2019年03月03日

いろいろその2

◆広告
前回知らない人には謎の塾だと書きましたが
そんな謎の塾だと思われているであろう当塾の
新聞折込チラシを近々入れます。
この時期は毎日のように塾のチラシが入っている
と思います。
うちの塾は去年は一度も入れていません。
前回入れたのは2年前か3年前か忘れました。
基本的に新メンバーは、塾生の弟妹か
塾生または保護者の方のお知り合いという
パターンが多いのですが、少しくらいは他の方にも
うちの塾のことを知ってもらおうということで
数年に一度のペースで入れることにしています。

うちの塾生は一度入塾すると最後(高校受験)まで
継続する生徒がほとんどなので
何度もチラシ入れて、そのたびに入塾が続いたら
すぐに教室がいっぱいになってしまいます。

ということで、今回も定員は若干名です。
興味がある方はよろしくお願いいたします。
ちなみに6日(水)に入る予定です。
戸塚中限定なので、東川口、戸塚東、境町、鋏町
中心の朝日と読売です。
印刷屋さんに頼んで7000部限定です。

こういうのを広告専門の業者に頼むと
莫大な費用(※個人の感想です)がかかります。
よって文章やレイアウトなど広告の内容は
すべて自分で考え、印刷も手配し
部数と配達地域も必要な分だけ指定しました。

ちなみに頼んだ印刷屋さんは神奈川県の
業者さんです。まさにネット時代ですね。


◆18年目
3月1日は当塾の創立記念日です。
とはいえ私もすっかり忘れていて気付いたのは
2日の夜でした。
私の記憶が確かならば、塾を始めた最初の日
2002年の3月1日も今年と同じ金曜日でした。
たしか当時中学1年生(赤ジャージ)の授業を
行った記憶があります。
当時のことはわりと鮮明に覚えているのですが
もう17年前のことなんですね。

当塾の第1期生(当時中2、青ジャージ)は
昭和62年生まれです。
もう平成も終わろうというのに、そう考えると
うちの塾も結構長いこと続いていますね。

何度か書いていますが、この東川口は塾にとっては
超激戦区です。
系列が100教室以上あるような大手から
うちの塾のように一人で運営している零細個人塾まで
あわせて40以上あるはずです。
昨今の少子化、人口減はなんのその
川口市は人口が増えているのです。

もちろん2002年当時はこんなに多くの塾は
ありませんでした。
この地域でもうちの塾は確実に古い部類に
入るでしょう。
前の塾の時も合わせればいつの間にかもう
20年以上、つまり人生の半分以上の時間を
塾で教えていることになります。
おかげさまで多くの地元の皆さんのご支持を
受け18年目を迎えることになりました。
あと何年できるか分かりませんが
まだまだ頑張っていきますので
これからもよろしくお願いします!


◆三者面談
入試・学年末テストが終わり
三月には毎年三者面談を行っています。
対象は新中1〜新中3です。
説明会方式にすれば1回で終わるのですが
生徒ひとりひとりの状況(学力・部活など)を
知りたいので全生徒を対象に行っています。
塾生の皆さん、保護者の方のおかげで
案内を渡してわずか1週間ほどでほとんどの
生徒の日程が決まりました。
ご協力ありがとうございます。
LINEで
2019mendan.png
こういう画像を随時掲載し、空いているところ
から選んでいただきました。
(画像は先週のもので、他にも予約は入っています)
これも塾を始めた2002年では
考えられなかった形式です。
当時は用紙を渡して希望をお書きいただき
重複していれば再度直してもらったりとか
電話で打ち合わせをしたりとかでしたが
今ではほぼリアルタイムで時間を決めることが
できます。
ちなみに新中1〜新中3の9割以上の
保護者の方がLINE登録を
してくださっています。
(メールと携帯電話は全員登録済み)
便利な世の中になりましたね。
posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと