2020年08月08日

赤ペンの消費が早い

中3の夏期講習は今日で11日目
まもなく折り返し地点です。
幸か不幸か今年は部活の大会も軒並み
中止となっており出席状況は極めて良好です。
もともと部活の大会での欠席を想定して
多めに時間を設定しているのですが
今年はほとんど出席できるとなると
勉強する時間も例年より多めにとれます。

その中3ですが毎日の授業宿題とは別に
小テストを実施しています。
教科は国語英語理科社会です。
すべて事前に覚えるべきリストを渡しておき
これをチェックするための小テストです。
毎回50問で用意している問題は全部で
国語(漢字)が250問
英語(単語)も250問
理科(用語)が200問
社会(用語)も200問の計900問です。

場合によってはさらに増やす可能性もあります。

前にも書きましたが、これは自分のために
覚えるものですから点数が悪いからといって
やり直しなどはありません。
最近の塾生はそういうのがなくても
きちんと覚えてきます。

テスト終了後なるべく早めに採点して
返却します。
国語と英語はその日のうちに返すように
しています。
理科と社会は時間割の関係でその日は
難しいのですがそれでも1〜2日で
返すようにしています。

漢字にしろ英単語にしろ理社の用語にしろ
最低限覚えておかなければならないものが
あります。
それを生徒自身で考えるのは難しいので
こちらから用意するわけです。
用語集などに頼ると本当に必要か怪しいものも
含まれているので、私が必要だなと思うのを
選んでPCで作ってリストを渡しています。

今日現在で小テストは7回行いました。
つけた〇の数は5000個を超えます
(×の数も含めて)
これとは別に中1の小テストや中2の課題も
私が集めて採点しているため
毎年この時期の赤ペンの減りがものすごい
ことになっています。

私は赤ペンにもこだわりがあって
美しい〇が書けるようにいつも
同じ赤ペンを注文していて
今でもストックは30本くらいあります。

定期テスト前とちがって喫緊のテストの
ための暗記ではありません。
今覚えているのが役に立つのは1か月後か
半年後かは分かりませんが、その時のために
今必死になって覚えてもらっています。
posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと