の塾に通っている友達も
持っているだろうと思いましたが、
意外と少ないようで、他の塾に通う友だちからは
うらやましく思われているようです。

特に大手の塾やフランチャイズの個別指導塾では
こういうテキストではなく、塾指定のテキスト
(塾で作ったテキスト)を強制的に使わされる
ことが多いようです。
理由は単純で、そのほうが塾(会社)としての
売り上げがアップするからです。

教える現場の講師は、もっといいテキストが
あると思っても、ここは会社の方針に従うしか
ありません。

その点、うちのような個人経営の塾は
本部の指示も何もないので、テキストも自由に
決められます。

テキストひとつとってみても
外部の方にはわからない、
いろいろな事情があるのです。


posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

2016年01月18日

ゆきー

今日は未明から雪でした。

毎年のことですが、雪に慣れていない都会では
ちょっと雪が降っただけで大パニック。
人があふれている駅の様子がテレビに出ていました。

私も以前は蕨駅の近くに住んでいましたが
こういう時に塾に来られないと困るので
10年以上前に引っ越してきました。

さて、雪が降ると数日間は残っています。
塾は北側に入り口があるので、特に
しぶとく残っています。

よって今日は早く塾に行って
雪かきを行いました。
久々に体を動かしたので、明日以降確実に
腰痛に苦しむことでしょうorz

また今日は授業時刻を変更しました。
夜遅くになると道路凍結が進む恐れがあるので
開始時刻・終了時刻とも2時間早めました。
LINEで伝えた後、すべての保護者の方に
メールで連絡したので、急に変更したにも
かかわらず、全員きちんと出席しました。

今日はたまたま小学生の授業がなく
また月曜日で学校が早く終わったので
できたことです。
もちろん全員戸塚中だからできたこと
でもあります。
中学を限定していると、想定外のところでも
いい面がいろいろとあるものですね。

今週から私立入試が始まります。
雪だからとはしゃいで転んだり
しないようにしてくださいね。
posted by Mさん at 05:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

2016年01月17日

うーむ

とある学年の、とある教科の話。
(先生の名誉のために伏せておきます)

新しい単元に入ったところで、
いろいろと用語を習ったそうですが、
そこで教科書に載っていない
内容まで教わったとのこと。
それはそれでよくある話です。

塾生がその話をしてくれたのですが
ちょっと待てよ・・・
私の記憶が確かなら、その教科書に載っていない
言葉は、そもそも存在しない言葉では?

中学はもちろん、高校でも大学でも
習わないはず。(そもそも存在しない言葉)

ということで、塾生たちには
その言葉はないよ と教えました。

学校の先生と塾の先生で違うことを
教えられたら困るのは生徒です。
それは重々承知していますが
間違った内容を覚えては困るので
塾生にははっきりと伝えました。

後日、塾生が学校の先生に確認してみると
先生も勘違いを認められたらしく
めでたしめでたしです。

ただ、不思議なのは新任の先生ではないのに
今まで誰も指摘してこなかったのか
ということです。

今回たまたま
学校の先生の話をよく聞いている塾生が
私にもその話をしてくれて
その間違いに私が気付いて
それをももう一度先生に確認する
という一連の作業があったからよかったのですが

この確認作業が無かったら
うちの塾生以外の生徒たちは
それに気づくこともなかった
ということです。

つまり何が言いたいのかというと
うちの塾以外の中学生たちは、
あまり塾で学校の授業の話を
していないのではないかということ。
もしくは、塾の先生たちは学校の先生が間違えても、
それに気づいていないのではないか
ということです。
後者については、塾の先生といっても
大多数は学生ですから、学校の先生がいった
ことに間違いはないという先入観があるのかも
知れません。


こんなことはめったにないケースですが
(あったら困ります)
塾の先生は、たとえアルバイトであっても
それ相応の豊富な知識が求められると
いうことです。

よく求人広告などで、未経験者大歓迎と
ありますが
私が生徒なら、未経験者大歓迎の塾の先生には
教えてほしくないなあ(笑)
posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

2016年01月16日

中2社会大丈夫?

今日は土曜日で中3と中2の授業日。
中3はもう入試に向けてひたすら問題演習中です。
悔いのないように頑張ってほしいところです。

夜は中2の授業でした。
時間割りでは、社会・英語・数学
ですが、塾と比べて学校の授業は
英語は遅い
数学も遅い
理科も遅い
(単に塾の方が速いだけかも?)

ということで、社会・社会・英語
に変更しました。

あと、その前に国語で漢文を習っているけど
返り点の読み方が分からないというので
即興で教えることにしました。

これがうちの塾の強みです。
今日いきなり国語の漢文をやることになっても
塾長がすべて対応できます。

まあ、それはいいとして
そのあとの社会です。
学校の社会がずっと遅れていたのは何度か
書いた通りですが、案の定2学期の期末が
終わったころから急に早くなりました。

おそらく次の学年末の範囲は
日本地理全範囲です。
九州・中国・四国・近畿・中部・関東・東北・北海道
です。聞けば、その先まで入るかもと。
これは大変です。
はたしてこの広範囲の用語を覚えられるでしょうか?

そもそもうちの塾生の中には
県名や県庁所在地名すら怪しい生徒も・・・

ということで中2生の次の学年末テストは
社会が一番大変になりそうです。
posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

2016年01月15日

新学年の授業について

1月も中旬となり、入試まであと50日となりました。

と、同時に新学年の問い合わせもチラホラと
聞かれるようになりました。

受験を一番に考えているので、どうしても新学年の
ことが後回しになってしまいますが、こちらも
そろそろ考える時期になりました。

だいたいのことは考えていますが
来年度も同じように小学生クラスは設置する
予定です。

新小学5年生(現小4)につきましては
2月をめどに予約を開始したいと思います。

新小学6年生(現小5)につきましては
まもなく募集を終了いたします。

新中学1年生(現小6)につきましては
3月中に中学準備講座を開講する予定です。
近々HPにも掲載します。

新聞広告につきましては
もうずっと入れていないので(3年くらい?)
今年入れるかどうかは決めていません。
大手と違って何十人も何百人も
募集するわけではないので・・・

新中学2年生(現中1)につきましては
現在鋭意受付中です。
ただし、残る座席数はあと2〜3人です。

現中学3年生(現中2)につきましては
まもなく受付終了の予定です。

当塾はここ数年、中学3年生の新規受け付けは
4月あたりをめどに以降はお断りしています。
予めご了承ください。

募集状況につきましては
年度替わりにつき、随時更新していきたいと思います。
posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

2016年01月14日

高校別希望者数

12月時点での希望校が発表されました。

以前の10月時点よりはだいぶ現実に近づいています。
しかしまだ確定ではありません。
これから変更する人もでてくることでしょう。

塾生の皆さんも、この数値に一喜一憂せずに
最後まで気を緩めることなく学習してください。

塾通信にも掲載しましたが
近隣校の数値は ⇒ こちら

塾通信ですので、必要に応じて
文字を削除しております。

なお、手入力につき数値に間違いがあるかも
しれませんがご了承くださいませ。

この時点で倍率が1倍を切っているところは
確実に増えるでしょう。
逆に1.5倍を超えるところが下がるかというと
こちらは例年、高いままということが多いようです。



posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

2016年01月11日

成人式おめでとう!

今日は成人の日でした。
いまだに、成人の日=1月15日という感覚が
ある昭和世代です。

テレビなどでは、荒れた成人式ばかりが
取り上げられており税金の無駄遣いという声も
少なからず上がっています。

たしかに、一部にはどうしようもない新成人も
いますが、大多数の人々にとっては
新成人を祝う記念すべき日です。

成人式と言えば、中学の同窓会といった
面持ちもあります。
5年ぶりに再会した人たちも
多かったのではないでしょうか。

元塾生(9期生、緑ジャージ)たちからも
成人式の報告が来ました。
Nさん、Iさん、Tさんです。

私がスマホを持ち始めたのは2年前ですが
うちの塾生たちは高校生、大学生になって
からもちょくちょく顔を出すので、連絡先は
教えてもらっていました。
(まあ、ツムツムの友だち要員ですが)

聞けば、この代の元塾生たちの中で
いつか集まって塾に行こうという話が
進んでいるそうです。
そういうのは内緒にしていてもいいのですが
さすがうちの塾生です(笑)


成人式も終わり、
これからは自分のことだけでなく
他人に対する思いやりももてるような
素敵な大人になってほしいと思います。


ちなみにうちの塾の第1期生は昭和62年生まれ
つまり今年29歳になります。
前にいた塾では、
たしか1980年生まれの生徒もいたので
知らない間に、みんな成長していくものですね!
posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 分類に困ったもの

2016年01月10日

真田丸

前回に続いてテレビの話。
今日から大河ドラマがスタートしました。

ここ数年は、なんとなく残念な作品が続いており
(個人の感想です)
昨年などは最低視聴率だったそうです。

朝ドラがそこそこ人気があるのに対して
大河の方はどうにもイマイチ。
朝ドラは「あまちゃん」
大河は「江」が、その原因ではないかと
勝手に推測しています。

あまちゃんで朝ドラの視聴習慣がついて
そのあとの作品も軒並み高視聴率。
一方、江で離れた視聴者はなかなか
戻って来ずに低視聴率。

私も毎年第1回は録画することにしています。

今年も真田丸早速見ました。
録画も含めて2回見ましたが
個人的には、まあまあ面白いと思いました。
少なくとも1回で見なくなることはないと
思います。

あとは、三谷氏の脚本に期待です。

ちなみに私が思う大河の傑作ベスト3は
篤姫、義経、利家とまつ
です。
posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 分類に困ったもの

2016年01月09日

まだまだまだまだ

ブログの更新が滞っていますが
冬期講習も終わったので、ボチボチ実際の日付に
追いついていきたいところです。

ここ数年ブログに変わるSNSが台頭してきた
こともあり、ブログはやや時代遅れな感もしますが、
ボチボチ更新していきたいと思います。

スマホがこれだけ普及したこともあり、
このブログもPCではなくスマホでご覧に
なっている方も多いでしょう。
となると、あまりにも長い文章はスマホでの
閲覧には向かないような気もしてきました。

まあ、私はブログで営業活動をしているわけでも
ないのであまり気にせずに行きたいと思います。
存在を忘れられない程度に頑張ります。

さて、冬期講習は終わりましたが
まだやらなければならないことが。
年末年始恒例の、たまりまくった録画を
見ることです。

とりあえず、ダウンタウンの笑ってはいけない
は3回に分けて見てもうじき終わりそうです。
他にも、中居くんの野球のやつ。
とんねるずのスポーツ王。
なんかクイズみたいなやつ。
早めに見ないといつになるか分かりません。

ということでしばらくはテレビ三昧になりそうです。

posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 分類に困ったもの

2016年01月08日

冬期講習終了!

今日で冬期講習が終了しました。
若干変則日程で、中1・中2は昨日まで。
とにかく多くの授業時間を確保したいので
学校は始まりましたが中3は今日まで冬期講習。
中1は今日から通常授業です。

今後の予定としては、中3は数学と理科は
もう少し中3の内容を学習しつつ
入試に向けた学習をしていきます。

入試用のテキストもいろいろと渡しました。
今後も渡す予定です。
埼玉県の公立高校受験生にとっては
最も効率の良いと思われるテキストです。
塾専用のテキストなので市販はされていません。

中1、中2は引き続き3学期の内容を
学習します。
3学期は定期テストが一回しかありません。
よってこの学年末テストを万全の状態で
迎えられるように今のうちから準備を
しておきます。

いつまでも正月気分でいたら困りますよ。
posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

2016年01月07日

今年こそは

去年の個人的な目標とその成果を簡潔に

1 各種検定(漢検・数検・英検)で合格する
2 10kgは減量する
3 将棋ウォーズで初段になる

さてさて、結果はと言いますと
まず、1の検定については何度かこのブログで
触れました通りで
漢検は2級に一発合格
数検も2級と準1級ともに一発合格
まあ、個人的な評価としては◎でしょう。

英検は日程の都合で受検しませんでした。
英検は年に3回しかなくて、しかも
1次と2次の2回拘束されることを考えると
今年以降も受検は難しそうです。
ちょうど、定期テストと重なるので。

数検は1級は無理だろうと書きました。
書店で1級の問題集を探しましたが
そもそも1級は需要が少ないのでほとんど
売っていません。
文教堂はもちろんイオンにもありませんでした。
よって、ネットで1級の問題集をゲットしました。
案の定、猛烈なむずかしさで
問題の意味すら分からないもの多数です。

今受けても0点で不合格でしょうから
今年は微妙です。
ものすごく気分が乗れば、考えてみます。

漢検の準1級がいちばん可能性が
あると思います。
頑張って勉強します。


続いて、減量ですが
これはまったくだめ。
昨年は一時期、5kgぐらい減りましたが
いつの間にか元に戻っていましたorz

健康診断でも、要注意と出たので
今年こそは1年間で10kgくらい
減量したいところです。

まあ、0時以降の食事・間食をやめれば
いいのですが、職業上なかなか難しいところ。
なにしろ塾を出るのが毎日23時ごろなので。


最後にスマホのアプリの将棋ウォーズ。
ひそかにずっと続けていました。
2級までは順調に上がり、昨年中に
初段までいければと思いましたが
このあと完全にストップしました。
もう少しで昇級というところで、たてつづけに
強い人が相手になり、なかなか勝てません。

screenshotshare_20160110_015359.png

それでも徐々に力がついたのか
あと少しで1級です。
まあ、ここからが難しいのですが・・・

スマホのゲームは結局これと
ツムツムだけになりました。
それ以外はすべて飽きてアンインストール。

ツムツムは間もなく2年がたちますが
あいかわらずの人気で、飽きるどころか
登録者もふえているようです。

私のスマホ内でも、登録者は110人くらい
いますが、現在も定期的にプレイしている人は
毎週60人くらいいます。
今年は1000万点が目標です。

posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 個人的なこと

2016年01月05日

お守り

帰省のついでに、帰りに太宰府天満宮に
寄るのも毎年恒例となっています。

今年も中3塾生全員の分を
ゲットしました。
そのお守りを今日渡しました。

KIMG1460.JPG

芸術的センスがない私ですが
このお守りについては、
「塾長にしてはセンスがいいですね!」
と生徒からの評判もなかなかです。

以前は、携帯につけている生徒もいましたが
スマホなどにはつけにくいこともあって
最近はカバンか筆箱につける生徒が多いようです。

そういえば、高校生や大学生になってからも
筆箱に付けているのを見せてくれる生徒も
いてうれしくなります。

まあこういうのは気持ちの問題です。
大事にとっておくのもいいですが、できれば
身近な場所においてほしいと思います。

posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

2016年01月04日

帰省

例年通り、年末年始は帰省しておりました。
チケットは8月に手配済み。

帰省のときは長崎空港まで行き
戻る時は、福岡空港から羽田まで。
いずれにしても地元の佐賀空港は
使いませんでした。
もっと便数があればいいのですが・・・

福岡空港など、博多駅から地下鉄で2駅なので
ものすごく便利です。
それに比べて羽田は不便すぎる・・・

福岡空港から羽田空港まで
飛行機で1時間半くらいでした。
が、羽田空港から浜松町まで30分弱
浜松町から東川口まで約1時間。
うーむ・・・
飛行機で時間が短くなった分、電車の時間が
長く感じられるようになりました。

まあ、それでも飛行機も3回目。
だいぶ慣れてきました。

そういえば、
羽田⇒九州に行く時と
九州⇒羽田に行く時では
後者の方が時間が短い気がしました。

ひょっとして偏西風の影響でしょうか。
飛行機には年に1回しか乗らないので
詳しいことは分かりません。

ということで今年もよろしくお願いします。

screenshotshare_20160110_014821.png

screenshotshare_20160110_014810.png

screenshotshare_20160110_014753.png

posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 個人的なこと