2018年09月02日

小旅行

夏期講習終了日から2学期開始までの束の間の
休みを利用してちょっと出かけてきました。
昨年の同じ時期には北九州に
今年は新潟です。

たいした目的はないのですが
今まで行ったことがない地域ということで
北陸は人生初上陸です。

ただ時期が悪かったのか、大雨警報など出ていて
あまり外出はできませんでした。

修学旅行で中国地方と近畿地方は行ったことが
あるので、あとは北海道と中部地方それに
四国地方はいまだに訪れたことがありません。
来年あたりこの中のどこかに行ってみたいと
思います。

いや、よく考えたら山梨には行ったことがあるので
中部地方はギリギリありました。
(新潟も中部地方といえば中部地方)
北海道と四国は完全に未踏の地です。

ということで来年は四国に行ってみたいと思う
今日この頃です。
posted by Mさん at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 個人的なこと

明日から2学期

長かった夏期講習も終わり少々の休みを挟んで
明日からは学校も塾も2学期の授業となります。
夏期講習では中3は100時間
中1と中2は45時間ずつ学習しました
特に中3はそのすべてを復習にあてて今後の北辰や
入試に対応できるように今一度要点の確認を
行いました。

塾生の皆さんにも、それなりに成果は
あったことだと思います。

毎年のことですが、なかなか自発的に学習する生徒は
いません。自発的になんでもできるならそもそも
塾には来ていないでしょう。
いまどきそんな生徒は100人に1人
いるかどうかだと思います。
なにしろ昔とは環境が違いすぎます。

中学生にとってテレビが娯楽の中心だった20世紀
とはちがい、いまはテレビよりもスマホの時代。
となるとなかなか自発的に学習するというのは
難しく、どうしても塾で勉強させるという
家庭が増えているようです。

ちなみに私が中学の頃は、クラスに塾に行っている
生徒など皆無だったと思います。

塾によっては合宿を行って勉強するところも
あるようですが私はまったく考えていません。

移動する際の往復4〜5時間も無駄だし
なにより費用面でご家庭にかなりの負担を
かけることになります。

例えばスポーツの合宿なら、普段対戦できない相手と
対戦できたり、普段交流のない学校の監督、コーチの
話が聞けるなどのメリットもありますが
勉強の場合合宿したからといって、普段解けない
問題が解けるというわけでもないですよね。

よって、塾でできることをわざわざ
時間とお金をかけてまで合宿を行う価値は
それほどないと考えています。
そのぶん塾でしっかりと学習してもらいます。

同じように考えている個人塾の塾長は多いようです。

逆に合宿を勧めるのはだいたい大手塾です。
理由は・・・  言わなくても分かると思うので
省略します。

ということで明日から2学期。
学校での授業は久々でも塾では毎週勉強していた
わけですから、学習習慣は大丈夫でしょう。

最初の1週間は体育祭の練習でまったく授業は
進まないと思いますが、塾ではもちろん
進んでいきます。
なにしろ中間テストまであと1ヶ月と少し
しかないのですから。
posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと