2020年07月18日

がんばるプリンター

昨日の続きです
19年もやっていると
ずっと同じものを購入することもあれば
ちょっと別のものも試してみようと
思うこともあります。

例えばホワイトボードのマーカーは
ものすごい使用頻度ですが
ずっと同じものを使っています。
一度廉価版(1本50円くらい)をまとめて
10本買いましたが、やはりそれなりの
ものでした。
黒・赤・青・緑 総使用本数は
2000本以上になると思います。

コピー用紙も試行錯誤のうえ
今は毎回同じものをネットで注文しています。
紙はまとまると重いので運んでもらえるのは
助かります。

あと塾をやっていてよく使うのが赤ペンです。
赤ペンなんてどれでもいいと思われるかも
しれませんが、これまたこだわりがあって
ずっと同じものを使っています。
やはりペンが変わると書き味が違います。

最近はコロナの影響で回数が減りましたが
また近いうちに復活する小テストの
丸つけには膨大なインクを使用します。

ここまで書いた、マーカー・コピー用紙
赤ペン いずれもたのめーるで注文
しています。
塾を始めたころは、同業他社に注文して
いましたが 塾を不在にしているとブツブツ
嫌味を言われたのですぐにやめました。
地域にもよると思いますが、うちの近辺の
たのめーるの配達の人は時間に融通が利いて
非常に助かります。

逆に変えてよかったと思うものもあります。
その筆頭がプリンターです。
15年近くインクカートリッジ方式の
プリンターを使っていました。
というか、選択肢がそれしかなかったような
気がします(たぶん)

で、最近エコタンク方式というのを知って
遅まきながら去年変更しました。
前のプリンターが故障したわけではないのですが
ここはスパッと英断したのです。

これが大正解でした。
以前のプリンターだと
1か月に一回くらいの頻度でインク切れを
おこしそのたびに交換する必要が。
これが結構お高いのです。
もちろんメーカーはそれが狙いなのですが
1年もしないうちにプリンター本体の値段
以上のインクカートリッジを購入することに
なっていました。

が、エコタンク方式に変えて早1年
いままで交換したインクは黒1本のみ!
他の3種類はまだ交換していません。

印刷の回数は以前より増えたのに
インクのもちが圧倒的にいいのです。

たしかに本体の価格は3倍くらい
ちがいますが1年も使えば元が取れる
計算です(うちの場合)

月に何百枚も印刷する学習塾ならば
確実にこちらの方がコストパフォーマンスで
優れていると思います。

あとは壊れないで何年頑張ってくれるかです。
個人的には3年持ってくれればいいかなと
思っています。

posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと