2019年05月23日

久々でも覚えています!

今日は木曜日で6年生と中3生の授業の日。
6年生は今日から英語の文章に入りました。
例年通り、そろそろ6年生の新規受付は
終了します。
と考えていたところ、今日見学の希望者が。

通常うちの塾の新規の生徒は9割以上は
塾生(元塾生)の弟妹か
塾生のお友達か
保護者の方のご紹介というパターンが
ほとんどですが、今回はそのいずれでもない
レアケースでした。
もともと他の塾に通っていたけど
距離的に遠いのでたまたま近くにあった
うちの塾の見学をしてみようと
思ったらしいです。

しかし地元だけあって、いざ塾に来てみると
やはり知り合い、同じクラスの生徒が
いたようですぐに慣れたようです。

何度か書いているように、うちの塾では
新メンバーの見学であろうとお客様扱いは
せずに他の生徒と同じように接します。
算数は学校よりも進んでいて、最初はさっぱり
分からなかったかもしれません。

また英語は今日から英文の作り方を
学習しました。
早速来週から当塾恒例の小テストを実施します。
6年生には話しましたが、この小テストに
しっかり取り組んで、宿題も忘れずにやって
くれば中1の英語は安心していいです。

授業終了後、見学の生徒は早くも正式に
入塾したい旨を話してくれました。
そういえば先週見学に来た中3生も
そのまま入塾しています。
前に書いたように、体験授業に来た生徒は
ほとんどそのまま入塾につながっています。

夜はその中3の授業でした。
中間の結果も記入してもらいました。
今回は陸上部の大会などで返却が遅いようで
全員返却された教科はまだ1つもありません。
学校平均が不明ですが、もう3年生なので
定期テストの結果に一喜一憂するのではなく
冷静に今後の学習にいかしてほしいと思います。

授業終了後、いつものように生徒を見送って
いるとなにやら自転車がこちらに向かってきて
塾長! こんばんは〜! という声が。

「分かりますか?」と聞かれましたが
2秒くらい考えてすぐに分かりました。

12期生のKさんです。
先ほどまで見ていた中3生は18期生です。
つまり6年前の中学3年生。
5年以上経過していてもすぐにわかったので
Kさんも驚いているようでしたが
今までの塾生は1年たとうと5年たとうと
だいたい覚えています。

1学年10数名と少ないこともあるし
全教科私が見ていることもあるので
実際に接する時間は学校の先生よりも
長いはずです。
それにKさんもそうですが、小学生のころ
から在籍している生徒も多く
そんな簡単に忘れるものではありません。

聞けば、高校卒業後は美容師の専門学校に通い
いまは地元の美容院でスタッフとして
働いているようです。

嬉しいことに当時の塾メンバー(12期生)
で集まることもあるそうです。
そういえばこの学年の一つ上の学年も
塾メンバーで集まって成人式の写真を撮って
送ってくれました。
塾を修了してもこうやって塾のことが
記憶に残ってくれているのはいいですね。

つい2〜3日前にはこの前高校を卒業した
二人が塾によってくれました。
テストが終わった日に来たあたり
ちゃんと忙しくない日を選んでいるのは
さすがの心遣いです。

塾を始めた当初(5年目くらいまで)と
比べても明らかに今の方が
元塾生たちが塾に顔を出す割合が増えた
ような気がします。

posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと