2018年05月14日

テスト対策の内容

いよいよ今年度最初の定期テストまで
あと1日となりました。
今日は月曜日で帰宅時間が早いはず。
ということで、その時間を使って今日も
塾生全員を対象にテスト対策を行いました。

さて、この地域にも塾はたくさんあって
テスト対策を実施している塾も多いと思います。
本当は授業を先に進めたくても、他の塾が
やっているからという消極的な理由で実施している
ところもあるのではないでしょうか。

テスト対策のやりかたは塾によってさまざまです。
塾生情報によると、友達の塾では1日10時間
近くの塾もあるそうで、生徒も先生も大変ですね。
私は普通の中学生の集中力がそこまで持つとは
思えないので、同じ10時間なら3〜4日に分けた方
が効率が良いと考え、今のような日程にしています。

また、戸塚中限定の塾なのでさぞや特別な対策を
しているのでは? と思われるかもしれませんが
いたって普通です。
というか、むしろ直前はほとんど指示をしません。

私の方からいろいろ言ったり説明したりするのは
1週前くらいまでで、そのあとは各自テーマを
決めて学習してもらいます。
直前まで手取足取り教えるのは、本人のためにも
ならないと思います。 テストの時に私が
横について教えるわけにもいきませんし。

各自行うということは、教科は自由です。
テスト用のワークは各自約10冊ずつ持っています
し、付属のテキストや私が作成したプリントなど
取り組める問題はいくらでもあります。
学校から指示された課題ももちろんOK。

通常の時間割だと教科が決まっていますが
テスト前は原則として教科も自分で決めます。
みんなひたすら問題を解いていきます。
そこで質問があれば私が答えますし、
質問がなくても、おかしいところに私が気付けば
それを指摘していきます。
普通の塾ではあまり考えられない状況ですが
私は全学年全教科担当しているので、
うちの塾生にとってはこれが普通です。

よってテスト前だからといって休む生徒はいません。 
テスト前は塾に来る日数も増えますが
それでもきちんと塾に来て勉強します。
1年生は今回が初ですが、上の学年の生徒たちは
塾に来ることが得点につながる、つまり自分の
ためになることを知っているから休まないのです。

中学生くらいだと、家で勉強しようと思っても
いろいろと誘惑があります。
30分やってスマホを見て
20分やってスマホを見て
10分やってテレビを見て
30分やってお菓子を食べて・・・

これでも何もやらないよりはましですが、
2時間なり3時間なり集中して勉強できる環境が
塾にはあります。

友達と一緒に勉強するなど論外で
家だろうとファミレスだろうと図書館だろうと
友達と一緒だとなかなか勉強は進みません。
それを、勉強ごっこと呼びます。


あ、ちなみにうちの塾では
定期テストの過去問は一切使いません。
近隣の他の塾がどうなのかは知りませんが
全国的には結構使っている塾もあるようです。

うちの塾で過去問を使わないのは
仮に過去問を使って解けたとしても
本人の努力ではなく出題者の怠慢だからです。
それに一度それで味を占めると、次からも
過去問だけやっていればいいという安易な発想に
流れる恐れがあるからです。
実際そんなに過去問と同じ問題が出ている
わけでもありません。

どんな問題が出ても対応できるように
範囲全体をまんべんなく取り組んでもらう
というのがうちの塾の方針です。
結局それが将来のためにもなります。
楽して学力はつきませんよ、ということです。

posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183237930
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック