2018年02月08日

学年末は大変だよ

今年の学年末テストは昨年より1週間ほど遅く
公立高校入試と同じ日に行われます。

うちの塾は戸塚中の生徒だけなので
テスト対策自体はわりとスムーズに行えますが
今回の範囲は結構大変なことになりそうです。

前々から書いていたように、今年の中1と中2は
いずれも社会の進度があり得ないくらい
遅れていました。
そのことは1学期にも2学期にも話していたので
塾生は知っていたでしょうが、他の生徒たちは
それ(学校の授業)が普通の速さだと思って
いたかもしれません。

いくらなんでもこのペースでは終わらないだろうと
思っていたら、学校の先生も気づかれたのでしょうか
今度はものすごい速さで進んでいるようです。
まさに、行き当たりばったり、無計画の極みです。

中1の社会は、アジア・ヨーロッパ・アフリカ
北アメリカ・南アメリカ・オセアニア
つまり、世界地理全部に加えて歴史の
平安時代後期から鎌倉時代まで進んでいます。

中2の社会は、九州・中国・四国・近畿・中部
関東・東北・北海道 つまり日本地理全部に加えて
欧米の革命あたりからそろそろペリーが浦賀に
来るところです。

これを一回の定期テストで行うとなると
相当な量を覚えなければなりません。

まあ範囲が広い時はテストは簡単になりがちですが
それにして勉強していないことには得点も
できないでしょう。

うちの塾では毎週塾生全員が社会の学習も行って
いるので、そんなに慌てることはありませんが
塾生以外の生徒たちにとってはちょっと大変だと
思います。

それでも範囲の前半はもう忘れていると思うので
塾でもしっかり学習していくつもりです。
posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと