2018年09月13日

第4回北辰

北辰の結果が戻ってきました

県内の多くの中3生にとっては夏休みに勉強
した成果が表れてほしいという気持ちで
受けたテストだと思います。

ただ範囲がせまい定期テストとは違い
1.2年の内容+3年の1学期の内容が出題
されるテストでは、なかなか思うようにいかない
場合もあるでしょう。
2学期にはあと3回あるので、そちらで
取り返せばいいだけのことです。
大切なことは、結果を見るだけにするのではなく
必ず自分なりに分析し、解きなおしをすることです。

うちの塾生たちもまずまず頑張ってくれたと
思います。
毎年どの学年も10名前後の小さな塾ですが
今回の北辰では約半数が5科で偏差値60を
超えました。
塾生全体の平均偏差値は58くらいでした。

教科別に見ても全体的に上がり気味で、その中でも
一番よかったのはやはりというか社会でした。
塾生の8割が偏差値60を超えていました。
うちの塾では社会も選択ではなく全員授業を
行います。
夏休みに一番時間をかけたのが社会で
それがそのまま結果に表れたということは
夏期講習の意味があったということでしょう。


ちなみに先日川口市立高校のことを書きましたが
今回のテストで川口市立の普通科を第1志望に
書いた人が約1000人
第1〜第4志望の合計だと約2400人もいました。 
ものすごい人気ですね。
もちろんこの数字は県内最多です。

塾生でも第1志望に書いた生徒が何名かいましたが、
この人数をみてどう思ったでしょうか。

何人いようと定員の中に入っていればいいのです。
倍率が高いと、ボーダー付近では1点で10人以上
順位が変わることもあります。
ボーダーよりもはるか上の得点をキープできる
ように頑張りましょう。


posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184427141
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック