2016年03月24日

たくさんの問い合わせありがとうございます

高校入試も終了し合格発表も行われ
塾としては次の世代=15期生の合格に
向けてスタートしたところです。

私も14期生(赤ジャージ)から
15期生(緑ジャージ)へとシフトチェンジ
しなければなりません。

さて、高校生もちょくちょく来ているとはいえ
うちの塾の授業は中学3年生で自動的に
終了します。
と同時に、新しく塾で勉強したいという生徒も
やってきます。

毎度のことですがうちの塾は、ほとんどが
塾生の弟妹や、塾生・保護者の方のご紹介からの
入塾というのが定番のパターン。
今年度も新しく問い合わせのあるほとんどが
塾生の弟妹か知り合いの方です。

たとえ弟妹がいたとしても、塾に魅力が
無ければわざわざ入塾しないと思います。
また、うちの塾は多くの塾にあるような
友人の紹介制度は設けていません。
それでも毎年多くの方をご紹介いただきます。
本当にありがたいことです。
まあ、小手先の紹介制度よりも、塾に入れば
何倍もの価値を感じてもらえると思っています。




3月になって、新小5〜新中3まで
あわせて実に20件近くの問い合わせを
いただきました。
すでに入塾の手続きをされた方も
半数にのぼります。

14期生の授業が終了したのは寂しいですが
こうしてまた新たな出会いもあります。
これからどんな生徒が来るのだろうと考えると
その楽しみも日に日に増していきます。

3月24日時点での募集状況を掲載しておきます

新小学5年生 4月14日スタート 現在受付中
新小学6年生 4月8日スタート まもなく受付終了
新中学1年生 現在受付中
新中学2年生 あと2〜3名で終了
新中学3年生 まもなく受付終了


詳細はお問い合わせください。

posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

2016年03月23日

先を見据えて

今日は新高校1年生となる元塾生2人が塾に
勉強に来ました。
越ヶ谷高校に進学するTさんと
大宮光陵高校に進学するYさんです。
2人は、現役時代
塾がない日にも塾に勉強しに来た
ランキングベスト1・2です。
おそらく中3時だけでも200回以上来ていると
思います。

卒業式が終わって遊んでいる生徒も多いと
思いますが、学校から課題をもらって
徐々に高校生としての自覚が芽生えてきた
ようです。
今日来た二人以外も、しっかり勉強している
ということは耳にしています。


さて、塾生たちもすでに春期講習が始まりました。
この講習では、
新中2は英語、数学、理科を
新中3は英語、数学、社会を特に
時間をかけて学習する予定です。

いずれも2ヶ月後の中間テストの内容です。
学校はまだ3学期で新年度の意識など
ほとんどの生徒にはないでしょうが
うちの塾では、すでに1学期の中間テストの
カウントダウンは始まっています。

英語も数学も新年度のテキストを渡し
新年度の内容を学習し
小テストも行っています。

KIMG1601.JPG

字が雑な私に代わって塾生が
新しいテキストに名前を書いてくれました。
2年も3年も考えることは同じです(笑)

比較的時間があるこの時期に
1学期の導入部分をしっかりと身に付けさせたいと
考えています。
もちろん私だけが張り切ってもしかたありません。
塾生の皆さんも気合を入れて臨んでください。


posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

2016年03月22日

小ネタ3連発

◆ありゃりゃりゃりゃりゃああーーああ^ー^

コンビニでメジャー2nd発見。
早速購入しました。

KIMG1545.JPG

帰宅して読み始めると、どうにも
うーむ

うーむ

なんか記憶にあるなあ・・・

KIMG1602.JPG

久々にやってしまった・・・



◆あれ?

春の選抜が始まりました。
野球好きの私も時間が許す限り観戦しています。
しかし日本中の高校野球ファンがテレビ中継を
見て違和感を覚えていると思います。
いつもいるはずのあの人がいない。
15年以上も同じ席に座っていた
ラガーさんがいないのです。

どうやら今大会は、バックネット裏に
少年野球の選手たちを招待しているようです。
これはこれでいい試みだと思います。

でも、やっぱりあの席に
蛍光色キャップのラガーさんがいないと
違和感が・・・

しかし、安心してください。
定位置より若干3塁側に移った最前席に
ちゃんと陣取っているそうです。


◆衝撃映像

たまたま番組表で見つけたのでドラゴンボールZを
録画して見るようになりました。

今日はピッコロが登場しましたが
20年以上前に見ていたこの番組での
ピッコロの印象と言えば、
ピッコロ大魔王というくらいで、極悪非道な
キャラというイメージしかありませんでした

が、




KIMG1598.JPG

KIMG1600.JPG


うーむ

ピッコロが私服で教習所にいる笑

ある意味貴重な回に遭遇しました。

posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 分類に困ったもの

2016年03月18日

得点開示

今日は高校入試の得点開示の日でした。
塾生にもお願いしていましたが、今日時点で
公立受験生13名のうち8名から結果を聞くことが
できました。 ご協力ありがとうございます。

全体的には、昨年同様
自己採点よりも少し高めだった生徒が多いようです。
ただ、予想より高かった生徒も低かった生徒も
誤差は数点の範囲内で、割と正確な自己採点が
できていたようです。

これも直前に何度も練習していたことが
効いていたのだと思います。

部分点がどれくらいなのか、私が何度も添削
していたので塾生たちもだいたいの予想が
できたのではないでしょうか。

明日以降報告してくる生徒がいるかもしれませんが
今日時点での塾生の平均点は小数点以下四捨五入で
国語  66点
社会  69点
数学  56点
理科  42点
英語  66点
5科 309点

となりました。
以前に私が実際に解いてみて予想した平均点と
比べると、国語・社会・数学で約10点
理科はほぼ同じ、英語は12点のプラスでした。

練習では、30点40点台が多かった数学と英語で
わりとしっかりと得点できていたようです。
まあ練習はあえて難しい問題を使っているので
本番が一番とれたという塾生も多かったようです。
練習ではほとんどいなかった90点台も
けっこう見られました。

また教科ごとの得点を見ても、
直前に何度も取り組んだ得点が
そのまま反映されています。
国語で毎回のようにトップだった生徒が
本番でもトップ
英語で毎回のようにトップだった生徒が
本番でもトップ
数学や社会も同様です。

つまり、直前に取り組んでいる練習が
本番につながっているということが
はっきりとわかりました。
毎回のように模試形式の連続で、塾生たちも
飽きていたと思いますが、こうやって見てみると
確実に本番に直結しています。

塾としても
来年以降の方針が立てやすくなりました。

点数報告のついでに今日は制服の採寸だと
教えてくれた塾生もいました。

いよいよ高校生ですね!
posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

2016年03月17日

年間予定表

戸塚中の平成28年度年間予定表を見ました。

まだ予定なので変更があるかもとのことですが
昨年までとのいちばんの違いは
中2の水上です。
今年から3日間になるそうです。
戸塚中だけということはないでしょうから
市内の他の中学もそうなのでしょうか。

修学旅行は、以前から聞いていた日程と
同じようです。
あとは定期テストの日程を見つつ
塾としての予定も決めていきます。

戸塚中限定にしている以上
なるべく学校の行事にあわせて
塾の授業も最大限に効率よく行えるようにと
考えています。
そのためには塾の時間割を若干変更に
することもあります。

複数の学校の生徒が集まる一般的な塾に
見られるような、自分の学校には
イマイチあっていない日がある
ということは絶対にありません。
全員戸塚中なのですから。

あと今年は数年ぶりに
2学期の期末の日程が、中1・中2と中3で
違う日になるようです。
これは塾としては歓迎です。
日程が分散した方が、より多くの時間を
テスト対策にあてることができます。

若干腑に落ちないのは
校長会テストの翌日に2学期の中間テストがある
という、無茶な日程。
校長会はおそらく全中学で同日に実施されると
思います。ということはこちらは変更不可。
であれば、中間の日にちをずらせないものかと・・・
これでは校長会に向けては誰も勉強しないでしょう。
まあ校長会の日程をわざわざ中間テストが
行われるであろう日に決めた方も、
どうかと思います・・・


あとは、部活によっては
1学期期末の前日まで大会(学総)があると
いうもの。
日程を決めるのはものすごく大変なのは
理解していますが、テストの日程は
もう少し柔軟に決められないものかと
思います。

いずれにしろ
学校の予定が大まかに分かったので
塾の予定も決めやすくなりました。
例年、戸塚中は年間予定表を早く発表してくれるので
この点では大いに助かっています。

また予定の変更などがある場合も
うちの優秀な塾生たちが、すぐに教えてくれるので
これまた助かっています。
posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

2016年03月16日

たらったったったったった たらららー♪

このタイトル
ある曲のイントロですが、
これで分かった人はすごい!

ということで、
今週からCSファミリー劇場でも
再放送が始まりました。

もう何回見たか分かりませんが
ディスク劣化で見られなくなる恐れがあるので
CS版も毎回録画しようと思います。

気になる方は
毎週水曜の午後9時〜11時。
または
毎週日曜の午前10時〜正午
ファミリー劇場で絶賛再放送中!

KIMG1589.JPG

KIMG1590.JPG

posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 分類に困ったもの

2016年03月15日

もうちょっといい名前にしても・・・

そういえば、平成30年度にスタートする
川口市立の新高校の名称が決まったようです。
どんな名前だろうと思っていたら
その名も
川口市立高等学校


・・
・・・

そのままやんけ!!!!
と世界中から突っ込みが入りそうな名前です。

一応読み方指定があって
「かわぐちしりつこうとうがっこう」
と読むそうです。
今の市立川口と区別するためでしょう。

しかし、もうちょっと良い名前はなかった
のでしょうか。
たしか半年くらい前に公募していて、
それなりに候補はあったはずです。
いかにもお役所的って感じの名前です。

この名前を聞いて、僕も私も行きたくなった!
という人は1人もいないと思います・・・

一応、この学校の理念として
県で一番を目指すそうです。
そのためにはまずは市で一番を目指すとのこと。

たしかに人気は出ると思います。
公立高校で、しかも新設校。
私立より新しくて、学費は安い。
しかも県で一番を目指すと謳っているのですから。
さらには理数科もついている。
これで名前がかっこよかったら最強でした。
名前は重要ですよー。

ちなみに私が通った高校
致遠館高校と言いますが、名前を聞いた
ほとんどすべての人から私立ですか?
と聞かれます。
が、正真正銘の佐賀県立(公立)です。

1990年前後に、団塊ジュニア世代の
受け入れ先として、たてつづけに3つの
高校が佐賀県にできました。
今はそうでもないかもしれませんが
当時は、校名に〇〇館とつけるのが
はやったのです。

で、佐賀県にほぼ同時にできた3つの高校も
致遠館(ちえんかん)
弘学館(こうがくかん)
東明館(とうめいかん)

と見事に三つともモダンな名前でした。
とはいえ、元は藩校の名前です。
私が通った致遠館だけは県立で、
あとの二つは私立です。

今はどうなったか知りませんが
当時はものすごく人気があったはずです。

特に、当時の県立高校は地名か、
地名に東西南北をつけたもの
がほとんどだったので、
この斬新な致遠館という名前に多くの中学生が
魅力を感じたはずです(私もその1人)

と、熱く語ったところで
川口市立高校。
名前はさておき、人気が出るのはほぼ
約束されています。
1年目から川口北高校に追いつけるでしょうか。
まずは来年の北辰テストの希望調査で
ある程度は判明します。

うちの塾生でも、興味を持っている生徒が
何名かいるようです。
そのためには、早いうちに勉強を
始めた方がいいですね。

posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

2016年03月10日

合格おめでとう!

今日は公立高校の合格発表日でした。
9時過ぎに第1報が入り、その後続々と
塾生から知らせが届きました。

受験生が何十人も何百人も何千人もいるような
企業的な大手塾ならば慣れたものかもしれませんが
毎年10人程度の受験生しかいないうちのような
塾では、その一人一人の結果に
胃が痛くなる思いです。

学校に報告に行ったあと、何人かの塾生が
塾で雑談タイムです。

KIMG1581.JPG

もう塾で長時間雑談をするのも、本当に本当に
これが最後なのかと思うと名残惜しいのか
5時間くらいいたのではないでしょうか。
ある生徒などは3回も顔を出しました(笑)

昼過ぎには全員の結果が判明しました。
やはり塾に少しでもお世話になったという意識が
あるのなら結果を報告するのは礼儀です。
中3ならそれくらいは心得ているでしょう。
14年やっていますが、毎年その日のうちに
必ず報告してくれています。
たとえ残念な結果であってでもです。
そのあたりは塾長ひとりで運営している
超零細塾の強みでもあります。
塾生との信頼関係はどの塾にも負けていないと
思います。


いずれにしても修徳ゼミナール第14期生の
進学先が全員決定しました。
おめでとうございます!
皆さんの高校での活躍を期待しています。
たまには塾のことも思い出して
遊びに来てくださいね。

と、言わなくても来ますよね(笑)

【公立高校合格】
市立川口高校 (戸塚中)
市立川口高校 (戸塚中)
市立県陽高校 (戸塚中)
大宮光陵高校 (戸塚中)
川口東高校  (戸塚中)
越ヶ谷高校  (戸塚中)
越ヶ谷高校  (戸塚中)
誠和福祉高校 (戸塚中)
草加高校   (戸塚中)
草加高校   (戸塚中)
草加南高校  (戸塚中)
南稜高校   (戸塚中)

【私立高校合格】
浦和学院高校    (戸塚中)
浦和学院高校    (戸塚中)
浦和学院高校    (戸塚中)
浦和学院高校    (戸塚中)
浦和学院高校    (戸塚中)
浦和学院高校    (戸塚中)
浦和実業学園高校  (戸塚中)
叡明高校      (戸塚中)
大宮開成高校    (戸塚中)
埼玉栄高校     (戸塚中)
修徳高校      (戸塚中)
東京成徳大学高校  (戸塚中)
東邦音楽大学第二高校(戸塚中)
獨協埼玉高校    (戸塚中)
 

前回も書いたように、
高校入試はゴールではありません。
むしろ長い人生でいえば、
まだまだスタート地点です。

それでも自分の意志で決めた学校です。
悔いのない高校生活を送ってほしいと思います。
そして3年後、皆さんがこの学校にしてよかったと
思えることを心から願っています。

平成28年度高校入試合格校
最近6年間の合格高校及び累計
posted by Mさん at 23:55| Comment(2) | TrackBack(0) | 塾のこと

いよいよ

公立高校の合格発表の日になりました。
何年塾をやっていても、この日だけは本当に
胃が痛くなる思いです。
結局今日も緊張で眠れずに朝になってしまいました。
現在朝の6時過ぎ。
今から寝たら確実に起きられないので
風呂入って塾に行きます。
今日は三者面談が4組入っていますが
途中で寝ないか心配です・・・

私以上に緊張しているのが、受験生本人と
その保護者の方でしょう。
結果を見るまでは、ああしておけばよかったと
思う部分があるかもしれません。
いくら悔やんだところで過去を変えることは
できません。

しかし、過去は変えられなくても
これから先のことはいくらでも変えることはできます。

無事合格できた人も
残念な結果になった人も
これがゴールではありません。
1ヶ月後に通うことになる高校生活に向けて
今日は新たに気持ちを入れかえる時期です。

今まで支えてくれた家族に感謝しつつ
先を先を見てほしいと思います。

塾長も朝から塾で待機しています。
なるべく早めに報告してください。

posted by Mさん at 06:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

2016年03月03日

平成28年度埼玉県公立高校入試分析その7【総合&ボーダー】

ということで1時間半にわたって殴り書いて
きましたが、最後にまとめておきます。

あくまでも私が解いた結果での
予想平均点です。
ちがっても、物など投げないでくださいね。


国語  57.0点
数学  46.0点
英語  52.8点
社会  59.2点
理科  43.5点
5科 258.5点


となりました。
昨年の平均が259.1点なので
なんと昨年の平均とほぼ同じになりました!

ついでに、機械的にボーダーを出す方法も紹介
しておきます。
計算方法は長すぎる割に面倒なので省略します。

偏差値Aの学校の基準点は
8A−140 点 
となりました。

(平均点260点 標準偏差80点で計算)

例えば、ある高校の80%合格率の
北辰偏差値が55だとすると、これに代入して

8×55−140=300点になります。

もちろん内申や特別活動は一切考慮していません。

実際の平均点が私の想定よりも10点高ければ
単純にボーダーも10点高くなります。
参考程度に、ひとつの目安と考えてください。


ちなみに昨年
私は平均点を254点と予想して
実際の平均点は259点でした。
この差を大きいとみるか小さいと見るかは
個人の判断に委ねられます。
posted by Mさん at 07:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

平成28年度埼玉県公立高校入試分析その6【理科】

だいぶ雑になりましたが、最後は問題の理科です。

大問1

問1 E 
問2 A
問3 D
問4 B
問5 C
問6 B
問7 C
問8 A

大問1の配点20点中 想定平均点 11.4点
________________________

大問2

問1 AE 
問2 D
問3 E
問4 AA

大問2の配点20点中 想定平均点 9.8点
________________________
 
大問3

問1 C
問2 AD
問3 E
問4 C
問5 DD

大問3の配点20点中 想定平均点 8.8点
________________________

大問4

問1 D 
問2 C
問3 D
問4 D
問5 E
問6 C

大問4の配点20点中 想定平均点 6.4点
________________________

大問5

問1 D 
問2 D
問3 CD
問4 B
問5 CE

大問5の配点20点中 想定平均点 7.4点

________________________

ということで理科の予想平均点は 43.5点です。

昨年は私の予想が51.6点で実際の平均は50.3点
いずれにしろ、今年はかなり難しくなっています。
ひょっとしたら予想の43.5点よりも
さらに低いかもしれません。

大問1で点数を稼ぐつもりでいた受験生が
多かったと思いますが、いきなり1番の問題で
なんじゃこりゃあああ と松田優作ばりの
声を上げた人も多かったと思います。

大問1は他にも
3・7もやや難問。

大問2は地学で、おそらく多くの人が
予想したように天気でした。
塾の中でも、たぶん天気が出るだろうという
話になっていましたが、これがなかなか難しい。
1問1問はよく考えたら解けそうですが、
短時間で考えるのはかなりの理解力が必要です。

大問3の生物は中3の内容がメイン。
しかも教科書では一番最後あたりに追いやられた
内容です。
おそらく多くの学校ではまともに勉強していない
ところだと思います。

それを知っての出題なら、なかなか意地悪(笑)
まあ、最後までしっかり勉強しなさいと
いうことでしょう。

大問4の化学は中1〜中3までまんべんなく
出題されています。
ただこれまた一筋縄ではいかない内容で
全滅だった人も多いのでは。

大問5は、某大手塾がまず出ないと言っていた
光の内容です。久々に見ました。
しかも結構難しい内容で2〜3問できれば
いい方ではないでしょうか。

理科の問題をみて、
ヤマを張ることの危険性を感じました。
受験生ですから、一通り勉強をしているとは
思いますが、〇〇が出るなどと決めつけて
勉強していると痛い目に遭います。

それにもまして、今年の理科は難しく
塾生やその他の受験生の話を総合しても
まず出てくるのが、理科が難しかったと
いう話です。

安心してください。
理科ができなかったのは、自分だけではないと
思って大丈夫です。

来年から理科も50分になります。
となると、今年平均が低いからといって
来年簡単になると考えるのは
ちょっと早計ですね。
posted by Mさん at 06:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

平成28年度埼玉県公立高校入試分析その5【社会】

次は社会です。
来年からは50分になる社会ですが
今年は40分。

大問1
問1 A
問2 A
問3 AA
問4 D

大問1の配点14点中 想定平均点 10.8点
_______________________

大問2
問1 A
問2 A
問3 B
問4 BB

大問2の配点15点中 想定平均点 11.5点
_______________________

大問3

問1 AE
問2 C
問3 C
問4 C
問5 C

大問3の配点16点中 想定平均点 7.2点
_______________________

大問4

問1 C
問2 D
問3 C
問4 D
問5 E

大問4の配点15点中 想定平均点 4.9点
_______________________

大問5

問1 A
問2 D
問3 A
問4 DC
問5 C
問6 C

大問5の配点25点中 想定平均点 14.3点
_______________________

大問6

問1 A
問2 B
問3 BC
問4 B

大問6の配点14点中 想定平均点 10.5点

_______________________

というこで社会の予想平均は 59.2点となりました。

昨年の平均点が49.0点なので
約10点は上昇すると思います。
実際5教科の中で社会が一番簡単でした。
資料問題も難しくなく、記述問題も
ベタベタのベタ問題。
私も20分くらいで終了し満点でした。

しかしこの簡単な社会の反動が理科に出たようです。
posted by Mさん at 06:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

平成28年度埼玉県公立高校入試分析その4【英語】

だいぶ眠くなってきました。 もう6時。

次は英語!
リスニングは台本だけ見て内容を判断。

大問1

問1 B
問2 A
問3 A
問4 B
問5 B
問6 AAA
問7 BCC

大問1の配点28点中 想定平均点 21.0点

________________________

大問2

問1 B
問2 B
問3 B
問4 B

大問2の配点12点中 想定平均点 8.4点
________________________

大問3

問1 B
問2 D
問3 C
問4 C
問5 C
問6 C
問7 D

大問3の配点26点中 想定平均点 12.0点
________________________

大問4

問1 CC
問2 D
問3 D
問4 CEDD

大問4の配点26点中 想定平均点 9.0

________________________

大問5は作文なので3割程度の部分点として 
8点中 2.4点

ということで、英語の予想平均点は 52.8点

昨年の入試の英語の平均点は55.6点なので
若干低めになりました。

5教科中英語が一番前年度を踏襲しているようです。
posted by Mさん at 06:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

平成28年度埼玉県公立高校入試分析その3【数学】

続いて数学。
3と4の問題の順がいつもと逆で
3が図形、4が関数でした。

大問1 
(1) A   (6)A
(2) A   (7)A
(3) A   (8)C
(4) B   (9)D
(5) B  (10)D

(11)の@ B
(11)のA D

大問1の配点50点中 想定平均点 32.6点
______________________

大問2
(1) D
(2) B
(3) D
(4) E

大問2の配点20点中 想定平均点 7.0点
______________________

大問3
(1) D
(2) E

大問3の配点13点中 想定平均点 2.7点
______________________

大問4
(1) D
(2) D
(3) E

大問4の配点50点中 想定平均点 3.7点
______________________

ということで、数学の予想平均点は46.0点です。

ちなみに昨年の私の予想は49.0点で
実際の昨年の平均点は48.1点でした。
我ながら結構正確な値だったと思います。

しばらく数学は難しすぎると方々から批判が出ていた
ので、作成者の方も若干解きやすいような問題に
したのでしょうか。

大問1については
1から7までは確実に正解したいところ。
8も知っていれば2秒で解けますが
中心角を出したりしていると時間がかかります。

9は分母が奇数になることと
60の約数のうち奇数になるのが
1・3・5・15になることと
分母が3以上ということで3通りにしぼれます。

10はちょっと面倒な問題で
選択肢をすべて選ぶという点が悩ましいです。

ちなみに大問1の50点中34点は
中1の内容で解くことができます。
これは例年になく大きな割合です。

その分、大問2が一気に難化しています。
1は余事象が分かればいいのですが
普通の中学生にはそれは無理。
全パターン書き出すという手間のかかる作業が
必要になります。
2の作図は1年生でも解ける簡単な問題。
3の角度問題は意外と難しいです。
4はかなりの難問。
底面積は公式を知っていれば出ますが
知らなければ時間がかかり、さらに
立体の高さを出すのがもっと大変。
また求める立体が、元の立体の
ちょうど半分の体積にも気づけるかどうか。

期待値の計算の都合上、正解率1割で計算
していますが、実際の正解率は1割未満でしょう。

大問3の1の証明はそれほど難しくは
ありません。
今の中2でも解けるレベル。
一方2の面積比はかなりの難問。

大問4も1は簡単な問題ですが
後半の問題で時間切れで解けなかった生徒も
いるとみて正解率は低めに設定しています。
2の面積も工夫すれば難しくはありませんが
テスト中に思いつけるでしょうか。
3は等積変形から傾きが等しいことを使いますが
曲線と直線の交点は最近の教科書ではほとんど
扱わないので、これは知らない生徒が多いと
思います。

ということで計算上の平均点は46点でしたが
実際はもう少し低いかも。


塾生で何名か自己採点の結果を報告して
くれましたが、なかには入試前のある模試で
数学10点台を取った塾生がなんと
本番では70点だったとうれしい報告を
してくれました。

この生徒には数学について若干アドバイスを
しましたが、少しは役立ったようです。

posted by Mさん at 06:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

平成28年度埼玉県公立高校入試分析その2【国語】

どんどん行きます。 ここからが本番です。
ちなみに、ざっと見た感想ではなく
実際に解いてみた感想です。

その結果、各小問ごとの想定正解率を
A〜Eの5段階で表します。

A 80% 〜100%  絶対に落とせない問題
B 60% 〜 80%  なるべく正解したい問題
C 40% 〜 60%  まあまあ難しい問題
D 20% 〜 40%  けっこう難しい問題
E  0% 〜 20%  ほとんど解けない問題

実際には部分点もありますので、一概には言えませ
んが、平均点算出の便宜上5段階に分けました。

まずは国語

大問1
(1)B
(2)D
(3)A
(4)D
(5)A

大問1の配点25点中 想定平均点 14.5点
______________________

大問2
(1)順に AAADC
(2)E
(3)A
(4)A
(5)D

大問2の配点22点中 想定平均点 13.6点
______________________

大問3
(1)B
(2)D
(3)B
(4)E
(5)C

大問3の配点25点中 想定平均点 10.5点
______________________

大問4
(1)A
(2)D
(3)B
(4)C

大問4の配点12点中 想定平均点 7.2点
______________________

大問5 作文 B  
16点中 想定平均点 11.2点

______________________

ということで、
国語の予想平均点は 57点となりました。

昨年の実際の平均点が56点なので
私の予想では昨年とほぼ同じになりました。

問題についての細かい内容は
国語は最後に解いたので省略します。
文章が長かったことと
書き抜き問題が少なかったので
もう少し平均は低いかもしれません。
語句問題と古典は意外と簡単な印象でした。


posted by Mさん at 05:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

平成28年度埼玉県公立高校入試分析その1

現在3月3日(木)の午前5時30分過ぎです。
先ほどやっと入試問題をすべて解き終えました。
ということで例年通り、問題の簡単な
感想と平均点予想をしてみたいと思います。
さすがに眠いし、このあと確定申告の
作業もしなければならないのでなるべく手短に。

まずは簡単な感想を。
午後4時ごろに受験を終えた塾生が2人
塾によって問題を見せてくれました。
聞けば理科が難しかったようで
一緒に答え合わせをしたところ
なるほど確かに難しいという印象でした。

それ以外は例年と同じような難易度だったと
思います。

次回から教科別に触れていきます。
posted by Mさん at 05:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

2016年03月01日

がんばれ!

ついに14期生の授業も昨日で終了しました。
この学年は半数以上が5年生からの在籍という
こともあり、私としても例年以上に思い入れの
ある学年です。

直前などは毎日のように塾に来て勉強している
生徒も何人もいました。

全員そろって塾に来たのは昨日が最後でした。
5年間も当たり前のように来ていた塾生たちが
もう今日から来なくなる、といっても
なかなか実感がわきません。

でもそれをもう14回も繰り返しているのです。
塾という仕事をしている以上
3月は今まで塾で勉強してきた受験生が巣立つ
とともに、新しく塾を必要としている生徒が
来る時期でもあります。

まあ昨日は最後とはいえ、何か特別かなことは
していません。
いつもと同じように淡々と問題を解き
淡々と話していきました。
もう何度も話しているので、
ここで改めていうべきこともありません。

また心構えなども、学校でさんざん聞かされて
いるでしょうから生徒たちからしても
もう何度も聞いていますよ。 
ということになるでしょう。

私自身が、無理やり盛り上げて
感動的な演出をするのが好きではありません。
よっていつも通りです。

まあ現に、昨日で最終日とはいえ
今日も4人が最後の自習に塾に来ました。

厳密に言えば、中3生の授業は2月29日で
終了ですが、1日くらいいいでしょう。
私からしたら高校生が勉強しに来るのと同じです。

ただ、もう14期生が全員机を並べて授業を
行うことはもう二度とないと考えると
少しさびしいものがあります。
学校の先生でも1年間受け持ったクラスと
離れるのはさびしくなると聞きます。
1年でもそうなのに私の場合は5年です。
やっぱり実感がわきません。

また来週になれば、ひょこっと顔を出しそうな
気もします・・・

もう私が中3生にしてあげられることはありません。
あとは自分の力で入試を突破してください。

昨日の授業終了後
公立受験生全員の保護者の方にメールでお礼を
述べました。
また今日はラインにメッセージも載せました。
いつもくだらないことが半数の私にしては
意外と評判が良くて、複数の塾生から
作った画像をくださいと言われました。

Effectplus_20160302_020326.jpg

明日は私も実際に問題を解いてみます。
例年、入試の週のアクセス数は1万を超えます。
今年もまた個々の分析を載せるかどうかは
現時点では決めていません。
私自身が、塾生や保護者の方との連絡手段として
ブログから別の方法に移行しているからです。

まあまったく触れないことはないと思います。
難易度分析と予想得点は
例年と同じく掲載するつもりです。

では、塾生の皆さん
明日の入試では全力で挑んでください。
今まで塾を利用してくれてありがとう!

また、保護者の皆様にも改めて
お礼を申し上げたいと思います。
至らぬ点も多々あったと思いますが
最後まで通わせてくださり
ありがとうございました。

14期生の皆さんの
今後の活躍を願ってやみません。

posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと