2018年06月05日

数字で紐解く修徳ゼミナール

今まで定期テストの得点や高校の合格率などの数字は
たびたびこのブログでも紹介してきましたが
今回は別の角度から当塾を紐解いてみたいと思います。

◆56.9%
これは6月1日現在の当塾生の中で
兄弟姉妹が現在の塾生、または過去の塾生
だった生徒の割合です。
早い話が現在の塾生の半数以上が兄弟姉妹で
通っている生徒ということです。
この割合が高いのか低いのかは、他の塾と比べた
ことがないので分かりませんが
うちの塾では毎年このくらいの割合だと思います。

保護者の方にとって、弟妹を同じ塾に通わせるか
別の塾にするかは悩ましいところだと思います。
多くの塾では兄弟割引もあるだろうし
できればお兄さん・お姉さんと同じ塾にしたい
ところですが、同じ先生が教えてくれるかどうかは
実際に受けてみないと分かりません。
うちの塾の場合は、その心配がないというのは
大きいと思います。

ちなみに今年で17年目になりますが、この記事を
書くにあたって今までどれくらい兄弟姉妹で
塾生として通っていたのかを調べてみましたが
まず
兄弟姉妹4人でというご家庭が1組
次に兄弟姉妹3人でというご家庭が14組
2人でというのはもうありすぎて50組まで
数えたところで分からなくなりました。

それくらい兄弟姉妹で通わせてくださっている
ご家庭が多いということで、改めてこの場を
借りてお礼を申し上げたいと思います。
本当にありがとうございます!


言うまでもありませんが、いくら兄弟割引が
あっても通う価値がないとみなされれば
弟妹を同じ塾に、とはならないでしょう。

あと、おそらく塾の費用自体が他の塾より
かからないというのも大きいと思います。
それは、月謝や教材費以外の
その他の謎の費用がうちの塾の場合一切かからない
というのも大きいのではと勝手に分析しています。

ということで、すでに来年、再来年の
5年生の予約も入っていますが
これからも兄弟姉妹が多く通ってくれる塾として
よろしくお願いいたします。


◆56.9%(2回目)
この数字は6月1日時点での
全塾生に対する女子生徒の割合です。
別に男子生徒の割合(43.1%)を表題にしても
よかったのですが、たまたま最初にあげた数字と
同じなのでここは56.9%の方に軍配が
あがりました。

ちなみに中学生に限るとこれが見事に
50%、50%でぴったり同じです。
次に加わる新メンバーによってどちらが
多くなるかが決まります。

この数字も毎年このくらいだと思います。
せっかくだから、過去16年の卒業生の割合で
調べてみます。  



〜 10分経過 〜




最終在籍者しか名前が分からなかったので
最終在籍者で調べてみると202人中
男子106人 女子96人 ということで
比率は
男子 52.5%  女子 47.5%
わずかに男子の方が多くなりました。

まあでも平均するとほぼ半数ずつということが
分かりました。


◆47.1%
これは6月1日現在での
全塾生中、一番近い小学校である戸塚東小の
出身である生徒または現在戸塚東小の生徒の
割合です。
中学は全員戸塚中学校ですが、小学校は
転校してきた生徒を除けば今までに
戸塚東小、戸塚綾瀬小、戸塚北小、戸塚小
そして戸塚南小の生徒となります。

来年から中学校の希望選択制は終了するので
現在の学区がそのまま進学する中学となります。

ちなみに現在の塾生の
在籍(出身)小学校別割合は
戸塚東小  47.1%
戸塚綾瀬小 33.3%
戸塚北小  15.7%
戸塚南小   3.9%

となっています。
やっぱり一番近い戸塚東小の割合が多いのですが
規模が小さい戸塚綾瀬小や、おそらく学校内での
知名度はゼロに近いと思われる戸塚北小の
割合もそこそこあるのは嬉しいことです。

いまでも年に1〜2回くらい
戸塚中以外の生徒からの問い合わせもありますが
中学生に関しては、これからも戸塚中限定という
方針を変える予定はありません。


最後に
これから独立して塾を始めようと思っている人
または始めたばかりの人に少しは参考になるかも
という数字ですが
塾の備品の耐用年数について
現在17年目で

◇パソコン  3台目
◇コピー機  2台目
◇プリンター 4台目
◇エアコン  2台目&3台目
◇掃除機   4台目

ホワイトボードや生徒用机などは
塾生の皆さんが大切に扱ってくれているおかげで
ずーーーっと同じものを使っています。
前の塾から譲ってもらったものなので実質
20年以上使っていることになります。
そのわりには結構きれいです。

プリンターはインクの交換費用がかなりの額に
なるので、エコタンクにしようか検討中です。

実は2002年に塾を始めたときはまだ
パソコンもない状態でした。
もはや誰の記憶にも残っていないであろう
ワープロ(東芝製)でプリント類は作成して
いたのです。
処分に困って本体だけはまだ転がっています。

ただ塾を始めるならホームページもあった方が
いいだろうということで、思い切って
パソコンを使用し始めました。

ホームページ用にと思って購入したパソコンですが、
結局はプリント作成もすべてパソコンで
行うようになり結果的にパソコン導入は
大正解だったわけです。

いま、パソコンが使用不能になったら
塾の業務の大半はストップしてしまいます。
逆に言えば、パソコンさえあれば
塾は始められるのではないかと思います。
(もちろん場所などのハード面は必要ですが)

長くなったのでこのへんについては
またいつか書きたいと思います。
posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと