2017年08月15日

あと200日

全米プロの松山選手は、
後半失速して優勝とはなりませんでしたが
いずれ近いうちに優勝してくれそうな勢いですね。

さて、タイトルにもありますように
平成30年度の公立高校入試まで
あと200日を切りました。

あと200日と言われても、まだピンと来ないかと
思います。これがあと100日を切って2桁になった
ころから徐々に意識することになるでしょうね。

現在夏期講習の間のお休み中ですが
中3受験生からは、チラホラと問題に関する
質問をLINEで受けています。
休みだからといって遊んでばかりでは
ないようですね。
しっかり勉強する習慣を身につけてほしいと思います。
posted by Mさん at 07:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

2017年08月14日

そろそろ眠い・・・

日本人初のメジャー制覇なるか!

ということで、見ています。

343543123.png


が、そろそろ眠くてあと9ホール
起きていられるか心配に。
posted by Mさん at 05:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 分類に困ったもの

2017年08月11日

やや複雑・・

8月も中盤になり、今年も甲子園が始まりました。
桑田清原の時から見ている高校野球ファンとしては
今年もなるべく多くの試合を見ようと思っています。

大会前は清宮一色だった今年の大会。
結局107号で終わってしまいましたが
大会後に表明するであろう今後の進路に
注目です。
できれば、巨人に入ってほしいのですが・・・

さて、埼玉県は3年連続で花咲徳栄です。
「はなさきとくはる」で一発変換されるくらい
ですから、この名前もだいぶ全国区に
なってきたことでしょう。

ちなみに、大阪桐蔭 履正社 も変換で出てきます。
さすがですね〜
秀岳館も何とか候補にありました。

私の母校はというと
致遠館 これも出てきました。

私立高校にとって甲子園は
名前をアピールする絶好の機会です。
そのためには、県外出身者であろうと
有力な選手がいれば入学させるのが常態化
しており、これが時として問題視されることも
あります。
地元出身者がいないのに地元のために戦うと
言われてもピンと来ないですからね。

今年の佐賀県代表は新設の早稲田佐賀。
その名の通り早稲田の系列ですが、首都圏の付属と
違うのは、早稲田佐賀からは50%くらいしか
早稲田大学には進学できないとのこと。

甲子園で佐賀県といえば94年の佐賀商業
07年の佐賀北が有名です。
いずれも公立でノーマークからあれよあれよと
勝ち進んで全国制覇。

そのイメージがあるからか、佐賀といえば
地元出身の公立高校という先入観があります。

一方、早稲田佐賀はというと
なんとベンチ入りの選手のうち地元の中学出身は
わずか2名だけ。
しかも1名は内部進学。
つまり、その他の選手はすべて県外出身者と
いうことです。
いまさらこれの是非をとやかく言うつもりは
ありませんが、やや複雑なところです・・・

佐賀に長く住んでいた人間としては
地元出身の公立高校に頑張ってほしいなあと
思う今日この頃です。

来年は記念すべき第100回大会です。
埼玉は2校出場できることが決まっています。

佐賀はもちろん1校ですが
はたしてどこになるでしょうか。
私の母校の致遠館高校は1988年にできた新しい
学校なので来年創立30周年です。

私が生きている間に一度くらいは甲子園に流れる
校歌を聞いてみたいものです。
posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 分類に困ったもの

2017年08月10日

夏期講習前半終了!

今日で16年目の夏期講習前半が終了しました。
ほぼ予定通り来ています。
ほぼ、というのは うちの塾には
前もって完全なカリキュラムがあるわけでは
ありません。
1日単位で決めても、生徒の理解度はこちらの
思っている通りにはいかないからです。
年によって、理解度はまちまちで
それに部活や家庭の事情で欠席があったり
いろいろと不測の事態があるので、
もっと長い目で見て学習内容を考えています。

前半終了した時点では
中3はさすがの貫禄ですね。
まだ部活が終わっていない生徒もいますが
入試まであと200日となり
徐々に受験生としての雰囲気が高まってきました。
休み時間にも勉強している姿にはあっぱれです。

それに去年までに見られない傾向として
今年の中3は数名、夏期講習が始まる
2時間も前から自習に来たいという生徒もいます。
また、終わったあと2時間残って自習していく
生徒もいます。
その両方の生徒もいます。

ただでさえ全100時間と長丁場の夏期講習に
加えて数十時間も塾で勉強するのですから
これは力はつくでしょうね。
それに本来1日だけあけている木曜日にも
勉強したいという生徒がいるので
今日も4時間ほど個別指導を。

もちろん、正規の時間以外のこれらの学習に
一切費用はかかりません。

あまり費用の話はしたくありませんが
中3の夏期講習の費用の相場というのは
生徒たちも友達どうしでいろいろな塾の話を
聞いて知っているようで、うちの塾はあいかわらず
相場と比べても破格のようです。
まあうちはうち、よそはよそです。

合宿やら〇〇特訓やらで無理やり費用を徴収する
ことは私の本意ではないので、16年間ずっと
この方針を貫いています。
合宿や特別講座を実施しなくても、必要なことは
夏期講習の授業内で終わらせることはできます。
それでも足りなければ、別に時間を作って
追加で授業をいれるだけです。
夏期講習に何十万も使わなくても、しっかり
勉強すれば結果はおのずとついてくるのです。


さて、さすがの中3と書きましたが
実は中2もここにきて頑張っています。
若干覇気がないのが気がかりですが、中3同様
休み時間にも勉強している様子です。
1学期の期末でも塾生の平均は順調で
特に社会などは塾生の平均が戸塚中の学年平均
より30点近く上回っていました。

夏期講習では、英語と数学はここまで復習。
後半からは2学期の内容に進みます。
社会と理科はすでに先に進んでいます。
今日は予定通り時間割を変更して
理科・理科・理科の授業に。
これまた普通の塾ではありえないことですが
うちの塾ではわりとよくあります。

生物でももっとも覚えるのが面倒な
消化と吸収の単元です。
1時間ではとても終わり切らないので
3時間かけて説明と問題演習を。


後半は
英語は助動詞
数学は一次関数
理科は神経系と動物の分類
社会は地理の続きの単元です。


翻ってまだまだ心配なのが中1です。
はっきりいうと小学生気分が抜けきっていません。
私に何度も注意されている始末です。
いったい小学校のころ学校でどういう勉強を
していたのか、今まで何も言われてこなかったのか
疑問に感じることが多々あります。
この学年はまずこういった勉強に対する姿勢を
他の学年と同じ程度に修正する必要がある生徒が
何人かいます。

もちろんすでに勉強に対して前向きに取り組めて
いる生徒もいます。こちらは問題ありません。
先輩たちと同じようにこれからどんどん
成績を上げていくだけです。

中1の後半は
英語は 三単現のs
数学は 一次方程式
理科は 気体や水溶液
社会は 地理の続き
を学習します。

各学年お盆休みの宿題を課しています。
お盆休みといってもたかが1週間です。
後半戦もすぐにやってきます。
この間に学校の宿題も終わらせてください。

なお、11日〜17日はお休みで
塾の電話にも一切誰もでません。
お問い合わせは18日以降にお願いします。

また、塾生の皆さん、保護者の皆様で
ご用の方は私の携帯のメールまたは
LINEにお願いします。


posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと