2018年01月17日

そういえば

川口市はずっと小学校も中学校も、学区外で
あっても希望する学校に進学できたのですが
(希望者が多すぎると抽選はありました)
再来年度から希望制を廃止して、原則学区内の
学校に進学することになるそうです。

たしかに一部の学校に偏りすぎている
ということはありました。
生徒が集まる学校は部活の希望者なのか、
集まらない学校は学校そのものに問題があったのか
は外部からは分かりませんが
希望制にした時からある程度は想定できた事態
ではなかったのでしょうか。

ちなみにうちの塾の5年生の場合
全員学区は戸塚中なので、特に問題はないようです。

なぜかというと、うちの塾は塾としては珍しく
受け入れる中学を限定しています。
よって、最寄りの中学が戸塚中であっても
学区外であれば戸塚中に通えなくなり
そうなると必然的に当塾の受け入れ対象外と
なってしまいます。

この地域(戸塚・東川口)は毎年人口が増えており
そのため学区も複雑になっていて
同じ小学校であっても、進学する中学が違うと
いうこともあり得ます。

小学校が同じなら中学も同じというのが
私の中での常識だったので
ちょっと驚きです。

在学中に引っ越した場合など
今まででしたら学区外であっても元の学校に
通うことが可能でしたが、今後どうなるのかは
市のHPを見た感じでは分かりませんでした。
今度詳しい人に聞いてみたいと思います。


posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182181488
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック