2018年11月17日

毎日がテスト対策

時間がたつのがやけに早く感じる今日この頃で、
この前日曜だと思っていたらもう週末です。

その間に中3生の三者面談も終了し
第6回の北辰の結果も戻ってきました。
北辰については回を追うごとに塾生たちの
結果も上昇気配で、今回は第1志望順位で
1位になった塾生が二人いました。

教科別ではまたしても社会が一番の成績に。
2学期になって受験者は毎回微妙に変わりますが
誰が受験しても塾全体としては社会が1番です。
もうこれは塾生にとって社会が得点源に
なっていると断言していいでしょう。

さて期末の日も徐々に近づいてきました。
前に中1は英語の範囲が減るかもと書きましたが
どうやらものすごい速さで進んでいるようで
なんとか変更なしになりそうです。

ただ学年によっては、テスト範囲が全部
終るのか微妙な教科もあります。

塾生に聞いたところによると
中1の数学、中2の数学あたりは
終わり切らない可能性もあります。
中3の数学、社会も若干遅めです。

テスト前に学校で授業を受けるのはあと4日です。
が、塾に来るのは今日も含めて
中3はあと8回、中2も7回。
つまり学校より多く塾に来るわけで
そのたびにテスト対策を行っています。
範囲がどのようになっても臨機応変に対応できます。
また、普通の塾だったら他の教科の講師との兼ね合い
などもありますが、うちは私が一人ですべて見てる
ので教科も適宜変更しています。

今日も明日も塾でテスト対策です。
月曜は学校が5時間なので中3は夕方から
塾で勉強です。
途中夕食休憩をはさみ5時間です。

中3にとっては内申にかかわる最後の定期テスト
なので、塾としてもなるべく多くの時間を
中3塾生のために使いたいと思います。
来週の3連休ももちろんすべてテスト勉強です。
すでにそのころには私から説明することは
なくなっているかと思いますが、それはそれで
かまいません。 家で1時間かかる勉強が
塾では30分で終わることもあります。
塾での勉強の方がなにかと効率的です。

塾生たちには1週間前には提出物は
終わらせるようにと話しています。
一番まずいパターンは、いつまでも提出物が
終わらずに直前に答えだけ必死に写すという
作業に終始する生徒。
まあ塾生の中にはいないと思います。

テストで好成績を残すためには
さっさと提出物を終わらせて、
1問でも多くの問題を解くことです。
その問題は塾にいくらでもあります。
posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184999094
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック