2018年06月06日

旅行前

今日は水曜日で本来なら中2の授業の日ですが
今週は中3の修学旅行があるため
予定を変更しました。

修学旅行は金・土・日です。

中3の本来の授業日は月曜と木曜。
元々修学旅行とはかぶっていませんが
木曜日は旅行の前日にあたります。

旅行初日は3時とか4時に起きるでしょうから
22時まで授業をやって、そのあと帰宅して
となるとなかなか大変でしょう。

となると、前日は休みたいとか
1時間だけ受けて帰りたいという希望が
出てくることは想像できます。

だったら、生徒や保護者の方にそういう気を
遣わせる前に私の方から前日は塾を休みにして
水曜日に変更しましょう、と決めたわけです。

過保護のように思えるかもしれませんが
私は最も効率的であると思える方法を
選択しています。

行き過ぎた部活の話の時にもしましたが
私は精神論があまり好きではありません。
修学旅行があっても、前日に気合いで来いとか
旅行から帰ってきた日だろうと1時間でも
いいから来いとは
昔なら言ったかもしれませんが
最近はまったく言わなくなりました。

なぜなら旅行の日程など何か月も前から
分かっていることで、それに対して塾の日程の
変更も可能だからです。
それをするのも運営者である私の仕事です。

もちろん戸塚中限定にしているから可能なことで
複数の中学の生徒が在籍していて、
毎週どこかの学校で修学旅行などとなれば、
それも難しくなります。
こういうことからも、中学を一つに限定している
ことのメリットが感じられます。

ということで旅行前最後の塾となった今日は
雨が降っていましたが全員欠席なく参加しました。
理科と英語と数学の授業を予定通り進めました。
理科は仕事やエネルギーの難しいところ
数学は根号の掛け算や有理化など
間違いやすいところです。
次回は月曜日で学校は代休ですが
もちろん塾はあります。 この日は休みにする
理由もないのできちんと塾の授業はあります。


さすがに旅行が近いとあって、休み時間などは
旅行の話題で盛り上がっていました。
中学生にとって修学旅行は3年間の中でも
ベスト3に入るくらい大きなイベントです。
このときばかりは勉強のことなど忘れて
楽しんで来てほしいと思います。
勉強は帰ってきてからまたやればいいのです。

この季節になるといつも自分の旅行のことを
思い出します。
たぶんこのブログにも何度か書いたと思いますが
探すのも面倒なので、今現在の記憶を頼りに
書いてみたいと思います。
少々お付き合いくださいませ。

ちなみに、私の小学校では1年生の時から
修学旅行がありました。
社会科見学のようなものはまた別にありました。

【小学1年生】
行先:嬉野のなんとかセンター
ほとんど記憶にありませんが小遣いの300円を
全部ゲームに使ってしまったことと
酔い止めの薬(錠剤)をのめなくて
先生の目を盗んで吐き捨てたことだけは
今でも覚えています。


【小学2年生】
行先:武雄 御船山?
1年生の時以上にまったく記憶に
ありません。
小遣いが400円だったことと
全部ゲームに使ったことだけは覚えています。


【小学3年生】
行先:多久 佐賀
多久も行ったと思いますが記憶になし。
佐賀は佐賀玉屋に行ったような気が。
小遣いの600円は、以下略。


【小学4年生】
行先:鳥栖 久留米
久光製薬とかヤクルト工場に行ったような
気もしますが、修学旅行だったのか
社会科見学だったのかは失念。
井筒屋というデパートに行ったような気もします。


【小学5年生】
行先:長崎
最近世界遺産になったグラバー邸に行って
動く歩道に乗って、おおー という記憶。
あと船に乗って平和公園にいって両手の意味を
聞いて、大浦天主堂か浦上天主堂のどちらかに
行った記憶があります。
お土産にはカステラを買ったような。


【小学6年生】
行先:熊本
9月12日〜13日 だったはず。
阿蘇山と草千里と熊本城と天草五橋がかすかに
記憶にあります。
たしかホテル白金というところに宿泊。
同じ班は、IくんとKくんとTくんでした。


【中学3年生】
行先:萩 広島
6月3日〜6日 だったはず。
秋芳洞と松下村塾でフェリー乗って厳島神社
あとマツダ自動車とKDDIかなにかの
パラボラアンテナを見た記憶が。
萩焼の実演がありました。
このとき人生初の新幹線でその新幹線の中に
財布を忘れてあとで送ってもらった記憶が。
枕投げで枕を破壊して、中身があふれ出て
焦った記憶も。

今の中学生は枕投げとかするのでしょうか。


ということで
年々薄れ行く記憶のリハビリのために
思い出してみました。


なお、前に書いたのとちがうぜ!
というツッコミはお手柔らかにお願いいたします。
posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと