2018年04月28日

なかったことに

中間テストの範囲が昨日全学年とも配られました。
早速塾生たちに見せてもらいました。

通常は2週間前に発表されますが
今回は連休があるので早く発表されることは
想定していました。
また、うちの塾ではテスト範囲が出たら速やかに
報告するようになっています。
塾生全員が戸塚中なのですから、
テストの日にちもテスト範囲も全員一緒
つまりテスト対策も無駄なく行えます。

普段から学校の授業の進み具合は塾生に聞いて
把握しているので、だいたいの範囲は予測
できるのですが範囲表が配られたら塾の授業も
いったんストップして、テスト範囲の勉強に
取り組むことになります。

中1に関しては理科と数学と社会はほぼ
例年通りの範囲ですが、英語はちょっと
少なすぎます。
Unit1の最初のページだけです。
つまり文章は I am の文章だけ。
あとはアルファベットと単語でしょうか?
これは、いくらなんでも遅すぎます。

遅いと範囲が狭くなり平均が高くなるとか
そういう次元の話をしているわけではありません。

授業が遅いと、いずれ必ずしわ寄せが来ます。
1年生のうちに終わり切らないと、後半内容が
難しくなっても、生徒の理解度などおかまいなしに
猛スピードで進むことになることを危惧している
のです。

ということで期末ではもう少し進んでほしいと
思う今日この頃です。


中2の範囲を見てみると
中1以上に深刻な事態が・・・

英語や国語は特に問題ありません。
数学もまあ想定通りです。
が、
社会の範囲は前回に引き続き歴史なのですが
1年生の学年末の範囲と今回の範囲の間
(鎌倉時代の一部)に空白の期間があるのです。
たしか前回も平安時代の一部に空白がありました。
知識が断片的になると困るので
できれば範囲は飛ばさないでほしいところです。

ただ社会はページにして数ページですが
理科は豪快に飛ばされています。
1年生の学年末で終わり切らなかった部分
地学の地震と地層の部分です。
このあたりは毎年のように終わらないので
2年生の最初の中間テストに組み込まれることが
多いのですが
(実際去年の2年生の範囲にも含まれていました)
なんと、今年の2年生には含まれていません。

テスト範囲に入っていれば、ほとんどの生徒は
嫌でも勉強するでしょうが・・
つまり、この学年(緑学年)の生徒たちには
地震と地層はまともに勉強せずにこのまま
受験を迎えることになりそうです。

先ほど授業の進度が遅いと困ると書いたのが
現実にこの学年では起こっているのです。

こんなことは、ここに書かない限り
ほとんどの人は気づきません。
むしろ生徒たちはテスト範囲が少なくてラッキー
と思っているかもしれませんが、大間違いです。
ラッキーどころか深刻な事態であると考える
必要がある、ということは塾生には伝えました。

塾ではことあるごとに復習に取り組みますし
地震も地層もいつテストがあっても
いいように学習してきました。

ところが何度か書いているようにほとんどの塾では
中1の塾生全員に理社の授業はありません。

この学年の中3になってからの学力テストが
今から心配になってきます。
私は、うちの塾生だけできればいいという
考えは持ち合わせておりません。
塾生であろうとなかろうと、できれば一定水準の
学力は備えておいてほしいと思っています。

ちなみに先ほど数学は想定通りと書きましたが
範囲の約半分は中1の範囲からです。
この学年の数学は中1のころあり得ないくらい
遅れていて、終わり切れなかった分が今回の
範囲に入っているのです。

中1で終わらなかった内容が
数学では中2の中間で出題され、
理科ではなかったことにされた。
そのあたりは教科担当による考えの違いでしょう。


ちなみに中3では
2年で終わらなかった数学(確率)は
今回きちんと出題されますが
やはり理科(天気後半)はスルーされました。
社会も数ページ消えたようです。


何やら愚痴っぽいことが多くなりましたが
この範囲をもとに塾では勉強していきます。
中1の皆さんにとっては初めての定期テストです。
それぞれ目標はあると思いますが
今回の結果が今後の指針となるわけです。
また最初のテストはどの教科も平均が高いので
ちょっとでもさぼるとひどい順位になって
しまいます。
なるべく中1のうちから自分の成績には
関心と責任をもつようにしてください。

ちなみに私(塾長)の中1の1学期中間テストは
国語  96点
数学 100点
英語  96点
理科  78点
社会  92点
5科 462点 で388人中学年3位でした。
(実際は50点満点でしたが100点満点に換算)

過去16年間の塾生で、最初の中1の中間テストで
5科で学年1位を取った生徒も3名います。

別に順位だけがすべてではありませんが
せっかく塾に来ているのですから
あまりみじめな点数は取らないように
してくださいね。

posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183114064
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック