2018年05月31日

やっぱり塾は必要

今日は木曜日で5年生と中3生の授業でした。
5年生は先日体験に来ていた新メンバー2名が
加わりこれで6名となりました。
この学年も少しずつ増えてきましたね。
また、塾生全体の人数も50名を超えました。

この50名を超える生徒たちの勉強ができるように
なるかどうか、というのが私の力にかかっている
かと思うと責任重大です。

うちの塾は入塾時に学力による選別を行いません。
中学生はもちろん小学生も、集団塾についていく
のが難しいと思われるほど著しく基礎力が不足
している場合を除けば、基本的に誰でもウェルカム
です。
よって年度によって学力に若干のばらつきが
ありますが、そこは気にしません。
塾に入ってよかった、塾に入って学校の勉強が
分かるようになった、と思ってもらえれば
それでいいのです。あとは希望する高校に
合格できるように導くだけです。 

私は〇〇高校に何名とかはそれほど意識しません。
そういうのは何十教室、何百教室もある大手塾が
やればいいことで、うちのような小さな個人塾が
数で競っても意味のないことです。
ただ、一応塾なので合格実績は公表しています。
今までの卒業生も結構頑張ってくれていると
思います。


小学生のうちは、学習習慣を身につけさせることを
一番の目標としています。
学校でも算数や漢字の宿題は出ていると思いますが
それよりも少し難しい塾の宿題を毎回こなすことで
学習習慣を身につけてもらいます。

毎年、その習慣がきっちりと身についた生徒たちは
中学になってもそれほど勉強で困っている様子は
ありません。
まだ始まったばかりの5年生ですが、これから
頑張ってもらいたいと思います。
(私だけが気合を入れても仕方ありません。
 学力を上げるには本人の意志も必要です)

夜は中3の授業でした。
5年生と違いこちらはもう落ち着いたものです。
期末まであと1ヶ月となりましたが
この1ヶ月の間に、修学旅行があったり学総が
あったりと何かと忙しい時期になります。
勉強もおろそかになりがちです。

さて今日の塾の時間割は理科、英語、数学。
理科は何やら学校の授業が猛スピードで進みだした
らしく仕事まで終わったとのこと。
学校の授業スピードがコロコロ変わるのは慣れて
いるので別に構わないのですが、はたして塾生
たちがきちんと理解しているかどうかです。

と思って聞いてみると、どうにも要領を得ない
返事が。分かっているのか分かっていないのか
はっきりしない返事です。
経験上、こういうときは分かっていません(笑)

学校で先に進んだから塾ではやらない
ということはうちの塾ではありえません。
もちろん単元にもよりますが、理科の仕事の単元は
計算もいろいろとでてきて大切なところです。

よって最初から説明します。
案の定、定滑車と動滑車のちがいとか
動滑車の理屈とか、斜面やてこを使った仕事など
ほとんど理解していませんでした。

どうせあとから塾で習うから聞いていなかったのか
それとも学校の授業の説明が難しすぎて理解
できなかったのかは分かりませんが、
塾では初見の内容なので最初から教えました。

計算だらけの単元ですが、いくら理科の計算が
難しいといっても数学の計算に比べたら
高が知れています。
1時間ちょいの説明で、仕事率まで終わりました。
塾生たちもまずまず理解しているようです。
少なくとも塾に来る前と比べたら
理解度は天と地ほどの違いはあるでしょう。

この学年、以前も書きましたが
決して不真面目な学年ではありません。
塾生の平均は学校の平均よりも毎回60〜70点
ほど上回っています。
約300人いる学年で、塾生の11人中9人は
100番以内に入っていました。
残る二人も前回よりしっかりと順位は
あがっています。

それでも、塾で勉強していなかったら
60〜70点超えるどころか、学校の平均すら
下回っている可能性もあります。

そう考えると、
塾でしっかりと説明して
理解させて、
勉強させることで
それなりに結果につながっているということが
再認識できました。

学校と塾で同じことをしているようですが
細かく見ると結構違います。
まずは人数の違いです。
学校は1クラス40名弱。
塾の場合は塾によってちがうでしょうが、
うちの塾の場合1学年10名前後。

人数がこれくらいだと、説明の時も
問題を解かせた後の解説の時も一人一人の
理解度をチェックしながらの対応が可能です。

ただそのためには、ある程度の経験が
必要なのは言うまでもありません。
私もいつのまにか20年もこの仕事をしているので
無意識のうちに対応しているはずです。

用意した説明や、用意した問題を解かせるのは
経験の浅い学生講師にもできると思いますが
生徒の様子を見て、その場で臨機応変に対応
できるようになるには、少なく見積もっても
3年以上のキャリアは欲しいところです。

塾の講師は教える能力がなくても10年も20年も
やっていられるものではありません。
したがって、10年以上のベテランの先生が
教えている塾ならば、そこそこ信頼できるのでは
ないかと思います。
(もちろんその先生が教えてくれるものとして)



posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183390462
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック