2018年05月29日

まあまあ

今日は火曜日で6年生と中1生の授業日でした。
今日から6年生も英語の小テストスタートです。
しっかりと取り組んできた生徒は
ちゃんと満点が取れていましたね。

その後は英文練習の続きです。
ちなみに6年生が今日学習した内容は、
そのまま現在の中1が学校で習っている内容です。

1年かけて基本的なことを身につけて
英語を得意教科にしてもらう予定です。
小学校のうちに小テストや宿題をきちんとこなして
いれば、中学でもそこそこ英語の得点が期待できる
ことは過去の中学生が証明しています。
残念ながら逆もまた同じです。

夜は中1でした。
中間の結果が気になるところですが
2週間たってもいまだに発表されません。
いくらなんでも遅すぎます。
まさかそろばんで計算しているわけでもあるまいし
テストの集計など1週間もあれば十分だと
思うのですが、先生も忙しいのでしょうか。

テストで頑張った生徒にプレゼントしている
豪華粗品については
・どれか1教科でも90点以上
・5教科で400点以上
・前回より5教科順位がアップ

となっています。
中1は前回順位がありませんが
14名全員が1番目の項目に該当したので
早速豪華粗品ゲットです!

1回目だから学年平均も高いのですが
そこでしっかりと得点できているところは
率直に評価したいと思います。
この調子で次も頑張りましょう。


またすでに学年順位が判明している中3に
ついては昨日景品ゲットとなりました。
こちらも新メンバー3名を加えて11名
全員が該当しました。 
お見事!

集団指導の塾ですので、誰か一人だけ良いよりも
やはり塾生全体の結果が気になります。
目安としては、塾の平均が5教科で
学年平均より50点以上上回ること
塾生の半数以上が100番以内に入ること
などをひそかに目指しています。

この学年は毎回安定して塾生の平均は
60〜70点ほど学年平均を上回っています。
今回も軽くクリアしました。

また1学年約300名のなか
塾生11名中9名が100番以内に
20番以内には3名入っていました。
地域に40以上も塾があることを考えると
塾生たちもなかなか頑張ったといえるでしょう。

まあ範囲の決まっている定期テストよりも
最終的には北辰や入試本番で正解できる力を
つけることが必要ですが、現在の埼玉の入試制度を
考えると定期テストでもしっかりと得点しておく
必要があります。それが内申にもつながるからです。
これは中1も同じことです。

そのあたりの話は中1にも何度もしていくので
大丈夫だと思います。
posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183376699
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック