2015年03月20日

まとめ書き 【ん?】

まとめ書き第2弾。

約1ヶ月ほど前、戸塚地域の小中学校で地元の塾の
先生はおそらく誰も知らないであろう
取り組みがありました。

前にも書きましたが、今年度の戸塚中は学力推進の
モデル校、とまではいきませんが、とにかく学力を
上げることに力を注いでいることになっています。

そこで、2月19日〜2月26日の1週間ほど
ノーテレビ・ノーゲームデー という取り組みが
あったのです。 
これを読んでいらっしゃる数少ない地元の塾関係者
の皆さんはご存知でしたか?

私は19日から知っていましたが、その感想が
タイトルの通りです。
正確には ん? ではなく うーーん? 
でしょうか。

たしかにテレビやゲームが勉強の妨げになるという
のも一理あります。

が、おそらく効果はまったくといっていいほど
無かったと思います。
期間中も普通にテレビを見ていた小中学生が
多かったのではないでしょうか。

取り決めも中途半端で、テレビはだめだけど
ニュースはいいそうです。
じゃあ、ゲームはだめだけど勉強になるゲーム
ならOK? ということにもなります。

本気で学力をあげるつもりなら、他にも方法が
あることは、戸塚中の先生ならだれでも
分かっていると思います。

さすがに全員塾に行きなさい
とは言えないことは分かります。
ので、これは無しにします。

で、勉強の妨げになっているもの
それはずばり部活です。

もちろん普通に取り組む分には何の問題も
ありませんが、一部の部活では
下校時刻を1時間も2時間も無視して延長したり
毎週土日には1時間以上かけて遠征したり
朝4時起きだったり
テスト前以外は一切休みが無かったり
テスト前だろうと部活があったり
とにかく部活にかける情熱がちょっと
いきすぎてるのでは と思うことがあります。

前にも書きましたが、全国的な調査でも
部活が生徒だけでなく顧問の先生の負担にも
なっているという結果が出ています。
それに、早起きするのは生徒だけでなく
保護者の方もとなります。せっかくの休みなのに。

当然ですが、部活に時間をかければかけるだけ
先生本来の業務であるはずの授業研究に費やす時間
が削られます。
学校の先生に、もっと授業研究の時間をかけて
もらうためにも部活の時間は減らした方がいいと
思うのは、私のような外部の人間だけでなく
学校の先生たちにも同じ意見があると思います。
でも、それが言いだせない雰囲気なのでしょうか
とうがった見方をしてしまいます。

こういったことから、ノー部活デーなるものも
全国的に広がっています。
特定の曜日には部活をしないことを強制する
といった取り組みです。
任意にすると、絶対に守らない部活があるので
強制的にしている学校が多いようです。

これも、特定の中学だけにすると
部活に熱心な人からは他の中学が練習しているのに
うちだけ休みになるのはよろしくないと
クレームがでるので、自治体全体での取り組みに
しているところが多いようです。
私がいた佐賀県でも一部の自治体では
部活を休みにする日を設定しています。

他にも、スマホを午後9時以降には使わない
といった取り決めをしているところもあります。
これも学校ではなく、自治体レベルです。

このように、本当に生徒のことを考えているの
なら、学校ではなく自治体レベルで動かないと
ダメでしょうね。
つまりは、戸塚中ではなく、川口市とか
埼玉県の教育委員会がもっと実態を知って
働きかける必要があるということです。
posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 学校の授業
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/115609390
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック