2018年06月19日

怒涛のまとめ書き

テスト前と深夜のワールドカップ観戦が重なり
こちらの更新が遅れ気味です。
ということで、半期に一度のまとめ書きです。
ちなみにこれを書いているのは
6月27日の深夜日付でいうとすでに28日
韓国−ドイツを見ながらの思いだし一挙更新です。

まずは6月19日のつもりです。
文中の今日=6月19日です。

今日は、火曜日で6年生と中1生の授業でした。
6年生は英文の授業に入り今日は4回目の小テスト。
みんなまずまずしっかりと覚えてきているようで
いまのところは順調です。

当塾は高校入試を見据えた授業を行っているため
英語に関しても、英会話よりも実際に
読み書きする内容が多くなります。
小学生であっても文法を教えます。

最近は、こちらの塾に入る前に
すでに英会話を習っているという生徒も
毎年います。

さすがに習っているだけあって
基本的な英語の知識は、なにも習っていない
生徒よりは十分備えています。
が、だからといって中学の英語もできるかどうか
となるとそれは別問題です。

なぜなら英会話は話すことを重視しているため
単語が書けなかったり、文法を知らなかったり
という場合があるからです。
それは今まで習ってきた教室にもよるので
一概には言えません。

よって、当塾では
今まで習ってきた生徒も、初めて本格的に
習う生徒も同じようにスタートします。
今後どうなるかは分かりませんが、現状
小学校での英語の授業はまだまだ
遊びの域を抜けていません。

小学生のうちに基本的なことを習得し
中学でも英語を得意になってもらう
さらに、その結果テスト前は
英語以外の教科に時間をかけることができる
となることを想定しています。

夜は中1でした。
テスト範囲も出ておりもう先には進みません。
ただ数学はまだ範囲が終わっていないので
説明はしますが、クラスによって進み方に
相当差があるため、範囲の変更はあると
見越しています。

この学年、英語はまずまずOKだと思います。
範囲が増えましたが、今回の範囲は
すでに小学校の時に塾で学習済み。
ほとんどの塾生(中1)は小学校からの
持ち上がりなので、大丈夫だと思います(たぶん)

初の定期テストであった中間テストは
得点だけ見ると、英語と数学の塾平均は90点を
超えていましたが、学年平均との比較でいうと
いちばんよかったのは理科で、その次によかったのは
英語、以下社会、数学と続きます。

一般的には
男子は理系、女子は文系の教科が得意だと
言われています。
今の中1の塾生は、男子より女子の方が多いので
平均としては文系教科である
国語、社会、英語あたりが高くなるかなと
思いましたが、実際には先に書いたように
平均との比較では
理科>英語>社会>数学>国語 となりました。

理系だか文系だか判断に苦しむ結果ですが
まあ、まだ1回だけです。
今後どうなっていくか楽しみです。

ちなみに私の理想は、文系でも理系でもなく
オールマイティーです。

まとめ書きなのに、若干長くなったので
次からは短くしたいと思う今日この頃です。
posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183661177
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック