2018年05月20日

北辰テストを解いてみた1−1

中間テストが終わり、今度は連日高校生が質問や
自習に来る今日この頃です。
水〜土の四日間で10人くらい来ました。
私も時間があれば質問に答えます。
質問といっても、数学だったり物理だったり
古典だったり英語だったりさまざまです。
答えを言うだけなら簡単なのですが、
理解させるのが塾の人間の仕事です。
正式な塾生は中学生までですが、職業病とでも
いいますか、質問されたらちゃんと答えるのです。

高校生の場合、突然出された質問にその場で
答えをだしそれを分かるように説明する
必要があります。
私にとってもいつも同じ学年の内容ばかり
教えるよりも、なかなか緊張感があってよいです。

塾で全教科教えているのも同じような感じです。
元々数学を教えたくてこの業界にバイトとして
前の塾に申し込んだのですが、いつのまにか
数学以外の教科も教えるようになりました。

自分で塾を始めてからは、せっかくだから
全教科教えようということにしました。
いくら数学が好きだとは言っても、毎日毎週数学
ばかり教えていたら飽きてしまいます(笑)
全教科教えるのは、私にとっても脳がリフレッシュ
されて大いに結構なのです。

普通塾の先生といえば半数どころか8割くらいは
大学生のアルバイトです。
私も大学生のころは塾でアルバイトをしていました。
塾で使用する教材にはたいてい解答がついているので
答えが分からないということはありません。
ただ、突然質問された問題には答えがあるとは
限りません。
それを即答し解説できれば、おおー! 
となり信頼度も高まるわけです(笑)

そういうことで常に全教科のことを考えています。
またたまに来る高校生のためにも、本来なら
必要ないであろう高校の数学の勉強も
しています。

ただ本当に理解しているかどうかを客観的に
測る手段はなく、数日前にも書いたように
よく塾生から
「塾長の偏差値どれくらいですか?」という質問を
毎年のように受けるので、北辰テストを
解いてみることにしました。

ちょうど先日3年生の第1回の結果と問題が
送られてきたので、これを利用します。

土曜日、ちょっと時間があったので
手短に住みそうな社会と理科にチャレンジ!
試験時間は40分ずつですが、いずれも15分で
終了し自己採点してみます。

Effectplus_20180520_235059.jpg

Effectplus_20180520_235153.jpg

ノートに書いたので雑ですが
社会はなんと97点(泣)
理科はまあ100点でした。

社会の偏差値は71.7
理科の偏差値は75.6 らしいです。

ちなみに社会は何を間違えたのかというと
大問2の問6の地形図の問題です。
等高線の問題ですが、老人には
線が細かすぎて判別できませんでした・・・
まあ、ドンマイです。

残るは国語と英語と数学です。
北辰の作文は採点が甘く、塾生も満点続出なので
これはちょっと省略して満点ということにします。

資料を見ると5科で474点取れば
県で10番以内に入れます。
ということで、残り3教科で277点。
いけるかな?
今まで17年間塾をやっていて北辰の問題は
ちらちらっと見たり1教科だけ解いてみた
ということはありましたが、5教科全部という
のはありません。
放置したら面倒になるので、月曜か火曜くらいを
目途に解き終えたいと思います。


埼玉の塾関係者がこれを見ていたら
是非、北辰の問題を5教科とも解いてみる
ことをお勧めします。
または講師に解かせることをお勧めします。
そんなのとっくにやってるぜ! という方には
大変失礼しましたm(__)m

自分の担当の教科はできて当たり前
教えていない教科でも中学の内容ですから
偏差値65以上はほしいところです。

塾で教えているのですからできないよりは
できた方がいいでしょう。

塾に通っている生徒たちも
質問しても答えられない先生よりも
どんな質問にも答えられる方がいいと思います。

とかいいながら、
私がひどい点数だと恥ずかしいので
できなかったら教える方も復習をすればいいのです。
とフォローしておきます。


posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 個人的なこと
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183278946
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック