2018年07月13日

後者でした

ひとつ前の投稿で
中1の塾生の平均点が中間より上がりそうなので
ひょっとしたら、学年平均は下がっていないのでは
と書きました。
または、塾生がそれ以上に頑張ったのかなと。

今日個表を見せてもらいましたが
やはり学年平均は20点ほど下がっていました。
一方塾生の平均は逆に上がっていたので
塾生の皆さんが頑張った結果なのでしょう。

塾生の平均は学年平均よりも5科で約80点
上回りました。 なかなかいいですね!

今回平均と比べて一番よかったのは英語で
学年平均69点に対して、塾生の平均は92点
次によかったのは社会で学年平均63点に対して
塾生の平均は80点でした。
他の教科もすべて学年平均を10点以上
上回ることができました。

英語はまだまだ平均点が高く出ると思って
いましたが、範囲が広くなって下がりましたね。
そんな中塾生は頑張りました。
14人中12人が90点以上でした。

また300人近い学年の中で14人中10人が
5教科総合で100番以内に入りました。
(細かく言うと10人とも90番以内)

小学生の時から英語の理解度はまずまず期待
できることは分かっていましたが
今回の結果で、他の教科もまずまず
結果が残せたことでホッとしています。

中学にあがるときの三者面談で
理科・社会が苦手という生徒が多くいました。
そのとき塾に来ていれば理科と社会は
できるようになる生徒が多いと話しましたが
だんだんとその意味が分かってきたのでは
ないでしょうか。

2学期になると学習内容はさらに難しくなり
5科の平均点も300点を切るようになります。
そのときに同じように下がってしまうのか
それとも今まで通り400点をキープできるのか。
これからも油断しないように勉強して
ほしいと思います。
posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183906085
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック