2018年09月05日

一次関数

今日は水曜日で中2生の授業の日でした。
当塾は学年によってすべて曜日を決めています。
週によってコロコロ変わることはありません。
1年間固定です。
ちなみに教える人は5年間固定です(笑)

1年間固定と言っても、先週まで実施していた
夏期講習などの季節講習時と、テスト前は
通常とは別の曜日にも来てもらってたくさん
勉強してもらいます。

授業は英語と数学を行いました。
理科と社会は塾の方が進んでいるし
英語と数学は結構重要な単元だからです。

英語は助動詞の続きで、mustについて。
同意表現やら、否定文やら疑問文やら
過去やら未来やら。
覚えることが多いですが、頑張って覚えてください。

数学は一次関数の2回目。
私個人的には中学3年間でいちばん難しいのでは
ないかと思うのが一次関数です。
私が解くのではなく、中学生が解く問題としては
いちばん難しいと思う単元です。
実際一次関数を苦手にしている生徒は多いです。

が、学校で習う一次関数は基本的なことが中心で
模試や入試に出てくるような猛烈に難しい内容は
扱いません。
だから、余計に模試の正解率が低いのですが。

ということで、難しいと敬遠されがちな
一次関数も学校で習う範囲に限れば
それほど難しくはありません。

一気に進むから理解できなくなるだけで
慎重に教えれば誰でも理解できるのです。
ということで、今日も前回に続いてかなり
慎重に教えました。
塾の授業と言えば学校よりも早いペースで
ドンドン進んでいくという印象があるかも
知れませんが、うちの塾の場合はそれは
単元によります。
むしろ無駄な話や簡単すぎる内容を省くことで、
じっくりと教えることができます。

2年生も中学生全体の後半に差しかかりました。
高校入試まであと540日です。



posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと