2018年05月23日

百科事典

今日の半分、青い。を見ていて
あ〜 あったなあ! と。

秋風さんが若いころ
百科事典のセールスマンをしていたと。

たしかにうちにもありました(笑)
百科事典。

うちだけでなく、ほとんどの友だちの家にも
百科事典が誇らしげに本棚を飾っていたという
記憶があります。

なかなか立派な装丁がされているので
全巻セットで結構なお値段になると思いますが
それだけ百科事典ブームがあったのでしょうか。

ちなみに私の家で百科事典を見ていたのは
私だけです(笑)

全部で15巻くらいありましたが特に、
算数・数学
日本地理
世界地理
の3巻はものすごく読んでいた記憶があります。
逆に言うと、その3巻だけですが・・・


これを見て小2か小3のころに
自分で勝手にノートに福岡県メモとか
作成していました。
おかげで小2だか小3で各都道府県の特徴とか
国の名前とか首都とかけっこう覚えていました。
あと特に塾に入っていませんでしたが
小学生のうちに、見よう見まねで
中学や高校の数学の内容も覚えていました。

我が家の百科事典は多少、本当に多少ですが
役に立っていたようです。

はたして今の小中学生の家庭に
百科事典はあるのでしょうか?

ふと思ったのですが、同じように
トマソン的な時代の遺物が他にも
あるような気がします。

例えば
国語辞典とか電話帳(タウンページ)とかは
どうでしょう?

いずれもネットで簡単に調べられる時代です。
新聞と同じで徐々に家庭での保有率は
低くなっているのではないかと思います。

posted by Mさん at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 分類に困ったもの
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183302051
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック