2017年09月27日

中2テスト範囲を見て

今日は水曜日で中2の授業日でした。
中2も今日テスト範囲をもらったようで
早速持ってきてくれました。

中1にもいえますが、
今週は部活の新人戦があるために
いつもより早めにテスト範囲が配られました。
また、今年は2学期の中間テストの日程が例年より
10日以上早くなっています。

ということで、
まだ2学期が始まって1ヶ月もたっていませんが、
中間テストの範囲が配られる時期となりました。

そのせいか、中1も中2も
心なしかいつもより範囲が狭い気がします。
ただ中1に関しては前回書いたように
時期よりも進度自体が遅いのですが。

中2の場合
英語の範囲はすでに塾では終了済み。
数学の範囲もすでに終了済み。
理科も社会もすでに終了済み。
ということで、普段扱っていない国語を除き、
全教科ともすでにテスト範囲の内容は
塾では学習済みです。

あとはこの範囲の復習となります。
中2も決して早いとは言えませんが
中1ほど遅いわけではないので、今後は
テスト範囲の勉強となります。

今日は、数学の範囲の最初に戻って
連立方程式の利用です。
要は文章題です。
これは苦手な人が多い単元なので
これから何度も復習してパターンを
覚えてもらいます。

あとは、理科と社会の復習を行いました。

ことあるごとに、次の中間テストは
理科が一番大変だよ、と塾生には話してきました。
生物の単元で覚える量がかなり多いからです。
ただ、想定していた内容までは範囲に
含まれていないので、若干楽になりました。

一番謎なのは社会です。
どうにも進み具合がつかめません。
今回の範囲は地理ですが、塾のワークだと
まだ1年生の内容なのです。
うーーん

2年生では日本の地理すべてを学習することに
なっています。
つまり、北海道から、東北関東中部に近畿
中国四国と九州までです。
残り半年ですが、まだ一切触れていません。
しかも並行して歴史もあるのですが・・・
果たして終わるのでしょうか。
というか終わるわけがありません。

1、2年で塾生全員が理科社会を学習している
塾はなかなかないので、あまり気づかれていない
のかもしれませんが、戸塚中の理科社会は
遅いのが毎年恒例となっています。

その分うちの塾生にとっては有利といえば
有利ですが、戸塚中という狭い範囲で上位に
なっても喜ぶべきところではありません。

他の塾で授業の少ない理科社会で
平均を大きく上回るのはうちの塾生に
とっては当たり前。
むしろ他の数学や英語もしっかり頑張ってもらい、
5教科全体として北辰や入試本番での結果に
つなげることが塾としての方針です。

次回の土曜日は、普段扱っていない
国語の授業をまとめて行います。
他の教科が先に進んでいるため
こうやって国語に振り替えることが可能です。
posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181131534
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック