2019年11月16日

テスト範囲

今日は土曜日で通常通り中3と中2の授業を
行いました。
テスト前ということで、先には進まずに
テスト範囲の学習です。
塾生は全員同じ中学なので無理なく無駄なく
効率よくテスト対策が行えます。

ある程度予想はしていましたが今回の範囲は
結構無理があるものが多くあります。
中3は英語も数学も理科も社会も今までの学校の
授業のペースでこんなに進めるの? という
くらい広い範囲。
今までまともに進んでこなかったしわ寄せが
最後の最後に押し寄せてきました。

いったいどんな授業をしたら中間が終わって
期末までの1か月足らずでこれだけ進めるの
だろうという範囲です。

もう少し計画的に4月からの授業を
行ってほしいものです。
まあ学校行事や部活の大会が多すぎるのも
一つの原因でしょう。

一方中2は数学はややスピードアップ
それでもまだまだ遅めです。
理科と社会はもう2年生のうちに2年生の
内容を終わらせることを放棄したかのように
さっぱり進む気配がありません。

教科書によって構成は違うと思いますが
2学期のこの時期にまだ電流に入っていない
というのは前代未聞です。

社会は社会で残りの学年末で近畿・中部・関東・
東北・北海道それに歴史の江戸時代
絶対に終わりません。

社会も理科もあまりにも進まないので
範囲の半分は前回の内容です。
半年後、3年生の理科と社会の担当になった
先生がちょっと気の毒です。

戸塚中の生徒はこれで何とも思っていないかも
しれませんがはっきり言って遅いです。
そのことは塾で事あるごとに伝えています。
期末が終わったら塾でもドンドン先に進む
予定です。

まあふだんから学校の授業は無視して先に
進んでもいいのですが、高校入試で内申が
かかわってくる以上そういうわけにもいきません。
せっかく戸塚中限定にしているので
通常授業では学校の授業に合わせて内申も意識
するようにしています。
おかげでここ数年うちの塾生は
内申で苦労することはあまりないような
気がします。
posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと