2019年02月12日

史上初?

今日は火曜日で6年生と中学1年生の授業の日。
まずは6年生
いつものように宿題を回収して小テストです。
今日は第28回。

終了したら集めてさっさと採点してその日のうちに
返却します。
うちの塾の英語の小テストはあらかじめ出題リストを
渡しておき、それをちゃんと覚えてきたかどうかを
確認するものです。
6年生の場合は、基本的な文章と単語です。
6年生クラスもこの学年で8年目ですが、
この小テストに対する意識が年々高まっている
ように感じます。

結果が悪いからと言って、特にペナルティは
ありません。
だから手を抜こうと思えばいくらでも抜けますが
最近の塾生はきちんとこなしてきます。
ひょっとしたら家で保護者の方にきちんと
覚えるように言われているのかも知れませんね。 

5〜6年前は毎年3〜4人は適当に取り組んでいる
生徒もいました。この場合たいてい中学になる
ころには塾の授業が合わないなどの理由でやめる
生徒が多かったものです。

ところが最近はほとんどの生徒がちゃんと
覚えてくるのです。比例するように
小学生クラスから中学生クラスへ継続する
生徒の割合も増えてきました。
小テストの課題とは別に宿題も出しています。
こちらも当然のように全員提出します。
小学生のころから勉強する習慣を身に着けさせる
というのがこのクラスの目標です。
今年の6年生は現状では目標達成といえるでしょう。

さて、今日の小テスト
採点しても、採点してもいっこうに直すところが
ありません。
私の採点は結構厳しめです。
小学生だからおまけで〇とかありません。
単語のミスはもちろん、大文字小文字の間違い
ピリオドやクエスチョンマークの付け忘れなど
すべて細かくチェックして減点します。
本人は正しく書いたつもりでも、雑であったり
妙なクセがある文字も不正解にします。
中学になったときに、学校の先生や模試の採点者の
だれが見ても〇をもらえるように今のうちに
厳しく指摘していきます。
さすがに1年がかりで注意していくとこの時期には
ピリオド忘れなどだれもいません。

で、今日採点した10名
なんと全員満点でした!
今年で8年目、計250回くらい6年生の小テストを
行っていますが全員満点はおそらく初めてだと
思います。

ちなみに塾生はいま一般動詞の否定文とか疑問文
あたりの学習をしています。
それに以前のbe動詞もちょくちょく混ぜていきます。
テキストだと習っている単元のみの問題が中心と
なるので、それならできてあたりまえ。
以前の内容を混ぜても正解できてこそ
初めて理解しているといえます。

KIMG3889.JPG

今日提出してもらった宿題です。
英作文は、穴埋めでも並べ替えでもなく
全文自分で書くものです。
小6だからそれほど難しくはありませんが
内容としては中1の1学期の内容はすでに
終了しています。
中1・1学期の中間期末なら
今受けても平均90点以上取れるでしょう。

さて現在10名の6年生の授業は2月で終了です。
今後の予定を聞いたところ8名が
このまま中学でも継続して塾で勉強するとのこと。
これからもよろしくお願いします。
2名はいろいろと都合がつかなくて残念ながら
となりましたが、今まで塾に通ってくれて
ありがとうございます。 塾で習ったことが
少しでも役に立ったならうれしいです。


また、3月には外部生を対象に中学準備講座を
実施します。すでに問い合わせもいただいています。
4月からは 8名+新メンバーで 
20期生としての授業が始まります。

posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185554650
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック