2018年12月08日

中2 新メンバー3人で150番上昇!

今日は土曜日で中3と中2の授業の日でした。

中3は期末が終わって、あとは残りの単元を
済ませて入試に向けて総まとめの時期になりました。
ただ国語は別にして、その他の4教科はいずれも
まだ中3の内容が終了していません。
この最後の最後の内容までもちろん高校入試の
範囲に含まれています。
よって
しばらくは未履修部分を終わらせることに専念し、
入試対策はその後になります。

夜は中2
中1・中3に続いて個表をもらったようなので
それぞれの学年順位を記入してもらいました。

中学2年生の学年平均と塾生平均の比較です。

    学年平均  塾生平均  平均との差
国語  57.2  61.5  + 4.3
数学  51.2  57.8  + 6.6
英語  53.6  59.0  + 5.4
社会  64.4  80.4  +16.0
理科  45.2  53.4  + 8.2
5科 269.2 312.2  +43.0


中1の記録 
中3の記録
と比較すると、どうしても見劣りしてしまいますが
前述したとおりうちの塾は成績優秀を謳っている
わけではないので別にいいのです。

それどころか中2は、前回より結構頑張っています。
現在在籍者は12名(全員戸塚中)で
そのうち10名が前回より順位を上げました。

得点だけ見たら、あまりパッとしませんが
上に書いたように学年平均が269点では
全体の得点が下がるのもしかたありません。
得点よりも10名の順位が上がったことを
率直に評価したいと思います。
ちなみに残念ながら下がってしまった2名は
いずれも10番程度です。

また12名中7名が100番以内に入りました。
300人近くいる学年で、18期生(現中2)の
100番以内が半数を超えたのはこれが初めて
かもしれません。
中1.中3では当然のことでも
この学年にとっては初の記念すべき回となりました。

たしかに
塾生の平均順位が60番台の中3
塾生の平均順位が70番台の中1 と比べたら
この学年の平均は100番台なのでまだまだですが
それでもこの学年なりに頑張った結果となりました。
しかも、今回は新メンバー3名が加わっての
ものです。
新メンバー3名は、お世辞にもお勉強ができるとは
言い難く、入塾時にはうちの中2塾生の中に入っても
下から数えたほうがはやかったのですがわずか
1ヶ月ほど塾で勉強しただけで、3名合わせて
前回と比べて155番も順位があがりました!
もちろん3名とも上がっており、
いちばん上がった生徒は約70番の上昇です。
某通信添削教材の漫画でも描けないほど
3名そろっての成績アップです。

たしか3名とも以前他の塾に通ったことが
あるはずですが、うちの塾のやり方が本人たちには
合っていたようですね。
というか戸塚中のほとんどの生徒にうちの塾の
やり方はあっているはずです(笑) もちろん
本人のやる気があるということが大前提です。

10年以上見ていて
中学の途中から入塾するほとんどの生徒は
1回目もしくは2回目の定期テストで
まず順位が上がります。
これで塾に入った成果を実感するわけですが
大切なのはその後です。
あがった成績で調子に乗って油断すると、元には
戻らないまでもそれに近い成績までダウンする
こともあります。
あがったことを喜んで、塾で勉強すれば結果が伴う
と素直に勉強に取り組んだ生徒はそのあとも
順調に伸びていきます。
生徒のやる気があることが大前提と書いたのは
そういうことです。

途中入塾した生徒の成績の上昇は目に見えて
分かりやすいのですが、小学校のころから
塾に来ている生徒についてはこの上昇が
分かりにくいかもしれません。
もし塾に来ていなかったら一人で勉強する習慣が身に
ついていたか、今と同じだけの成績を残せていたか
ということを考えたら実感できると思います。

それに小学校からきている生徒たちは
途中入塾の生徒にはない中1からの
内申の貯金があります。
いくら中2や中3から成績が伸びても
その前の内申は頑張っても取り戻せません。
埼玉県のすべての公立高校は中1からの内申を
合否の判定材料に使います。
中1から内申が高い生徒は、
そのことだけで高校入試が有利になるのです。
それに長く通っている生徒の方が、以前の内容の
知識量も豊富であることは言うまでもありません。

あとは、新メンバーに刺激されながら
塾歴の長い生徒たちも頑張ってくれたら
いいと思います。
まあ私が言わなくてもうちのほとんどの塾生たちは
しっかり頑張ってくれているようです。
posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185176649
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック