2017年12月05日

高校別目標点数

昨日中3生たちにあるものを配りました。
毎年この時期に私が計算して作ったプリントです。

Effectplus_20171205_223349.jpg

何かというと埼玉県の公立高校の
高校別目標点数です。
しかも過去問の年度別に計算してあります。

よく〇〇高校には300点とか、おおざっぱな
くくりで話されることはありますが
もちろんそれはそれで一つの目安にはなります。
が、過去問を解くにあたっては
あまりにもおおざっぱすぎます。
なぜならすでに終わった過去問の場合
当然ですが年によって平均点は違います。
同じ点数でも平成25年ならギリギリだけど
平成26年なら余裕で合格の可能性もあります。

実際、平成25年と平成26年では
5科で平均点が25点も違います。

塾の人間としては、また私の性格上
そんなアバウトは好きではないので
毎年、年度別の目標点を計算して塾生に
渡しています。

もちろん実際の入試で誰が何点取って
合格だった、不合格だった
ということは一部は分かってもすべてを
知るのはその高校の先生以外は不可能です。

よって高校ごとに設定されている偏差値から
逆算して目標点を設定しています。
計算には若干数学の知識を使っています(^^)

ただ今年は例年と違って2点ほど難しところが
ありました。
ひとつは今年から始まった選択問題の扱いです。
平均点は発表されていますが
特に数学などは例年なら70点くらい取れる生徒
でも50点くらいしか取れないくらいに
難しくなっています。
そのあたりの補正作業に苦労しました。
ここは長年の経験とやはり数学の知識を使って
計算しました。

もう1点は新校である川口市立高校の扱いです。
過去のデータがないので設定は難しいのですが
北辰の資料などを使い、自分なりに基準を算出
しました。
現在うちの塾からもこの学校を希望している生徒は
いるので作業も慎重になります。

いずれにしろ、ただ過去問を解くよりも
こうやって目標となる点数があった方が
やる気も違ってくるでしょう。

英語や国語の作文、数学の証明や
その他教科の記述問題でどれくらいの
部分点がもらえるか分からなければ
私が採点します。

期末も終わったことですし、
過去問にも早めに手を付けてください。
posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181793529
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック