2018年05月07日

意外とどうでもいい話

長いようで短かった連休も終わりましたね。

ここらで気持ちを入れ替えて
と行きたいところですが、
2週間前に負傷した私の右手
なんといまだに治っていません(..)

通常時を100
負傷直後を10とすると
今はまだ30くらいです。
まだまだ痛いのです・・・

とにかく握力が戻らないし
へんな方に曲げたら痛いしで
なかなか大変です。
シャッターの上げ下げにも一苦労
自転車の運転も一苦労
ホワイトボードの文字を消すのも一苦労
重いものもなかなか持てません。
塾生だけにはわかると思いますが
そういうわけでジュースの入荷も遅れ気味です。

あと、何が大変かというと
このブログをふくめてパソコンの操作です。

こうみえてパソコンは20年近く使っているので
ある程度の文字はキーを見なくても
打てるようにはなっていますが、負傷後は
感覚がおかしくなったのか妙に押し間違えて
やや時間がかかってしまいます。

ということで、早く治ってくれ!!!!


さて、私は誰もが知るように佐賀県出身です。
が、いつの間にか佐賀県で過ごした18年よりも
埼玉県に住んでいる時間の方が長くなりました。
それでも毎年のように塾生に訛りを指摘されます。
まあ、それは慣れているからいいのですが
つい最近、自分の訛りのせいなのか
なんなのかわからなくなる事態に遭遇しました。

ここで皆さんに問題です。
次の文字を読んでください。

千葉県


つづいて、こちらを

千葉


どうでしょう?

千葉県の時の読み方と
県をとって千葉と読むとき

これで発音、というかアクセントが
変わっていませんか?

同じようなことが他の県名でも。

長野県 と 長野
岩手県 と 岩手
などなど・・・

同じアクセントでも読める気もするし
違う気もするし
ずっと考えていると頭がおかしく
なりそうです(笑)

私は音声学の専門家ではないので
詳しいことは分かりませんが
実は正しい読み方があるのかもしれません。


なぜこのようなことを気にしているのかというと、
先日見たNHKの番組で半分、青い。
の松雪泰子がゲストに出ていて
松雪さんは芸名ではなく実は本名なんです
松雪という苗字は佐賀県の鳥栖に集中しています。
というくだりを聞いた時です。
たしかに、私の高校の同級生にも松雪くんと
いう人がいたので佐賀県鳥栖市に多い苗字と
いうのは知っていましたが、そのときの
古舘伊知郎と赤木アナの鳥栖の発音です。

これが私が小中高のときに聞きなれた鳥栖の
発音と違っていたからです。

日本一発音に厳しいNHKが間違えるとは
思えないので、私の思い違いの可能性が
高いですが、そこでふと上のようなことが
思い当たったわけでございます。


 



posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 分類に困ったもの
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183203352
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック