2018年07月16日

いろいろ2

◆北辰
昨日は中学3年生の第3回北辰テストでした。
例年この第3回(7月)から受験者数がいっきに
増えます。 今年も前回比50%アップの
約46,000人の申し込みがありました。
前回は部活の関係で3名しか受けませんでしたが
今回は中3の塾生全員が受験しました。
まあ、まだそれほど受験勉強をしてから
臨んでいるというわけでもないでしょうから
結果は参考程度にみてください。

夏休みに頑張って復習をした成果が9月以降の
結果に表れます。
また現在実施中の三者面談でも話しているように
必ず成績表を見て、解きなおしをしてください。


◆漢検
まもなく夏休みに実施する漢検の申し込みを
締め切ります。 7月23日(月)までです。
試験は8月21日(火)となっています。
今年予定している漢検は今回も含めて
あと2回です。(次は10月後半)
内申に必要な中3はもちろんですが、
中2以下、小学生でも是非チャレンジして
みてください。
漢検は、塾生でなくても誰でも受検できます。
毎回塾生以外の弟妹や、お友だちも
受検しています。


◆動画
以前教材会社の方から動画の教材の紹介を
していただきました。
大学受験生ならともかく
中学生が動画を見て学力が身につくのか
いささか疑問ではありますが、とりあえず
1年間だけ導入してみようと思います。
動画視聴にかかる登録費用などは塾で負担します。
塾生・ご家庭にかかる特別な費用はありません。
詳細はのちほどお知らせいたします。


◆変人?
塾で私が個人的な話をすると
たまに変人扱いされることがあります。
たとえば、数学で素因数分解の学習をするときに
すれ違う車のナンバーを見てそれを速攻で
素因数分解するのが趣味だと話すと
十中八九変な目で見られます(笑)
10−24 とか
23−10 なんていうナンバーを見ると
その日1日ハッピーな気分になります。
というと、間違いなく変な目で見られます(笑)

一応説明すると
1024は2の10乗というすばらしい数
2310は素因数分解すると
2310=2*3*5*7*11 と
素数を小さい順に並べたときの下から5つを
すべて1つずつ使ってできる数です。 
う〜ん 美しい!

ちなみに今日は祝日でしたが中3の授業が
ありました。
その際に、
1111を素因数分解しなさいという問題が出て
それを答えようとしたら、いつの間にか問題が
1950の約数の個数はいくつ? に変わって
制限時間の5秒以内に答えられなかった。
という夢を見たという話をしたらやはり同じ反応が。

いやいや、夢の中にまで勉強の話が出てくるくらい
皆さんも勉強してください(笑)


◆小テスト
現在、夏期講習で実施する小テストの
案を検討中です。
例年通り全学年共通の漢字テストは行います。
今年は問題数を25%アップします。
あとは、英単語テストも実施しようかなと
考えています。
英語の入試の大問2で単語を答える問題が
あるからです。
こちらは学年別にリストを渡します。

あとは、中3の理社もたぶん行います。
ということで、夏期講習は小テストを
ジャンジャン行いますので
皆さんも頑張って覚えてください!
posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

2018年07月15日

いろいろ

◆やっと

4月22日に負傷していた右手首。
もう塾生のだれもが忘れていたと思いますが
最近やっと治ってきたような気がします。
通常時を100とすると、負傷直後は5くらいで
1週間経っても10くらい
1ヶ月経っても50くらいでしたが
もう95くらいと言っていいでしょう。
全治3か月。 結構な重傷でした。
結局もらった湿布も最初は貼っていましたが
効き目に疑問を感じてからは放置して自然治癒に
任せることにしました。 余った湿布は
いずれくるであろう腰痛にでも使おうと思います。


◆あくまでも方針

先日(13日)埼玉県の教育委員会から
中学校の部活動の方針について公式発表が
ありました。
簡単にまとめると
・週休二日以上
・練習時間は平日2時間以下 休日3時間以下
・体罰やハラスメントの定義
・活動計画の公表
・運動部だけでなく文化部にも適用
・高校の部活もこれに準ずる

といった感じです。
1つ目と2つ目は分かりやすいと思いますが
3つ目の項目は、県が具体的な例を提示
しています。 例を出さないと体罰だと分からない
顧問の先生がいるということでしょう。

まさにこのタイミングで、他の県ですが
学校の外周80周も走らせて、熱中症で生徒が
倒れてしまうという事件が起きました。
全国にはこういう顧問がいくらでもいるので
わざわざやってはいけないことの例を作成する
必要があるのです。
しかもこの外周80周の場合、生徒が倒れている
のを発見したのは学校関係者ではなく、たまたま
その場にいた外部の人だったそうです。
顧問の先生、何やってるのでしょうか。

外周以外でも、その種目の技能の習得とは
無関係と思われる動作の反復などもアウトです。
たとえば、吹奏楽部でミスしたからと
うさぎ跳び10往復。 もちろんアウト。

今はどうなのか知りませんが、戸塚中でも
数年前はある部活で普通にうさぎ跳びが
行われていました。 まるで巨人の星の時代で
時代錯誤も甚だしいです。

一般的な文化部は運動部に比べて活動時間は長く
ありません。 が、吹奏楽部だけは別です。
これは完全に体育会系です。
夏休みなど運動部より活動時間は長いです。
3時間以内で終わることはないでしょう。

これはあくまでも方針なので
守るかどうかは校長先生や市町村の
教育委員会に委ねられます。

どうしても部活を強くしたいという思いが
強ければ、絵に描いた餅に終わることは
想像に難くありません。

それに、この方針に従ったとしても
抜け道はあります。
それはいわゆる外部コーチの存在です。
新聞ではそこまで踏み込んではいませんが
仮に日曜日部活を3時間で終えたとしても
その後、別の施設で外部コーチにお願いして
さらに3時間練習する。
こういったことも想定できるのでは
ないでしょうか。

今回部活動に関する方針が出されたのは
1番目に先生の時間外労働を減らすため
2番目には生徒の負担を減らすためです。
1番目の目的が達成できても、外部の指導が
幅を利かせるようになれば生徒の負担は減る
どころか、逆に増えてしまいます。
おそらくその間先生の目の届かないところでの
指導になるでしょうから、練習が厳しくなる
可能性もあります。

マスコミの皆さんには、方針が発表されました
と、ただそれを報道するだけでなく
そのあとどうなったのかも是非追跡取材を
してほしいものです。


◆ちょっと焦った、いやかなり。

今日(15日)の夜、パソコンの電源を入れても
まったくネットにつながらなくなりました。
何度か再起動してもだめです。
そういえば昨日今までのwi-fiを解約して
新しいものに交換したばかりです。
今までのは月間7GBまでしか使えなくて
パソコンだけならここまでいきませんが
スマホをwi-fi接続すると、合わせて超える
こともあったからです。
これからは無制限にしました。

この端末の不具合かな、とも思いましたが
スマホをwi-fiにすると普通に接続できたので
端末の問題ではありません。
やはりパソコンの問題です。
1時間くらい考えても分からず、パソコンでは
検索できないのでスマホで検索し、いろいろ
調べてみるとパソコン本体にネット接続の
ON/OFFのスイッチがあるようで、
たしかに右側についていました。
まさかと思って、このスイッチを右にずらすと
あ〜〜ら不思議。 無事解決しました!

今までパソコンは20年くらい使っていますが
本体にこんなスイッチがついていたことは
初めて知りました。 
まさに灯台下暗し。
また一つ勉強になりました・・・


◆残念

甲子園の佐賀県予選
わが母校、致遠館高校は残念ながら
予選敗退となりました。
開校30年くらいのまだ新しい学校ですが
佐賀県代表となる日は来るのでしょうか。

生きている間に1回くらいは甲子園に
応援に行きたいと思います。
posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 分類に困ったもの

2018年07月14日

塾に入って100点以上あがりました!

期末の結果もだいたいそろいました。
もう何度も書いていますが、初めて読む方
いらっしゃると思うので念のため。
うちの塾生は全員戸塚中で1学年10人程度の
結構小さな塾です。
他の中学の生徒からの問い合わせもありますが
効率よく授業を行いたいので戸塚中限定に
しています。

1学年10人程度にもかかわらず
今回のテストでも
90点以上は40人
80点以上は70人を超えました。
(もちろん延べ人数)

一般的な塾のように5つも6つも対象の中学を
広げればこの数ももっと増えるかも知れませんが
私一人で見ている以上、対象の中学を広げれば
指導の内容も浅くなりそうなので
今のまま戸塚中限定でいくつもりです。

さて今回のテストで
ありえないくらい得点が上がった生徒がいます。
あまり詳しくは書きませんが
前回と比べて100点以上です。
順位も100番くらい上がっています。

中間テストのときも
同じように、前回のテストより100点以上
上がった生徒がいました。

在籍期間の長い生徒ではこういうことは
見られませんが、途中入塾の生徒では
わりとよくあることです。
わりとよくあるので、私も正確には
覚えていません。
学年順位が3桁だったのが10番台
20番台にまで上がる生徒も何人もいました。
もちろん5教科総合での順位です。

ちなみに1教科で一番上がった生徒は
数学で80点以上上がった生徒がいます。
元の点数を考えたら笑えませんが、それでも塾に
入ってこれだけあがる生徒もいるのです。

ただし、だからといって
うちの塾に入ればだれしもこんなに上がるかと
いえば答えはNOです。
塾に入って、勉強に対して前向きに取り組んで
くれたら程度の差はあれ、成績は上昇傾向に
あります。

さて、次に100点アップするのは
だれでしょうか。
posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

2018年07月13日

後者でした

ひとつ前の投稿で
中1の塾生の平均点が中間より上がりそうなので
ひょっとしたら、学年平均は下がっていないのでは
と書きました。
または、塾生がそれ以上に頑張ったのかなと。

今日個表を見せてもらいましたが
やはり学年平均は20点ほど下がっていました。
一方塾生の平均は逆に上がっていたので
塾生の皆さんが頑張った結果なのでしょう。

塾生の平均は学年平均よりも5科で約80点
上回りました。 なかなかいいですね!

今回平均と比べて一番よかったのは英語で
学年平均69点に対して、塾生の平均は92点
次によかったのは社会で学年平均63点に対して
塾生の平均は80点でした。
他の教科もすべて学年平均を10点以上
上回ることができました。

英語はまだまだ平均点が高く出ると思って
いましたが、範囲が広くなって下がりましたね。
そんな中塾生は頑張りました。
14人中12人が90点以上でした。

また300人近い学年の中で14人中10人が
5教科総合で100番以内に入りました。
(細かく言うと10人とも90番以内)

小学生の時から英語の理解度はまずまず期待
できることは分かっていましたが
今回の結果で、他の教科もまずまず
結果が残せたことでホッとしています。

中学にあがるときの三者面談で
理科・社会が苦手という生徒が多くいました。
そのとき塾に来ていれば理科と社会は
できるようになる生徒が多いと話しましたが
だんだんとその意味が分かってきたのでは
ないでしょうか。

2学期になると学習内容はさらに難しくなり
5科の平均点も300点を切るようになります。
そのときに同じように下がってしまうのか
それとも今まで通り400点をキープできるのか。
これからも油断しないように勉強して
ほしいと思います。
posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

2018年07月10日

いろいろ2

◆中1の平均は下がったの?

今日は火曜日で中1の授業がありました。
中間の結果もほぼそろいました。
あとは個表をもらうだけです。

以前塾生の平均点を掲載しましたが
今日時点での平均点は

火曜現在の中1の塾生の平均点です
(全員戸塚中)

国語 77.6点 (全員返却済)
数学 71.6点 (全員返却済)
英語 92.0点 (全員返却済)
社会 80.9点 (全員返却済)
理科 84.4点 (あと1名)

中間に比べたら範囲も広くなり、
期末の平均は下がるのが一般的ですが
塾生の得点を見た感じだと、
どうも中間より期末の方が高くなりそうです。
ひょっとしたら学年平均はそれほど下がって
いないのか、それとも塾生がものすごく
頑張った結果なのか、
私としては後者に期待です。


◆嬉しい報告?

今日とある高1生から連絡がありました。
高校の期末テストの数学Tの結果を
伝えたかったそうです。
この生徒、中間テストの数Tがよろしくなく
学校の先生にももう少し頑張るように言われた
そうです。
そこで、数Tを教えてくださいと頼まれたので
急きょ時間を取って何回か個別指導を
行ったところ、なんと90点超えで
嬉しさのあまり連絡してきました。

学校で何十時間も授業を受けて分からなかったのが、
塾で数回教えただけで理解できるのも
なんだか不思議な気もしますが
ひょっとしたら私には個別指導の才能が
あるのかもしれません(笑)


◆目標は470点?

以前、塾長の偏差値はどれくらいですか?
という問いに答えるために北辰の問題を
解いてみました。
が、1ヶ月経ってどうなのか
第2回の北辰テストを解いてみたいと思います。
来週から夏期講習が始まります。現在その
準備もあるので時間が取れるか分かりませんが
なるべく早めに解いてみたいところです。

今回の目標も控えめに県で10位以内です。
得点にすると470点で10位です。
ちなみに前回は1位に相当する得点でしたが
そのためには今回は488点必要です。
これはちょっと難しそうですが
狙えないことはないかな・・・


◆まるで別のドラマ?

半分、青い。 
ここで宣伝したおかげもあってか
最近視聴率が上昇傾向です。
ただ、7月(後半)になってから
まるで別のドラマかと見まがうほど
登場人物がガラッといれかわりました。
前半の主要なキャラだった
律、ブッチャー、なお、マーくん、さや
ゆうこ、ボクテ、秋風先生、菱本さんが
一切出なくなり、いまは百円ショップで
働くすずめの周りは新キャラばかりです。

まあ、ある意味これが自然ですね。
中高生のときの周りの知人が、ずっとその後
10年以上いっしょにいることなんか
ドラマの都合で現実世界ではあまりないことです。

ただ、新キャラの名前を
覚えるのがつらい・・・
覚える前に、また入れ替わりはしないかと
不安な毎日です。


おそらく、先にあげたメンバーは
またいずれ懐かしキャラとして
登場するのだろうとは思っています。
個人的には、秋風先生と菱本さんには
また出てほしいと思っています。
posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 分類に困ったもの

2018年07月09日

いろいろ

◆頑張ったあと
中間テストが終わって1週間がたちました。
塾生たちにはたくさんの問題に触れてほしいので
普段の授業で使う塾ワークとは別にテスト前ワーク
と称して、別の種類のワークを渡しています。
こちらは名前の通りテスト前だけ本人に渡し
普段は塾で預かっています。
10冊以上も持ち運びするのは大変でしょうから。
さて、テストも終わったのでテスト前ワークの方は
回収しました。

KIMG3392.JPG

これは中1生の分です。
全員分そろっているかどうかは分かりませんが
それぞれのテキストに挟まれた付箋に
頑張ったあとが見受けられます。

中1生だと、まだテスト前にもどんな
勉強をしていいか分からないという生徒も
多いと思いますが、うちの塾生はこうやって
がんばっているようで何よりです。


◆中2生は心配
一方、中2生はちょっと心配な点も。
先週から社会は地理の授業を始めました。
ただ学校の授業が遅すぎるため、内容としては
まだ中1のワークに位置する単元です。

そこでちょっと常識チェックをかねて
塾生全員に矢継ぎ早に質問をしましたが
これが見事に答えられません・・・

日本で面積の大きい4つの島の名前とか
都道府県庁所在地とかは
中学で習わなくても、小学生あたりでも
「常識」として知っていてもいいものですが。

それ以前に、地理や歴史の教科書に出てくる
日本語の意味が分からないという生徒もいます。
社会用語ではなく、普通の日本語です。

この学年、国語が極めてよろしくないのですが
国語が分からないと、他の教科にも影響する
というのを実感する今日この頃です。

常識的な言葉くらいは、塾に入る前
小学生のうちに身につけたいものです。

とはいえ、それでも塾に来ているわけですから
なんとか少しでも結果につなげられるように
私も頑張って教えたいと思います。


◆違和感というか疑問
先日、中3生の授業日の休み時間。
ひょんなことから、嵐のメンバー全員の名前を私が
答えるという難題に挑戦することになりました。
これは置換積分や微分方程式よりも難しい・・・

なんとか記憶を振り絞って3名は出ましたが
残念ながら2名は出てきませんでした。

そこで、突然私の頭の中にある疑問が。
今から、2つのグループに分けて5名ずつ
苗字を書きます。 
分けた根拠は何でしょう?

Aグループ
大野
大石
大内
大下
大原

Bグループ
大江
大久保
大沢
大田
大谷

なぜかうちの塾にある苗字の本から
抜粋してみました。

KIMG3385.JPG

さて、2つのグループのちがい分かりますか?

私の独断で分けたのですが、
それぞれを読んでいただければ
納得かと思います。

ただ、Bの最後の大谷は
「おおたに」と読めばBグループですが
「おおや」と読めばAグループに入ります。

この「おお」のアクセントの違いが
なぜちがうのか、まったくわからないのです。
もう気になって夜も寝られません。

ということで、「おお」の読み方の違いを
知ってるぜ! という方はこっそりと
教えていただければ幸いです。


◆今度は違和感
各地で高校野球の予選が始まりました。
埼玉県も連日熱戦が繰り広げられています。
今年は第100回の記念大会ということで埼玉は
南北に分けて2チームが全国大会に出場します。

何度か書いていますが、すでに埼玉に
住んでいる期間の方が長くなりましたが
いまだに、埼玉より佐賀を応援します。

先日新聞に埼玉大会のベンチ入りベンバーの
一覧が掲載されていました。
元塾生の名前も発見して嬉しくなりましたが
ある高校のメンバーをみて、ちょっと違和感が。

20人中17人が県外出身の生徒で
レギュラーと思われる背番号1〜9は
なんと全員他の都道府県の出身でした。

もちろん頑張っている選手たちは
すばらしいと思いますが、はたしてこれが郷土の
代表と言えるのかと違和感を覚えたわけです。

別に今に始まったわけではなく
東北あたりの私立高校では20年も30年も前から
話題になっていたことです。

ただ選手にしてみれば、小さいころから
友だちが遊んでいる間も毎日必死に練習して
その実力を強豪校に認められての進学なので
これはすごいことだと思います。
学校としても、特に私立高校は知名度を上げる
ことも大切な経営戦略なので、これも
当たり前のことだと思います。

では、何に違和感を覚えるのかというと
やはりNHKをはじめとするメディアによる
必要以上の郷土、地元を意識した報道です。
選手が頑張ってプレーしている姿を
見たいのであって、NHKの過剰な演出は
不要であるということです。
(※個人の感想です)


posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 分類に困ったもの

2018年07月07日

夏期講習のご案内

期末テストも終了し、塾としては
夏期講習のことを考える時期になりました。

ということで
塾生の皆さんには日程と費用のご案内を
お渡ししました。

またHPにも掲載しました。 ⇒ こちら

この夏期講習では
中1と中2は前半は今までの復習を中心に
後半は2学期の先取り学習に取り組みます。
中3は5教科とも入試に向けて総復習です。

現在外部生の皆さんも若干名ではありますが
受付中です。
中1 受付人数 最大2名程度
中2 受付人数 最大5名程度
中3 受付人数 最大5名程度

先着順にて受付中です。
来週土曜日(7月14日)までにお申し込みの
場合、費用面にて優遇措置を設けておりますので
ご利用いただければと思います。

参加をご希望の方は、平日の午後4時以降に
お問い合わせをお願いいたします。
一度授業を体験してから決定することも可能です。

なお、必要な費用は講習費と教材費のみです。

入塾金、維持費、管理費、特別講座費、通信費
冷暖房費、合宿費、テスト費 の類は
一切必要ありません。

posted by Mさん at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

2018年07月06日

期末テスト返却状況

今日は金曜日で中1の授業日でした。
前回の授業の日がテスト二日目で
その日はおもにテストの解説をして
あとは数学の授業を進めました。

今日はテストから三日たっているので
ボチボチ返却されているころです。

ということで、早速得点を記入してもらいました。

範囲が狭すぎた中間と比べたら
やはり平均は下がりそうです。

塾生情報によると学年平均は
国語と社会は前回より上がり気味
逆に英語と数学は下がり気味
理科はまだ半数しか戻ってきていないので
よくわかりません。
全体(5教科)ではおそらく下がると思います。


金曜現在の中1の塾生の平均点です
(全員戸塚中)

国語 77.6点 (全員返却済)
数学 71.0点 (あと1名)
英語 92.0点 (全員返却済)
社会 82.9点 (あと3名)
理科 85.1点 (あと7名)

といったところです。
このままなら、今回も5教科の平均点は
400点を超えそうな勢いです。
まずまず頑張ってくれましたね。

ひとつ課題を挙げるとすれば数学です。
テスト前からなんとなく計算力に不安がありました。
おそらく学年平均よりは10点くらい上だとは
思いますが、もっと練習すればまだまだ
上がると思います。

次回の授業までには全員揃うと思います。
今日時点で全教科そろっているのは7名で
今のところ469点がトップです。


また今回は中2生で新メンバー2名が
入塾後初のテストとなりました。

6月16日の見学という記事 で
紹介した生徒です。

実はこの時見学にきた中2の生徒は2名いて
翌週には早速入塾を決めました。
最初の見学で、ビビビ! と来たのでしょうか。

入塾後、テストまで2週間ほどしかなかったので、
そんなにすぐに結果は出ませんよと
話していたのですが、水曜に聞いた時点では
2人とも前回より上昇しているようでした。
より詳しく話してくれた生徒は
3教科で前回より80点くらい上がって
学校の先生にも褒められました!
と嬉しそうに話してくれました。

ただ、たった2週間で結果が出るほど
勉強は甘くありません。
今回はたまたま勉強した内容が出題されたので
あって、油断していると次はまた元に戻って
しまうということを認識してほしいと思います。

2人とも残りの教科次第で順位がどうなるのか
分かりませんが、下がるよりは上がった方が
いいでしょうから、ちょっと期待して
待ちたいと思います。


posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

平成31年度公立高校選抜基準

昨日付けで公立高校来年度入試の選抜基準が
発表されました。
今朝調べたときはなかったので
おそらく今日(7月6日)掲載されたのだと
思います。

こちら

塾でもこれから三者面談を開始します。
ちょうどいいタイミングで発表されましたね。
もちろんこの資料を基に話を進めていきます。

posted by Mさん at 17:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

2018年07月01日

土日で20時間

昨日、今日は期末テスト前最後の休みでした。
ということで当然のことのように
塾ではテスト対策を行いました。
土曜も日曜も昼過ぎから22時ごろまで
合計20時間ほどです。

何回か書いていますが、当塾のテスト対策は
何か特別なことを実施しているわけではありません。
1週前くらいまでは私の方が主導で
いろいろと指示をしていきます。
が、直前は塾生自身が教科を決めて学習
していきます。

分からないところがあればが質問し
質問がなくても、私がうろうろしながら
生徒の解答を見ていきおかしなところは
説明していきます。

数年前までは、テスト前日まで
教科も決めて私があれこれ細かいことを説明
していましたが、最近はその方式を
やめました。
なぜなら生徒によっては、直前に私が
説明する部分はすでに理解している場合も
あるからです。

だったら、集団で学習してはいますが
学習内容は各個人バラバラでもいいのではないか
ということで、近年は直前の対策では
個人別に教科や単元を決めて学習しています。
一般的な塾ではなかなか難しいと思いますが
私は全学年全教科担当しているので
問題はナッシング。
どうしても難しい問題で、説明した方が
いいと思われる場合だけ一斉に指導します。

おかげで進んでいる生徒はドンドン先に
進んでいきます。
塾のワークも学校のワークも私が作った課題も
終わって解く問題がないという生徒もいます。

そのような生徒のために当塾では
通常の通年ワークの他にテスト前ワークと称して、
別にワークを全員分用意しています。

例えば今回中1がテスト対策に使ったワークは
国語1冊
英語2冊
数学2冊
理科2冊
地理2冊
歴史2冊
計11冊です。

これは学校のワークではなく、塾で用意して
塾生全員に渡したワークです。
これもすでに解き終わって2回目3回目に
進んでいる生徒もいます。

20年ほど前は準拠のワークといっても
玉石混淆でしたが、最近はどれもなかなか
よくできた作りになっています。
その中から、塾生たちにとって
ふさわしいと思うものを私が注文しています。

うちの塾は、
大手塾のような組織にも属していないし
フランチャイズでもありません。
よって本部からの教材の指定など無縁の世界です。
大手塾やフランチャイズ塾の場合、教材の売上も
本部の収入となるので教材が指定されている場合も
少なくありません。
その教材が使えるかどうかは別問題です。

そんなしがらみもない個人経営塾ですので
好きに選んでいます。
先の中1の場合も
国語はA社
英語はB社とC社
数学はA社とB社
理科はA社とC社
社会はA社とD社
というように4つの教材会社の教材を使っています。
教科によっても使いやすいものは微妙にちがいます。

これらの教材や私が用意したプリント類を
何度も解いて期末テストに向けて
頑張ってほしいと思います。

今日は日曜日でものすごい暑さの中
入れ替わりで30人以上いる中1〜中3
休むことなく全員出席しました。

さすがうちの塾生です。
皆さんがこうやってきちんと出席して
まじめに取り組んでくれるからこそ
日曜日でも塾を開けてテスト対策を
行おうという気になるのです。

頑張って勉強したことが
少しでも結果につながるといいですね。
posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと