2018年03月23日

川口市立高校理数科は550点はほしい。

先週から今週にかけて公立高校入試の
得点開示の報告を受けました。
開示したところで結果が変わるわけでは
ありませんが、多くの塾生が協力してくれました。
ありがとうございます。

高校では早速課題が渡されていて
元塾生たちも頑張って解いているようです。
また時代の流れでしょうか、
すでにLINEのグループが作られていて
顔も知らないのにもう知り合いになっている
ようです。

私の高校入試のときなんか
入学式のその日までお互いの顔も名前も
知りませんでした。
そう考えると、今はクラスになじむのも
早いでしょうね。
逆に言うとSNSを使う環境になければ
友達を作るのも大変だということです。


今年は川口市立高校が新設され
予想通りものすごい人気になりました。
理数科は県で一番倍率が高く約2.3倍
文理スポーツが約2.2倍
普通科は1.6倍ですが、理数科からの
第二志望を考えると実質1.8倍近くに
なるのではないでしょうか。

定員40名の理数科には
戸塚中から合格したのは2名だけのようです。
何人受けたのかは分かりませんが
合格した2名はいずれもうちの塾生です。

聞けばやはり高校のグループが
できているようで、その情報によると
5科で400点超えている生徒も結構いる
ようです。
ただ理数科の場合、傾斜配点で
理科と数学は200点満点なので
5科で700点満点になります。
となると、合格するには7割ではきついと思います。
700点満点では550点くらい必要では
ないでしょうか。

つまり
国語・英語・社会で70点
理科・数学で80点とすると
70+70+70+160+160=530なので
これだと内申が相当よくないと
難しそうです。

ちなみに埼玉県の入試問題の平均点は
各教科50点前後です。
70〜80点取るのはなかなか大変です。

いずれ細かい分析結果が出るとは思いますが
参考までに理数科に受かったうちの塾生の場合
内申は
1:1:2で計算して二人の平均が170ほど。
漢検は準二級
数検は三級でした。

感覚的には近隣の学校で比較した場合
1年目にして
理数科は川口北と同じくらいかそれ以上
普通科は越ヶ谷と同じくらいかそれ以上の
学力が必要なようです。

ただ、前にも書いたように
これだけ倍率が高かったのは
新しい学校というのもありますが
選択問題を使用していなかった
というのも大きいと思います。

今後選択問題を使用するようになったら
倍率は若干収まるかもしれません。
だからといって難易度は今後も
それほど変わらないのではないでしょうか。
なんにしても、せっかく地元にできた
新しい高校です。
ずっと魅力のある学校でいてほしいと思います。

posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 分類に困ったもの
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182819335
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック