2015年06月04日

中間テスト

今日は木曜日で、本来なら中3の授業日ですが
前に書いたように修学旅行のために曜日変更して、
中2の授業を行いました。 
明日帰ってくる中3は土曜日に授業を行います。

さて、いつまでたっても出なかった中1の中間の
結果がやっと出たようです。
ただし、国語の点数が変わった生徒が何人か
いたようで、塾内の記録ももう一度書いてもらわ
なければなりません。

原因は国語の解答用紙の不備です。
問題をちゃんと読んでいない方が悪いと言われれば
それまでですが、通常国語にしても数学にしても、
解答を書く際に迷わなくていいように作るのが
問題作成時の最低限のルールです。

他の学年では聞いたことのなような事態だったので
次回のテストでは正常に戻るものと期待します。

学校帰りに成績表を持ってきてくれた中1生が
いたので平均点が判明しました。
また何人かは順位を報告してくれました。

その結果
中1は13名中
450点以上が4名
400点以上が11名
と、点数だけ見るとかなりの好成績を
収めることができました。
ただし、何度も言っているように大事なのは
点数ではなく順位です。

で、順位を見てみるとおおよそ点数とは
似つかわしくない結果でした。
過去の結果を踏まえて、中1の1学期でも450点
いけば30位以内には入れるだろうと思って塾生にも
話していました。
もちろん何の根拠もなく話したわけではありません。

例えば450点付近の塾生順位で見ると
昨年は451点で学年22位(学年平均337点)
一昨年は458点で学年24位(学年平均366点)
というのがあったからです。

しかし今年の塾生の結果を聞くと
学年平均は一昨年とほぼ同じ366.8点でした。
(一昨年は厳密には366.3点)
で、同じく458点の生徒がなんと45位でした。

たしかに学年300人もいれば、こういうことも
あるでしょうが9割以上とっても50番に入れるか
どうかというのはテストとしてのバランスが
悪すぎると思います。
まあ、次回からは平均点も下がってくれば
こういう事態は回避できるとは思いますが
昨年も一昨年も、1学期は中間・期末とも
それほど平均点に差はありません。

むしろ2学期から徐々に下がってきますので
塾生の皆さんも、あまり焦らずに先を見た勉強
をしてほしいと思います。

実際、上の学年も2学期や3学期とだんだん
難しくなるにしたがって、順位は上昇している
傾向が見られます。
1学期の順位は良ければ良いに越したことは
ありませんが、平均が高すぎるために同じ点数に
何人も密集しています。
少しのミスで10番くらい簡単に下がります。
中3になってからこういうミスは避けたいところ
ですが、中1ですから想定の範囲内です。
繰り返しますが、先を見た勉強に取り組むように
塾でも話していきたいと思います。


とはいえ、今年の中1はかなり頑張っています。
学年平均が高いことを差し引いても、それを
大幅に上回る成績です。

学年平均と塾生の平均を比較してみます。
国語は先ほど書いたように、得点が変更になった
生徒がいるようなので、明日まで分かりません。

    学年平均  塾生平均  平均との差
国語  75.6  ****   ****  
数学  70.0  79.2   +9.2
英語  74.2  92.8  +18.6
社会  71.3  84.8  +13.5
理科  75.8  91.3  +15.5
5科 366.8  ****   ****

おなじみのフレーズですが、塾生は全員戸塚中で
成績の良い生徒だけの記録ではありません。
塾生全員(中1生13名)の記録です。

英語と理科の塾生の平均がずば抜けています。
英語・社会・理科は塾生全員が学年平均を
超えました。
さらに5科総合も全員平均を超えました。
この「全員」というのに価値があります。
社会と理科は時間をかけただけのことはあります。
逆に英語はまったく時間をかけていませんが
さすがに1年近く準備をしてきたので
これくらいは取れるだろうと思っていました。
数学は例年と同じくらいです。

つまり、塾で学習した内容に関しては
見事に結果に現れたようです。
逆に、英語同様あまり取り組んでいない国語に
ついては学年平均と変わらない得点です。

では、塾で国語の時間を増やせば定期テストの得点
も比例して上がるのかというと、答えはNoです。

定期テストに関しては、国語はほとんど学校の授業
で取り組んだ内容(ノート・プリント・ワーク)から
出題されます。
塾でいくら問題を解いてもほとんど出題
されることはなく、学校の授業を大切に受けて
しっかり復習することが一番の方法となるわけです。

ただしこれは定期テストに関することで、北辰や
入試はまた違います。北辰や入試では今度は
学校の内容はほとんど関係ありません。
こちらは塾でいくらでも対策ができますので
過去の塾生たちも、北辰・入試では国語も
そこそこ得点源としています。


うちの塾は1学年10人少々で
3学年合わせても30数人です。
この30数人の中で、今回10人の塾生が
学年50番以内に入りました。
各学年300人いる規模として考えると
これはかなり多い方ではないかと思います。

うちの塾は1つの中学に限定しているので
もし普通の塾のように5つも6つもの中学の
生徒が在籍していれば、その人数も5〜6倍
になっていたかもしれません。

が、今までずーっと戸塚中限定にしてきましたし
戸塚中限定だから来ているという生徒も
いるでしょうから、これからも戸塚中限定に
こだわっていきます。
また1学年の上限も今までどおり10数人に
したいと思います。

中学3年生はすでに締め切りました。
中学1年生・中学2年生もあと数名で
締め切ります。

今回塾生がまずまず頑張ってくれたので
校内で塾の話題が出たときに、うちの塾の
名前が出てくるかもしれません。
いずれにしても、定員になり次第
募集終了となりますのでご了承くださいませ。

posted by Mさん at 23:55| Comment(4) | TrackBack(0) | 塾のこと
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/137839563
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック