2020年09月30日

やや前進その2

今日は水曜日で夕方には5年生
夜は中学2年生の授業がありました。

前回スタートした5年生の小テスト
今日は第2回となりました。
テスト直前までプリントを見ている生徒が
いて感心です。
これがまだ覚えていないから必死に
見ているのか、それとも一通り覚えてきて
それをサラッと確認しているのか
そのあたりは個人差があるとは思いますが・・・


第1回の平均点は81.0点で満点は3名。
それに対して今日行った第2回では
平均点は87.2点で満点は4名
いずれの数値も初回を上回っており
昨日の6年生に続いて5年生の皆さんもしっかり
取り組んでくれていることが分かります。

昨日は6年生に少々厳しいことを
書きましたが、もちろん6年生の皆さんに
期待しているから書いているわけです。

5年生のテスト形式は今年から変更しているため
昨年までとの比較ができません。
答案を見た感じでは、手放しですばらしい!
とまではいきませんが、まずまず
及第点といったところでしょうか。

第2回で満点だったのは
Oさん (戸塚綾瀬小)
Aさん (戸塚綾瀬小)
Sさん (戸塚東小)
Yくん (戸塚東小)  でした。 お見事!

惜しくも1問ミスは
Wさん (戸塚綾瀬小)
Sさん (戸塚南小)
Kくん (戸塚北小)  でした。 次は満点を!


今回は英単語は動物シリーズでした。
算数は約数を求めなさいという問題と
1学期の復習で小数どうしのわり算です。

単語の方はだいぶしっかり覚えてきている
ようです。
算数は約数はある程度の暗算ができないと
ものすごく時間がかかるので
何度も練習してほしいと思います。

なお、来週は中学生のテスト前のため5年生の
授業はお休みです。
以前は他の曜日に振り替えることもありましたが
今年の5年生は人数が多く、他の曜日も
何かしら習い事をしていて全員が来られる曜日が
ないため振替はありません。
このあたりは入塾時にお話ししていると
思いますのでご了承ください。

次の小テストではさらに満点が
増えることを期待します。
平均点は目指せ90点!
posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

2020年09月29日

やや前進

今日は火曜日で6年生の授業がありました。
先週は連休中で休みだったため2週間ぶりの
授業です。
小テストも2週間ぶりですが
1回やってみてなんとなく要領はつかめている
ことを期待して2回目を行いました。

その結果満点は前回の3名から
1名増えて4名になりました。
平均点は前回の60点からやや上昇して
78点になりました。
とりあえず下がらなかっただけましですが
まだまだ上がってほしいところです。
9月15日に過去の6年生との比較を
書きました。 それによると
6年生の第2回小テストの平均点は

【各学年の第2回英語小テストの平均点】
H27(現高2) 92.5  満点4名
H28(現高1) 81.5  満点3名
H29(現中3) 93.9  満点7名
H30(現中2) 96.8  満点7名
R1 (現中1) 96.2  満点5名
R2 (現小6) 78.1  満点4名


ということで記録が残っている6年間では
第1回に続いて最下位です。
満点が4名いて平均が低いということは
それだけ平均を下げている人がいると
いうことです。

普通塾というと、成績のいい生徒だけをアピールの
材料に使っていると思われるかもしれませんが
私としては塾全体の平均にこだわります。
それが塾生全体の学力の底上げにつながる
からです。

まあ縦の比較で見たら、まだまだですが
この学年だけに注目してみたら
前回よりも頑張っていることは事実です。
その点は評価したいと思います。

ただし、自分のできる範囲で取り組めばいい
などとぬるいことを言うつもりはありません。
そんな考えではいつまでも学力の向上は
望めません。自分で何をやっていいのか
分からないから塾で勉強する内容を提示
しているのです。

もちろん100点が目標です。
この学年はまだ英語を始めたばかりという点を
考慮して、もうしばらく様子を見たいと思います。
2〜3か月たっても点数が上がらない場合は
勉強の仕方を考えた方がいいでしょう。

次回はさらなる上昇を期待します。
posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

2020年09月28日

内申シミュレーション

埼玉県の公立高校の選抜方式は
当日の学力検査の得点と調査書の合計点で
決まるようになっています(加算方式といいます)
これに面接を行うところもあります。

学力検査の得点は基本的に500点満点で
英語科や理数科では一部傾斜配点を
行うところもあります。
調査書はいわゆる内申点(通知表)と
特別活動(部活、生徒会)やその他の項目と
いって英検や漢検の合格を得点にします。
内申点は自分で計算できますが、特別活動や検定の
細かい得点については非公表となっています。

たとえば川口市に2年前に開校した人気校
川口市立高校(普通科)の場合
学力検査が500点満点
調査書が270点満点ですが
このまま足すのではなく、調査書の得点を
335点にして(335/270 倍)
500点+335点の835点満点で
選抜が行われます。(これが一次選抜)

なぜ270点から335点にするかというと
500:335=6:4 にするためです。
定員の60%はこの一次選抜で決まります。

二次選抜は調査書を270点⇒215点に
して 学力検査:調査書=7:3 と
なるように調整します。
二次選抜は当日点重視ということです。
ちなみに受験生自身が一次選抜とか二次選抜
を選ぶことはできず、高校の方で自動的に
一次 ⇒ 二次 の順で合格者を決めます。

さて前置きが長くなりましたが
この人気高校、当然倍率も高いのですが
内申がいまいちだったとして当日だけ頑張れば
逆転可能なのでしょうか。それにはどれくらい
得点する必要があるのでしょうか。

例えば
Aさんは 平均で9科の内申が42だとします。
うちの塾から川口市立高校に合格した生徒(4名)
の平均は42くらいです。

Bさんはオール4で内申36だとします。
これはある調査による合格者の目安です。

Cさんはオール3に4が3つあるとして
平均30だとします。

Aさん Bさん Cさん
それぞれ9科で6ずつ開いているという設定です。
特別活動やその他の記録は設定不能なので
3人とも同じ点数で差をつけないことにします。

内申点は1年:2年:3年=1:1:2 で
180点満点です。

Aさんの場合 42+42+84=168点
Bさんの場合 36+36+72=144点
Cさんの場合 30+30+60=120点

この点数を選抜方式にしたがって
335/270 倍すると 
Aさんは208点 
Bさんは179点
Cさんは149点
になります。(小数点以下四捨五入)

つまり内申だけで基準より
Aさんは約30点上回っているし
Cさんは約30点下回っていることになります。
30点は偏差値でいうと3〜4に相当します。

これで入試当日の点数が
Aさん 340点
Bさん 360点
Cさん 380点 だとしても

上の得点を加えると合格可能性は
Aさん ⇒ Bさん ⇒ Cさん の
順になるわけです。


これは一次選抜での話で
残る40%の二次選抜にかけるとすると
二次選抜は内申その他の得点を215/270倍なので
内申点24の差は19点差に相当します。

これだと逆転可能のようにも思えます。
が、当然ながら内申がいい人は本番でも得点
できる可能性が高いということをお忘れなく。
あくまでも同じ高校を受けるのは
同じような学力の生徒たちなのです。


大雑把に書くと第一次選抜の場合
内申平均40くらいだと(計160)
合格基準より500点満点で20点くらい
余裕があり

内申平均32くらいだと(計128)
合格基準より500点満点で20点くらい
足りないということです。

この20点を大きいと見るか小さいと
見るかは個人差があるでしょう。

あとは各自計算してみてください。

以上、いかに1年生からの内申が重要なのか
お分かりいただけたかと思います。
このことを中3になってから知っても遅い
のです。 うちの塾では中1のころから
何度となくこの話をしています。

posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

2020年09月25日

テスト範囲そろう

以前は2学期の中間テストは10月の
後半に行われていましたが(戸塚中の場合)
ここ数年は10月の中旬に行われることが
多くなりました。
1学期の中間も同様に10日ほど早く
なっています。

その中間テストまであと3週間を切りました。
テスト範囲は2週間前に配られるのが通常
でしたが、最近は早めに配られることも
多くなりました。

そんな中、今日さっそくテスト範囲を
もらいましたという報告を受けました。

当塾では、テスト範囲が出たら速やかに
私に報告することになっています。
それを見て塾の授業を変更する必要が
あるからです。
うちの塾が定期テストも内申もどうでもいい
本番で取れればいい! という方針なら
定期テストもスルーしますが、今の埼玉の入試は
公立も私立もある程度内申が必要です。
その内申に最も直結するのが定期テストの結果で
ある以上、定期テストに向けてできるだけ多くの
時間をかけて対策をとっていきます。

今日3学年とも範囲が分かりました。
あとはこれに向けて授業を行います。
クラスによってはもらっていない学年も
ありますが、そこは戸塚中限定のうちの塾の
強みです。 情報を共有できるので
もらっていなくても一足早く範囲を知り
一足早く勉強を始めることができます。

ざっと見た感じ、次の期末テストを
意識してあえて範囲を狭くしている
教科もあるようです。これは一部の教科では
前もって話されていたことです。

もちろんそれも一理あり納得できますが
生徒たちは今後の授業では範囲ではない内容を
学習することになり、どれくらい真剣に
取り組めるかが課題となります。
もちろん中間の範囲でなくても、そのあとの
期末の範囲になるわけですから手を抜かずに
取り組んでほしいところです。

また塾生には毎回話していますが
提出物は早めに終わらせるようにしましょう。
目安としてはテスト1週間前には全部
終わらせて、あとは余裕をもってテストに
臨みたいものです。

posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

2020年09月24日

英語の教科書

今日教材会社の営業の方が見えられて
来年度以降の中学の教科書採択について
教えてもらいました。
埼玉県の場合、公立の小中学校については
25の地区に分けてそれぞれの地域で
どの教科書を使うのか選定されます。
例えば、川口市は川口市で教科書を決め
さいたま市はさいたま市で、
草加市も越谷市も同様といった感じです。
人口が少ない地域は複数の自治体で
まとめて採択しています。

つまり、近隣の学校であっても
川口市とさいたま市と越谷市では教科書が
違うということです。

中学英語の場合来年度から
川口市は光村図書
さいたま市は開隆堂
越谷市は三省堂 
というふうに見事にバラバラです。

私が前にいた塾には
川口市、さいたま市(当時は浦和市)、越谷市
そして草加市の生徒が同時にいました。
集団授業だったのでクラスは同じですが
教科書がバラバラでテスト前には非常に
困った記憶があります。
いっそのこと埼玉県全部を同じ教科書に
してくれたらいいのに、と思ったものです。

今は戸塚中限定なのでもちろん川口市の
教科書のことだけ考えればいいのですが
この教科書採択については前々から疑問な
点が多々あります。
そもそも誰が教科書を決めているのか。
数年前に教科書会社と一部の学校教員との間の
黒い取引が問題になりました。

おそらくほとんどの学校の先生にとっては、どこの
教科書であっても大した問題ではないと思います。
毎年同じプリントを使っている先生にとっては
教科書が変わるとちょっと面倒くさいと
思われるかもしれません。

川口市の場合
英語だけが従来の東書から光村に変更になります。
光村と言えば国語のイメージが強いのですが
英語の教科書も作っていたのですね。
英語以外は今までと同じ会社のものです。

英語が光村になったのは
小学校も川口市は光村を採用したので
その流れだそうです。
なんとなく納得できる理由ですが
小学校が光村になった理由はよくわかりません。

何度か書いていますが川口市の小学校の
英語の教科書は小学生には文法的には絶対に
理解不能な内容です。
まあ文法は二の次で表現をなんとなく
覚えればいいという教科書の方針なのかも
しれません。

来年の中学の教科書の内容を少し見てみました。
少々順番などは入れ替わっていますが
中1はやっぱり最初はbe動詞から始まり
そのあと一般動詞という順です。
今だと中2で習っているような内容も
若干ですが含まれています。

ということで、塾では
中学での英語につながるように
従来通りの文法中心の英語の授業を
行いたいと思います。
当初は5年生からの予定でしたが
5年生は学校でもほとんど書く作業を
しておらずもちろん文法も習っていないので
当面は単語の知識だけを増やし、
6年生になってから本格的に文法を教えます。
5年生についてはせっかくテキストを渡して
いるので時折聞き取りテストなどは
行っていきたいと思います。
posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

2020年09月23日

小5第1回小テスト

今日は水曜日で5年生の授業がありました。
前回予告した通り今日から小テストを
開始しました。

1学期は授業時間を確保するのを優先
していたため、この時期からのスタートです。
内容は英単語の意味を10問と
算数の問題を10問です。

6年生は英文も含まれますが
5年生はまずは単語の意味からです。

単語は身近なものから始めます。
予めリストを渡していますので
出る問題は分かっています。

ただ、sで始まる ⇒ 学校  とか
めちゃくちゃな覚え方をしている塾生が
いましたが、sで始まる単語などいくらでも
あります(笑)
実際辞書に掲載されている単語でいちばん
多いのはsで始まる単語のはずです(私記憶)

まあ今は紙の辞書を使う生徒は
絶滅危惧種かもしれませんが
私が高校生のときに使っていた
ジーニアス英和辞典
全盛期には平均3秒 長くても5秒以内には
引けるように訓練していました。

と、余計な話はさておき
リストを渡したときに発音も教えています。
よって、つづりを見て発音を思い浮かべ
そこから意味を書けるようになってください。
sから始まるのが学校などという
覚え方はやめてください。

算数はさすがにリストはありません。
最近習っている内容と以前学習した計算問題で
いこうかと思っています。

今日は倍数・公倍数の問題と
1学期に習った小数同士のかけ算です。

英単語10問 算数10問 
計20問の100点満点

今日100点だったのは
Sさん (戸塚南小)
Wさん (戸塚綾瀬小)
Yくん (戸塚東小)

の3名でした お見事!

SさんとWさんは二人ともお姉さんが
現在中学生で同じように塾で頑張って
勉強しています。
お姉さんに続いて妹も同じ塾で勉強
という流れになっているようです。
うちの塾では極めてよくあることです。

残念! 1問ミスだったのが
Oさん (戸塚綾瀬小)
Kさん (戸塚綾瀬小)
Sさん (戸塚東小)

でした。
全体の平均点は81点でした。

1度やって要領がつかめたと思います。
次回の平均はもう少し上がるでしょう!

逆に今渡している英単語のリストが
半分も覚えられないようでしたら
先々の英語は早くも赤信号だと思ってください。
覚えられないのではなく、覚えようと
していないのではありませんか。
たった10個です。


posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

2020年09月22日

一次関数は難しい?

早いもので2学期の中間テストまで
あと3週間となりました。
早ければ今週あたりにテスト範囲が
発表されると思います。

まだ緊張感のある中1と
受験を控えた中3はそれなりに
頑張ってくれると思いますが
中2はまだ受験には遠いし学校にも
慣れてきているということで
世にいう中だるみが心配されます。
ちょうど勉強も難しくなるころです。

英語は文法の一つ一つはたいして
難しくはありませんが、社会や理科と違って
一度習った内容は次から次に出てきます。 
数学と同じで積み重ねの教科です。
色々と習うにつれて知識のオーバーフローを
起こしてこないか心配です。

理科もこの後は物理分野
電流と磁界に入ります。
電流は計算が苦手な生徒にとっては
覚えるべき公式(3つしかありませんが)が
ごちゃごちゃになり、磁界は左手だの右手だの
これまたきちんと覚えないと中途半端な
まま終わってしまいます。

数学はこのところ一次関数です。
中学3年間の中でも苦手な分野だと思う人が
一番多いと思われる一次関数です。
一次関数は前半は簡単です。
式を求めるのはほとんど機械的な計算なので
練習すれば何とかなります。
が、後半はいろいろな利用がでてきて
もうギブアップと。

まあたしかに中2にとって(中3にとっても)
難しい問題もあります。
ただ公式を覚えて代入しておしまい
という問題ではないからです。
よほど数学が天才的にできる生徒を除けば
できるだけいろんなパターンの問題を解いて
慣れていけば徐々に解けるように
なると思います。
IMG_20200925_181352.jpg

IMG_20200925_181322.jpg

塾でもいろいろなパターンの
問題を学習しています。
その都度私も例題を考えて出題していきます。
難しい難しいといって避けていれば一生
解けるようにはなりません。
私もなるべく理解しやすいように解説
していきたいと思います。

ただ例年だと定期テストの一次関数は
それほど難しくありません。
教科書レベルの問題が解ければそこそこの
高得点はとれるようになります。
苦手な人が多いのはあくまでも一次関数の
利用の単元です。

ちなみに前回の中3北辰の
一次関数の問題の(2)は
県全体の正解率3%台でした。
posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

2020年09月16日

小5小テスト開始!

昨日の6年生に続いて今日の5年生にも
小テストのことについて話しました。
実施は来週からです。

英語については
学校ではまったく書いたり文法などの
勉強をしていないようなので、塾の出番は
ありません。 しばらく様子見です。
その代わりいつ始まってもいいように
単語力だけはつけさせたいと思います。

そこで次回から毎週英語は単語テストを
実施することにしました。
まずは単語の意味です。
6年生は英文のテストも行っていますが
5年生はまずは単語から。
英文は6年生になってからです。

しばらく様子を見て
意味から単語を書くテストに移行
したいと思います。

あとは算数の計算テストです。
現在5年生は4つの小学校の生徒がいます。
いちばん多いのが綾瀬小
続いて、東小・北小・南小です。
6年生同様進度にバラツキがあるので
小テストはいま習っているところ
ではなく、以前習った単元の復習で
今後必要な計算力を重視します。

5年生も3ヶ月が経ちだいぶ
慣れてきたようです。
人数が多い割にはみんな塾での
勉強に意欲的なのかどうなのか
やたらと塾に来るのが早いです。
また見るからに楽しそうです。
大変良い傾向です。

ということで5年生は来週から
毎回小テストを行います。

英単語 10問
計算問題10問 の計20問です。

なるべく当日中に採点して返したいの
ですが、5年生は人数が多いので
ひょっとしたら次の回になるかも
しれません。

今まで見た感じでは
英単語よりもむしろ計算問題の方に
若干の不安を感じるこの学年です。

まあそれはそれで
少しでも塾生の学力が上がるように
私もいろいろと考えていきたいと思います。
posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

2020年09月15日

小6小テスト開始!

いろいろなことが変則となっている今年の塾の
授業ですが、9月になって小学生もほぼ例年通りの
授業を行えるようになってきました。

算数は学校によって相当差が開いています。
うちの塾の6年生は東小、綾瀬小、北小の
生徒が在籍しています。
一番早いのは圧倒的に東小で、進度を間違えて
いるのではないかというくらいものすごい
スピードです。
今年は2ヶ月ほど授業がなかったはずですが
すでに2学期終了程度まで進んでいます。
遅いよりは早いほうがいいのですが、はたして
生徒たちがきちんと理解しているかどうかは
分かりません。
そのあたりは塾で確認していきたいと思います。

その次は綾瀬小で、北小が若干遅めです。
まあいずれも誤差の範囲内です。

英語は以前書いたように、やはりあの教科書に
合わせるのは不可能と判断して、前回から
塾独自の進度で進めることにしました。
あんな教科書を押し付けられた学校の先生は
気の毒としかいいようがありません。
文科省とその関連機関の方々はよほど現場の
状況が分かっていないと見えます。

ということで去年までとは期間が変わったため
若干内容を変更して進めることにしました。
去年まで塾で使用したプリントのストックが
使えずすべて作り直しとなりますが、今年の
6年生のために頑張って作りたいと思います。

ただ、今年の6年生
まだまだ素晴らしい学年とは言えません。
とにかく宿題忘れが多すぎます。

すべて自分たちでマル付けを行う算数と違い
英語の宿題は回収して私が採点します。
その際に途中までしかやっていませんとか
いうプリントはすべて受け取り拒否です。
1週間もあって、調べればわかる内容なのに
終わっていないということは、やる気がない
ということです。

去年までの生徒ができていた難易度で
作成しています。
今年だけ難しくなっているわけではありません。
今日少し強い口調で言ったので、次回からは
きちんと全員やってくるでしょうか。
まあ、それが当たり前ですが。

で、今日は当塾の6年生では毎年実施している
小テストの第1回を行いました。
例年は6月開始ですが今年は非常事態につき
今日が最初です。

ここ数年の6年生最初の小テストの
平均点と満点人数を比べてみます

【各学年の第1回英語小テストの平均点】
H27(現高2) 80.7  満点2名
H28(現高1) 81.9  満点4名
H29(現中3) 85.7  満点2名
H30(現中2) 90.5  満点5名 
R1 (現中1) 71.7  満点0名
R2 (現小6) 60.0  満点3名

ということで最近6年間では
今年の6年生はダントツのビリに
なってしまいました。
去年の6年生がそれまでの記録を更新した
のに続いて今年はさらに低い点数です。
それでも第2回は頑張ってあげてきている
のが次の数値です

【各学年の第2回英語小テストの平均点】
H27(現高2) 92.5  満点4名
H28(現高1) 81.5  満点3名
H29(現中3) 93.9  満点7名
H30(現中2) 96.8  満点7名
R1 (現中1) 96.2  満点5名
R2 (現小6) ????  満点?名

去年の6年生は過去最低だった第1回から
過去最大の上げ幅となりました。

ということで、今年の6年生も
次回の小テストでは一気に上昇
してくれることを期待します。
まさか今日より下がることはないですよね。
posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

2020年09月14日

今後のテスト・検定

今日は月曜日で中学3年生の授業の日
先週一気に進めた数学は無事に学校の進度まで
追いつくことができました。
いつでも追いつける社会はいいとして
謎の進行をしている理科は2分野の方に
合わせています。

謎の進行と書きましたが、当塾19年目に
して初 いや私は前の塾にいたときから
戸塚中の生徒を見ているのでその時を
含めても初の進み方を現中3はしています。
中1・中2は従来通りで中3だけです。

今年だけなのか、来年以降も続くのか
分かりませんが中学の理科で1分野
2分野の同時進行はちょっと無理が
あると思います。

さてこの学年は明後日(水)に
校長会テストが実施されます。
例年だと夏休みですが今年は3週間ほど
遅れての実施です。

校長会テストの認知度も少しずつ
上がってきたのか、最近では
私立の確約(のようなもの)に使う
ところも増えてきました。
北辰とおなじところもあれば
若干差をつけている学校もあります。

いずれにしろ北辰と同じくらい
重要なテストです。
今日は、塾の授業は進めないで
校長会テストに向けて復習を
行うことにしました。

この校長会テストを皮切りに
中3はこのあとテスト・検定が続きます。
2学期の分を列挙してみます。

 9月16日  第1回校長会テスト
10月 4日  第5回北辰テスト
10月 6日  第2回実力テスト
10月13日  2学期中間テスト 〜14日
10月21日  第2回校長会テスト
10月31日  漢検
11月 1日  第6回北辰テスト
11月13日  数検
11月25日  2学期期末テスト 〜26日
12月 6日  第7回北辰テスト

この間に高校説明会や個別相談もあります。
だんだんと忙しくなりますね。
posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

2020年09月07日

数学進める

今日は月曜日で中3の授業
中3は先週から2学期の時間割に移行しており
月・木・土の週3回 いずれも3時間です。

夏期講習の内容はほぼ終えたため
今後は2学期の内容に入ります。
ひとまずは学校の進み具合と塾生の理解度を
参考にしてとなります。
その際、いつでも追いつける社会は優先順位と
してはやや後手にまわり、説明が必要な
数学が一番手となります。

その数学ですが、塾で復習に取り組んでいる
間にずいぶんと学校の方が先に進んでいます。 
例年より1学期が2週間長く体育祭の練習もなく
2学期も9月1日から授業が始まったため、
結構なスピードで進んでいるようです。
それに加えて土曜授業と7時間授業も
ありましたからね。

で、塾生に理解度を確認するとどうにも
要領を得ません。塾生情報ではルートの
計算を12時間くらい習っているようですが
どうもわかっていないようです。

ということで、学校で習ったからOKではなく
学校で習っていないものとして最初から
教えることにしました。
今日は3時間、数学・数学・数学です。
こういう時間割はわりとよくあるので
塾生達は慣れています(たぶん)

ルートの乗法・除法に有理化まで終えました。
乗法も数字の組み合わせによって解き方が
3通りあることを教えそれをじっくりと
説明しました。
12時間聞いても分からなかったものが
今日1日で理解できたようです。

よちよち歩きしかできなった子どもが
伸身宙返りまでできるようになった
ようなものです。
人類の進化を垣間見た瞬間でした。

きちんと解説をすれば理解できるのですから
できれば学校の授業も頑張って聞いて
理解できるように努めてほしいものです。

いつまでも学校より遅れているわけには
いかないので、木曜日と土曜日あたりでさらに
解説を加え来週には追い付く予定です。


そういえば今回の北辰は中3で47000人が
受験したそうです。
会場模試になっていっきに増えましたね。
確約(のようなもの)にも影響するし
今後正常に受けられる保証もないので
受けられるうちに受けたほうがいいと思います。
10月実施分の締め切りは9月14日です。

posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

2020年09月06日

修徳ゼミナールにした理由

当塾は2002年に創設し今年で19年目
個人塾は5年続けるのも大変だと言われるなか
おかげさまで長期にわたって
運営することができています。

開業する前には数年間某塾で教えていたため
FCにするという選択肢はありませんでした。
ある程度のノウハウがあったし、なにより
FCは資金面で敷居が高すぎます。

逆に初めてこの業界で働きたいという人には
FCは向いているかもしれません。
FCの知名度が高ければ高いほど生徒は
集まるかもしれません。

うちの塾も最初は今ほど生徒数は多くなく
2学期になってもある学年は生徒数1名という
年もありました。(もちろん中学生の話です)
さすがに1学年ゼロということは
ありませんが、いつそうなっても
おかしくない時期もありました。

普通なら閉鎖していたかもしれませんが
頑張って続けていたらいつのまにか
19年目に突入していました。

中3の受験時まで在籍していた生徒は
合計200名以上
残念ながら途中でやめた生徒や現在在籍
している生徒を含めると300名以上を
教えたことになります。

今年も広告は出しませんでしたが
多くの入塾の問い合わせをいただきました。

東川口は相変わらずの塾激戦区で
今でも戸塚中の学区には40以上の
塾があると思います。 
いくら戸塚中が大規模校とはいえ
1学年200数十人にたいしてこの塾の数は
多すぎます。

今までの塾生の皆さんが
これだけの数ある塾の中から修徳ゼミナールに
したのには理由があると思います。

重複はあると思いますが
客観的にいくつか理由を考えてみます。

・お兄さん、お姉さんが通っていたから
・友達(保護者の方)の紹介があったから
・近いから

このあたりはうちの塾に限らず
どこの塾でも考えられる理由でしょう


・戸塚中限定の塾だから
・多くの教科を教えているから
・先生が固定しているから

このあたりは新しく問い合わせをされる
方から多く聞かれる理由です。

戸塚中限定の塾というのは
日本でうちしかないと思います
(個人の感想です 諸説あります)

多くの教科を教えている というのは
入塾時に複数の塾を候補に挙げられた際に
比較されての意見です。

これは何度か書いていますが
基本的に中学生対象の塾は
中1・中2は英数がメインです。
中1から理科や社会を塾生全員が習う塾は
非常に少ないと思います。

最後の先生が固定しているから
というのもなかなか通な意見でして
これはうちの塾はアルバイト講師を
雇っていないので私が教えるしかない
つまり必然的なことですが
意外と珍しいようです。

現在うちの塾は小学生から在籍する生徒の
割合が非常に高く、ほとんどの生徒は
4年ないし5年間はずっと私の授業を
受けることになります。
すべての教科をです。

5年も同じ人から教わるのは嫌だと
考える人にとっては最悪の塾です(笑)
経験の浅い学生講師よりはましだと
考える人にとってはいいかもしれません。
19年(前の塾を含めたらそれ以上)教えて
いるので、それなりに教え方は知っている
つもりです。


他にはやはり現実的な問題として
費用面もあると思います。
現在うちの塾の月謝は
中1の1学期から18,000円(税込み)で
これは中3の1学期まで変わりません。
教科は通常は英数理社でテスト前は国語も。
弟妹の方は半額です。
基本的に週2回(1日3時間)でテスト前の
特別授業などはすべて無料です。

それに、月謝と教材費および中3の講習費以外の
費用(入塾金・光熱費・通信費・管理費など)
は一切必要ありません。

もちろん費用だけ決めるわけにはいきませんが
上記のような特徴も合わせて
総合的に判断されている方が多いようです。

ということで、客観的に
一部主観も交えて書いてみました。

posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

2020年09月05日

過去問の偏差値に注意

明日は今年度初の会場テストとなります。
そのために北辰の過去問を解いている人も
多いと思いますが、その偏差値を見る際に
若干の注意が必要です。
これは今回に限らず10月11月にも
通じることです。

今回(9月)の北辰は休業日を考慮して
過去問では第2回が相当しますと
北辰からアナウンスがありました。

よって第2回の過去問を解いた人が
多いと思いますが、その際の偏差値を
あまり過信しない方がいいということです。

なぜなら、過去問の第2回は6月実施
つまり当時の中3の脳内は受験よりも
学総などで占められている時期です。
北辰のために勉強している人も少ない時期。
その当時の生徒と、今夏期講習を終えて
必死に勉強をした状態で受けた過去問では
当然正解率もちがいます。

同じ時期に実施された過去問なら
偏差値もそこそこあてになりますが
時期がずれている模試の偏差値は
修正が必要だということです。

細かいことですが
塾生にはアドバイスをしておきました。
posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

2020年09月04日

小テスト成績

夏期講習で中3を対象に実施した小テスト
9月1日が最終回でした。

欠席や遅刻で1〜2回受けられなかった生徒も
いますが、今年の中3は全体的に真剣に
取り組んでくれました。

その中でも特に頑張った生徒を紹介します
全教科とも、すべての回を受検した生徒です

【国語】
Sさん  正解率 99.6% ◎
Iくん  正解率 98.8%
Wさん  正解率 98.4%
Tさん  正解率 98.0%

上記は全部受けた生徒で
参考記録としてOさんは1回休みですが
正解率100%でした


【英語】
Sくん  正解率 99.6% ◎
Iくん  正解率 99.2%
Sさん  正解率 98.8%
Uくん  正解率 96.8%
Nさん  正解率 96.0%
 

【社会】
Mさん  正解率 99.5% ◎
Wさん  正解率 99.5% ◎
Nさん  正解率 99.0%
Tさん  正解率 98.5%
Sさん  正解率 98.0%


【理科】
Iくん  正解率 98.5% ◎
Tさん  正解率 97.0%
Iさん  正解率 96.0%
Tさん  正解率 96.0%
Nさん  正解率 95.5%

ということで◎がついている各教科1位の
皆さん 計5名には豪華粗品を
プレゼントしました!

小テストは全900問の暗記事項です。
理科や社会には記述もあります。
中学の範囲だと記述とはいえ
出題される定番は決まっており
記述も暗記しておけば楽です。

夏休みに頑張って覚えた事柄は
2学期の北辰で効果を発揮することでしょう。


posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

2020年09月03日

4はほしい

塾生の皆さん全員に1学期の通知表を
書いてもらいました。

何度か書いているように埼玉県の公立高校入試
では、内申も一定の比率で合否の判定に
利用されます。
その比率は高校によって違っていて
例年ですと7月の頭には発表されますが
今年は非常事態ということで8月下旬に
延期され先ごろ再延期が発表されました。
9月10日くらいになりそうです。

以前は内申は関係ない
本番で頑張ればいい! などと言う人も
いましたがさすがに最近はそんなことを
いう人はあまりいなくなりました。
さすがに入試制度を知らなすぎる発言です。

まず高校入試というのは同じような学力の
生徒が同じ高校を受けるのが大原則です。
つまり本番で大逆転などよほどのことが
ないと難しいのです。
内申と学力検査の得点のシミュレーションを
以前書きましたが、近いうちに
最新版で書いてみたいと思います。

その内申というのは1年生の分から
使用されます。どの高校もです。

20年見ていて思ったことは
内申の平均は4はほしいということです。
以前は相対評価のときは全生徒の
平均は3になるように評定が出されて
いましたが、今の絶対評価ではまず1が
つくことはほとんどないので
全体の平均も3.5くらいになっている
のではないでしょうか。
これは学校の先生にしか分からないので
想像でしかありませんが。

さて塾生の通知表ですが
4以上(4または5)を取れた生徒の
割合が高かったのは

中1英語 100%
中3社会 100%
中1社会  73%
中3国語  72%
中3英語  72% でした。

また評定の平均が高かったのは
中1英語  4.6
中3社会  4.5
中1社会  4.0
中3国語  3.9
中3英語  3.8
中3数学  3.8
中1国語  3.8 でした。

うちの塾は各学年10数人で
特別なクラスはありませんし
全員同じ教科を学習します。
特定の生徒の数値ではなく全員の数値です。

つまり中1の英語と中3の社会は
塾生の中に3がいなかったということです。
(もちろん2や1も)

中1の英語は毎年のことですが
中3の社会はこの時期に全員4以上は
結構すごいと思います。


学年ごとに多少の学力差があるのは
毎年のことなので、中2に関しては
それぞれ各個人ががんばってくれれば
いいことです。


塾生全体でみてみると
4以上の生徒の割合がいちばん高いのは
社会で80%

また評定平均がいちばん高いのも
社会で4.2 でした。
続いて英語、国語 となります。

私は生まれる前からバリバリの
理系人間ですが、塾生たちは
どうにも文系教科を得意としている
生徒が多いようです。
中学生で理系や文系を考えるのはどうかと
思いますが、塾生比率で女子が多いのも
文系得意という傾向が表れているような
気がします。
(中学生は男子:女子=1:2です)

posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

2020年09月02日

さくらのブログ

ページのどこかに書いてあるかもしれませんが
このブログは、さくらのブログという
サービスを利用しています。

塾のHPを作るときに独自ドメインを
取得する際に申し込んだのが
さくらインターネット(正式名称不明)で
付属のサービスとしてブログが
ついていました。

もちろん有料だけあってHPにもブログにも
目障りな広告などはありません。

その点だけでも満足していたのですが
ここ数年HPのSSL化が必須の流れと
なってきました。
理系のわりにこの辺のことに疎い私は
放置していましたが、閲覧するブラウザに
よっては保護されていませんとか
危険なホームページのような警告文が
出てくる始末です。

私はIEでしか見ていないので気づき
ませんでしたが、スマホで見てみると
たしかに!マークとともに警告文が。

今のこのブログもIE以外でご覧に
なっている人はアドレスバーのところに
何か書いてあると思います。

Screenshot_20200902_175448_com.android.chrome.jpg

これがスマホで塾のHPを見たときの画面で
上部になにやらマークがついています

Screenshot_20200902_173543_com.android.chrome.jpg

ブログを見たときも同じようなマークで
さらに説明書きがあって

Screenshot_20200902_173550_com.android.chrome.jpg

まるで犯罪者扱いです(笑)

もちろんこのブログでパスワードや
クレジットカードの番号を記入する欄など
ありませんが、こんな画面が出てくるのは
見ていて気持ちの良いものではありません。

ということでHPの方は
試行錯誤の末 SSL化に成功しました。

今までのアドレスは
http://www.shutoku.org/ だったのが
https://www.shutoku.org/ に変わりました。

今は両方閲覧できると思いますが
下の方がSSL化したものです。

しかし、ブログの方は対応していないようで
今度はIEで見てみると

https.png

こんな注意書きが出てきました。

おそらくブログがhttpsになっていないから
だと思いますが、今はほとんどの無料ブログ
でもhttps化しています。
無料のブログでできるのに、なぜ有料の
サービスでできないのか甚だ疑問です。
同じような疑問を持っている人も多く
いるようです。

さくらのブログは使いやすいし広告もないので
今まで使ってきましたが、SSL化する気が
ないのなら他のブログサービスも検討
する可能性もあります。
まあブログ自体が10年以上前に全盛
だったものですから、もう力を入れていない
のかもしれません。
現にヤフーブログも昨年サービスを
終了したようです。

かといって、無料ブログは広告が目ざわりだし
塾のブログなのに他の塾の広告が入るという
笑えない事態も起こりえます。

ということで、今塾のHPとかブログで
何やら注意書きが出ている人はこのような
事態があったからです。
とご報告申し上げます。
もちろん普通に読めますのでご安心を。

ただ、ブログの移転も若干考えています。
posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 分類に困ったもの

2020年09月01日

夏期講習修了!

今日(9月1日)で夏期講習が終了しました。
いろいろな点で大幅に予定が変わって
しまいましたが中3の夏期講習は例年通りの
時間を確保することができました。
むしろ部活の大会がなかった分
余計に勉強できた気がします。

予定では
国語12時間
英語22時間
数学22時間
理科22時間
社会22時間 の計100時間

今日の時点で国語・英語・数学はほぼ終了
理科と社会はまだ少々残っています。
これも予定通りです。
期間内に終わらせることだけを優先して
雑になっては困るので、あと数時間を要して
理科・社会も終わらせます。

来週あたりから学校に合わせた授業に
戻ります。

中1・中2については時間数を増やす
ことはせずに通常通り週2回の授業で
行いましたが、学校が休みの間に授業を
進めることができるので
それほど困ることはありませんでした。

来年以降も中1・中2は
週2回のまま実施することも考えられます。
もちろん特別な費用は必要なくなります。
まだまだ暑い日が続きますが、体調に気をつけて
2学期以降も頑張っていきましょう。
posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと