2017年05月13日

毎日がテスト対策

今日はテスト前の土曜日ということで
恒例のテスト対策です。
というか、タイトルにもありますように当塾では
テスト範囲が出た日から毎日がテスト対策です。

具体的にいうと、通常授業では学校の授業よりも
先に進んでいますがテスト範囲が出たら
いったんストップしてテスト範囲の内容だけを
学習します。
これがうちの塾生にとっては当たり前となって
いますが、普通はそうはいきません。
複数の中学の生徒が在籍していると
中学によってテストの日程も範囲もちがうので
特定の中学にだけ合わせることはできないのです。
これを2週間も続けているのですから、テスト対策に
関してはこれ以上ない環境だと言えるでしょう。

今日は昼過ぎから10時まで時間差で1,2,3年生
の学習につきあいました。
明日は日曜ですが同じく10時間近くの対策です。
10時間と言ってもこれは3学年合わせてなので
1学年については3時間程度です。
1日にまとめてやるよりも毎日継続する方が
大切です。

ただ生徒によっては決められた時間以外にも塾に来て
自習したいという生徒がいて、その生徒は今日明日で
20時間近く塾で勉強することになります。

基本的にテスト直前は、生徒個人個人で別々のことを
学習しています。
普段は時間割がありますが、テスト直前は個人別です。
英語が完ぺきな生徒に時間割だからと英語を
押し付ける必要はないでしょう。
各自それぞれテーマをもって学習してもらいます。
私は5教科対応しているので、どの学年のどの教科の
質問であろうと答えられます。

今年最初の定期テスト。
今回は範囲が狭いので、塾としては自主勉強の時間を
意識的に多くしています。
中1生にもこの方式に慣れてもらいます。

通常時は中1から定期テストを意識して内申を
キープし中3になったら入試を意識して埼玉県の
公立入試に対応した授業を嫌というほど行っていく。

教える人がたった一人しかいない小さな塾が
FCなどの組織にも属さずに
16年目を迎えているのですから
このやり方も間違いではないのだと思います。

去年の中3は14人中4人が学年1桁経験者でした。
今年の塾生にも期待したいと思います!


posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと