2019年02月21日

あと1週間

公立高校入試まで、そして学年末テストまで
あと1週間となりました。

中学3年生の皆さんにとっては最後の
調整期間のようなものでしょうか。
これからあれもこれもと難しい問題に手を出して
不安を増長させるよりも、確認問題で見つかった
自分の弱点を消していくようにしましょう。

17期生の皆さんも全員揃って塾に来るのは
今日も含めてあと4回です。
入試前ということで、少し時間数を増やしました。
このあたりは私の裁量でどうにでもできます。

この学年は例年より若干人数が少なめですが
長い生徒は5年生からのフルコースで5年間です。
うちの塾生は例年在籍期間の長い塾生が多く
そういえば先に進路を決めた私立単願の2名も
5年生からの在籍でした。
塾に来た回数も軽く500回は超えているでしょう。
一番短い塾生でも150回以上です。
ということで今まで塾で学んだこと
学校や家で学習したことを入試本番で
発揮できるように今から体調管理などにも気を
つけてください。

posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

2019年02月18日

出願初日

今日は公立高校の出願日でした
塾生たちもそれぞれ希望の高校に行って
出願してきました
学校によっては2時間も待たされることも
あるようで、このあたりは何年たっても
改善されないようですね。
私立のようにネットで出願とまではいかなくても
もう少し効率よく処理してほしいものです。

さて出願は明日までですが、例年初日で
ほぼ大勢は決します。
あとは志願先変更で若干の増減がある程度です。

17期生は、私立の単願が2名で
残る8名が公立を受験します。

18:40頃に倍率が発表されました。
塾生たちはちょうど入試対策の問題を
解いていた時間です。
今日は早く帰宅するので16時から22時まで
塾で勉強に変更していました。

休み時間に塾生たちも倍率を確認していましたが
だいたい予想していたような数字だったようで、
特段慌てる様子もありませんでした。
ただ南部地区ということもあって、また全員普通科
ということもあって倍率が高い高校を受験する
塾生もいます。

2月18日時点での近隣の高校の倍率を
まとめてみました。普通科中心です。

こちら(pdfファイルです)

12月の志願者からの推移を分かるようにしました。
2か月ほどで100人以上減っている高校も
あるようですね。

ちなみに、いろんな高校の倍率を
知りたい方は こちら へどうぞ。

さあ、あと10日頑張りましょう!
posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

2019年02月17日

ちがく ちがくて ちがくない 

今年も見られました。
タイトルにあるような謎の日本語を国語の
答案に使う生徒が。

この誤用はもう10年以上毎年見ているので
驚くことはありませんが、その都度指摘して
休み時間に全員に話をします。

作文では、違く 違くて 違くない と
なっていますが変換しても当然出てきません。

「違う」はワ行五段活用の動詞です。
ですから、活用するとしたら
ちがわ・ちがお(未然形)
ちがい(連用形)
ちがう(終止形)
ちがう(連体形)
ちがえ(仮定形)
ちがえ(命令形)

となります。 ちがく という活用は
現代文法にはありません。

おそらく、形容詞の連用形と混同しているの
だと思いますがすべて減点対象です。

毎年見られるということは、日常的にこの
言葉を使っているのか、または
周りに使っている人がいるということです。
私は普段絶対に使わないし、このブログでも誤用の
指摘以外では使いません。

タイトルの語を正しく使うならば
ちがい、ちがって、ちがわない です。
1番目の「ちがい」は、名詞ではなく
連用中止法としての用法です。

普段の会話はともかく
国語のテストでは正しい日本語を使うように
心がけましょう。

posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

2019年02月13日

テスト範囲が出ました

今日は中1・中2とも学年末テストの範囲が
発表されたようです。
2年生は授業日なので塾生が持ってきてくれて
それを確認。
1年生は授業はありませんが、塾生がLINEで
報告してくれました。
これによって私も早めに準備ができます。

ざっと見た感じ1年生も2年生も範囲が
広くて大変そうです。

まずは1年生
数学は図形がメインですが
なにしろうちの塾生は数学が苦手
5科総合では塾生の平均は学年平均よりも
70点から80点くらい上回っていて
大変優秀です
現在は英語と社会と理科で稼いでいる状況ですが
これに数学も加わったらまさに鬼に金棒
ちょっとぜいたくな悩みでしょうか。

とにかく小学生のころから算数が若干不安だった
ので、なんとか数学で足を引っ張らないように
するのが私の役目です。
テスト前の授業も数学を意識的に多くします。

英語と社会と理科の範囲も
例年と比べてかなり広めです。
2学期とは比べものにならないくらいの
スピードで学校の授業が進んでいるようです。
まあ、こうなることはある程度予想はできました。

ただこの学年の理科はちょっと不思議な進み方です。
2学期にも、光⇒音⇒力 の教科書の順番を無視して
なぜか力からの授業となり
今は今で、火山⇒地震⇒地層 の順番も
入れ替わっているもよう。
うちの塾は全員戸塚中に限定しているため
こういった変則授業にも難なく対応できますが
他の塾では、なんでこんな変な順番で進めるんだ
他の学校と合わせてほしい!
という声が出ているのではないでしょうか。

戸塚中限定にしていてよかったです(笑)

社会も謎の進度で、すでに南米とオセアニアは
終了しているため、今回はヨーロッパとアフリカと
北アメリカです。
これに歴史がちょこっと加わります。

理科と社会は覚えることが多いです。
後回しにするとたぶん間に合いませんよ。

2年生の場合
英語は2学期中にユニットはすべて終了という
史上最速のペースで進んでいました。
理科も天気の最後までということで
これも例年にないくらいのハイペース
社会は、地理の残りの部分で
歴史はカットされたようです。

数学は今回は計算は少なめで証明が
中心になります。
中2の証明は書き方がワンパターンですが
覚えるのを面倒くさがると1問も解けないと
いう悲惨な結果になってしまいます。
ワンパターンな書き方を覚えましょう。

テスト範囲が出たので
明日からは塾でも休み時間の携帯使用禁止です。
私も問題作成マシーンと化して
ひたすら問題を作ります。
さらに塾生の出来具合を見ながら
苦手そうな生徒が多い単元を中心に
改めて説明していきます。

ちなみに、中1・中2ともにテスト範囲の内容は
塾ではだいたい終わっています。
まだ終わっていない教科は早急に終わらせて
テスト対策の繰り返しになります。

3学期の定期テストは1回しかありません。
中間が悪かったから期末で取り戻す
といったことはできません。
一回で結果が出せるように早めの勉強が必要です。
まずは塾でもさんざん話しているように
提出物は、遅くともテスト1週間前には
終わらせるようにしましょう。
posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

2019年02月12日

史上初?

今日は火曜日で6年生と中学1年生の授業の日。
まずは6年生
いつものように宿題を回収して小テストです。
今日は第28回。

終了したら集めてさっさと採点してその日のうちに
返却します。
うちの塾の英語の小テストはあらかじめ出題リストを
渡しておき、それをちゃんと覚えてきたかどうかを
確認するものです。
6年生の場合は、基本的な文章と単語です。
6年生クラスもこの学年で8年目ですが、
この小テストに対する意識が年々高まっている
ように感じます。

結果が悪いからと言って、特にペナルティは
ありません。
だから手を抜こうと思えばいくらでも抜けますが
最近の塾生はきちんとこなしてきます。
ひょっとしたら家で保護者の方にきちんと
覚えるように言われているのかも知れませんね。 

5〜6年前は毎年3〜4人は適当に取り組んでいる
生徒もいました。この場合たいてい中学になる
ころには塾の授業が合わないなどの理由でやめる
生徒が多かったものです。

ところが最近はほとんどの生徒がちゃんと
覚えてくるのです。比例するように
小学生クラスから中学生クラスへ継続する
生徒の割合も増えてきました。
小テストの課題とは別に宿題も出しています。
こちらも当然のように全員提出します。
小学生のころから勉強する習慣を身に着けさせる
というのがこのクラスの目標です。
今年の6年生は現状では目標達成といえるでしょう。

さて、今日の小テスト
採点しても、採点してもいっこうに直すところが
ありません。
私の採点は結構厳しめです。
小学生だからおまけで〇とかありません。
単語のミスはもちろん、大文字小文字の間違い
ピリオドやクエスチョンマークの付け忘れなど
すべて細かくチェックして減点します。
本人は正しく書いたつもりでも、雑であったり
妙なクセがある文字も不正解にします。
中学になったときに、学校の先生や模試の採点者の
だれが見ても〇をもらえるように今のうちに
厳しく指摘していきます。
さすがに1年がかりで注意していくとこの時期には
ピリオド忘れなどだれもいません。

で、今日採点した10名
なんと全員満点でした!
今年で8年目、計250回くらい6年生の小テストを
行っていますが全員満点はおそらく初めてだと
思います。

ちなみに塾生はいま一般動詞の否定文とか疑問文
あたりの学習をしています。
それに以前のbe動詞もちょくちょく混ぜていきます。
テキストだと習っている単元のみの問題が中心と
なるので、それならできてあたりまえ。
以前の内容を混ぜても正解できてこそ
初めて理解しているといえます。

KIMG3889.JPG

今日提出してもらった宿題です。
英作文は、穴埋めでも並べ替えでもなく
全文自分で書くものです。
小6だからそれほど難しくはありませんが
内容としては中1の1学期の内容はすでに
終了しています。
中1・1学期の中間期末なら
今受けても平均90点以上取れるでしょう。

さて現在10名の6年生の授業は2月で終了です。
今後の予定を聞いたところ8名が
このまま中学でも継続して塾で勉強するとのこと。
これからもよろしくお願いします。
2名はいろいろと都合がつかなくて残念ながら
となりましたが、今まで塾に通ってくれて
ありがとうございます。 塾で習ったことが
少しでも役に立ったならうれしいです。


また、3月には外部生を対象に中学準備講座を
実施します。すでに問い合わせもいただいています。
4月からは 8名+新メンバーで 
20期生としての授業が始まります。

posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

2019年02月11日

ひたすら入試対策

2月に入り中3の授業はすべて県立入試対策です。
当塾は原則として祝日はお休みにしていますが
入試前ということで中3の入試対策を。
しかもいつもの倍の時間で16時から22時まで。
5教科すべての問題に取り組めました。

使っているのは埼玉県の入試用に作られた
教材です。出題形式もそっくりです。
某教材会社から提供された模試も使って
7〜8回ほど繰り返します。
これを5教科すべて私が採点します。
自分で採点させると採点が甘くなるし
そもそも時間の無駄です。
結果を見て、模範解答・解説と比べて
各個人で分析してもらいます。

私の採点は厳しいです。
まあ厳しいのに慣れているせいか
本番では思ったより良かったという塾生が
多いのもまた事実です。
練習で甘く採点するとこうはいきません。

特に国語の作文は細かくチェックします。
何度も書いているように埼玉県の国語の作文は
減点方式です。
満点の16点から減点していきます。
北辰の採点は甘く、うちの塾生でも半数以上が
15点または16点が取れてしまいます。

これで作文をなめてもらったら困ります。
2月の練習で現実を見てもらいます。
前もって、減点の対象になる事象を20項目
くらいリストアップして塾生に渡しています。

それに該当すれば容赦なく減点し
赤文字で警告されます。
これを何度も繰り返すうちに1ヶ月もすれば
みんなそれなりの文章が書けるようになります。

ちなみに今年の塾生、私の採点で
国語の作文を4回実施しましたが
16点はいまだ0名です。
15点も1名か2名ほど。
北辰では毎回半数以上が15点以上なのに、です。
北辰が甘いのか、私が厳しいのか
まあ両方ですが、練習では厳しめにしたほうが
絶対いいに決まっています。
おそらく本番ではまずまずの作文が
書けるでしょう。 

普段の定期テストではいまいちパッとしない国語も
本番の入試ではしっかり得点源にする
これは毎年のことです。

ちなみに私が指摘する減点項目は
原稿用紙の使い方から、文法的なこと
表記的なことなど多岐にわたります。
それを1ヶ月の練習で叩き込むわけです。

私はもともと理系ですが、大学入試ではセンター
でも二次試験でも国語が必要でしたので
高校の時からそこそこ国語も勉強していました。
こんなところで役にたってよかったです。

ちなみに来週の月曜日は出願の日で
帰宅は早いはずです。
ということで、この日も16時〜22時で
入試対策を行うことにしています。
このように臨機応変、必要に応じて授業時間を
増やせるのも個人塾の強みです。

posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

2019年02月10日

いろいろ

◆懐かしい!

先日コンビニで懐かしいタイトルのコミックを
見つけました。 
読みきりなのか連載なのかわからなかったので
いったん帰宅してネットで検索してみると
どうやら連載のようでした。
後日コンビニに行くと残念ながら売り切れ。
他の店にももうありません。
ということで楽天に注文。 昨日届きました。

67gtyubfyguygu.png

チャーシューメーーン! といえば
覚えている人もいるでしょうか?

私が小学生のころ読んでいたコミックの続編です。
小中学生のころはいろんなスポーツ漫画を読んで
スポーツのルールを覚えました。
ゴルフもその一つです。

ゴルフ漫画といえば
あした天気になあれ か
プロゴルファー猿 でしょうか。
もちろん両方読みましたし、アニメ化も
されたのでこちらも見ていました。

以下ネタバレになりますので、
これから読もうと思う人は飛ばしてください。
新あした天気になあれ には 1巻でも
懐かしのキャラが数人登場しました。
同級生のエッコや
中学生時代のライバル大田黒に
プロテストのときの火鳥さん
ちらっと出てきた日吉さん
いずれもかつて読んだ人には懐かしい名前だと
思います。
第2巻が今から楽しみです。


◆これは困った!

塾のPCが突然

dhjdsjdrshjds.png

こんなになってしまいました。
まさかの砂嵐。
うんともすんとも言わないので
強制的に電源OFFにして再起動したら
何事もなかったかのように動き始めました。
現在6年目、そろそろ寿命でしょうか?
まだまだあと5年は頑張ってほしいのですが。



◆深刻な問題

先週の小6の授業の日の休み時間
私「みんなは赤ジャージになるのか〜」
塾生A「赤じゃないです」
塾生B「赤じゃないです」
塾生C「赤じゃないです」

えっ?
戸塚中のジャージは
代々 赤 ⇒ 緑 ⇒ 青 ⇒ 赤 ⇒ 緑 ⇒ 青 ⇒ 赤 
の ローテーションで
現中1が青ジャージなので
次は赤のはず  だと思っていたら

そういえば去年ジャージのデザインが変わりました。
変わったとはいえ基調となる色は変わっていません。
そこで、次は赤ジャージだと思ったのですが
6年生たち曰くあれは「紺ジャージ」だそうです。

試しに、現3年生に聞いてみると
この学年はちょうど境目で、新しいジャージを購入
している生徒としていない生徒がいて
購入した生徒に聞くと、やはり「紺ジャージ」と。

たしかによく見ると、よく見なくても
専有面積は9割以上は紺で、赤など
1%くらいしかありません。

うーむ、困った。

こんじゃー  言いにくい。
posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 分類に困ったもの

2019年02月02日

中学準備講座受付スタート!

中学準備講座の受付を開始しました。

現在6年生の塾生は10名で、例年通り年度中の
新規受付は見合わせておりました。

年度の変わり目ということで
新たに塾で勉強を考えている新中学1年生を対象に
中学準備講座を実施します。

塾のHPにも内容を掲載しました ⇒ こちら

簡単に概要を書いておきますと
対象:戸塚中に進学予定の新中学1年生
学力:極端に基礎力が不足していなければ大丈夫です
費用:諸経費、税込みで 8,000円
日時:3/13,15,20,27,29 4/3,5
   午後5時00分〜6時50分
教科:数学 英語 (時間は英語の方が長めです)
宿題:数学 英語
授業:数学・英語ともに1学期の内容です
定員:若干名(最大4名〜6名程度)

初日まで取り組んでほしい課題がありますので
一度塾に取りに来ていただきます。


昨年新設された川口市立高校理数科に
当塾から合格した2名のうち1名は
この中学準備講座を受講した生徒でした。
また、現在中学3年生には定期テストで
総合学年1位になった生徒が2名いますが
そのうちの1名もこの中学準備講座を
受講していました。
塾で勉強するのは早いに越したことはありませんが
新中1になるこの時期ならまだまだ十分
間に合います。

ということで、参加をご希望の方は
直接塾に来ていただくか
お電話をお願いします。
平日の午後4時以降でお願いいたします。
または塾生経由で資料をお渡しすることも可能です。

準備講座終了後、継続して塾で勉強を希望する場合
従来の6年生クラスと合流して中学1年生クラスと
して、一緒に学習することになります。
塾生は全員戸塚中なのですぐに慣れるでしょう。
日時は毎週火曜日と金曜日で
午後7時20分〜9時55分です。
通常授業で、英語・数学・理科・社会を学習します。
ほとんどの塾は英語と数学が中心ですが、当塾では
1年生から理科も社会も学習するのでこの2教科が
得意であるという生徒は何人もいます。

高校入試には1年生の内申も使用されるため
このことは結果的に高校入試を有利に進めることに
つながります。

中学での勉強を頑張りたい人の
ご参加をお待ちしております。
ご不明な点はお問い合わせください。
posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

2019年02月01日

新小学5年生受付スタート!

4月からスタートする新小学5年生の
募集を開始しました!

HP上にも内容を掲載しました ⇒ こちら

塾生の弟妹の方を中心にすでに4〜5名の方から
問い合わせがありました。

実際の授業の開始は4月9日(火)ですが
他の習い事との曜日の調整もあると思います。
塾の授業は火曜日の午後5時〜6時40分です。

新生小学生クラスとしては次の5年生で
節目の10期生となります。
塾生全体としては22期生となります。
結構な年月が経っていますね。

簡単に概要を書いておきますと
対象:戸塚中に進学予定の新小学5年生
学力:極端に基礎力が不足していなければ大丈夫です
費用:年間教材費8,000円のみ 月謝は不要
日時:毎週火曜日の午後5時00分〜6時40分
   (祝日および長期休暇中はお休みです)
教科:算数
宿題:算数 国語の読み取り問題
テスト:算数と漢字を交互に行います
授業:学校と同じか少し早めに進みます

※他の学年についてはこちらをご覧ください

毎年10名前後の5年生がこのクラスで
学習しています。
そのほとんどが6年生でも継続します。
6年生は新たに英語の学習を始めます。
中学の授業に即した読み書き文法中心の内容です。

塾の継続は任意で、こちらから強制することも
お願いすることも一切ありません。
小学生クラスに在籍した半数以上の生徒が
中学3年生まで継続します。
中学での通塾を考えているご家庭が、早めに塾に
慣れるために小学生クラスを利用されるケースが
多いようです。

ということで、参加をご希望の方は
直接塾に来ていただくか
お電話をお願いします。
平日の午後4時以降でお願いいたします。
または塾生経由で資料をお渡しすることも可能です。

posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと