2018年04月14日

なるほどね

前作と違い、意外と積極的に見続けている
今期の朝ドラ「半分、青い」

長いことタイトルの意味が謎でしたが
今日の放送でなんとなく分かりました。

以下ネタバレを含みますので
これから録画を見る予定だぜ!
という方は読まない方が賢明かと思います。


専門的なことは分かりませんが
主人公は、おたふくかぜの影響で
左耳が完全に聞こえなくなるという
ハンデを背負ってしまいます。
今のところ持ち前の明るさでそのハンデを
感じさせないのは視聴者にも救いと
なっています。

ある日、雨が降っているので傘を
差していましたが
耳の聞こえない左側には雨音が聞こえない
つまり半分(左側)は晴れている
ということで
半分、青い ということらしいです。

かなり大雑把な説明で恐縮ですが
なんとなくこんな感じだったと思います。

来週からは子役からバトンタッチして
本来の主役が登場します。
永野芽郁さんという人、まったく存じませんが
予告を見た感じは明るそうな内容で
なによりです。
朝からどんよりとしたのは見たくないですからね。
あまちゃんのように明るいのを期待します。

posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 分類に困ったもの
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182982235
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック