2020年11月21日

今日から10時間×3

世間では新型コロナの第3波ということで
再び経済の停滞が懸念されているところです。

3連休の過ごし方についていろいろと言われて
いますが、コロナがあろうとなかろうと、どこにも
いかず塾生のテスト勉強につきあう予定でした。

定期テスト前の土日は通常の時間割を変更して
毎回昼過ぎから22時ごろまでテスト勉強、
というのがここ数年の方針となっています。

とはいえ10時間もぶっ続けでは
集中力が持たないだろうし
時節柄1か所に長時間いるのも
よろしくないでしょうから
中1⇒中2⇒中3 と入れ替えながらの
テスト勉強です。
休み時間ごとに換気をし、生徒が帰るたびに
ドアとか机・いすなど消毒しています。

塾生は全員マスクをしているので
アクリル板は必要ない気もしますが
念には念を入れて設置を続けています。


通常は土日だけですが
今回は月曜が祝日ということで
三日連続となりました。
塾生たちも最後の追い込みに
励んでほしいと思います。

中間からそれほど日がたっていないため
範囲はわりと狭い教科が多いようです。
ただ、範囲が狭くても広くても100点満点
であることには変わりません。
範囲が狭いほうが、より細かい内容が
出題されるということです。
むしろ広いほうが楽なのです。

年度初め二か月ほど休校になったため
ものすごい速さで進んでいる教科が多く
休みがなかった年よりも
先に進んでいる教科もあります。

今回いずれの学年にも国語の文法が
範囲に入っています。
もちろん塾でも説明はしますが
学校でどのあたりまで習っているのか
分からないため、塾でもどこまで
説明していいのか悩むところです。
そもそも中学の文法をまともに学習するには
何時間あってもたりません。

文科省とその諮問機関は
教科書の内容をコロコロ変えていますが
国語の文法に関して話題になることは
ほとんどありません。
小学生に英語を学ばせる前に
日本語をしっかり学ばせてほしい
というのが全国のほとんどの教育機関の
声だと思います。

中1には品詞の説明をし
中2には用言の活用形を中心に説明しました。
中3はほとんどワークから出るらしいので
各自に任せることにしました。

何度か書いていますが
うちの塾は戸塚中限定ということで
さぞ戸塚中の生徒にとって有利になるような
対策をしているのでは、と思われるかも
しれませんが そのようなものはありません。
範囲内の何が出題されてもいいように
まんべんなく勉強します。
ヤマを張ることもありません。
定期テストのためだけの勉強ではなく
将来受けるであろう北辰や入試にも
つながる勉強にしたいからです。

それにいわゆる定期テストの過去問も
一切使用しません。
全国的には、学校の先生の出題傾向を
チェックして(要は過去問チェック)
対策をする熱心な塾もあるようですが
私はそれに価値を見出せないからです。

仮に過去問を解いて同じ問題が出たとしても、
それは本人の実力ではなく
出題した先生の怠慢です。
幸いにも最近の戸塚中の先生には
そんな怠慢先生はいないと思います。
(昔はいましたよ)

同じ範囲なら少々同じ問題になるのは
やむを得ないと思います。
ただかつては80点分くらい数字もまったく
同じ問題という先生もいました。
クレームが殺到したのでしょうか
テストはやり直しになりました。
こういうことが何回かありました。


入試や検定の過去問は解いた方が
いいと思いますが、定期テストの
過去問はそれほど価値はないと思います。
それよりも先ほど書いたように
何が出されてもいいように備えるのが
本当のテスト対策です。

posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

2020年11月20日

戸塚中限定の真骨頂

今日は金曜日ですが、塾の方は
先週から期末テスト対策期間です。
この間は先に進むのをストップして
全教科テストの勉強をします。
高校入試に内申が使われる以上
この方針は変わりません。

さて、昨日は平日でしたが中3が
食事休憩も含めて5時間ほど滞在しました。
今日は中1と中2の番です。
しかも今日の戸塚中は14時過ぎには帰宅する
という情報を得ていたため、急遽予定を変更し
中1は16時からとしました。

もちろん当日変更では間に合わないので
前々日あたりから含みを持たせていました。
いまはLINEという便利なものがあるので
無事全員に伝わりました。

塾生や保護者あての連絡は
ほとんどLINEを使用しています。
生徒の場合スマホの所持率もありますが
中学生の保護者の方には100%
私のLINEを登録していただいています。

よって4月に一か月休塾した際の連絡や
zoomの希望などすべてLINEを使いました。
私の記憶が確かなら電話やメールでの
連絡は一度もなかったと思います。


あまり気にしている人はいないかも
しれませんが
一般的な塾の場合複数の中学の生徒が
在籍していますが(平均5校くらい?)
うちの塾は戸塚中だけなのでテストの日程も
範囲もすべて共通で対応できます。
うちの塾生にとってはこれが当たり前ですが
普通の塾では当たり前ではないのです。

それは塾生にとっても効率がいいし
教えるほうにとっても効率がいいのです。
塾に携わる人ならば異論はないでしょう。
テスト前だろうと通常時だろうと同じことです。

集団塾において中学を限定することが
もっとも効率のいい方法のひとつです。
(諸説あるかもしれません)

posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

2020年11月19日

あと99日!

今日は木曜日で小学生の授業はありません。
来週はテスト期間ということで
小学生の授業はお休みし中学生の勉強の
時間とします。

さて今日は中3の授業の日ですが
小学生の授業がないので夕方の時間が
空いています。
この時間何もしないのはもったいない!
ということで、夕方から塾で勉強し
途中食事休憩をとって22時までという
ことにしました(決めたのは3週間前)

テスト前はこのように本来の授業に
プラスして授業数を増やします。
中3だけでなく中1も中2もです。
一人で運営する塾なので限界はありますが
なるべく多くの時間勉強してほしいと思います。
もちろん授業時間が何時間増えようと
当塾では追加の費用などありません。
元々そういう発想がありません。

希望者だけとかにすると
参加者が偏る可能性があるので
原則として塾生全員同じ時間に勉強します。
それでもさらに他の時間を見つけて
勉強しに来る生徒もいます。

塾を始めたころ(15年以上前)と今では
塾生の勉強に対する態度がずいぶん
違う気がします。

まあ私がそういう空気にしている
のかもしれません。

中3や高校生が自習に来ているのを
直接見ているわけですから
次は自分もという気になったり
今回のように中3の食事を挟んだ授業を見ては、
自分たちもやりたい! という中2がいたり。

うちの塾はいやでも他の生徒の様子が目に入る
集団指導塾です。しかも全員同じ中学。
これがいい意味で作用しているようです。

入試までの残り日数も100を切りました。
当面の目標は期末テストですが
それが終わったら入試に向けての意識を
さらに高めなければなりません。

塾の方は、数学、社会はまだ残っている
単元があるので終わり次第入試対策へと
移行します。
英語と理科は今年の3年生はやたらと
ペースが速かったのですでに
教科書の内容はほぼ終了しています。

今後は学校の進度を意識する必要が
なくなるので5教科のバランスを考えながら
入試に向けた学習に取り組みます。
いずれリスニングや作文の練習も
回数を増やしていきます。

まずは期末頑張りましょう。
posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

2020年11月18日

小5進捗状況

昨日の6年生に続き小学生の授業について。
5年生は現在4つの小学校の生徒が
通塾しています。
やはり戸塚中に進学することが前提です。

6年生同様5年生も東小の進度が
速いようです。
以下南小、綾瀬小、北小と続きます。

ただこちらは6年生と違って12月中に
教科書が終わるということはなさそうです。

今年の5年生は6月から授業を始めたので
まもなく半年となります。
生徒たちは塾にだいぶ慣れてきたころだと
思いますが、私もだいぶ塾生の学力について
分かってきました。

遠回しにいえば、
まだまだ頑張りが必要です。
今まで算数が苦手だったという生徒が
多いことは容易に想像できます。

理系教科は女子よりも男子の方が得意などと
いうことはあまり言いたくはありませんし
まだまだ小学生ですから理系も文系も
ありませんが、その傾向は毎年現れています。

うちの塾の男女比ですが 11月18日現在
中3は 女子が男子より 5名多く
中2は 女子が男子より 1名多く
中1は 女子が男子より 5名多く
小6だけは 男子が女子より1名多く

という感じで総じて女子が多く
とどめは5年生で
女子が男子より12名も多いのです。
(5年はほぼ女子クラスです)

あまりありがたくない傾向通り
5年生は算数が苦手な生徒が多めです。
なんとかあと1年で算数を得意科目に
したいと思います。
さらに英語も得意と言えるようにするのが
私の今後1年間の課題です。

5年生の小テストは今日で8回目。
満点が一人もいなかったのは今日が初めてです。
テストの内容は
英単語の意味を書くのが10問
分数の足し算引き算が6問
平均とか単位量当たりの問題が4問

一番間違いが多かったのは計算ではなく
単語の意味でbedをベットと書いた生徒が
5〜6名でした。

細かいですが
bedはベットではなくベッド
bagはバックではなくバッグです

毎年のことですが
小学生のうちにこういう細かいところを
直すようにしています。

同じようにカタカナを正確に書けない生徒も
毎年います。
その代表が ツとシ ンとソです。
このあたりも細かくチェックします。

うちの塾では小学生の小テストはすべて
回収して私が採点します。
自分で採点とか隣同士交換だと楽ですが
それでは細かいミスは永久に放置されたままです。

6年生の英語の宿題を回収して
私が添削するのも同じ理由です。

とにかく1年がかりで修正していきます。
本人たちにはその意識はないでしょうが
中1から入塾した生徒の答案と比べると
その差は歴然としています。


posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

2020年11月17日

小6進捗状況

うちの塾は中学生がメインですが
小学生も5年生から授業を行っています。
ほとんどが塾生の弟妹とそのお友達
または保護者の方の紹介だけで
外部に向けての宣伝はそれほど行っていません。
実際今年も新聞広告はいれませんでした。

小学生は週1回2時間(実質100分)で
曜日は固定していますが、中学生の定期テスト前
になると中学生のテスト勉強を優先するため
お休みになります。
以前はその時だけ曜日を変更していましたが
最近は他の習い事をする生徒も多く
全員が可能な曜日というのが存在しません。

それでもなんとか小学生のうちに
基本的な事柄は習得してほしいということで
授業を行っています。

今日は火曜日で6年生の授業がありました。
現在6年生は3つの小学校の生徒が
通塾しています。
もちろん全員戸塚中に進学する予定です。

聞けば6年生の算数で学校の進度が
一番速いのは東小です。
2ヶ月学校が休みだったはずなのに
すでに3学期の内容に入っており
このペースだと12月には教科書が
終わってしまうでしょう。

1〜3月の学校の授業がどうなるのかは
分かりません。

それにしても2ヶ月休みだったのに
例年より速いとは。
ひょっとしたらまたしてもコロナで休校に
なることを見越してのこの速さなの
でしょうか。

英語に関しては今年から教科書も新たになり
教科としての英語が始まっているはずです。
が、聞くところによるとどの学校も
だいたい想定通りの内容で進んでいるようです。
速い話小学生のうちから読み書き文法を
重視することはほぼなさそうです。

ということで、英語は学校に合わせても
あまり意味がなさそうなので例年通り
こちらのペースで進めていきます。

9月から始めた英語の小テスト
第1回では過去最低の学年と酷評しましたが
その後はなんとか私の意志が伝わったのが
回を重ねることにまともになってきました。

第1回小テストでは60点だった平均が
その後
78点⇒81点⇒84点⇒86点⇒93点と
上昇し、今日の第7回も前回と同じく
平均93点でした。
第1回では3人しかいなかった満点も
今日は7人でした。

勉強は1回や2回やったくらいでは
簡単に上がらないといういい例になりました。

おそらく今年の6年生も塾に来ていなかったら
いまだに文法どころか簡単な単語もまともに
書けない生徒が多かっただろうと思います。

例年の6年生と比べたらまだまだですが
とりあえず中1の1学期のテストで
いきなり恥ずかしい点数を取らないで
すむレベルまでは到達しつつあります。

2学期のうちに簡単なbe動詞の文章まで終わらせ
3学期には一般動詞に入りたいと思います。
3月ごろには来年新しくなる中学の教科書を
意識した授業を行いたいと思います。

現在の6年生のうち何人が中学になっても
塾を継続するのかは分かりませんが
英語で足を引っ張らないようには
したいところです。
posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

2020年11月14日

明日は日曜ですが

早いものでもう11月の中旬になりました。
今年はやたらと時が流れるのを早く感じますが
同じような気持ちの人が多くいるようです。
いつもは、その年の新語流行語大賞の候補も
予想しているのに今年はいつのまにか
ノミネートが発表されていました。

もう1つの今年の漢字については
ズバリ「禍」であると予想します。

半年ほど前から聞かれだしたコロナ禍。
コロナ渦ではなく正しくはコロナ禍です。
塾の人間として間違えるわけにはいきません。

塾ではあいかわらず座席の間にアクリル板を
設けています。
面談の時も面談用のを使用しました。
塾生からもいつになったらこれ(板のこと)
取れるんですかとよく聞かれますが
有効なワクチンが開発され
コロナのことがニュースにならなくなれば
板の撤去も考えています。

消毒も毎日行っています。
毎日というか、生徒が帰るたびです。
テスト直前など全学年来るので
中1が帰ったら消毒
その後中2がきて中2が帰ったら消毒
その後中3がきて中3が帰ったら消毒
と同じ場所を3度も拭いています。

用意した消毒液もだいぶストックが
なくなってきました。
ただ今度は消毒液もペーパータオルも
以前のように品薄になることはないでしょうから
買いだめはしないことにしています。

明日は日曜で、テストまでまだ日がありますが
塾生の勉強のため塾を開けることにしました。

部活が終了している中3を早い時間に呼んで
まだ活動中である中2は夜です。
このあたりは臨機応変に対応できます。

来週の土・日・月の3連休も
塾生の勉強用に塾をあけます。
すでに予定表を渡しているとおり
三日とも全学年が対象です。


posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

2020年11月13日

逆SEO

15年くらい前にかじった知識によると
HPやブログを作成するときに
なるべく検索に引っかかるようにとか
検索で上位にくるように対策することを
SEOといいます(たぶん)

私もHPやブログを始めたころは
そういうのも意識していました。
ただもう15年もたつとHPの役割も
以前ほどではなくなったような気がします。
今は本当に情報を欲しい人だけに
見てもらえればいいと考えており
SEOも必要ない気がしてきました。

実際HPやブログのアクセス数というのは
かなり適当な数字です。
それは人ではなく機械が勝手に検索している
からで、その数も計上されているからです。
アメブロや楽天ブログのアクセス数が
相当水増しされているのは有名な話です。
youtubeができてからは、もうHPやブログの
アクセス数もほとんど意味のないものに
なっているようです。

で、私も機械的なアクセスをなるべく避けるために
ブログの最初の設定をすべて解除しました。
これで、機械のアクセスは減るだろうと
思っていましたが、どうも今でもあるようです。

これ以上どうしていいのか分からないので
もうあまり気にしないことにします。

あと新HPは現在勉強中ですが
期末が近くいまは後回しになっています。
期末が終わって時間があれば再度挑戦したいと
思います。
早くしないと、冬期講習に入試と続くため
3月になってしまいます。
posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 分類に困ったもの

2020年11月01日

中3三者面談中

2学期の中間テスト終了後から
中学3年生を対象に三者面談を実施しています。

7月は実施できなかったので約半年ぶりと
なります。
以前購入していたアクリル板の出番がきました。

IMG_20201023_221431[1].jpg

この仕切りを置くために机を真ん中にセット
図らずもソーシャルディスタンスが
保たれるようになりました。

この仕切りは中央に書類等を渡す小窓がついている
すぐれものですが、大きな資料を提示するときは
ちょっと邪魔です(笑)

ちなみに普段の授業では生徒の机の間にも
アクリル板を設置しています。
IMG_20200530_184556.jpg

はやくこういうのが撤去できるようになれば
いいのですが。

中3面談は今回は希望者制にしました。
が、すべての塾生の保護者の方から
ご希望の日時を提出されました。
しかもほとんどのご家庭でご希望の日時を
1週間以内に決定されるという素早さです。
日頃から当塾の運営にご協力くださり
ありがとうございます。

現在ちょうど半数ほど終了しました。
今年は説明会や個別相談の予約が
なかなか取れないという話が多く聞かれます。
すでに受験校を絞っている生徒もいれば
まだまだ悩んでいる生徒もいます。

私立はもう間もなく出願ですが
公立は2月まで変更はできますので
焦る必要はありません。
ただ目標があった方が勉強するにも
やる気が出るでしょう。

公立の入試まではあと110日台に
なりました。

中3があと何回塾に来るのか数えてみました。
せっかくだからプリントにして面談のときに
お渡しすることにしました。
chu3.png

これによると11月以降であと56回です。
つまり公立入試までの二日に1回は塾に
来ることになるので、まだまだたくさん
勉強できますね。

ちなみにこの日数には正規授業のほかに
テスト対策で来る日も含まれています。
また年明けは2回の祝日
(成人の日・建国記念の日)も塾を開けて
勉強する予定です。

あくまでも塾生全員が来る日であって
他に塾に来て勉強したい人は
さらに増えることになります。

100日を切ると、徐々に現実味を
帯びてきます。
今のうちにできることをやっておきましょう。
posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと