2017年10月16日

テスト終了

中間テストが終了しました。
高校は3〜4日かけて行うところが多いのですが
戸塚中は1日で全教科終わらせる強行日程です。
まあこの学校の生徒にとってはそれが当たり前
なので、別段問題ではないでしょう。
高校生になって、あまりにもゆったりした日程に
驚くことになるのも毎年のお約束です。

ちなみに戸塚中も、一昔前は中間テストは二日
期末テストは三日かけて実施していました。
一昔前というのは20年くらい前です。
それがいつの間にか今の日程になりました。

まあただでさえ普段の授業も遅れ気味ですから
中間テストは1日でもいいと思います。
実際埼玉では高校入試も1日で5教科
行っているのですから。

さて今日は中3の授業日でした。
中間テストが終わって、ほっと一息
などといっている場合ではありません。
塾では今日から期末の勉強スタートです。

英語は不定詞の4番目の用法。
数学は関数の残っている部分を。
数学は次回から相似に入りたいと思います。
数検にも相似は出てくるので、
早めに取り組んでおきましょう。

前回書いたようにこの学年は、
もう長いこと塾に来ている生徒が多いため
それほど私がゴチャゴチャ言わなくても
自発的に勉強する生徒が多く
またテストが終わってからの勉強の必要性も
分かっています。

中間が終わったばかりですが、早速自習に来る生徒
明日以降も自習の予約をしている生徒もいます。
このへんはさすが受験生ですね。
(うちの塾では自習は予約制です
 ただ何となく、という気持ちではダメです)

問題の感想を聞いてみると
中3はそれほど難しくなかったようです。
いつもだったら、破滅的な感想を述べる生徒が
多いのですが、今回はそれほどでもないようです。
まあこればっかりは結果を見てみないと何とも
言えません。
明日以降返却されるテストの結果を
楽しみに待ちたいと思います。

posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

2017年10月15日

テスト対策終了!

今日でテスト対策は終了しました。

あいにくの雨でしたが
中1〜中3、全員休むことなく出席しました。
さすがうちの塾生です!

最終日ということで
みんな黙々と取り組んでいました。
例年2学期の中間テストというのは
前回の定期テストから3ヶ月以上経過しており
範囲も広くなりがちです。
が、今年は日程が10日ほど繰り上がり
体育祭のあと新人戦などもあったため
思ったほどテスト範囲は広くなりませんでした。


中3の休み時間に、記念撮影を。
前回撮ったときより塾生が増えたので
久々に撮りなおしました。

Effectplus_20171016_154402.jpg

修徳ゼミナール16期生
16名となりました。
すでに募集は終了しているので、このメンバーで
入試まで勉強していくことになります。
ちなみに撮影してくれたのは、自習に来ていた
中1生です。


うちの塾はメンバーの入れ替えが極めて少なく、
しかも全員同じ中学ということで
一般的な塾よりも塾生どうしの結びつきは
強いと思います。
16名のうち半数以上は実に5年生の時からの
在籍です。 
逆にこの学年(青ジャージ)で
この1年以内に塾をやめた生徒は一人もいません。


そういえば、青ジャージどころか、
ひとつ下の赤ジャージも
ふたつ下の緑ジャージも、
中学生になってから塾をやめた生徒は一人も
いないことに今気づきました。
塾を信頼してくれて
たいへんありがたいことです。

私もできるだけ
塾生の皆さんの期待に応えたいと思います。

posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

2017年10月14日

北辰結果

先日北辰の結果が戻ってきました。
全国大会に出場するため練習に参加している生徒と
体調不良で欠席した生徒を除き13名が受験。
うち12名が偏差値50を超えていたので
まずまずの結果といったところです。
あと1名にも頑張ってもらわないと。

塾生全体の平均偏差値は5科で56くらいでした。
私としては55くらいは超えてくれればと
思っていたのでこちらもまずまずです。
教科別にみると、数学と社会が塾生全体の
偏差値平均で58くらいでした。

うちの塾は1クラスしかない超小規模零細塾なので
クラス編成など存在しません。
勉強が得意な生徒もいれば、苦手な生徒もいます。
もちろん入塾テストもありません。
どんな成績であろうと、塾で頑張って学習習慣を
つけさせて少しでも学力を向上させるのが
塾の使命です。

社会が好成績だったのはある程度想定できましたが
数学はいい意味で私の想定外でした。
数学といえば、どちらかといえば男子の方が
平均は高いものです。
例年女子の方が多いうちの塾では、数学の平均が
高いということはあまりないことですが
今年の中3生は数学も頑張ってくれています。

確約の報告も徐々に増えてきました。

残る11月と12月の北辰も気を抜かずに
頑張ってほしいと思います。


posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

2017年10月13日

13日の金曜日

そういえば今日は13日の金曜日でした。

ナウなヤングには
「だから何?」と言われそうですが
一昔前は、13日の金曜日といえば
それだけで話題になったものです。

キリスト教とか映画の話もありますが
私の記憶が正しければ
確かこの日にはコンピューターウィルスが
感染しやすいとかなんとか、
言われていた気が。

今ではそんなことすら話題にもならないので
もはや死語に近い扱いかも知れません。

ちなみに13日の金曜日。
珍しくもなんともなく
毎年必ず1回はあります。
うるう年であっても1回はあります。

次の13日の金曜日は
来年4月13日です。
私の勘では、この日の金曜ロードショーで
コナンくんのから紅が放送されるはずです(笑)

posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 分類に困ったもの

2017年10月10日

うーむ・・・

ひよっこが終了し、先週から新しい朝ドラが
始まりました。
わろてんか というタイトルです。
現在第8話まで見ました。
第1週は主人公が子ども時代ということで
子役の人が登場。
どこかで聞いたことある名前だと思ったら
絶賛不人気放送中「直虎」の幼少時代の子役でした。
まさか同じ年に朝ドラと大河に出るとは恐るべし。

今週からは主人公も正真正銘のヒロインに
代わりました。
葵なんとかさんという人ですが、存じ上げません。
時代が20世紀初頭ということで
あまちゃんやひよっことくらべると
ずいぶんと昔の設定です。
どちらかというとおしんの時代に近いでしょうか。

さて、ひよっこは当初苦戦した視聴率が
私がここで宣伝したこともあってか(笑)
徐々に上昇し最終的には24%前後までに
なりました。
その勢いを引き継いで、このわろてんかも
初回こそ20%超えましたが、この連休はやや
苦戦気味です。
今後再浮上するかどうかは、脚本にかかっています。
私ももうしばらくは見ていく予定です。

しかし
わろてんかのヒロインの葵さん
はいからさんが通るの南野陽子と
どうしてもかぶってしまう・・・

posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 分類に困ったもの

2017年10月09日

20連勤♪

今日は祝日(体育の日)でしたが
中間テスト1週間前ということで
中3と中2のテスト対策となりました。
まあ今日に限らず、土曜、日曜、月曜と
ずっと昼過ぎから塾を開けて塾生たちの
テスト勉強につきあっています。
もはや今日が何曜日だか分からなくなりました(笑)

次の土日ももちろんテスト対策で塾を開けるので
気づけば10月は2日から21日までの
20連勤となりそうです♪

社員やアルバイトでこれはブラック認定ですが
そこは誰にも文句を言われない自営業者です。
日程も私が決めているので問題はナッシング。

世の中には20連勤どころか50連勤とか
100連勤という自営業の人もいるでしょう。
まだまだ私はひよっこです。


posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 分類に困ったもの

2017年10月07日

問題の答え2

お待たせいたしました。 前回の問題の答えです。

問題のおさらいです。

【第1問】
一度に言える数字は5つまで。
30を言った方が負け。

このルールでも先攻は必ず勝てます。
最初にどう言って、そのあとどのように
答えればいいでしょうか?

【第2問】
一度に言える数字は6つまで。
50を言った方が負け。

このルールでは先攻、後攻
どちらが必ず勝てるといえるでしょうか?
またその答え方はどうすればいいでしょうか?


まずは、軽く正解を。
【第1問】は
先攻1,2,3,4,5 と
答えて、あとは後攻の人がどう答えようと
相手+自分=6になるように答えます。
つまり、それぞれの回で先攻の人の
答える(最後の)数字は
5,11,17,23,29 となり
後攻はあえなく30になってしまいます。

【第2問】は
先攻がいくら考えて最初に答えても
後攻は、1回目の回答で7にすればOK
その後は、相手+自分=7になるように答えます。
つまり、それぞれの回で後攻の人の
答える(最後の)数字は
7,14,21,28,35,42,49 となり
先攻はあえなく50になってしまいます。

ということで、100%先攻が勝てるわけではなく
後攻が勝てる場合もあります。

ここからが数学です。
では、どういう数字の時に
先攻が勝てるのか、後攻が勝てるのかを
考えてみましょう。
以下は私の考えです。

言ったら負けになる数字をNとします。
一度に言える数字をP(個)とします。
NもPも自然数です。(N>P≧2)

このゲームでのポイントは
N−1を言った方が勝ち。
相手と自分で調整して和をP+1にできる。

まずは後攻が勝ちになるパターンは
N−1の約数がP+1であることです。

ちょっとわかりにくいかもしれませんが
上の第2問だと
N=50 P=6 ですが
N−1=49 
P+1=7 なので条件を満たします。

逆に第1問は
N−1=29
P+1=6 なのでアウト。

まとめると
P+1がN−1の約数ならば後攻が必ず勝てる。
それ以外であれば先攻が必ず勝てる。
です。



さらに突っ込むと
N−1が素数ならば
後攻はN−1を作ることができないので
その時点で先手の勝ち決定です。
途中で若干組み合わせを変更しても
先攻の方に調整されてしまいます。
(ただし先攻に知識がある場合ですが)

つまり、30を言ったら負けゲームは
1度に言える数が何であろうと
絶対に先攻が勝てるのです。
(30−1が素数だからです)
またしても夢も希望のない結論を
出してしまいました。

この手の問題は学校でも(たぶん)習わないし
問題集にも(たぶん)載っていませんが
こういうのを考えるのが数学の楽しいところです。

なおここまでの説明は、若干寝ぼけながら
考えて書いているので間違っていたら
こっそりと指摘してください。


ちなみにこの問題
10年くらい前に、塾のHPで数学の問題を
一般向けに発表していた時に出した問題です。
こちら

条件はやや違いますが
ほぼ同じ問題です。

posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

2017年10月02日

問題の答え

前回の問題の答えです。
問題がなんだか分からない方は前回のを
ご覧くださいませ。

さて、このゲームの場合
先攻のAくんが必ず勝てると書きましたが
問題の設定によっては、逆にBくんが必ず勝てる
場合もあります。

一度に言える数字は3つまで。
30を言った方が負け。
この2つの数字の組み合わせによって
それはきまります。

さて、この前回の問題の場合
30を言った方が負けなので
勝ちたい場合は、自分が29を言えば
いいわけです(これは小学生でも分かるでしょう)

かといって適当に進めていけば相手に29を
取られてしまいます。
ここでポイントとなるのが、一度に言えるのが3つ
までということです。

相手も自分も一度に言えるのが3つまで
ということは、相手+自分の数字を必ず同じに
できる数字が1つだけあります。
それは4です。
相手が1つ言えば、自分が3つ言う
相手が2つ言えば、自分も2つ言う
相手が3つ言えば、自分は1つ言う

こうしたら必ず、相手+自分 で4つずつ
数字を進めていくことができます。

そうやって調整しながら、最終的に自分が29を
取ればいいのです。

数学的センスがある方はもうお分かりかと
思いますが
これを逆算していくと
29⇒25⇒21⇒17⇒13⇒9⇒5⇒1

となるので、先攻が1と言えば
次に相手が何を言おうと「たして4」の法則に
したがって、先攻は5
その次は、9、13 ・・・
と進めれば29を言えてめでたく勝利です!

つまりこのゲームは最初の設定
一度に言える数字は3つまで。
30を言った方が負け。
この時点で、先手勝利は確定している
という夢も希望のないことが証明されるのです。

では、問題です。

【第1問】
一度に言える数字は5つまで。
30を言った方が負け。

このルールでも先攻は必ず勝てます。
最初にどう言って、そのあとどのように
答えればいいでしょうか?


【第2問】
一度に言える数字は6つまで。
50を言った方が負け。

このルールでは先攻、後攻
どちらが必ず勝てるといえるでしょうか?
またその答え方はどうすればいいでしょうか?


正解は近いうちに発表します。
できれば今週中に。

さあ〜 みんなで考えよう!

posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 分類に困ったもの