2017年03月30日

卒業生来訪2

先週は11期生(赤ジャージ)の女子が来ましたが
偶然でしょうか、昨日は11期生の男子が
顔を出しました。

サッカー部だった3名です。
浦和西2名と越谷南に行った生徒で
3人とも大学生です。
国立1名と私立が2名です。


塾に来たのは夜の10時。
これは授業が終わるころを見計らっての
ことでしょう。
細かいことにも気を使えるのも
さすがうちの塾生です!

先週来た女子3名と同じで
話が尽きません。

y45hw45h.jpg

驚くことに3人とも中学の塾のことを
よく覚えていました。
勉強のことはもちろんですが、
くだらない話のことまで(笑)
むしろそういう話の方が印象に残っているようです。

また3人とも中学の頃は激しい部活で
かなり疲れていたようですが
決して塾は休みませんでした。
聞けば、塾は楽しかったから絶対に
休みたくなかったそうです。
嬉しいことを言ってくれます。

このあたり、戸塚中限定の集団塾にしている
最大の利点です。
まわりに一緒に頑張っている同級生がいると
自然と勉強する気になるものです。

今は個別や少人数制の塾が多くなりましたが
集団塾にしかない利点もあります。
まあ集団塾といっても10数名ですから
大手の集団塾と比べたら少人数とみなされるかも
しれませんが・・・


いずれにしても、3人とも充実した学生生活を
送っているようで安心しました。
また5年前に卒業した塾のことを鮮明に
覚えていてくれて、こうやって顔をだしてくれた
ことを嬉しく思いました。

うちの塾は私がひとりで運営しているので
塾が続く限り私はいます。

塾を始めて15年がたち
最終在籍者だけでも200人近い戸塚中生を
送ってきました。
他にも途中まで在籍した生徒を含めると
300人前後の戸塚中生とかかわったことに
なります。
私自身ももはや何人に教えてきたのか
分からなくなりました(笑)


5年生から中学3年生まで、
全教科を教えているのですから、
普通の塾や学校の先生と比べても
その時間は比較にならないほど長くなっています。
卒業生たちの頭の中に塾のことが残っているのは
ある意味必然かもしれません。

今回はたまたま11期生(赤ジャージ)の
生徒たちが立て続けに来ましたが
他の学年の生徒たちも顔を見せてくれます。
塾としての役割は高校入試でおしまいですが
こうやって、卒業後何年たっても
塾に寄ってくれる生徒を見ると
この仕事をやっていてよかったなあと
思える瞬間です。




posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/179295142
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック