2019年05月31日

中1頑張る

今日は金曜日で中1の授業の日でした。
中1は今日個表をもらったらしく
平均点を見せてもらいました。
また、各自の5科の順位を書いてもらいました。

去年の今頃は、1年後この学年はどうなるの
だろうという思いで若干心配もありました。
6年生のうちに何度も小テストを繰り返すうちに
徐々に英語の定着度合いも増してきました。

今回の中間テスト、受ける前の時点では
塾内TOPの生徒で学年30番くらいかなと
思っていましたが、いい意味で期待を
裏切ってくれました。
塾内TOPは463点で学年6位
さらに10番台、20番台の生徒もいて
結局塾生10名中5名、つまり塾生の半数が
50番以内に入ってくれました。
やはり早めに塾で勉強していることによる
アドバンテージはあると思います。


全校生徒800名の戸塚中での50番以内です。
1年生も240名ほどいます。
1学年120名での50番と
1学年240名での50番では当然意味合いが
違ってきます。

うちの塾は戸塚中限定なので、地域の方は
だいたいの人数は分かると思いますが
他の地域でご存じない方のために
念のために触れておきます。

また、今回の5科の学年平均は353点でしたが
塾生全員がこの得点を上回っていました。
私としては半数が50番以内ということよりも
こちらの方がホッとしました。

塾生の5科の平均は学年平均よりも60点ほど
上回っていました。
これは中2の+77点には及びませんが
それでも頑張ったほうだと思います。
いずれの学年も特に英語と社会の学習の成果が
顕著に表れていたようです。

いずれにしても中間テストはもう終わり。
感想はいろいろあると思いますが
期末に向けて頑張りましょう。
今日の数学の計算の出来具合は
あまりよろしくないです。
確かに難しい単元ではあるので
これから鍛えていきますよ!
posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

2019年05月30日

令和2年度入試選択問題実施校

来年度公立高校入試(現中3が受ける入試)での
選択問題を採用する高校が発表されました。
結論から言うと今年と同じです。

浦和・浦和一女・浦和西・大宮・春日部・
春日部女子・川口北・川越・川越女子・川越南・
熊谷・熊谷女子・熊谷西・越ヶ谷・越谷北・
所沢・所沢北・不動岡・和光国際・蕨・市立浦和

以上21校
川口市内は川口北だけです。

公立高校入試の情報は
こちら
posted by Mさん at 11:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

2019年05月29日

中2中間テスト結果出揃う

今日は水曜日で中2の授業の日。
昨日の中1に続いて中間の結果を記入して
もらいました。
中2は個表ももらったようで
学年平均と順位も判明しました。

ということで学年平均と
塾生平均の比較です
対象は当塾の中2で全員戸塚中です

    学年平均  塾生平均  平均の差
国語  56.3  64.5  +8.2 
数学  57.3  71.5 +14.2
英語  61.3  77.9 +16.6
社会  65.1  87.3 +22.2
理科  67.3  81.3 +14.0
5科 305.5 382.4 +76.9


1年生と同様社会の得点が際立っています
繰り返しますが、これは全塾生(中2)の
平均点です。 
特定の生徒だけの平均ではありません。
この中には中2になるときに加わった新メンバー
も含まれています。
そう考えると、塾生全体として
頑張っているのではないかと思われます。

新メンバー4名は、入塾前と比べて
全員5科総合の学年順位が上がっており
私もほっとしました。2ヶ月で早速結果が
出ましたが、これで安心していると次のテストで
元に戻ってしまいます。
さらに上昇するつもりで取り組みましょう。

また280名を超えるこの学年で
学年100番以内に入った塾生は12名でした。
通塾率を考えると、100番以内の生徒で
塾に通っている生徒は60名前後でしょう。
そのうち12名がうちの塾生ということです。
地域の人はご存知のように戸塚中近辺には
ものすごい数の塾があり、その数は40ほどです。
大手ならともかく、うちのような超零細小規模塾
でこの数はおそらく過去最多ではないかと
思います。

今日は結果が分かったのでちょっとだけ
そちらに気持ちが向いてしまいましたが
塾の方では期末に向けての勉強中です。
まずまずの成績を収めている中2の皆さんも
油断したら困るのであまり甘い言葉は
かけないようにしています。

今日も等式変形の宿題確認から
連立方程式の導入を取り組みましたが
まだまだです。
中間と同じような結果を残すには
相当鍛えないといけません。
posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

2019年05月28日

中1中間テスト結果出揃う

今日は火曜日で夕方は5年生の授業。
まずは漢字テストを実施しました。
第2回でやや上昇しましたが今回はまた
下がり平均は80点。
昨年の同じ回(第3回)の平均が85点
だったので、今年の5年生にはもっと
頑張ってもらわないといけません。


夜は中1の授業でした。
前回に続き中間の結果を書いてもらいます。
やっと塾生全員の得点が判明しました。
当塾20期生にとって最初の中間テスト
はたしてどうだったでしょうか?

得点が分かっただけで学年の平均や順位などは
まだ分かりません。
明日は校外学習のようなものに出かけるので
早くても木曜日。 塾生情報によると
金曜になるかもとのことです。
まあ気長に待ちましょう。

学年平均は未発表ですが
塾生の平均は次のようになりました。
もちろん全員戸塚中の1年生です。(10名)

国語  76.0点
数学  72.9点
英語  92.5点
社会  91.8点
理科  82.8点
5科 416.0点


昨年の中1もまずまず優秀でしたが
今年の中1もまずまずのスタートと
なったようです。
英語はこれくらいとれるのは想定通り。
社会は頑張りましたね。
10名中 7名が90点を超えていました。

得点を見た感じだと、まだまだ取れそうな
生徒もいました。
今回よかった生徒も、思うようにいかなかった
生徒も次頑張りましょう。

なお、火曜日時点では中2生、中3生で
まだ得点が分からない生徒もいますが
現時点で90点以上の答案は満点を含めて38枚
出ています。
80点台も同じくらいです。

うちの塾は戸塚中の生徒ただ1校だけです。
そう考えるとこの数はなかなか
たいしたものだと思います。

posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

2019年05月25日

中2中間テスト返却

昨日の中1に続いて今日は中2生の皆さんに
中間テストの結果を記入してもらいました。

この学年は1年生のときからなかなかの成績で
5教科の塾生平均は学校の平均より80点から
90点くらい上回っていました。
中2になるときに新たに4名が加わったため
塾生の平均も若干変化するとは思いますが
新メンバーの皆さんにも以前からの塾生と
同じような結果が出せるように少しでも協力
したいと思います。
280人中70番台くらいでうちの塾では
ちょうど真ん中くらいです。

現時点で全員の得点が判明しているのは英語
だけです。英語の塾生平均は78点で
青ジャージとしては初めて80点を切りました。
小学生からの継続組だけでしたら80点を超えて
いるでしょうが、そういう細かいことは
気にしません。 今となっては新メンバーを
含めた全員がうちの塾生です。
都合のいいような計算はしないことにします。
それに78点といっても学校の平均よりは
20点以上上回っているようなので
相変わらず英語はいいようです。

それどころか理科と社会は英語を上回る得点で
いずれも現時点で塾生平均は80点以上です。
理社を得点源にするという当塾の伝統は
今年も健在のようです。

来週の頭には全教科そろうでしょう。

ただし昨日の中1と同じで
中間テストはもう終わったこと。
塾ではすでに期末に向けての学習が
スタートしています。
posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

2019年05月24日

中1中間テスト返却

今日は金曜日で中1の授業の日。
前回はテスト当日だったのでテストの
解説をして、先に進みました。
水・木・金である程度の答案が返却
されたようです。
国語・英語・社会は全員返却済みで
理科と数学はまだ半数程度です。

英語と社会は塾生の平均が90点を
超えました。 これはなかなかですね。
英語の塾生平均が90点を超えるのは
毎年のことなので驚きはしませんが
社会の平均が90点を超えたのはお見事!

個人別に見ると、テストで聞かれた条件を
よく見ていなかったりなど
まだまだテスト慣れする必要がありますが
そのあたりは今後改善されていくでしょう。

去年は現時点で小学生からの継続組が
13人もいましたが今年はその半分。
それに中学から新メンバーになった生徒が3名。
最終的には5教科の塾生平均は400点を
少し超えそうです。

ただ中間テストはもう終わったこと。
私の頭の中はすでに期末テストの方に
切り替わっています。
塾生達にも早く切り替えるように話をし
今日も期末の内容の学習をしました。
期末テストまであと40日を切っています。
posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

2019年05月23日

久々でも覚えています!

今日は木曜日で6年生と中3生の授業の日。
6年生は今日から英語の文章に入りました。
例年通り、そろそろ6年生の新規受付は
終了します。
と考えていたところ、今日見学の希望者が。

通常うちの塾の新規の生徒は9割以上は
塾生(元塾生)の弟妹か
塾生のお友達か
保護者の方のご紹介というパターンが
ほとんどですが、今回はそのいずれでもない
レアケースでした。
もともと他の塾に通っていたけど
距離的に遠いのでたまたま近くにあった
うちの塾の見学をしてみようと
思ったらしいです。

しかし地元だけあって、いざ塾に来てみると
やはり知り合い、同じクラスの生徒が
いたようですぐに慣れたようです。

何度か書いているように、うちの塾では
新メンバーの見学であろうとお客様扱いは
せずに他の生徒と同じように接します。
算数は学校よりも進んでいて、最初はさっぱり
分からなかったかもしれません。

また英語は今日から英文の作り方を
学習しました。
早速来週から当塾恒例の小テストを実施します。
6年生には話しましたが、この小テストに
しっかり取り組んで、宿題も忘れずにやって
くれば中1の英語は安心していいです。

授業終了後、見学の生徒は早くも正式に
入塾したい旨を話してくれました。
そういえば先週見学に来た中3生も
そのまま入塾しています。
前に書いたように、体験授業に来た生徒は
ほとんどそのまま入塾につながっています。

夜はその中3の授業でした。
中間の結果も記入してもらいました。
今回は陸上部の大会などで返却が遅いようで
全員返却された教科はまだ1つもありません。
学校平均が不明ですが、もう3年生なので
定期テストの結果に一喜一憂するのではなく
冷静に今後の学習にいかしてほしいと思います。

授業終了後、いつものように生徒を見送って
いるとなにやら自転車がこちらに向かってきて
塾長! こんばんは〜! という声が。

「分かりますか?」と聞かれましたが
2秒くらい考えてすぐに分かりました。

12期生のKさんです。
先ほどまで見ていた中3生は18期生です。
つまり6年前の中学3年生。
5年以上経過していてもすぐにわかったので
Kさんも驚いているようでしたが
今までの塾生は1年たとうと5年たとうと
だいたい覚えています。

1学年10数名と少ないこともあるし
全教科私が見ていることもあるので
実際に接する時間は学校の先生よりも
長いはずです。
それにKさんもそうですが、小学生のころ
から在籍している生徒も多く
そんな簡単に忘れるものではありません。

聞けば、高校卒業後は美容師の専門学校に通い
いまは地元の美容院でスタッフとして
働いているようです。

嬉しいことに当時の塾メンバー(12期生)
で集まることもあるそうです。
そういえばこの学年の一つ上の学年も
塾メンバーで集まって成人式の写真を撮って
送ってくれました。
塾を修了してもこうやって塾のことが
記憶に残ってくれているのはいいですね。

つい2〜3日前にはこの前高校を卒業した
二人が塾によってくれました。
テストが終わった日に来たあたり
ちゃんと忙しくない日を選んでいるのは
さすがの心遣いです。

塾を始めた当初(5年目くらいまで)と
比べても明らかに今の方が
元塾生たちが塾に顔を出す割合が増えた
ような気がします。

posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

2019年05月22日

定期テストのチェックはしないのか

中間テストが終わり、問題を一通り見せて
もらいました。

定期テストは学校の先生が作る問題なので
入試ほどの完成度がないのはある意味
しかたありませんし、
少々おかしいところがあっても、
私もあまり細かいことは
ごちゃごちゃいいません。

が、ある学年の数学の問題。

これはどうみても無理があるだろうと。

数学といっても計算だけできればいいと
いうわけではありません。
計算だけならそれは算数です。
数学は論理の学問です。
よって、テストで記述問題があるのは
いい傾向だと思うのですが
問題はその出題のしかたです。

まず出題の日本語が分かりづらい
さらに条件設定があいまい
問題の前半と後半での整合性がない
つまり問題文が破綻している
これでは解く方は混乱するだけで
まともな解答など書きようがありません。
中学生が相手だからといっていいかげんな
問題文でも通用するのでしょうか。

私は学生時代から数学にかけてはかなり
時間をかけて学習してきており(参考
一応数学については分かっているつもりです。
今回見た数学の問題はあきらかに問題文が
おかしいです。
しかも1問や2問ではありません。

先に書いたように、定期テストに完璧など
最初から求めていませんが、不思議なのは
定期テストのチェック機能は存在しないのか
ということです。

小規模校ならともかく、戸塚中は800人
以上もいるマンモス校です。
当然先生の数もそれなりに多いです。
A先生が作った問題を印刷する前に
同じ教科のB先生が解いて問題をチェックする
という作業を行わないのかということです。

先生が忙しいのは百も承知ですが
部活にかける時間があるなら、むしろこちらの
方に時間をかけるべきだと思います。
担当の先生なら30分もあればチェックできる
はずです。
だから、毎年毎年問題文に訂正が入ったり
意味不明の問題文になったりするのでは
ないでしょうか。
ぜひご一考いただきたいものです。
posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

2019年05月20日

20% 80% 20%

今日も予定通り正午過ぎから塾生が集まり始め
22時まで戸塚中生のためのテスト対策を
行いました。
テスト対策と言っても日によって内容はさまざまで
テストまでまだ2週間くらいあるときは
普通にテスト範囲で終わっていないところを進め
1週間くらいになると、範囲はほぼ終了するので
その中で特に理解が難しい単元を中心に説明し
テストが近づいてくるとその度合いは増します。

そして今日はテスト前日なので
だいたいの内容は説明済み
ほぼすべての時間各自それぞれ教科を決めて
学習してもらいました。
私は質問に答えるのが中心です。
基本的に私は、あれが出る、これが出るとは
あまり言いません。
もちろん20年以上やっているので
ある程度の傾向は分かりますが
あまりヤマをはってほしくないからです。

テスト範囲のどの単元が出題されても
答えらえるような学力を身につけてほしいと
思っています。
だからテスト対策も長期に及びます。
結局それが入試にもつながります。

塾によっていろいろ考えはあるでしょうが
これがうちの塾のやり方です。
とにかく出るところだけ教えてほしい、
1日で点数を上げてほしいと考えている方
には向いていません。
定期テストの過去問をやらせないのも
同じ理由です。

以前は戸塚中でも前年と半分以上同じ問題を
出題した手抜き先生もいましたが、
最近はあまり見られません。
クレームが入ったのかテストがやり直しに
なったことも1回や2回ではありません。

よって過去問をやってそれと同じ問題が
出るとは思わない方がいいです。
(少なくとも戸塚中では)

定期テストで人生が決まるなら話は別ですが
まだまだこれからいくらでもテストは
あります。 そのたびに楽な方楽な方に
行くのではなく、きちんと毎回勉強する
習慣を身につけてほしいと思います。

さて、タイトルの20% 80% 20%
これは今日私が見た感じでの
大雑把な数字です。
順番は 1年 2年 3年
休み時間でもずっと勉強していた生徒の
割合です。

私は休み時間にも勉強しろとはいいません。
ただ、勉強している人がいるから
騒がないようにとはいいます。

そう考えると令和元年5月現在では
中2(青ジャージ)が塾内では
もっとも勉強に対して意欲的な学年だと
言えそうです。
posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

2019年05月19日

突然ですが思いついた順に

書いていきます。

川口市  さいたま市 
越谷市  草加市 
八潮市  三郷市 
蕨市   朝霞市 
上尾市  川越市
加須市  春日部市  
鴻巣市  幸手市 
志木市  新座市 
和光市  所沢市 
羽生市  熊谷市
飯能市  東松山市  
吉川市  本庄市 
入間市

今パッと思いついた埼玉県の市の名前です。
25個

以前、小3の時に47都道府県は全部覚えた
と書きましたが、
埼玉に20年以上住んでいるにもかかわらず、
いまだにすべての市の名前を知りません。 
そもそも市がいくつあるのかも知りません・・・

ちなみに佐賀県に住んでいた小3当時には
佐賀県の市の名前は全部言えました。
なぜなら7つしかなかったから(笑)
佐賀市・鳥栖市・唐津市・伊万里市
鹿島市・武雄市・多久市 です。

今は市町村合併で増えているようですが
むしろ今の市の名前はよくわかりません。

逆に埼玉の場合は、合併で市の数が
減っています。
高校生クイズに燃えていたころは
埼玉は市の数がいちばん多い県として
認識していました(41か42くらい?)

ということで、ちょっと答え合わせを
してみたいと思います。
調べてみたら、2019年現在
埼玉県には40の市があるようです。
上にあげたのは一応全部存在し
私がパッと思いつかなかったのは

行田市 秩父市 狭山市 深谷市 戸田市
桶川市 久喜市 北本市 富士見市 蓮田市
坂戸市 鶴ヶ島市 日高市 ふじみ野市 白岡市

の15個でした。
20年以上住んでいてかろうじて6割程度
しか思いつかないとは・・・
これはいけません。

言われてみれば、
行田市(稲荷山古墳で有名です)
秩父市(市だと思わなかった・・・)
深谷市(埼工大深谷で聞いたことが)
狭山市(狭山茶でおなじみ)
戸田市(完全に忘れてました すぐ近く)
他の市名も言われてみれば高校名などで
聞いたことがありますが、いざ自分で
思い出すとなると困難でした。
関係者の皆様、申し訳ございませんm(__)m

しかし、埼玉県人で埼玉県の市の名前を
40個全部言える人は何%いるのでしょうか・・・

せっかく話題にしたので
これは40個とも暗記したいと思います。
できれば地図を見て場所も覚えたいところ。

市という漢字を何度も見ていたら
若干ゲシュタルト崩壊を起こし始めたので
この辺で終了
posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 分類に困ったもの

2019年05月18日

粛々と

今日はテスト前3連休の初日
前日書いたように、土曜授業の代休があるため
今日から土・日・月と戸塚中は3連休です。
そして連休明けの火曜日が中間テスト
テスト勉強をするには絶好の日程で
これからもこのような日程にしてほしいものです。

当然戸塚中限定にしている当塾では
この三日ともテスト勉強を行います。
正午過ぎから午後10時ごろまで。
さすがに全員は入りきれないので
時間差で若い順に中1⇒中2⇒中3と
入れ替わりで学習します。
なかには、既定の時間外にも塾で勉強したいと
言う生徒がいてその場合は隣の部屋を
使用可にしています。

私は正午前に塾に来ます。
普段より3〜4時間は早いです。
当然起床時間も早くなります。
この時期はある意味夏期講習よりも
ハードです。

今日は各学年半分くらいはこちらから
指定した問題に取り組んでもらいました。
理解度があいまいな、数学や理科の計算
それに国語の文法です。
1時間弱はフリーにしました。

何回か書いているように、前の塾にいたときは
テスト対策になると休む生徒がいました。
なぜなら複数の中学の生徒が在籍していると
いくら頑張っても指導が分散してしまうからです。
だから家で勉強したいと。
本当に家で勉強していたのかは分かりませんが。

ところが今の塾を始めてからは
病気や部活などよほどのことがない限り
休む生徒はいません。
先に進むわけでもないのですが
きちんと塾に来ます。
今日も中1〜中3、当たり前のように
全員出席してテスト勉強に励んでいました。
塾に来た方が確実に自分のためになると
いうことを経験的に身につけたのでしょう。

統計を取ったわけではありませんが、うちの塾は
欠席が非常に少ない塾だよランキング
でもかなり上位になるのでは、
と言えるくらいみんなきちんと出席します。

それは戸塚中限定ということで塾の
スケジュールを臨機応変に変更している
ことも影響していると思います。
先のテスト対策もそうですし
塾生・保護者の方にはすでにご連絡しています
ように、来月の修学旅行でも変更済みです。

修学旅行から帰ってきた日に塾に来いとか
明日が修学旅行で3時起きなのに22時まで
塾で勉強などということは一切ありません。
昭和の精神論ではありでしょうが
別にこういうことを否定はしませんが
私はあまりそういうのは好きではないので。
塾内の時間割をいじればいいだけです。
まあ、規模が小さいからできることですが。

ということで
今日・明日・明後日と
塾生たちの勉強につきあいます。
posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

2019年05月17日

毎日がテスト対策

今日は金曜日ですがテスト直前ということで
時間割もテスト前モードです。
夕方に中2、夜は中1。(昨日は中3)
明日からの3連休は全塾生(中1〜中3)
毎日塾で勉強します。

3連休と書きましたが月曜日は戸塚中は
大型連休前の土曜授業の代休で休みなのです。
平日休みだからと遊びに行くのか
勉強するのか。
この日が休みであることは1ヶ月以上前から
分かっていたので塾の予定表でも
普通に昼過ぎから全塾生テスト対策と
なっていました。

このあたりが戸塚中限定にしている
最大の利点です。

今日は中1にも初めてフリーの時間を
設けました。
どこの塾にも(たぶん)あると思いますが
うちの塾にはうちの塾でしか通用しない
用語がいくつかあります。

「フリー」といえば、テスト前の塾での勉強の
ときに、それぞれの個人が自由に教科を決めて
学習していい時間です。
上の学年ではわりと頻繁にありますが
今回が初の定期テストである中1でも
今日取り入れてみました。

自由と言われて、何を勉強していいのか
分からないようでは困ります。
だから入ったばかりの生徒が多いとなかなか
難しいのですが、この学年も中1とはいえ
半数以上はすでに3年目です。
ある程度学習習慣は身についているはずです。
と、にらんで1時間だけフリーにしました。

フリーとはいえおおまかな注意事項は
前もって話します。
取り組むべき問題や採点についてです。
なんでもかんでも自由ではありません。
そのあいだ、私は塾生たちの質問に
答えます。
解いている問題は5教科バラバラですが
まあ問題ありません。
中3まで5教科すべて質問OKです。
でないとうちの塾がなりたちません。

普段はあまり扱っていない国語の
文法だろうと古文だろうとドンとこいです。

大きな塾ならそれぞれの教科の先生がいるとは
思いますが、中小の塾だと担当の先生がいないと
質問ができないというのはよくある話です。

ということで今日は中2も中1も
まずまずよく勉強できました。
明日も明後日もその次も
テスト勉強は続きます。
posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

2019年05月16日

一難去って・・・

昨日故障したコピー機
今日メーカーに電話をして早速修理に
来てもらいました。

修理に1時間半くらいかかったでしょうか。
何とか正常に使えるようになりました。
いろいろ分解されていたようで
とても素人の私には無理だったでしょうから
カウンター保守契約にしておいてよかったと
思う今日この頃です。

塾を始めるときにネットで調べて契約した
メーカーさんともう18年目の長い付き合いです。
競合他社からもいろいろと営業が来ましたが
最初にお世話になったということもあり
他社さんはずっと断り続けています。
こう見えて意外と情に厚いのです。

塾を始めたのは2002年ですから
当然今ほどネットは普及していませんでした
wifiなどもなかったはずです(たぶん)
それでも当時から結構ネットは使っていて
今契約している会社もネットで調べて知りました。
塾のHPなどもわりと初期のうちから
作成していました。

平成も終わり令和になって
ネットの役割はさらに加速すると思います。
ほぼすべての学校のHPがあるように
塾もHPがない方が珍しいのでは
ないでしょうか。

そんななかコピー機が直って安心していると
今度は塾のPCのネット接続が
できなくなりました・・・

10年くらい前は有線でつないでいましたが
配線が面倒になったので今はwifiです。
ちなみに、無線LANとwifiのちがいは
いまだに分かりません(笑)

塾のPCの使い道はほとんどが塾生向けの
宿題や小テスト作成のためなので
ネットにつながなくても大丈夫と言えば
大丈夫なのですが、たまに漢検や数検の
申し込みなどで使います。

以前塾のPCが故障したときは
近くのネットカフェまでいって漢検の
申し込みをしたこともありました。
ということで、ネットにつながらないと
何かと不便になります。

症状や原因や直し方を検索して調べようにも
ネットにつながりません。
仕方ないのでスマホの小さい画面で検索します。
ちなみにスマホで検索などめったにしません。
動画も見ないしLINEがメインでたまにやる
ゲームはwifiなので毎日0.01ギガ未満です。

2時間くらいいろいろ調べても直りません。
保証期間の5年間は半年前に終了しました。
このPCにはあと5年は頑張ってほしいのに
もはやここまでかと思って調べた別のサイトに
ぼそっと書いてあったことを実践してみると
見事に回復しました!

たしか自宅のPCでも同じことがあったのを
思い出しました。
別に本体にもルーターにも異常はなく
単に、本体わきについているスイッチがOFFに
なっていただけのようです。
こんなスイッチ5年半の間、一度も見たことが
なかったのですが・・・

ということで修理に出して大恥をかかなくて
すみました。
保証期間外なので、スイッチをONにする
だけですという診断結果だけでも
結構な費用が請求されるところでした。
一難去ってまた一難去りました。
posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

2019年05月15日

緊急事態発生

今日は水曜日で小学生の授業はありません。
元塾生(高2)から数学を教えてくださいと
連絡があったので2時間ほど説明しました。

あとは塾通信(修徳通信)の6月号を印刷し、
中2用のテスト対策プリントを作って
これも印刷しようとしたところ、コピー機に
トナー交換してくださいとの表示が。
モノクロしか使っていませんが、マゼンタ(赤紫)
のトナーを交換します。

これでよし! と思って印刷を再開しようと
するも、またしてもエラー表示が。
F2−66 という謎の数字も。

操作もできなくなり、メーカーに電話すると
営業時間外とのアナウンスが・・・

ということでコピー機が使用不可能という
緊急事態が勃発してしまいました。

私が個人的に考える塾の業務を行う上での
三種の神器をあげるならば
・ホワイトボード
・PC
・コピー機 となります。

うちの塾は集団塾なのですべての授業は
ホワイトボードに書いて説明しています。
また各学年の小テストや宿題はPCで作成
しています。 
その作成したプリントを印刷するにはコピー機
が必要です。

不幸中の幸いか今日はテスト直前で
小テストも宿題もありません。

今日は、テスト前ワーク(と呼んでいる)を
配ったので問題は大量にあります
今回は中1の範囲も出題されるため
全員に7冊ずつ配りました。
おかげで山積みになっていたワーク類が
100冊以上片付きました。

何度か電源をON/OFFしている間に
ちょっとだけ動いたので、英語の基本文を
まとめたプリントを印刷して配りました。

いずれにしてもこのままでは困ります。
ネットで調べるとF2−66はマゼンタの
トナーのトラブルらしいです。
修理費がウン万円とか書いてありましたが
カウンター保守契約しているので
無料で修理してもらえるはずです。
明日早速電話しなければなりません。
posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

2019年05月14日

思い立ったが吉日

いつの間にか5月も中旬になりました。
塾の方は2月〜4月の入塾ラッシュも
一段落しました(昨日も見学はありましたが)

現在塾生たちは今年度最初の中間テストに向けて
必死に勉強しているところです。

私もずっと塾のことばっかりを考えていましたが
ふと数検のことを思い出しました。

たしか2年前に受けて以来放置しています。
去年はいろいろ行事が重なって断念。

今年こそと思ってHPをチェックしたときには
すでに4月の受付は終了していました。

塾で受ける団体受検とちがって個人受検は
年に3回しかありません。

塾で実施する数検を私もいっしょに受けるわけ
にはいかないので、わざわざ個人で申し込んで
はるばる受検にいくのです。
埼玉の場合、たいてい大宮で行われます。

中高生が受験のために受けるのと違って
私の場合は完全に個人の趣味です。
塾では中学生が対象なので3級あれば十分
なのですが、時々やってくる高校生にも
完璧に説明したいので高校数学も忘れないように
定期的に受けることにしています。

おととし受けたときは、2級と準1級
いずれも合格はしています。

今回は6月23日です。
これが1週ずれていれば期末テスト前で無理
でしたが、この日ならギリギリ大丈夫。

で、ネットを見てみるとなんと締め切り日は
5月14日 つまり今日です。
迷う暇もなく、速攻で申し込みました。

2年前とちがって、なにやら登録が面倒でしたが
なんとか費用の払い込みまで終了。

まずは2級です。
前回受けたときは、一次も二次も満点で
合格しましたが、2年たってはたして
どうでしょうか?
塾の人間として、2級に不合格は恥ずかしいので
少しは勉強しようと思う今日この頃です。

覚えていれば今年中に準1級も
受けてみたいです。
posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 個人的なこと

2019年05月13日

体験授業からの入塾率95%超

うちの塾では、募集終了している学年を除き
随時体験授業(見学)を行っています。
今でいうと、小6と中2以外は可能です。
例年ですと中3もまもなく終了します。

で、その体験授業に来た生徒のうち
どれくらいの生徒がそのまま入塾しているのか
これはどこの塾でも気になるかもしれませんが
うちの塾の場合、ほとんどの生徒が入塾します。
さすがに100%とは言えませんが
95%は超えているでしょう。

まあうちの塾の場合、体験に来る時点で
ある程度入塾の意志がある場合が
ほとんどだと思います。
なぜなら、塾の様子は友人や保護者の方の
口コミでほとんど分かっている場合が
多いからです。
中学を限定しているのもその理由の一つです。

他に入塾率が高い理由を私なりに
考えてみました。
完全に個人の感想です。

まず、入塾を決定する権限は
生徒本人とその保護者の両方にある場合が
多いと思います。
どちらか一方だけという場合は稀でしょう。


生徒本人の決定理由としては
・授業が分かりやすい
・雰囲気がよい
・他の生徒との人間関係

あたりが考えられます。
うちの塾の場合、授業は塾長である私が
全教科行うので(他に誰もいません)
多くの塾で授業を行っているであろう
学生講師よりは
確実にキャリアは長いことになります。
まあ長ければいいというわけではありませんが
そのあたりは授業を受ければ分かるでしょう。

それにうちの塾では体験の生徒でも
他の生徒と同じように、問題も解かせて
指名して答えさせます。
周りが知らない生徒だらけだと確実に緊張する
この状況も、周りが全員同じ中学ならば
それほど気になりません。
また、緊張しないような雰囲気にもっていく
ように私も気を付けています。


一方保護者の方が決定する項目としては
体験した本人からの話がいちばんとして
あとは現実的に距離や費用の問題もあります。

地域にもよりますが、一般的に1つの塾だけを
体験するよりも複数の塾の体験授業を受ける生徒
はわりと多くいるものです。

その中で9割以上の体験授業生が
そのまま入塾してくれるというのは
大変ありがたいものです。

そんな中、今日も中3生が一人体験に来ました。
他の生徒と同じように、現塾生からの紹介です。
今まで塾に行ったことはないようですが
友だちがうちの塾に来てありえないくらい
成績が上がったという噂を聞いて
中3になっての決断です。
やや遅い気もしますが、塾で勉強する気が
あるのなら私も全力でサポートします。

いつものように
私からのアプローチはありません。
電話もしないし、ハガキも出しません。
この後実際に入塾するかどうかは
本人と保護者の方にお任せします。

ということで
例年ですとそろそろ中学3年生の
募集終了時期となります。

あとは、塾生達の合格に向けて
私も全力で授業を行っていきます。
posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと