2020年07月17日

塾経営で必要なもの

学習塾は一般的な業種と比べて必要な備品は
それほど多くありません。
在庫もほとんどありません。
よって参入の壁は低いのですが、だからといって
長く続けられるかというと
そう簡単にはいかないところ。

これから個人塾を始めようと思っている人が
もしいたら何が必要なのかというと
まずは場所です。
自宅で教えるのもありですが
生徒が増えたらよほど広い敷地でないと
対応が難しくなります。
やはりテナントを借りることになります。

駅に近いと一見便利なようですが
場所によっては夜9時や10時ごろの駅近くは
なかなか物騒です。
東川口でも陽気な酔っ払いが闊歩している
時があり中学生にとっては危険です。

ちなみに塾が駅近くに場所を設定するのは
生徒のためというよりも講師のためです。
社員やバイトを募集するときに
駅から徒歩3分と
駅から徒歩30分では
どちらが集まりやすいかを考えたら
お分かりいただけるかと思います。

電車で通う必要がある予備校ならまだしも
小中学生にとっては塾が駅近くである
メリットは何もありません。
むしろ賃料がかかる分だけ月謝も
高くなりがちです。

個別か集団かにもよりますが
他に絶対必要なものは
机・いす・ホワイトボード
パソコン
コピー機

が塾経営に際する三種の神器です。
(諸説あります)

机・いす・ホワイトボードに関しては
説明の必要がないでしょう。
これがないと授業ができません。

パソコンは私の場合は
問題を作るためとネットを使うための
2つが主な使い道です。
小テストや宿題やテスト前の演習用の問題などは
テキストと同じくらい自作のプリントを使います。
あとは漢検や数検の申し込みや
必要な備品を注文するとき、入試の情報を得る
ときにもパソコンが必要です。
だからパソコンが故障すると仕事に
なりません。
実は、塾を始めた2002年当時には
パソコンはなくまだワープロを使って
いました。
今塾にあるパソコンも4代目くらいです。
(よく覚えていません)

あとはコピー機も。
それほど頻度は高くありませんが
わざわざコンビニに行ってコピーするより
ちゃんとあった方がいいでしょう。

コピー機の営業の人もよく来ますが
全部断っています。
最初にお世話になったところと
もう19年目のお付き合いです。
こう見えて意外と義理堅いのです。

細かいところを上げれば必要なものは
他にもいろいろあります。
去年まで全く必要なかったのに
今年導入することになったのが
飛沫防止のアクリル板と
ウェブカメラです。

ウェブカメラに関しては
おそらく今後も使うことを想定して
もう1台くらい考えています。
ただそのタイミングが難しい。

まだ普通に使えるのがあるので
予備的扱いですが
世間的に必要になったらまた在庫切れに
なりそうだし、かといって今すぐ
必要というわけでもありません。
精密機械なだけに故障も怖いです。

他にもプリンターや
ホワイトボード用のマーカーや
コピー用紙は結構な頻度で
必要になります。

塾独特のものといったらこれくらいでしょうか。
posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと