2018年09月21日

テスト範囲第1号

今日は金曜日で中1の授業日。
通常授業日は学校の教科書に合わせて
先に先に進んでいきます。

うちの塾は全員戸塚中なので
塾生も学校で全員同じ単元を学習しており
塾での授業も一般的な塾よりも比較的
やりやすくなっています。
学校が違うと進度が違ったりテストの日程や
範囲が違ったりで合わせるのがなかなか
大変です。

塾では毎回学校での進度を聞いており
だいたいのテスト範囲も想定できます。
今日は早速塾生がテスト範囲をもってきました。
通常テスト範囲は2週間前に発表されますが
まだ3週間以上もあるのに今回は早いですね。

ざっと見た感じ、国語は別にして
数学は一次方程式の計算すべてと利用の一部
塾生の話によると減る可能性もあるとのこと。

英語はUnit5まで。
塾ではとっくに終わっている内容なので
あとは単語や文章のおさらいを少々やれば
大丈夫でしょう。

理科は状態変化までで水溶液は含まれません。
例年だと蒸留が除かれることも多いのですが
今年はどうでしょうか。

問題は社会です。
ここ数年社会の遅さが際立っていますが
今年の1年生もかなり遅いです。
たいして進んでいない地理から歴史に移りました
が、縄文から奈良時代まで。
塾ではかなりゆっくりめに進んですでに
平安時代まで学習していますが、範囲はその前で
ストップです。
まだ3週間あるので範囲の変更は想定していますが、
減ることはあっても増えることはそうそうないでしょう。

今年の1年生も授業の遅さが気になるところです。
授業が遅いからテスト範囲がせまくてラッキー
などと思っていたら大間違いです。
その意味は各自考えましょう。

posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184504428
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック