2019年05月13日

体験授業からの入塾率95%超

うちの塾では、募集終了している学年を除き
随時体験授業(見学)を行っています。
今でいうと、小6と中2以外は可能です。
例年ですと中3もまもなく終了します。

で、その体験授業に来た生徒のうち
どれくらいの生徒がそのまま入塾しているのか
これはどこの塾でも気になるかもしれませんが
うちの塾の場合、ほとんどの生徒が入塾します。
さすがに100%とは言えませんが
95%は超えているでしょう。

まあうちの塾の場合、体験に来る時点で
ある程度入塾の意志がある場合が
ほとんどだと思います。
なぜなら、塾の様子は友人や保護者の方の
口コミでほとんど分かっている場合が
多いからです。
中学を限定しているのもその理由の一つです。

他に入塾率が高い理由を私なりに
考えてみました。
完全に個人の感想です。

まず、入塾を決定する権限は
生徒本人とその保護者の両方にある場合が
多いと思います。
どちらか一方だけという場合は稀でしょう。


生徒本人の決定理由としては
・授業が分かりやすい
・雰囲気がよい
・他の生徒との人間関係

あたりが考えられます。
うちの塾の場合、授業は塾長である私が
全教科行うので(他に誰もいません)
多くの塾で授業を行っているであろう
学生講師よりは
確実にキャリアは長いことになります。
まあ長ければいいというわけではありませんが
そのあたりは授業を受ければ分かるでしょう。

それにうちの塾では体験の生徒でも
他の生徒と同じように、問題も解かせて
指名して答えさせます。
周りが知らない生徒だらけだと確実に緊張する
この状況も、周りが全員同じ中学ならば
それほど気になりません。
また、緊張しないような雰囲気にもっていく
ように私も気を付けています。


一方保護者の方が決定する項目としては
体験した本人からの話がいちばんとして
あとは現実的に距離や費用の問題もあります。

地域にもよりますが、一般的に1つの塾だけを
体験するよりも複数の塾の体験授業を受ける生徒
はわりと多くいるものです。

その中で9割以上の体験授業生が
そのまま入塾してくれるというのは
大変ありがたいものです。

そんな中、今日も中3生が一人体験に来ました。
他の生徒と同じように、現塾生からの紹介です。
今まで塾に行ったことはないようですが
友だちがうちの塾に来てありえないくらい
成績が上がったという噂を聞いて
中3になっての決断です。
やや遅い気もしますが、塾で勉強する気が
あるのなら私も全力でサポートします。

いつものように
私からのアプローチはありません。
電話もしないし、ハガキも出しません。
この後実際に入塾するかどうかは
本人と保護者の方にお任せします。

ということで
例年ですとそろそろ中学3年生の
募集終了時期となります。

あとは、塾生達の合格に向けて
私も全力で授業を行っていきます。
posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと