2018年07月21日

全員5

昨日から夏期講習がスタートしました。
今年は史上まれにみる暑さで
近隣の小中学校でも終業式は教室で行うと
いう措置が取られたようです。
正しい判断だと思います。
さらにいえば部活についてももう少し
配慮があってもいいかなと思います。

さて、昨日・今日で中1〜中3に
1学期の通知表の記録を書いてもらいました。

中3はやや甘いのか、塾生たちが頑張ったのか
9科で40以上の好成績が10名中4名でした。


中学生になって初めての通知表を手にした
中1の皆さんはどんな感想を持ったでしょうか。

以前、このブログで2回ほどこの学年
(19期生、新生小学生クラス7期生)についての
英語の予測を書きました。
いずれも小学校の100問小テストの後に
書いたものです。

1回目 ⇒ 2017年9月8日

こちらの投稿では

今年の6年生も、このまましっかり勉強すれば
来年の1学期まずは英語の5は間違いないでしょう
という生徒はすでに何人もいます。

と書きました。

続いて
2回目 ⇒ 2018年1月18日 

こちらの投稿では

冬休み明けの100問テストの結果と
その後の中1の1学期英語の通知表の関係を
細かく掲載しました。

当時14名いた6年生のうち現在も継続している
生徒は13名です。
その生徒たちの英語の成績(通知表)を
見てみると

なんと、13名全員が5でした。

17年塾をやっていますが、
さすがにこれは初めてのことです。

ちなみにこの13名の中間テストと期末テストの
合計点は13名全員が180点以上
つまり全員平均90点以上ということです。

年によっては小学校から英語を学習していても
苦手な生徒がいることもありますが
今年はたまたまこういう結果になりました。
あまり大げさに褒めることは本意ではありませんが
せっかく塾生たちが頑張ってくれているので
少しだけ紹介してみました。

塾生の皆さんもこれに満足せずに、2学期以降も
英語を得意教科にしてほしいと思います。
また、他の教科もさらに得意になってほしい
と思います。

ちなみに英語の次によかったのは
約半数が5だった理科でした。
以下、社会、数学と続きます。


ちなみにこの学年、まだ中1ですが
塾としてはあと1〜2名で
受付終了する予定です。

中2や中3になってからだと、
ひょっとしたら入れないかもしれません。

上の文章だけ見ると、ものすごく勉強が
できる集団だと思われるかもしれませんが
それは、私がいいところだけを書いている
からです(笑)
英語は確かに優秀ですが、それも現時点での
話でこのあとどうなるかは分かりません。
理科や社会もそこそこ大丈夫ですが
数学などはかなり鍛えないといけません。

5科トータルで考えると
上位3分の1にあたる90番以内に
塾生は10名ということで
これはまずまずでしょうか。

ただ一つ言えるのは、みんな素直でまじめで
勉強に対しては前向きであるということです。
これは現在塾にいる5学年の中では
この学年が一番かもしれません。



以上、中1をほめちぎる記事でした。
posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183962161
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック