2017年03月14日

実力チェック!

今日は数検の申し込み締め切りでした。
塾では希望者がなかなか集まらなかったので
今回は見送りとなりました。
漢検は結構希望者が多いのですが
数検は年に1〜2回の実施となっています。

さて、その数検。
個人的に申し込みました。
たしか一昨年、2級と準1級に合格したことは
ここにも書いたと思いますが
今回申し込んだのは準2級です。

え、順番が違うだろ! と全国から突っ込みが
入りそうです。
学生の場合は受験のためという理由がほとんど
だと思いますが、卒業してしまうとその目的も
なくなってしまいます。
それでも社会人で受ける人は数検のほか漢検や
英検でも結構います。

これは純粋に趣味のためであったり、
私のように教えることを職業にしている場合は
その力を確認するためでもあります。
よって大手の塾や予備校では、こういった検定に
毎年合格することを課しているところもあります。

高校の先生の中には高校受験の問題
(要は中学の内容)でさえ平均点に達しないと
いう信じられない先生もわりといるそうです。
それは先生になったことで、そのあとの
努力を怠っているからではないでしょうか。
公務員と違い塾の講師でこれは許されません。

まあ中学生対象の塾ですから3級までの内容が
理解できれば十分なのですが、最近は高校生からの
質問も多いのでしっかり教えられるだけの知識が
あるかどうかを客観的に判断したいと
思ったわけです。

一昨年受かっていても、勉強しなければ
忘れてしまいます。
よって自分自身のためにも受検してみようと
思ったわけです。

漢検の場合直接国語の能力は関係ありません。
英検は1次・2次と2回受けるのが日程的に
難しく数検となったわけです。
実はほとんど知られていませんが理科や社会の検定も
存在します。
あとでちょっと調べてみようと思います。

ちなみに数検準2級。
さすがに合格はできると思いますが
目標は満点以外ありません。
受検料はLINEQで賄います。

posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 個人的なこと
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/179110437
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック