2018年02月25日

16回目の

今日はテスト前最後の日曜ということで
いつも通りのテスト対策です。

テスト対策といっても特別なことを
やるわけではなく
各自コツコツと問題を解きまくるだけです。
質問があったらそれに私が答えるという形式で
テスト前の1日だけで一気に得点が上がるような
魔法は持ち合わせていません。
要は日ごろの積み重ねが大事で、
今日もその延長ということです。

やはり家にいるとどうしても様々な
誘惑に負けるようで
塾に来た方が勉強ははかどるようです。

中3などは今日も正規の時間以外にも
自習に来て勉強していました。

うちの塾では自習は予約制で
もちろん私語は厳禁です。
したがって自習といっても友達と
打ち合わせをしてくるのではなく
みんな一人で来ています。
だから来る時間も帰る時間もバラバラで
当然私語もなく真剣に取り組んでいます。

それで私が暇そうなタイミングを見計らって
質問はできるし、塾にはいくらでも問題は
あるし、まじめに勉強したい生徒にとっては
ものすごくよい環境が整っています。

普段のブログの様子から
この塾は居心地が良くて楽しそうな塾だと
思われている方もいらっしゃるかも
知れませんが、それはきちんと勉強をすると
いう大前提のもとです。
ただ楽しいだけの塾なら
まじめな生徒はとっくにやめているはずです。

私が言うのも何ですが
ここ数年は特にまじめな生徒の割合が多いです。
当たり前ですが、塾は勉強するところですから。

それでも楽しそうに通ってくれているのは
嬉しい限りです。

そんな塾生たちですが
毎年最後の授業の日というのがあります。

現中3(16期生)の最終授業日が
いよいよ明日となりました。

この学年は小学生から通っている生徒が多く
最終在籍者の半数以上は5年生からです。

中学のクラスや部活でも同じですが
長期間一緒にいるのが当たり前だった人が
急にいなくなるのは寂しいものです。
それが1年や2年ではなく5年ともなれば
なおさらです。
うちの塾は集団指導で1クラスしかないので
ずっと同じメンバーで席を並べて勉強してきた
わけです。 教えるのは5年間ずっと私(笑)


毎年、最終日は特別な思いで塾に来る生徒が
いますが、今年も同じだと思います。

ただ、私はというと
最終日だからといって
何か特別なことをするわけでもないし
何か特別なことを言うわけでもありません。
いつもと同じように始めて
いつもと同じように終えるだけです。
受験頑張ってねとは言うでしょうが。

それを15年間続けてきましたし
今年(16年目)も同じだと思います。

まあ今はそんな感傷に浸っている場合では
ありません。
それよりも入試本番で
いかに平常心で受けられるか
いかに実力を発揮できるか
いかに体調を管理できるか
を優先してください。

まあ、塾はおしまいといっても
毎年高校生になっても顔を出す生徒は
たくさんいます。

現に今日も昨日も高1が勉強にきていましたし
高2からはLINEで質問攻撃を受けていますし
高3は何やら作戦中のようです。
また、先日書いたように5年前の卒業生は
成人式に塾メンバーで集まって写真を
撮って送ってくれました。

こんな小さな塾ですが
皆さんの心の中のどこかに塾のことが
残っていてくれたら私もうれしいです。

posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182511873
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック